Y!mobileのポケットWiFiとは?選び方と注意点を徹底解説

Y!mobileのポケットWiFiとは?選び方と注意点を徹底解説

Y!mobileのポケットWiFiに関してお調べではないでしょうか。

今回はソフトバンクグループの会社でもあるY!mobileが提供しているモバイルルーターに関して、特徴やおすすめできるかについて紹介していきます。

無線LANを利用できるモバイルルーターとして高いシェアを誇っていますが、実際はどうなのでしょうか。

またどのようなモバイルルーターを選べばいいかについてや、注意しておくべき点についても詳しく解説していくので導入を考えている方は参考にしてみてください。

1.Y!mobileのポケットWiFiとは

Y!mobileのポケットWiFiとは

ポケットWiFiという言葉を生み出したのがY!mobileで、ソフトバンクの回線を利用できるモバイルルーターです。

WiMAXと並んで人気のモバイルルーターとなっていますが、どちらがお得となるのかについて料金や特徴についてそれぞれ詳しく解説していきます。

1−1.Pocket WiFi プラン2

プラン2という料金プランでは、一ヶ月に7GBのデータ通信容量が確保されており税抜価格3,696円の月額負担で利用することができます。

容量を超過した場合には通信速度が128Mbpsまで制限される点に注意が必要です。

こちらは制限月中、文章のみのメール送受信やブラウザ視聴程度でしか使うことができないレベルの速度となります。

そのため追加オプションとなるアドバンスドモードを併用することが一般的です。

684円の追加料金を加算することで月内のデータ通信容量が無制限となるもので、実質WiMAXのギガ放題でのプランと同程度の内容となっています。

3日で10GBを超過した際には1Mbpsの通信制限が発生する点も同様ですが、オプション非加入と比較してもある程度通信速度は保つことが可能です。

こちらのプランに対応した端末は高速通信が可能なものが多く、Y!mobileの主力となる端末を使うことができる点が魅力となっています。

1−2.Pocket WiFi プラン2 ライト

プラン2ライトでは、月々に支払う負担額が税抜2,480円で5GBのデータ容量を一ヶ月の間使用することが可能です。

仕事のメール送受信での利用や軽いサイトを視聴したいといった場合といったライトなユーザー向けに、料金を抑えて使うことができることが魅力的dなプラン内容となっています。

こちらも5GBのデータ容量を超過した場合には、その月内で通信速度が128Mbpsまで落ちることとなるため注意が必要です。

もしデータ容量を追加したい場合は、500円の追加料金で500MB加算することができますが費用対効果としては割高なものとなっています。

また利用できる端末についても異なる点があり、通信速度そのものもあまり早くないことが多いため、重いデータ処理を必要とする通信の使い方としては不向きです。

出張で一時的に利用する場合や、利用頻度は少ないながらも無線通信が使いたいといった利用目的であれば料金を安く抑えることができるプランとなっています。

2.Y!mobileポケットWiFiのメリット

Y!mobileポケットWiFiのメリット

Y!mobileでは無制限プランを利用できるほか、速度制限の内容に関しても緩くなっているため大容量のデータ通信を必要としている場合に利便性が高いことがメリットです。

