WiMAXの通信制限は厳しくない!ギガ放題プランで快適ネット生活

WiMAXの通信制限

「WiMAXの通信制限って厳しいのかな?」とお悩みですね。

私自身、WiMAXを使い始める前は同じような悩みがありました。

公式サイトの説明を見ても何をどのぐらい使ったら通信制限になるのか、ぶっちゃけよくわかりませんよね。

しかし、結論から言うとWiMAXの通信制限は厳しくありません

「ギガ放題プラン」に契約すれば、毎日5時間ほど高画質のYoutube動画を見ても通信制限に引っかかりませんよ。

また、仮に通信制限になったとしても8時間程度で解除されますし、その間もYouTubeの標準画質ぐらいならスムーズに見られます。

実際私もWiMAXを使って3年ぐらいになりますが、通信制限になったかどうか気づかないこともあるぐらいです。

この記事では、プランごとの通信制限の詳細だけでなく、他社比較や口コミまでご紹介。

当記事を読み、通信制限の不安から解消されて快適なネット生活を送りましょう!

1.プラン別!WiMAXの通信制限を一挙解説

WiMAXの2つのプラン比較

WiMAXにはプランによって3つの通信制限があり、それぞれ条件が異なります。

一言で説明すると、「ギガ放題プラン」は通信制限のゆるいプラン、「7GB通常プラン」は通信制限の厳しいプランです。

後ほど詳しくご説明しますが、Youtube動画など、動画視聴メインの人は「ギガ放題プラン」への加入をオススメします。

また、auの電波を使って通信速度をさらに高速化する「ハイスピードプラスエリアモード」というプランも利用できますよ。

具体的な速度制限の条件は以下の表の通りです。

プラン別通信制限表

まずは7GB通常プランから、ひとつずつ確認していきましょう。

1ー1.7GB通常プランの通信制限

7GB通常プランは、「7GB使ったら翌月まで制限がかかる」というプランです。

詳細は以下の通りです。

7GB通常プラン速度制限表

ただ、「1ヶ月で7GBまで」と言われても「1日あたり何ができるの?」「通信制限後はどのぐらいの速さなの?」という疑問も湧いてきますよね。

ここではそれらの点についても確認していきましょう。

「1ヶ月で7GB」なら1日あたり何ができる?

「1ヶ月7GB」は、「高画質のYouTubeを1日20分以上見たら通信制限にかかる」ぐらいの容量です。

その他、1日あたりにできることの一覧表は以下の通りです。

7GBでできること一覧

動画視聴が目的の人にとって、1日20分を超えると通信制限がかかってしまうというのは非常に厳しいですよね。

LINEやWebページの閲覧が目的なら問題ありませんが、それ以外の方は「ギガ放題プラン」を選ぶのがオススメですよ。

通信制限後はどのぐらいの速さになるの?

通信制限後の「128kbps」というのは、ズバリ携帯の通信制限と同じ速さです。

つまり、LINEやメールのやりとりがギリギリできるぐらいの速度です。

ここまで制約が厳しいと、かなり窮屈な思いをすることになりそうですね。

1ー2.ギガ放題プランの通信制限

ギガ放題プランは、「3日で10GB以上使ったら、翌日の夜間のみ通信制限にかかる」というプランです。

ギガ放題プラン速度制限表

3日で10GBも使える上、「通信制限になるのは8時間だけ」というのは制約が非常にゆるいですよね。

1か月に換算すると、通信制限にかからずに100GBほど使える計算です。

私もこのプランでYoutube動画をガンガン見ていますが、通信制限にかかったことは数えるほどしかありませんよ。

「3日で10GB」なら1日あたり何ができる?

「3日で10GB」というのは、「高画質のYoutube動画を1日4〜5時間見ることができる」ぐらいの容量です。

3日で10GBでできること

1日5時間も高画質の動画が見られれば十分ですよね。

ギガ放題プランに契約しておけば、よほど大量のデータ通信をしない限り通信制限を心配する必要はありませんよ!

通信制限後はどのぐらいの速さになるの?

制限後の1Mbpsというのは、「YouTubeの標準画質動画をスムーズに見られる」ぐらいの速度です。

体感としては、「少し読み込みが遅いかな」と思うぐらいで、ほとんど気にならないレベルですよ。

ネットをガンガン使う方でも安心ですね!

