見逃すな!WiMAXを一番お得に乗り換える時期と方法を徹底解説

最もお得にWiMAXを乗り換えられるのはGMOとくとくBB

WiMAXの乗り換えを検討中ですね。

うまくキャンペーンを活用すれば3万円以上のキャッシュバックや割引を活用できるので、どうすれば一番お得に乗り換えられるか気になりますよね。

結論からお伝えすると、WiMAXは「GMOとくとくBBの月額割引」を利用して「W06」へ乗り換えるのが最もお得です

そこで今回は、なぜGMOとくとくBBなのか、なぜ月額割引が良いのかを詳しく解説していきます。

1.WiMAXから乗り換えるならどこのポケットWi-Fiがおすすめ?

結論からお伝えすると、WiMAXを使っている人は、そのままWiMAXの最新機種に乗り換えるのがおすすめです。

WiMAX「W06」の画像

ポケットWiFiは『WiMAX』の他に、『au』『docomo』『SoftBank』『Y!Mobile』の5種類があります。

これらの中で、最安値で速度制限がなくネットを楽しめるのはWiMAXだけ。

会社名 UQ WiMAX au Y!mobile docomo SoftBank
ロゴマーク UQ WiMAX ソフトバンク速度制限
平均月額料金 3,285円 4,380円 4,380円 10,152円 3,696円
速度制限がかかる条件 3日で10GBを越えたら 3日で10GBを越えたら 3日で10GBを越えたら 契約してるGBを越えたら 契約してるGBを越えたら
速度制限の時 標準画質のyoutube動画なら見れる 標準画質のyoutube動画なら見れる ネット検索も一苦労 ネット検索も一苦労 ネット検索も一苦労
月に使えるギガ数 無制限 無制限 無制限
(エリア限定)
30GB 7GB

データ容量と月額料金について、さらに詳しく見ていきましょう。

1-1.データ容量が無制限に使える

会社名 UQ WiMAX au Y!mobile docomo SoftBank
ロゴマーク UQ WiMAX ソフトバンク速度制限
月に使えるギガ数 無制限 無制限 無制限
(エリア限定)
30GB 7GB

WiMAXなら、データ容量が無制限に使えます

WiFiを持ち運ぶメリットと言えば、場所とデータ容量を気にせずネットを使えるようにすることですよね。

データ容量も場所も気にせず使えるのはWiMAX、auの2社だけです。

Y!mobileも無制限に使えるオプションがあるのですが、通信を無制限に行える対応エリアが非常に狭いので、場所を選ぶ必要が出てきてしまうのでおすすめできません。

ちなみに、UQ WiMAXもAUも、活用しているルーターはWiMAXですので、性能に違いはありません。

3日で10GB使ってしまうと半日ほど速度制限にかかってしまうのですが、それでもYouTubeで標準画質の動画くらいなら見れるくらいの制限です。

もし仮に速度制限にかかってしまっても、普通に使う分には全く問題がありません。

1-2.月額料金が5社の中で一番安い

もう一つの理由は、「月額料金が5社の中で一番安いこと」です。

先程の表にもまとめましたが、もう一度料金だけを比較してみますね。

会社名 UQ WiMAX au Y!mobile docomo SoftBank
ロゴマーク UQ WiMAX ソフトバンク速度制限
平均月額料金 3,285円 4,380円 4,380円 10,152円 3,696円

一目瞭然ですが、WiMAXが最も安いです。

同じ性能のauと比べても、1,000円以上WiMAXの方がお得です。

無制限に通信を行うことができて、その上で月額料金が最も安いとなれば、WiMAXが最もお得だと言えるでしょう。

2.WiMAXを乗り換える4つのステップ

5社の比較を行ったことで、乗り換えるべきはWiMAXだと判明しましたね。

どこにするか決まってしまえば、後は乗り換えの準備を整えるだけです。

ここでは、WiMAXを実際に乗り換えるための3つのステップを紹介します

ステップ1.契約更新月を確認する

ステップ2.解約手続きを済ませる

ステップ3.SIMカードを返却する

ステップ3.お得なプロバイダを契約する

順番に説明しますので、面倒な乗り換えの準備をササッと終わらせてしまいましょう!