アドバンスドモードの通信可能なエリアは限られてきますが、繋がる場所であれば一定程度の高速通信も可能となっている点についても魅力となっています。

またソフトバンクのLTE回線も使うことができるため、制限はありますがエリアの関係等でケータイ回線を一時的に使いたい場合には便利です。

海外で利用したいという場合には追加料金を支払うことでも接続することが可能となっているため、旅行や出張の際でも対応している地域であれば使うことができます。

ビジネス利用や出張時の利用を主体としている場合に、料金を安く抑えることができるプランが用意されている点もメリットです。

またキャンペーン等を除外した基本的な月々の料金に関してはWiMAXとほぼ同じとなっています。

WiMAXの対応エリア外の地域に住んでいるという方や、WiMAXに不安を感じている方には選択肢として取り入れることができることも特徴的です。

現在は事務手数料無料のキャンペーンが行われているため、購入後初月の負担を減らしたい方にも導入しやすくなっています。

3.Y!mobileポケットWiFiのデメリット

Y!mobileポケットWiFiのデメリット

Y!mobileを利用する上で、他社のルーターと比較してデメリットとなる点について紹介していきます。

環境によっては快適に利用することができないことや、サービス内容を突然変更するこということもあるため注意が必要です。

デメリット1.解約時の費用が高い

契約しているプランによって異なりますが、解約時にかかる費用が割高となることがある点についてはデメリットです。

特にバリューセットで契約を行っている場合には、解約の際に高額の負担となるため気をつけておきましょう。

現在は乗り換えを行いたい場合には解約金を負担してくれるプロバイダも出てきていますが、数年後のキャッシュバックとなることが多いため注意が必要です。

解約せずに利用できることが一番ですが、もしもの際にはこのようなリスクがある点は認識しておくことが重要となります。

デメリット2.無制限プランのエリアが狭い

ソフトバンクのLTE回線であれば国内の多くの地域をサポートしていますが、無制限のプランで利用できるエリアについてはこちらと異なってきます。

ホームページでもエリアを確認することができますが、限定的な都市部に限られている多米郊外や山間部では使えない点に注意が必要です。

対象となるエリアが狭いため徳前の出張の際にも使うことができないなど、せっかく無制限となる追加料金を支払っても繋がらないことがある点についてはデメリットとなります。

