speed WiFiはモバイルルーターとホームルーターの2種類!特徴を徹底解説

speed Wifi トップ画像

speed WiFiについてお調べですね?

WiMAXについて調べていたら、speed WiFiという単語が出てきたけど、一体何のことか分からずお困りではないでしょうか?

結論として、speed WiFiとはWiMAX専用の通信端末(ルーター)のことです

今回は、speed WiFi(モバイルルーター・ホームルーター)の特徴や、スペックを比較しながらおすすめの機種を紹介します。

また、おすすめのspeed WiFiをお得に契約できるWiMAXのプロバイダーについても詳しくお伝えするので、本記事を参考に是非お得にWiMAXを契約してみて下さい!

目次

1.speed WiFi(スピード ワイファイ)とは?

モバイルルーター おすすめ 解約

speed WiFi(スピード ワイファイ)とは、WiMAX専用のルーターの名称のことです

speed WiFiは用途別に以下2種類のタイプが存在します。

・モバイルルーター

・ホームルーター

WiMAXで通信を行うには、通信端末であるspeed WiFiが必要なので、契約する際に自分でどの機種を使うか選ぶ必要があるんです。

でも、speed WiFiについて知識がないと、どの機種を選んでいいか分かりませんよね?

そこで、まずモバイルルーターとホームルーターのそれぞれの特徴を詳しく解説します。

1−1.外に持ち運び出来る便利なモバイルルーター

モバイルルーターは、バッテリーを内蔵しているので、屋内外問わず使うことが可能です

WiMAXといえば、上の画像のようなモバイルルーターを思い浮かべる人が多いと思います。

WiMAXは家の中だけでなく、外に持ち出してWiFiを使いたい人におすすめのサービスなので、WiMAXを契約するなら、モバイルルーターの中からお好みの機種を選びましょう。

1−2.コンセントにつなげて使う据え置き型のホームルーター

ホームルーターは、据え置き型で(基本的に)屋内のみ使うことが可能です

モバイルルーターよりも本体が大きく、バッテリーを内蔵していないので、使用するにはコンセントから電源供給が必要になります。

単体では屋外で使うことが出来ないので、ホームルーターは自宅の固定回線代わりとしてWiMAXを使いたい方のみ選びましょう。

ホームルーターもモバイルバッテリーやポータブル電源と組み合わせれば、屋外でも使用することが出来ます。

ただ、モバイルルーターを使った方がコードレスで使うことが出来るのでおすすめしません。

2.WiMAXを快適に使うならモバイルルーターがおすすめ

WiMAXを契約する際は、デメリットが少ないモバイルルーターの中から機種を選ぶのがおすすめです

ホームルーターがおすすめな人はかなり限定的ですが、モバイルルーターは多くの人におすすめすることが出来ます。

この項目ではまず、モバイルルーターのメリットとデメリットを4つの項目に分けて解説します。

2−1.家でも外でもネットが使える

モバイルルーターの最大のメリットは、WiMAXを屋内外問わず使えるということです

ホームルーターは屋外で使うことが出来ないので、WiMAXの魅力を十分に味わうことが出来ないんですよね…。

自宅や仕事でWiFi環境をいつも持ち歩きたいという方は、ホームルーターではなく必ずモバイルルーターを選びましょう!

2−2.専用クレードルを使えば据え置きとしても使える

モバイルルーターの一部の機種には専用のクレードルが用意されています

クレードルを使うと、有線LANで接続出来たり、電波の強度が強くなるといったメリットがあり、ホームルーターの様な据え置き型のルーターとしても使うことが出来るんです。

ホームルーターの有線LANポートに魅力を感じている方は、モバイルルーター+クレードルという選択肢もあることを覚えておきましょう。

モバイルルーターの最新機種W06はクレードルなし

モバイルルーターの最新機種W06は、専用のクレードルが用意されていません

その理由は、有線LAN接続よりもUSBケーブルを使った有線接続の方がより高速な通信が可能になったからと推察されます。

また、ルーター性能の向上や、スマホ用スタンドの普及により、クレードルそのものの需要が以前より低下しているというのも理由の1つでしょう。

※ W06に関しては後ほど詳しく解説します!