ステップ1.契約更新月を確認する

まずは、契約更新月がいつなのかを確認します

更新月以外に乗り換えてしまうと違約金が発生してしまうと、違約金が発生してしまいます。

今一度、自分の契約状況は正しく把握しておきましょう。

主な確認方法は以下の通りです。

  • BBnaviで確認する
  • お問い合わせフォームへ直接確認する
  • 契約更新の通知メールより確認する

問題がなければ、ステップ2へ進みます。

ステップ2.解約手続きを済ませる

ステップ2では、現在契約しているポケットWiFiの解約手続きを行います

解約手続きの方法は、大きく分けて2つです。

  • 更新月の場合:会員ページ「BBnavi」から解約手続きをする
  • 更新月でない場合:電話にて解約手続きする

簡単にできるよう、分かりやすく説明していきますね。

BBnaviから解約手続きをする

更新月の場合のみ、会員ページである「BBnavi」から解約の手続きを進めることができます

方法は簡単で、まずはBBnaviにログインし、「サービス・オプションの削除・解除」に進みます。

画面の最下部にある「GMOとくとくBBの解約」という項目にて、解約ボタンをクリック。

するとアンケート画面が出るので、記入後に「アンケートを送信する」を選ぶと、あとは流れに沿って解約を選択していくだけで完了です。

更新月であっても、解約ボタンが表示されない場合があります。

その場合、以下のどちらかが原因ですので、確認してみましょう。

  • 毎月1日~10日は解約ボタンが表示されない
  • オプション利用期間が1ヶ月以内である場合は表示されない

どうしても解約したい場合は、お問い合わせフォームに連絡後、電話で解約手続きを行いましょう。

電話で解約する

更新月以外の場合、お問い合わせフォームで「お問い合わせ番号」を取得してから電話で手続きを進めましょう

更新月の場合でしか、BBnaviから解約の手続きをすることはできません。

お問い合わせフォームへ連絡し、お問い合わせ番号を取得します。

その番号を手元に控えた状態で、電話で解約手続きを行いましょう。

  • GMOとくとくBBお客様センター番号

0570-045-109(平日10:00~19:00)

  • 避けた方が良い曜日と時間帯

曜日:月曜日
時間:10:00~12:00 / 16:00~18:00

情報元:GMOとくとくBB公式サイト

火曜~金曜の13:00~15:00ごろが混んでいない時間帯のようです。

メールで解約もできるのですが、送信フォーマットに添って、7項目も記入して送信しなければなりません。

手間がかかるだけなので、電話で手軽に済ませてしまった方が楽にすみます。

ステップ3.SIMカードを返却する

解約手続きが済んだ後は、WiMAXルーターに入っている「SIMカード」を返却しましょう

解約月の翌月末までに、以下の住所宛にSIMカードを送付して、完全に解約完了となります。(送料は自己負担です)