1ー3.ハイスピードプラスエリアモードの通信制限

最後に、au4GLTE利用時の通信制限について確認していきましょう。

これは、「ギガ放題プラン」「7GB通常プラン」両方で使用可能な「ハイスピードプラスエリアモード」という機能の話です。

※ハイスピードプラスエリアモードとは?

「ハイスピードプラスエリアモード」というのは、auのLTE回線を併用することで電波をさらにつながりやすくするモードです。 地下鉄や山間部など、従来つながりにくかった場所でも電波がつながりやすくなるのが特徴です。

いずれのプランでも、「ハイスピードプラスエリアモード」でのデータ通信量が7GBを超えると通信制限に引っかかるので注意が必要です。

以下の表でこのモードでの通信制限の詳細を確認しましょう。

ハイスピードプラスエリアでできること

先ほど確認した通り、「128kbps」というのは非常に低速なので通信制限にかかってしまうのは厄介ですよね。

そのため、「ハイスピードエリアモード」を使うのはどうしても必要な時だけにしましょう!

ギガ放題プランの場合は特に注意が必要

ギガ放題プランの場合、「ハイスピードプラスエリアモード」を7GB利用した時点で、通常モードでも通信制限がかかってしまいます。

つまり、無制限で使い続けることができず、月末までずっと128Kbpsの状態になってしまうということですね。

ハイスピードプラスエリアモードになっていることを忘れて、使い続けて通信制限にかかってしまうということはよくあるので、注意してください。

※私自身、ハイスピードプラスエリアモードにしていたのを忘れていて、通信制限にかかってしまったことが一度だけあります・・・

通常モードでも快適に使えますので、ハイスピードプラスエリアモードは、どうしてもという時にだけ利用するようにしましょう。

2.WiMAXの通信制限は厳しくない!他社との比較

WiMAX通信制限

ここまでWiMAXの通信制限は厳しくない!とお伝えしてきましたが、「ぶっちゃけ他社と比べてどうなの?」という疑問もありますよね。

結論から言うと、他社と比較してもWiMAXの通信制限システムはゆるいです。

以下の一覧表で確認していきましょう!

このように、他社と比べても通信制限システムがゆるいことがわかりますね!

3.WiMAXの通信制限についての口コミをチェック!

WiMAXの口コミ

WiMAX契約前には、実際に使っている人の意見も聞きたくなるものですよね。

そのため、当記事ではWiMAXの通信制限について「いい口コミ」「悪い口コミ」をそれぞれまとめました。

順番に見ていきましょう!

3ー1.いい口コミ

まずはいい口コミから見ていきましょう。

1.「ギガ放題プランならそうそう制限はかからない」

「ギガ放題プランならそうそう通信制限はかからない」という口コミです。

Youtubeの視聴やネットサーフィンがメインなら、基本的には通信制限に引っかからずに使えます。

WiMAXは通信制限がゆるいので、この方のように長年愛用しているファンも多くいるんですよ!

2.「ギガ放題プランなら通信制限も気にならない」

「ギガ放題プランなら通信制限も気にならない」という口コミです。

先述した通り、ギガ放題プランの通信制限は18時から深夜2時までの8時間程度です。

18時ごろならまだ仕事をされている方も多いと思うので、実際に通信制限を体感する時間はかなり短そうですね!

3.「ギガ放題プランなら通信制限時も動画視聴できる」

「ギガ放題プランなら通信制限時も動画視聴できる」という口コミです。

ギガ放題プランなら、通信制限後もYoutubeの標準画質動画がスムーズに見られますよ!

読み込み速度の体感は若干落ちますが、それでも十分使えるレベルの速度ですね。

3ー2.悪い口コミ

次に、悪い口コミです。

順番に見ていきましょう!

1.「ゲームをすると通信制限がすぐかかる」

「ゲームをすると通信制限がすぐかかる」という口コミです。

オンラインゲームなどはデータ通信量を多く必要とするので、できれば固定回線と使い分けた方がよさそうですね。

また、この方のように家族で10GBをシェアする場合、容量が足りなくなる可能性が高いです。

2.「速度制限下では画像の読み込みが遅い」

「速度制限下では画像の読み込みが遅い」という口コミです。

やはり、通常時に比べると画像データの読み込みには少し時間がかかってしまうようですね。

ただ、テキストメッセージメインのホームページならストレスなく読み込むことができますよ!

