WiMAXのアンテナをたてる方法!アンテナが弱い原因と解決策

「ネット通信したいのにアンテナが立っていなくて困る」
「動画を再生したのに全然読み込まなくてイライラする」

こんな経験ございませんか?

Wimaxを使えば高速回線を利用したネット通信が出来ますが、場所によってアンテナが立たない事もあります。

そこで今回はWimaxのアンテナが弱い原因について解説し、解消方法をお伝えします。

この記事を読んで快適なWimaxライフを送りましょう。

1.WiMAXのアンテナが弱い原因

WiMAXのアンテナが弱い原因

まずはWimaxのアンテナが弱い原因を5つご紹介します。

  • 周波数が高い
  • 高い建物がある
  • 建物内に弱い
  • 電波の弱い地域にいる
  • 制限がかかっている

WiMAXの通信が弱くなってしまう根本的な原因を知りましょう。

通信が遅くなっている原因は複数あり、その原因を特定することによってトラブルを解決するのです。

また、通信トラブルの原因が一つだけではなく、複数によって生み出されていることもあります。

原因をそれぞれ理解して解決していきましょう。

1-1.周波数が高い

周波数が高い

アンテナがたたなくなる原因の1つにWiMAXの電波の特徴があげられます。

WiMAXの電波は、速く真っ直ぐ飛ぶけど回り込むのは苦手なのです。

では、なぜそのような特徴を持つのか、それはWiMAXが利用している電波のp周波数帯に理由があります。

電波を統制する総務省は、各通信会社に使用してもよい周波数帯を割り当ています。

WiMAXのサービスを展開しているUQコミュニケーションズは、他の通信業者よりも高い周波数帯を割り当てられています。

電波というものは、周波数帯が高くなれば高くなるほど、直進性が増し、回折性が弱くなるのです。

直進性とは電波が真っ直ぐ進む性能、回折性は電波が建物を回り込んで進む性能のことです・

つまり、直進性が高く回折性が弱いといのは、電波が真っ直ぐにしか飛ばず、建物にあたっても回り込むんでくれない、ということです。

そのため、WiMAX4は場所によっては、アンテナが弱い場合があるのです。

1-2.高い建物がある

WiMAXの電波は直進性が高く回折性が低いという特性がありますので、電波がなにかの障害物にぶつかっても周りこもうとせず、跳ね返ってしまうのです。

一軒家などの低い建物なら電波が上空を通過するので問題はないのですが、高い建物があると上空を通過することでがきません。

つまり、ビルやマンション、デパートといった高い建物があると、WiMAXの電波がブロックされアンテナが立たなくなってしまうのです。

都会にいるのにWiMAXのアンテナが繋がらないといった現象が起きてしまうのはこのためなのです。

1-3.建物内に弱い

建物内にいるとアンテナが弱くなってします原因も、WiMAXの電波特性によるものです。

WiMAXの電波は直進性が高いが回折性は弱いため、建物内で使用すると、電波が壁や窓に反射してしまい弱くなってしまいます。