SIM送付先

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー

GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBBお客さまセンター 行

もしSIMカードを送付しなかった場合は、損害金として3,000円(税抜)を請求される場合があります。

必ず送付するようにしましょう。

ステップ4.お得なプロバイダを契約する

最後のステップは、お得なプロパイダを契約することです

WiMAXには色んなプロパイダがあり、プロパイダごとに独自のキャッシュバックや割引があります。

「GMOとくとくBB」の「月額割引+キャッシュバック」を活用すると、一番お得に乗り換えができることが分かりました。

WiMAXに「W06」という最新機種があり、GMOとくとくBBから契約すると、この最新機種を最安値で乗り換えることができます。

3.キャンペーン比較!GMOとくとくBBの月額割りがおすすめ

GMOとくとくBB画像

ここでは、各プロパイダの全キャンペーンの中から、最もおすすめのものを紹介します。

全30社のキャンペーンを比較検討してみた結果、以下の2つの理由から「GMOとくとくBB」の月額割引+5,000円キャッシュバックがおすすめです

  1. 全プロバイダの中で実質料金が一番安い
  2. 初期費用が3,000円のみ

その理由について、詳しく解説していきますね。

理由1.全プロパイダの中で実質料金が一番安い

一つ目の理由は、全プロパイダが実施しているキャンペーンの中で、実質料金が一番安いことです

プロパイダの中には30,000円以上キャッシュバックしてくれるところもあるので、ぱっと見はあまり得じゃ無いと感じるかもしれません。

ですが、実質費用に計算し直してみると、このキャンペーンが最も安くWiMAXを使うことができます

以下の一覧表は、全30社の中から最もお得なキャンペーンを10つまでランキング化し、比較したものです。

WiMAXプロバイダキャンペーン一覧表

キャッシュバック金額の大きさよりも、「キャンペーンを利用した結果、実際にいくらお金が必要なのか」を把握するのが一番重要です。

最もお得に乗り換えたいのであれば、GMOとくとくBBの「月額割引+5,000円キャッシュバック」を活用しましょう。

ただし、これは「解約金がかからないことが前提」です。

「解約金がかかるけどお得に乗り換えたい」という人は、BroadWiMAXの乗り換えキャンペーンもチェックしてみましょう。

BroadWiMAXの乗り換えキャンペーンについて

「まだ契約期間内だけど乗り換えがしたい人」には、BroadWiMAXの乗り換えキャンペーンがおすすめです

BroadWiMAXのキャンペーンは端末代0円、初期費用0円に加えて、解約金を最大19,000円まで負担してくれます

端末代や初期費用を負担してくれるプロバイダは他にもありますが、解約金を負担してくれるプロバイダは他にはありません。

ちなみに、各プロバイダの解約金は以下のようになっています。

ほぼ全てのプロパイダの解約金が19,000円以内なので、ほとんど全額を負担してくれます。

会社名 プラン名 ~12ヶ月 13~24ヶ月 25~35ヶ月目 36ヶ月目
GMOとくとくBB キャッシュバック 24,800円 9,500円 0円
月額割引 19,000円 14,000円

9,500円

0円
nifty キャッシュバック 19,000円 14,000円 9,500円 0円
BIGLOBE キャッシュバック 19,000円 14,000円 9,500円 0円
so-net 19,000円 14,000円 9,500円 0円
DTI 19,000円 14,000円 9,500円 0円
カシモ 新端末プラン 19,000円 14,000円 9,500円 0円

※分割端末代金の残債は対象外

解約金がかかる人は、BroadWiMAXへの乗り換えを検討してみましょう。

理由2.初期費用が3,000円のみ

GMOとくとくBBは、初期費用が事務手数料の3,000円しかかかりません

プロバイダによっては機種代金がかかることがあり、初期費用の段階で20,000円近くかかることもあります。

しかしGMOとくとくBBは、事務手数料以外の初期費用は一切かかりません。

最初に必要なお金が3,000円ですむというのも、おすすめできる特徴の一つです。

GMOとくとくBBは、加入の際に「安心サポート」と「Wi-Fi(公衆無線LAN)オプション」の2つに加入する必要があります。

どちらも2ヶ月間は無料で使えて、無料期間内に外せばお金は一切かかりません。

外し忘れて3ヶ月目になってしまうと、合計で700円近くかかってしまいますので、必ず外すようにしましょう。

4.WiMAXを悩まず申し込める7STEP

BroadWiMAXの公式ページ

ここでは、実際に申し込みから使用開始までの7STEPを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダの公式HPへアクセスする
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み・利用開始
  6. オプションを外す
  7. キャッシュバックを受け取る

