【2019年最新版】『ヨドバシWiMAX』ポケットWiFiを徹底解説!

「WiMAXを使いたいけど、どこで契約したらいいのかわからない…」
「ヨドバシWiMAXは他社プロバイダと比べてお得なの?」

このようにお悩みではないでしょうか?

結論から言うと、ヨドバシ WiMAX」はおすすめのプロバイダーではありません。

今回は「ヨドバシ WiMAX」について以下の3点から詳しくご紹介します。

  • WiMAXのプロバイダごとの違いを徹底解説
  • ヨドバシ WiMAXの評判を徹底解説
  • プロバイダの選び方・申し込みから解約方法まで徹底解説

本ページを参考にして「ヨドバシ WiMAX」は自分に合ったプロバイダかどうか、しっかり見極めましょう。

0.WiMAXはどこで契約しても同じサービスを受けられる!

現在、WiMAXのプロバイダ(販売代理店)は20社以上ありますが、どこで契約しても、同じサービスを受けられます。

なぜなら、すべてのプロバイダは同じWiMAXの回線を使っているからです

一方で、キャンペーン・料金設定については、WiMAXのプロバイダ毎で大きく異なります

つまり、どのWiMAXにするか悩んでいるならば、一番安いプロバイダを選ぶことをおすすめします

1.「ヨドバシ WiMAX」の良い評判は?

基本的にヨドバシで契約するよりも安くWiMAXを利用できるプロバイダが他にあるので、ヨドバシで契約するのはおすすめしません。

ですが、それでも料金以外ではヨドバシでWiMAXを契約するメリットはあります。

そこでここではヨドバシでWiMAX契約するメリットを2つご紹介します。

  • すぐにインターネット接続可能
  • 日本国内40,000か所のWi-fiスポットが利用可能

WiMAX契約時に料金以外のメリットに何があるのかを知っておきましょう!

メリット1.契約したその日からインターネット接続可能

ヨドバシの店頭でWiMAXを契約したら、その日のうちにインターネット接続ができます。

ヨドバシでの契約はヨドバシカメラの店頭で契約するので、契約したタイミングでWi-fiルーターを貰えます。

GMOとくとくBBやBIGLOBEなどの他のプロバイダだと、webサイトからWiMAXの契約をするので、web上で契約が完了してからWifiルーターが届くまでタイムラグがあるのでその分待つ必要が出てきてしまうんですね。

ヨドバシでWiMAX契約すると、即日インターネットが使えるようになるのは1つのメリットです。

ただしWifiルーターの在庫がない場合は即日インターネット回線に接続できないので、すぐに使いたい場合は先にヨドバシカメラにWifiルーターの在庫があるか確認してみましょう。

メリット2.日本国内40,000か所のWi-fiスポットが利用可能

ヨドバシでWiMAX契約すると、日本国内40,000か所のWi-Fiスポットを無料で使いたいだけ使うことができるようになります。

これはWiMAXとセットで契約するワイヤレスゲートWi-Fiと呼ばれるサービスがあるからです。

ワイヤレスゲートのWi-fiスポットを利用することで、通信料を節約し、通信制限になるのを防ぐことができます。

また、WiMAXは屋内だと若干スピードが落ちてしまうことがありますが、Wi-fiスポットを利用することで屋内でもスピーディーにWiMAXを利用できるのは大きなメリットとなりますね。

例えば、マクドナルド、スターバックス、空港、駅、ファストフード店などにあるアクセスポイントを無料で使うことが可能です。

こちらから利用可能エリアを検索することができます。

すぐに、通信制限に達してしまう方や、よくWi-fiスポットに行く方は利用してもよいのではないでしょうか。

2.「ヨドバシ WiMAX」の悪い評判は?

ここからは、「Broad WiMAX」の悪い評判を、世間の口コミを使いながらそれぞれ紹介します。

ヨドバシでWiMAXを契約するメリットを挙げましたが、それではデメリットが何なのかが、次に気になるポイントですよね。

結論から申しますと、ヨドバシでWiMAXを契約するデメリットは実質費用が高いの一言に尽きます。

ここではヨドバシでWiMAXを契約する際のデメリットは以下の2つです。

  • 単純に実質月額料金が高い
  • クレジット決済しか対応していない

デメリットを十分に理解することで、賢くWiMAX契約ができるようになりましょう!

悪い評判1.単純に実質料金が高い

「ヨドバシ WiMAX」のデメリットは他のプロバイダと比べると月額料金が高いことです。

下の表は「ヨドバシ WiMAX」の料金表です。

基本料金から割引も適用した価格となっています。

ギガ放題プラン(2,3年プラン)を見ると1~3カ月目と4カ月目以降では料金が異なっています。

料金プラン名 1~3カ月目 4カ月目以降
ギガ放題プラン(2,3年プラン) 3,991円 4,730円
ギガ放題プラン(4年プラン) 3,991円 3,991円
7GBプラン 3,991円 3,991円

「ヨドバシ WiMAX」では、ギガ放題(2,3年プラン)以外の月額料金は変わりませんが、他の多くのプロバイダはキャンペーンの影響で月額料金が変動することが多いです。