建物の中にいると、電波を建物が遮断してしまうのです。

「外では問題なく使えるけど自宅はアンテナが弱い」
「外出先で建物内に入るとアンテナが弱くなるため、困る」

このようなことが起きてしまうのです。

WiMAXの電波の不調原因は、WiMAXの電波特性によるものが多いのです。

1-4.電波の弱い地域にいる

WiMAXのアンテナ基地局の数が少ない地域にいるとアンテナが立たなくなってしまうことがあります。

そのため、いつもと違う場所だと普段通り使用できず、いざ使用しようとしたときに困ってしまうのです。

電波サービスエリアは下記のUQの公式サイトから検索できますので確認してみて下さい。

UQコミュニケーションズ サービスエリアマップ

またいつもと違う場所に出かける際は、事前に確認しておくことをオススメします。

1-5.制限がかかっている

WiMAXは契約しているプランによって通信量の制限があり、一定の通信量を超えてしまうと一時的に通信速度が遅くなります。

大容量の通信が可能であるギガ放題プランでも、動画の長時間視聴やファイルのダウンロード等、短時間に使用すれば通信速度が落ちてしまいます。

速度制限の場合は、一定時間置けば通信速度が回復しますので待ちましょう。

通信制限にかかってしまう事が多い方は、使用方法や契約プランを見直して、通信制限がかからないようにしましょう。

プランをご紹介しますので、あなたのプランと見比べてみて下さい。

UQ Flatツープラスギガ放題

UQ 料金・サービス比較

こちらのUQ Flatツープラスギガ放題プラン、データ量の上限がなく、制限がかかりません。また3年契約ならば、後述するハイスピードプラスエリアモードが無料で使えます。

データ上限を気にせず使いたい方にオススメです。

  • 月間データ量上限なしでたっぷり使える
  • 月額料金4,380円~
  • 3年契約ならばハイスピードプラスエリアモード(1,005円/月)が無料

ウルトラギガMAX

ウルトラギガMAXプランは、ネットとスマホが使えて、データの上限がなく、制限がかかりません。おしゃべりプランSというものがあり、こちらは5分以内の通話なら、何度でも無料となっております。よく通話をする方にオススメです。

  • 月間データ量上限なしでたっぷり使える
  • 月額料金6,360円~
  • おしゃべりプランS (国内通話5分が何度でも無料)
  • 3年契約ならばハイスピードプラスエリアモード(1,005円/月)が無料

プランを見比べて、ご自身にあった契約を選びましょう。

2.電波を強くする方法

電波を強くする方法

WiMAXの電波を強くする方法を6つご紹介します

  • ルーターの置く位置を工夫
  • クレードルを用いる
  • ホームルータを利用する
  • ハイスピードプラスエリアモードを利用
  • エリア改善要望を出す
  • UQ宅内アンテナを設置してもらう