3.「設定を切り替え忘れて通信制限にかかった」

「設定を切り替え忘れて通信制限にかかった」という口コミです。

先述したように、「ハイスピードプラスエリアモード」の状態で7GBを超えると、強制的に超低速の通信制限がかかります。

この場合はギガ放題プランでも月末まで128Kbpsの通信制限になるので、使用する場合は十分に注意しましょう。

4.WiMAXは購入前にレンタルが可能

WiMAXを無料でお試し

「WiMAXの通信制限がゆるいのはわかったけど、自分の地域でも快適に使えるか不安・・・」

こんな方は、購入前に無料レンタルサービスを利用してみましょう。

以下2つのサービスを併用すると、合計1ヶ月間ほど試すことができますよ!

順番に見ていきましょう。

4ー1.Try WiMAX

「Try WiMAX」は、WiMAX機器を15日間無料でレンタルできるサービスです。

購入前に実際自分が使う予定の環境でWiMAX機器を使用できるのは嬉しいですよね。

「ぜひ試してみたい!」という方はUQ公式から申し込みが可能ですよ。

ただし、Try WiMAXに申し込むときには以下のような点に気をつけましょう。

貸し出しの在庫状況には注意

とても便利なTry WiMAXですが、最新機種(W06)をレンタルできるとは限りません。

というのは、機種ごとにレンタルできる台数が決められているからです。

現在どの機種が借りられるかは公式ページから確認できますよ。

「15日間」は発送日から到着日までを指す

「15日間」というのは、レンタル前の発送日から、レンタル後の到着日を含めた日数です。

具体的には地域や申し込み時期によって異なりますが、だいたい3日程度で到着します。

返送する時間を考えると、実質WiMAX機器を使えるのはだいたい10日ほどになりそうですね。

遅延/故障/紛失すると高額な違約金

Try WiMAXの期間中に、WiMAX機器が故障/紛失した場合や返送が遅れてしまった場合、以下の表のように高額な違約金を請求されます。

WiMAXのペナルティ

取り扱いや返却日にはくれぐれも注意するようにしましょう!

返却日の3日前ぐらいに発送しておけば安心ですね。

4ー2.GMOとくとくBB

「GMOとくとくBB」からWiMAX機器に申し込むと、申し込み後20日間は違約金無料で解約することが可能です。

つまり、実質20日間のお試し期間が設けられているわけですね。

こちらであれば基本的にいつでも最新機種を試すことができますよ!

ただし、GMOとくとくBBに申し込む際にも注意点がいくつかあるので確認しておきましょう。

20日間以内に必着

Try WiMAXと同様、GMOでWiMAX機器をお試しする場合も「20日以内にGMO側が返却を確認できること」が条件です。

つまり、こちらも20日間丸々使うことはできないということですね。

トラブルを避けるために、3日前ぐらいにはGMOへ発送することをオススメします。

また、解約の際には必ずGMO(0570-045-109)に確認の電話を入れてから手続きを進めるようにしましょう。

利用できるのはピンポイントエリア判定が「○」の人のみ

20日間お試しを利用できるのは、GMOの公式サイトが提供している「ピンポイントエリア判定」が「○」の人のみです。

ピンポイントエリア判定

※「ピンポイントエリア判定」とは?

「ピンポイントエリア判定」とは、自分の地域でWiMAX機器が快適に使えるのか調べることができるシステムです。

住所を入力すると、「○」「△」「×」の三段階で電波状況の目安が表示されます。

「△」「×」の人はお試しの対象外になるので注意しましょう!

返送代や事務手数料がかかる

GMOのお試しを利用すると、違約金自体は無料になりますが、以下の料金は自己負担となるためその点は注意しましょう。

  • 事務手数料(3,000円)
  • 返送料

GMOとくとくBBからのお申し込み方法については、こちらの記事でも詳しく解説していますので、よろしければご一読ください。

まとめ

結論、WiMAX機器の通信制限は厳しいものではありません。

「ギガ放題プラン」を選べばそれほど通信制限を気にする必要もなくなりますよ。

この記事を参考に、快適な速度のWiMAXをサクサク利用していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です