そのため他社プロバイダと比較する場合は最初の月額料金ではなく「年間実質費用」で比較する必要があります。

※年間実質費用とは、契約期間全体の通信料に登録料や端末代を加えてキャッシュバックを差し引いて実際にかかる費用全体(=実質費用)を計算し、契約年数で割ったものです。

この表を見てわかるように、「ヨドバシ WiMAX」は最安の「GMOとくとくBB」と比べて、ギガ放題で約17,000円も費用が高くなっています。

より安いプロバイダで契約したいと考えている方には、他社プロバイダを選ぶことをおすすめします。

悪い評判2.クレジット決済しか行っていない

「ヨドバシ WiMAX」の2つ目のデメリットは、クレジット決済しか対応していないことです。

ヨドバシに限らず多くのWiMAXプロバイダが口座振替に対応していません。

しかし、以下のツイートのように口座振込で支払いたいユーザーは結構多いようです。

https://twitter.com/s_hayatsuki/status/1074785502090297344?s=20

その一方で、口座振替で支払い可能なプロバイダは「BIGLOBE WiMAX」「nifty WiMAX」「UQ WiMAX」などがあります。

口座振替で支払いをしたい方は、上記のプロバイダを利用するのを検討してみてください。

3.プロバイダの選び方・申し込みから解約方法まで

「結局、ポケットWiFiはどこを選べばいいの?」
「プロバイダは? 機種は? 契約プランは? 全部決めてほしい!」

このように悩んでいませんか?

結論から言うと、「GMOとくとくBB」で「ギガ放題プラン」、機種は「W06」を選びましょう。

ここでは、実際に申し込みから使用開始までの流れを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダを決める
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み後、商品が届く

それでは、それぞれ詳しく説明します。

(1)利用可能エリアを確認する

まずはUQ Communicationsの公式サイトで、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうか確認しましょう。

どのWiMAXのプロバイダを選んでもすべて同じ回線ですので、エリアの広さもすべて同じです。

地図上で紫色になっている場所が、対応可能エリアです。

(2)プロバイダを選ぶ

いままで述べたように、どのWiMAXのプロバイダを選んでも、すべて同じ回線を使っています

その中で、最も安いプロバイダは『GMOとくとくBBとなっており、GMOとくとくBBで契約しましょう。

(3)どのプランにするか選ぶ

プランは、通常プラン(7GB制限)とギガ放題プランの2つあります。

どちらにすればいいかわからない人は、「ギガ放題」を選ぶべきです

理由は次の2点です。

  • ギガ放題プランでも、初めの2ヵ月は通常プランの料金で使える
  • 無料でプラン変更できる

そのため、迷ったときは「ギガ放題」を選択し、どのくらい使うのか試してから判断することをおすすめします。

(4)機種を決める

現在選択できるルーターは全部で3機種です。

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

「W06」をおすすめする具体的な理由は、次の2つです。

  • 過去最高の通信速度
  • 格段につながりやすくなった

それぞれ説明します。

ポイント1.過去最高の通信速度

「W06」は、上り・下りともに過去最高の通信速度です。

(補足)上り通信速度・下り通信速度とは

  • 上り通信速度:アップロードと呼ばれ、メールやLINEの送信・SNSへの投稿など、データ送信をする際の通信速度です
  • 下り通信速度:ダウンロードと呼ばれ、サイトから文字・画像・動画など、データを受信する際の通信速度です。

これらの数字は大きければ大きいほど、送信・受信する速度が早くなります。

そのため、快適にインターネットを楽しむことができる、最新機種の「W06」を選びましょう。

ポイント2.格段につながりやすくなった

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも格段につながりやすくなりました。

つながりやすくなったのは、次の2つの機能のためです。

  • 高性能ハイモードアンテナ
  • TXビームフォーミング

簡単に説明すると、これらの機能によって、信電波の送受信能力が大幅に向上しました

それぞれどのような機能なのかを詳しく説明します。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

これにより、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています

 

引用:UQ Communications│ニュースリリース│ 1.2Gbps対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」の発売

TXビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

引用:UQ Communications│ニュースリリース│ 1.2Gbps対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」の発売

このように格段に通信性能が上がっています。

(5)申し込み後、商品が届く

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

注文した端末が届いたら、同封されているSIMカードを挿入し、電源を入れるだけで手続き完了です。

※補足説明:20日以内の解約違約金無料キャンセルの方法

(1)お客さまセンターにて受付

「GMOとくとくBB」お客さまセンター 0570-045-109 平日10:00 ~19:00

※事前にお電話がない場合、キャンセルをお受けできない場合がございます。

(2)キャンセルのため返品商品を送る(返送料はお客さまご負担)

キャンセルされるWiMAX端末を返品ください

【WiMAX2+ 返送先】

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB 行
(TEL:0570-045-109)

引用:GMOとくとくBB公式サイト│WiMAX2+サービスTOP│注意事項

もし使ってみて合わないなと思ったら、解約手続きをしましょう。

4.まとめ

「BroadWiMAX」の特徴や良い点、悪い点をお伝えしてきました。

結論として、「BroadWiMAX」はおすすめできるプロバイダとはいえません。

この記事を参考にして、オトクにWiMAXでどこでもインターネットを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です