WiMAXのアンテナが立たない時に、すぐに利用できる方法から、ずっと使えるものまでお伝えします。

これを読んで電波を強くし、快適なネット通信をしましょう。

2-1.ルーターの置く位置を工夫する

まずはモバイルルーターの置く位置を工夫しましょう。

WiMAXで使用している電波は遮断物に弱いため、カバンやポケットの中に入れたままだと、場合によっては通信を妨げてしまうことがあります。

WiMAXを使用する際は、なるべく外に出して使いましょう。

他にもテクニックがありますのでご紹介します。

窓の近くに置く

WiMAXのアンテナが弱い時はルーターの置く位置を、窓のそばにしてみましょう。

WiMAXの電波特性から障害物によってアンテナが立たない事が多いため、障害物の影響を少なくするためにルーターを窓の近くに置きましょう。

電波の障害物は、材質や厚さで影響が変わります。

窓ガラスは壁よりも薄く電波を通しやすいため、ルーターを窓の近くに置くとアンテナが立ちやすいのです。

上の階に移動する

WiMAXの電波は、1階より2階、2階より3階と、上に昇るほど通りやすくなります。

上に移動するだけでWiMAXの電波が通りやすくなるため、移動してみて下さい。

また、上の階で窓の近くといった場所がベストですので、アンテナが弱い場合は位置を気にしてみてください。

2-2.クレードルを利用する

WiMAXルーターを立てるためのクレードルという機器を使用するとアンテナが強くなります。

クレードルを使用するメリットは以下の通りです。

  • 充電機能付きなため、バッテリーを気にしなくてよい
  • 接続したモバイルルーターを介して有線接続ができる
  • 固定回線からWifiスポットを作成できる

クレードルに差すだけでアンテナが安定しますので、是非使ってみて下さい。

2-3.ホームルーターを利用する

自宅でWiMAXを利用する際に便利なのがホームルーターです。

ホームルーターはUQ公式サイトから申し込みができ、1~2日で自宅に届きます。

自宅に届いたらコンセントに繋いで簡単な設定をするだけで使用できるのでとても便利です。

WiMAXのホームルーターはモバイルルーターよりも強く電波を飛ばすことが出来るため、自宅のどこにいても快適にネット通信ができます。

2-4.ハイスピードプラスエリアモードを利用する

WiMAXには、複数の通信プランがあり、その中でも高速かつ広範囲で使用できるのがハイスピードプラスエリアモードです。

WiMAXでは下記の2種類の電波を使用することができます。

  • WiMAX2+ 
  • au 4G LTE

ハイスピードプラスエリアモードは、au 4G LTEの電波を使用できるということです。

au 4G LTEを使用するハイスピードプラスエリアモードを簡単に言うと、通常のモードでは入りづらい場所でも電波が入るということです。

ハイスピードプラスエリアモードにはメリットデメリットがございますので、詳しくご紹介します。

ハイスピードプラスエリアモードのメリット

ハイスピードプラスエリアモード使用できるメリットとして、使用できるエリアがとても広いということが挙げられます。

WiMAXの回線では繋がらないエリアでもau 4G LTEを使用することによって通信が可能になるのです。

山間部に住んでいる方や、出張などで移動が多い方には、とても便利だといえます。

また、ハイスピードプラスエリアモードのメリットとして、電波が繋がりやすいというものも挙げられます

WiMAX回線はアンテナ基地局が少なく、対応エリアでも建物内や地下などではアンテナが弱くなってしまいます。

しかし、ハイスピードプラスエリアモードで使用するLTEは、WiMAXと比較してアンテナ基地局が圧倒的に多いため、建物内や地下でも電波が繋がりやすいという特徴があります。

WiMAXが繋がらない場合に、自動でLTEに切り替えてくれるといのも便利です。

ハイスピードプラスエリアモードのデメリット

ハイスピードプラスエリアモードのデメリットは追加料金がかかるということです。

ハイスピードプラスエリアモードを使用するには月1,005円の追加料金がかかります。

追加料金があるので、使用する際はよく考えて使用しましょう。

また、ハイスピードプラスエリアモードのデメリットとして、月7GBの通信制限があることが挙げられます。

7GBを超えると速度が128kbpsまで制限されてしまいますので気を付けなければいけません。

また、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかってしまうと、通常のモードに戻しても制限がかかったままなので気を付けましょう。

ハイスピードプラスエリアモードはこんな人にオススメ

ハイスピードプラスエリアモードのメリットデメリットをご紹介しましたが、ハイスピードプラスエリアモードを使用するのにオススメな人をご紹介します。

  • 田舎など電波が弱い場所に住んでいる
  • 出張など移動が多く、安定した通信環境が必要な人
  • 地下や建物内でよく利用する
  • 都心で高い建物に囲まれて仕事をしている