それでは、それぞれ詳しく説明します。

STEP1.利用可能エリアを確認する

※現在も問題無くWiMAXを使えていれば、ステップ1は飛ばして大丈夫です。

まずはGMOとくとくBBの公式サイトのピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアであることを確認しましょう。

今住んでいる場所で利用可能かどうかが「◯」「△」「×」で表示されます。

乗り換え前の現時点で問題無く使えているのであれば、確認する必要はありません。

GMOとくとくBBピンポイントエリア判定

※画像は東京駅周辺の検索結果です。

※解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「○」の人に限りますので注意してください。

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

申し込みをするときには、「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB月額割引」⇐今回紹介しているキャンペーンの申し込みページはこちら

申し込みページによってキャンペーン内容が異なるので、注意してください。

STEP3.どのプランにするか選ぶ

WiMAXのプランは、「ギガ放題」がおすすめです。

通常プランだと7GBしか利用できず、それ以上になると速度制限を受けてしまいます。

ギガ放題であれば、データ量の上限は実質無制限ですので、好きなだけ利用することが可能です。

GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランを選んでも、利用開始してから1~2ヵ月ほどは通常プランと同じ月額で利用できます。

GMOとくとくBBギガ放題プラン

GMOとくとくBB7GBプラン

また、ギガ放題プランから通常プランへ無料で変更をすることも可能です。

1~2ヵ月ほどギガ放題プランを利用してみて、「7GB以上は使わない」場合はプランを変更するようにしましょう。

STEP4.機種を決める

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

WiMAX機種比較W06

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも通信速度も速くなっており、格段につながりやすくなっています。

また、以下の2つの機能も搭載され、つながりやすさがより向上しています。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

 

引用:UQ Communications│ニュースリリース│ 1.2Gbps対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」の発売

TXビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

引用:UQ Communications│ニュースリリース│ 1.2Gbps対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」の発売

このように格段に通信性能が上がっていることから、「W06」をおすすめします。

STEP5.申し込み後、商品が届く

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

GMOとくとくBB即日発送

注文した端末が届いたら、設定を行っていきましょう。

GMOとくとくBBでは設定方法をYouTubeでも紹介してくれています。

動画を見ながら設定すれば簡単にできますので、参考にしてください。

STEP6.オプションを外す

GMOとくとくBBでも申し込み時には、2つオプションをつける必要があります。

もし月額費用を抑えたい場合は、申し込み後にこの2つのオプションを外すことを忘れないようにしましょう。

どちらも端末発送月の翌月には「BBNavi」から解約することができます。

GMOとくとくBBオプション解除

解除するのを忘れてしまうと、オプションの費用を払い続けないといけません。

忘れないうちに解除しておくようにしてくださいね。

STEP7.キャッシュバックを受け取る

キャッシュバックを受け取るのも忘れないようにしましょう。

GMOとくとくBBでもキャッシュバックをもらい忘れてしまうと、他のプロバイダよりも実質料金が高くついてしまうことになってしまいます。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取る方法は、端末が発送された月を含んだ11ヶ月目に送られてくるメールから口座情報を登録するだけです。

GMOとくとくBBキャッシュバック受け取り方法

メールはGMOとくとくBBから与えられたメールアドレスに届きます。

GMOとくとくBBの会員サイト「BBNavi」からメールを確認するようにしましょう。

GMOとくとくBBキャッシュバック受け取りメール

メールが届いた翌月末までに返信をしないと、キャッシュバックをもらうことはできません。

返信さえ忘れなければ、登録した翌月の末日にキャッシュバックを振り込んでもらえます。

もらい忘れることのないように、カレンダーなどにしっかりメモしておいてくださいね。

まとめ

WiMAXの乗り換えについてお伝えしてきました。

結論としては、WiMAXへの乗り換えは「GMOとくとくBB」がおすすめです。

その中でも月額割引が最もお得に乗り換えることができます。

この記事を参考にして、お得にWiMAXを乗り換えて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です