デメリット3.通信の最適化による影響も

Y!mobile側で最適な通信環境を確保するために、重いデータ通信を制限される可能性がある点についてもデメリットとなります。

高画質な動画を視聴したい場合にも最適化が行われて、画質が荒くなったり動画の読み込みそのものに時間がかかるなど利用上のストレスとなることがある点に注意が必要です。

他の会社のルーターであればそのような措置は行われないため、Y!mobileを利用する際には特にこちらについても気をつけておく必要があります。

4.結論!おすすめはWiMAX

結論!おすすめはWiMAX

結論として、最も使いやすいモバイルルーターはWiMAXです。

サービスとしては似てきている面も多くなっていますが、比較した際のメリットが多く利便性も高くなっているためその理由についても詳しく解説していきます。

理由1.料金が安い

プロバイダによるキャンペーンを利用することで、基本的に必要となる月々の負担を大幅に軽減することができることがWiMAXの特徴です。

全体的にかかる料金を比較しても最安となることが多いため、経済的にも利用しやすいというメリットがある点が特に魅力的となっています。

元々かかる月額に関しても他社より安く、キャンペーンの内容をキャッシュバックか月々の割引から選択できるといったニーズに合わせた利用ができる点もお得となる理由です。

理由2.無制限プランがありエリアも広い

Y!mobile同様にデータ通信容量無制限となるプランも選択できて、且つ対応しているエリアが広いという点についても魅力的です。

インターネットを利用する場合は思いがけず多くのデータ通信を行っていることもあるため、容量が無制限であれば安心感もあり使いやすさも高いです。

また対応しているエリアに関しても都市部だけではなく、山間部を除いた全国で利用することができる点についてもY!mobileの対応範囲を大きく上回っています。

Youtubeも見れる!速度制限は緩い

容量が無制限であればYoutube等の動画サイトで、容量を気にすることなく快適に視聴することができます。

特に画質を良い動画を開くと容量も重くなることがあるため、データの通信容量を気にせずに楽しみたいという方にとっても使いやすいことが魅力的です。

3日間で10GB以上の利用で翌日の一定期間速度が制限されますが、標準の画質程度であれば見れるくらいの速度となっているため制限自体が緩いことも特徴となっています。

理由3.通信速度が速い

WiMAXでは独自の回線を利用しているため、受信できる環境が整っている場合には特に高速での通信が可能となります。

現在では光回線並の通信速度を出せる機種も登場してきており、モバイルルーターの中でも優秀な端末を利用できる点についても魅力的です。

またクレードルやアンテナを併用することによって、さらに通信速度を最適に保つことができます。

持ち運びが可能ながらも快適な通信速度を保ちたい、といった方には特におすすめできるモバイルルーターです。

5.WiMAXを申し込むならGMOとくとくBBがおすすめ

WiMAXを申し込むならGMOとくとくBBがおすすめ

実際にWiMAXの導入を考えている際には、キャンペーンの割引内容が豊富なプロバイダを介して申し込むことがおすすめです。

その中でも特におすすめとなるのがGMOとくとくBBとなっており、特に月額の負担額を減らしてくれる割引キャンペーンがおすすめとなります。

キャッシュバックの場合は申請を忘れると受け取れない点や、受け取れるのが数年後となる点といった不安要素があるため月額での割引の方が解約金を考慮しても安心です。

理由1.プロバイダの中でも最安級の月額料金

WiMAXを取り扱っているプロバイダは多く存在していますが、その中でもGMOとくとくBBが最安級となる月々の支払い料金で契約することができます。

プロバイダでは公式サイトや家電量販店で契約を行うよりも安く利用することができますが、その額面については時々のキャンペーンで変わってくるため注意が必要です。

GMOとくとくBBは安定して最安級のサービスを提供しているため、もし契約を考えている場合にはおすすめとなります。

理由2.解約金が高くない

解約金そのものについても1年目から3年目にかけて安くなっていく点、そもそも他社と比較しても高くない点についてもメリットとなります。

更新月に解約を申し込めば無料となる点や、新しい端末へ乗り換えたくなる2年目から3年目にかけて安くなっていくという点でも安心感のある契約内容です。

到着20日以内であれば無料で返品することもできるため、上手く接続できなかったという場合でも少ない負担で済ませることができます。

理由3.最新機種が無料で使える

プロバイダによって利用できる端末についても変わってきますが、GMOとくとくBBでは最新機種も無料で使うことができるという点がメリットです。

3年での契約が主流となっているため、可能な限り最新機種で契約をしておく方が後々にも安定した利用を行うことができます。

また最新端末であれば、WiMAX本来の高速通信を最大限利用することも可能となっているため通信の品質を求めている方のニーズにも合わせることが可能です。

6.WiMAXを最もお得に申込むための6STEP

WiMAXを最もお得に申込むための6STEP

WiMAXの利用を考えている場合に、最もお得に申し込むことができる方法について解説していきます。

紹介する6STEPを踏まえて契約することで、公式サイトで申し込むよりも安く利用することができるため是非参考にしてみてください。

STEP1.通信エリアを確認する

まず利用を考えている地域、お住まいがWiMAXの通信対象エリアであるかどうかについて確認することが重要です。

WiMAXのサービスエリアから、国内の地図か住所を直接入力することで調べることができます。

○判定であれば良好、△判定であれば概ね接続可能、×判定であればエリア対象外となっているためチェックしてみてください。

また色付きのマップで接続強度についても詳細に確認することもできます。

STEP2.プロバイダの公式HPから申し込む

エリア判定が良好、接続範囲内であれば利用したいプロバイダを決定して、プロバイダが提供している公式のホームページから申し込みを行います。

 

プロバイダに関しては名前やサイトが似ていることがあるため、間違いがないかについては細かく確認しておくことが重要です。

申し込みの際には電話か申請フォームを用いて問い合わせることとなりますが、聞きたいことがあれば電話、それ以外の場合は申請フォームを使うことがおすすめとなります。

STEP3.どのプランにするか決める

WiMAXでは現在容量が無制限となるギガ放題のプランか、7GBの制限付きのプランのどちらかから選択することができます。

あまり利用しないという場合には7GBのプランで費用を抑えることも可能ですが、大きな差とはならないため無制限での契約にしておく方がおすすめです。

こちらは利用目的を明確にしておくことで支払いに関する損も減らすことができるため、どの程度の利用を考えているかについて把握しておくことが重要となります。

STEP4.機種をどれにするか決める

各プロバイダが提供している機種から、自身が利用したい端末を決定します

現時点で最新のモバイル機種はSpeed WiFi NEXT W06となりますが、こちらの選択が可能であれば最も高速な通信ができる端末となっているためおすすめです。

端末の名前については似ていることが多いため、間違えないように確認を行った上で選択するようにすることが大切となります。

またプロバイダによってはホームルータータイプの端末を提供していることもあるため、必要に応じてこちらを選択することも可能です。

STEP5.申し込み

電話での申し込みの場合には受付時間が決まっていることもあるため、特に問題がなければ申請フォームから申し込みを行う方がおすすめです。

プロバイダによっては支払い方法がクレジットカードのみの対応となっていることがあります。

もしクレジットカードを持っていない場合には、振込対応できるプロバイダか新たに作る必要がある点に関しては注意が必要です。

また申請の際の入力が誤っていると機器が到着するまでの時間が長くなるため、必ず確認することが重要となります。

STEP6.機器到着・設定

早ければ申し込みから即日の発送となり、国内であれば2〜3日で端末が到着します。

到着したら欠品や故障がないかを点検した上で、まず本体にSIMカードを挿入しましょう。

電源を長押しすると数秒後に端末が起動し、初期設定を行うための画面が出てきます。

初期設定の方法に関しては端末によって若干異なりますが、表示される項目に沿って行けばスムーズに設定可能です。

もし分からない点があれば、取扱説明書かホームページのサポートを参考にしましょう。

まとめ

今回はY!mobileのポケットWiFiに関してどのような特徴があるか、おすすめできるかどうかについて解説していきました。

WiMAXと並んでシェアの高い端末ではありますが、料金面でのメリットや接続の行いやすさといった面でWiMAXの方がおすすめできる端末であると言えます。

もし都市部にお住まいでWiMAXの回線では不安がある、といった場合にはY!mobileを利用することも検討余地があるため参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です