上記に当てはまる人は、ハイスピードプラスエリアモードの利用を検討してみて下さい。

2-5.エリア改善要望を出す

WiMAXの電波が弱い、通信エリア外といった場合は、UQにエリア改善要望を出し、電波を繋がりやすくすることが出来ます。

WiMAXはエリアを拡大する際に、利用者のエリア拡大要望を参考にしています。

要望を出せば必ず対処してくれるとは限りませんが、要望が多いとそれだけ優先順位があがりますから、出しておくに越したことはありません。

エリア改善要望はUQコミュニケーションズ 公式サイトから出す事が出来ます。

2-6.UQ宅内アンテナを設置してもらう

自宅で電波が弱い場合、UQ宅内アンテナを設置してもらい、通信状態を安定させることができます。

UQ宅内アンテナとは、自宅に設置する小型WiMAX2+基地局です。

つまり、自宅にアンテナ基地局を設置することによって、通信環境を安定させることができるのです。

工事費やアンテナ基地局使用料金は無料となっていますので、使用したいかたはUQコミュニケーションズのホームページから申し込みをしましょう。

3.パラボラアンテナを作る

パラボラアンテナを作る

WiMAXの電波を強く、通信環境を安定させる方法として、パラボラアンテナを作成して設置する方法があります。

パラボラアンテナは、電波を真ん中に集める性質を持っており、その真ん中にWiMAX端末を置いて通信環境を安定させるのです。

パラボラアンテナの効果は絶大です。

パラボラアンテナの使用前の通信環境にもよりますが、通信速度は2~4倍も変わってきますので是非作ってみて下さい。

パラボナアンテナというと難しそうと思うかもしれませんが、実は誰でも簡単に作れます。

では、早速パラボラアンテナの作り方をご紹介していますのでご覧ください。

3-1.作り方

簡単なパラボラアンテナの作り方は3つありますので、順に説明します。

  • ボウルパラボラアンテナ
  • 反射板を設置
  • ビニール傘でパラボラアンテナ

ボウルパラボラアンテナ

金属製のボウルとまな板スタンドを用意して下さい。

まな板スタンドの片方を折り曲げ、ボウルが乗るようにしてください

まな板スタンドの反対にはクレードルに乗せたWiMAX端末を置き、ボウルの真ん中にくるよう微調整してください

以上で終わりです、とても簡単ですよね。

反射板を設置

反射板とは光や音を反射する装置のことです。

あまり聞きなれないものですが、身近なものでとても入手しやすいモノがあります。

それはガスコンロな周りに設置するアルミ製のシートです。

これをWiMAX端末の周りに設置するだけでパラボラアンテナの完成です。

ビニール傘でパラボラアンテナ

ビニール傘をアルミホイルで覆うだけで、パラボラアンテナが作れます。

少し手間がかかりますが、大きなものをつくれるため、広範囲の電波を拾えます

WiMAX端末は傘の柄にテープで巻いたりして固定しましょう。

3-2.速度測定方法

パラボラアンテナを使用して、通信速度を速くする方法をご紹介しましたが、気になるのはどれくらい速くなったかですよね。

それも実感だけではなく、数値としてみたいですよね。

そこで通信速度を測定する方法をお伝えします。

通信速度を測定する方法としては、通信速度測定サイトを使用するのが手早いと思います。

いくつかピックアップしてみましたので測定してみてください。

操作方法はどのサイトも表示される案内に従うだけですのでとても簡単です。

BNRスピードテスト

ワンクリックで測定開始するので手間がいらない。上りと下り別に測定可能。速度測定にはFlashプレイヤーを使用している。Flashプレイヤーが使用できないiphoneやipadは画像読み込み用で測定可能

SOKUDO.JP ワンクリックで測定可能。速度表示が車の計器の様に表示されるため、測定して楽しい。
USEN 測定にFlashプレイヤーがー必要。測定結果が数値だけでなく「〇〇級」とイラスト付きで表示されるので、測定して楽しい。

4.WiMAXのおすすめのプロバイダ

WiMAXのおすすめのプロバイダ

ここからはUQコミュニケーションズが提供するWiMAXと、他社が提供するWifiとを比較してどの会社を選べばいいのか、お伝えしていきたいと思います。

「会社がいっぱいありすぎて選べない」
「それぞれの違いがわからない」
「自分に合っているのはどれなの?」

という疑問をお持ちの方、安心してください、わかりやすくお伝えします。

これを読めば会社選びに悩まず、モバイルWifiを選択することができます。

4-1.比較

モバイルWiFiを比較するポイントとしていくつかの項目がありますのでご覧ください

  • 通信速度
  • 通信エリア
  • 通信容量
  • 月額料金
  • 契約期間

上記のポイントを通信会社ごとに調べて比較してみましたのでご覧ください。

 

UQコミュニケーションズ

Y!mobile au SoftBank docomo
通信速度 Wimax220Mbps

有料オプション708M

612Mbps

Wimax220Mbps

有料オプション
公表無し

612Mbps 788Mbps
通信容量 無制限 無制限 無制限 50GB 30GB
エリア
周波数

2.4GHz
5GHz

有料オプションで
800MHz

900MHz
1.5GHz
1.7GHz
2.0GHZ

 

2.4GHz
5GHz

有料オプションで
800MHz

900MHz
1.5GHz
1.7GHz
2.0GHZ

 

800MHz
1.5GHz
1.7GHz
2.1GHZ

 

月額料金 2,956円 4,461円 4,505円 9,572円 9,525円
契約期間 2年 3年 2年 2年 2年

表にしてみると、通信会社によって違いがだいぶあることが見て取れます。

では、各項目ごとに詳しくご紹介していきます。

通信速度を比較

モバイルWifiを選ぶ際に、最も気になるのが通信速度ではないでしょうか。

ここで先にお伝えしておきたいのが、各通信業者が発表している通信速度は必ずその速度で出るということではない、ということです。

通信会社が発表している通信速度は、あくまで各規格の理論値であり、条件が揃った際に最大で出る通信速度なのです。

通信エリアや回線の込み具合などによって、通信速度は変化しますので、あくまでも目安として考えてください。

オススメは通信速度を無料プランと有料プランで選択できるUQコミュニケーションズです。

あなたの生活スタイルに合わせて選びましょう。

通信容量を比較

通信容量ですが、無制限といっても完全に無制限ではないことに注意してください。

3日間で10GBまでという制限があることが多いのでご注意下さい。

通信量の目安ですが、1GBを使用してネットで動画を見ると、高画質で90分、低画質で300分ほど見れます。

端末や通信環境によりますが、ご自身の通信容量の目安としてお考えください。

エリアを比較

通信エリアは各会社によってちがいますが、携帯キャリア3社は広範囲をカバーしています。

しかし、ここで注意して頂きたいのは、ご自身の生活圏内がカバーしているかどうかです。

モバイルWifiを契約したあとで、生活圏内がエリア外だったとなると困ったことになりますので、必ず通信エリアを確認しておきましょう。

また、UQなら通信エリアの改善要望を出せますので、オススメです。

月額料金を比較

月額料金は通信会社や契約プランによって、大きく異なります。

UQコミュニケーションズでは基本料金が約3000円ですが、Softbankやdocomoは約9500円もします。

実に3倍以上の価格差がありますので、必ず確認して契約しましょう。

安く済ませたいのか、高機能で使いたいのか、各個人で求めるスペックで大きく変わりますので、必ず比較しましょう。

契約期間を比較

契約期間は大抵2年となっています。

契約プランによって3年だったり4年だったりもしますので、確認しておきましょう。

契約期間内に契約解除をすると、解約金がかかってしまうことが多いので、必ず、自分の生活と照らし合わせて契約するようにしましょう。

4-2.どの会社を選ぶべきか

モバイルWifiを提供する会社をご紹介しました、ここからは比較した情報をまとめて、評価してみたいと思います。

UQ 通信速度、通信エリア、申し分ない、月額料金も安くコスパ良し
Y!mobile  通信エリアに難あり、速度と料金は普通
au サービスはUQとほぼ同じ、月額料金が高い分コスパが悪い
SoftBank 通信容量制限がある、月額料金が高額、コスパが悪い
docomo 通信容量制限がある、月額料金が高額、コスパが悪い

Softbankとdocomo通信容量に制限があり、月額料金も高額なため、コストパフォーマンスが悪いですね。

ymobileは通信速度と通信エリアに難があり、月額料金と比較してもあまりコストパフォーマンスは良いといえませんね。

それに比べてUQは月額料金が安く通信容量制限もないため、コストパフォーマンスが良いですね。モバイルWifiを選ぶ、選び直すならUQを選択することがオススメです。

5.まとめ

WiMAXのアンテナが弱い原因と解決方法をご紹介しましたが、アンテナの悩みは解決できたでしょうか?

WiMAXのアンテナが弱い原因は、多くがWiMAXの電波特性ものですし、それはちょっとした工夫ですぐ解決できます。

また、契約プランを見直してハイスピードプラスエリアモードにするのもよいかもしれません。

大切なのは、通信環境にストレスを感じないよう対処することです。

快適にWiMAXを使用して生活していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です