2−3.同時に接続できる端末の数がルータータイプより少ない

モバイルルーターはホームルーターと比べて、同時に接続できる端末台数が少ないです

ただ、少ないと言っても、モバイルルーターの最新機種W06であれば、最大16台同時に接続可能出来るので、多くの方にとって必要十分な数だと思います。

WiMAXの場合、固定回線と違って通信制限があるので、快適な速度で使い続けるには3日で10GB以内にデータ容量を抑えながら使い続ける必要があるんです…。

つまり、家族など大人数で1台のルーターを使って通信してしまうと、一度に多くのデータを消費してしまい、通信制限に掛かりやすくなってしまいます。

この様に、WiMAXのルーターに関しては、同時に接続できる台数が多いということは、必ずしもメリットとは言い切れないんです。

2−4.液晶付きで設定の確認や操作がしやすい

モバイルルーターは、本体にタッチ操作に対応した液晶を搭載しています

ルーター単体で、端末の状態や各種設定の確認や変更が出来るので、操作性、視認性ともに抜群です。

一方、ホームルーターは液晶非搭載で、端末の詳しい状態や各種設定の変更をするには、スマホやPCから操作する必要があります。

ルーターの使いやすさで選ぶなら、ホームルーターではなくモバイルルーターがおすすめです!

3.持ち運び不可!ホームルーターはおすすめできない

ホームルーターは、モバイルルーターと比べてあまりおすすめできません…

正直、今からWiMAXをホームルーターで契約するなら、固定回線も合わせて検討するべきです。

この項目では、ホームルーターのメリット・デメリットを3つの項目に分けて詳しく解説します。

3−1.屋内専用で外ではネットが使えない

ホームルーターを使うには、コンセントから電源供給する必要があります

つまり、屋外はもちろん屋内でもコンセントがない場所では使うことが出来ないんです…。

WiMAXは、家でも外に持ち出してもWiFiが使えるというのが最大の特徴ですよね?

しかし、ホームルーターを選んでしまうと、使える場所がかなり限定されてしまうので、正直おすすめできません。

3−2.同時に接続できる端末の数がモバイルルーターより多い

ホームルーターは、モバイルルーターよりも同時に接続できる端末が多いです

固定回線のルーターであれば、同時に接続できる端末の数が多いことはメリットと言えます。

しかし、WiMAXの場合、3日で10GBの通信制限があるので、多くの端末で同時に通信を行ってしまうと、すぐに通信制限に掛かってしまいますよね…。

WiMAXを快適な通信速度で使い続けるには、1日辺りのデータ通信量を計算しながら使う必要があるので、複数の端末で利用したり、大人数で使うのにはあまり向いていません。

つまり、WiMAXのルーター選びにおいて、同時に接続できる端末の数はあまり重要ではないと言うことが出来ます。

3−3.細かな設定を本体で直接行うことが出来ない

ホームルーターは本体に液晶を搭載していません

モバイルルーターはタッチ操作に対応した液晶がついているので、端末の状態や設定の変更を単体で行うことが出来て便利です。

しかし、ホームルーターの場合、スマホやPCから管理画面に入る必要があるので、ルーターの操作性は今ひとつと言えます。

ルーターの操作性で選ぶなら、ホームルーターではなくモバイルルーターがおすすめです。

4.speed WiFi 4機種を徹底比較

ここまでspeed WiFiの種類や特徴について解説してきましたが、実際にWiMAXを契約する際、どの機種を選べばいいかお悩みではないでしょうか?

そこで今回は、WiMAXをお得に契約出来るプロバイダ「GMOとくとくBB WiMAX」で選択可能なルーター4機種のスペックを比較しつつ、ルーター選びのポイントや、最もおすすめのルーターがどれなのかを解説します!

機種名

W06

WX05 L02 HOME 01
メーカー HUAWEI NEC HUAWEI NEC
カラーバリエーション ブラックブルー
ホワイトシルバー
ソニックレッド
ピュアホワイト
ホワイト ホワイト
大きさ 約128×64×11.9mm 約111×62×13.3mm 約93×93×178mm 約70×100×155mm
重量 約125g 約128g 約436g 約338g
最大通信速度(下り) 1.2Gbps 440Mbps 1Gbps 440Mbps
最大接続可能台数 16台 10台 40台 22台
連続通信時間(最大) 約11時間40分 約14時間
バッテリー使用時間(最大) 約800時間 約700時間
電池容量 3,000mAh 3,200mAh
電池パック 交換不可 交換可能 交換不可 交換不可

それでは、順番に1つずつ解説していきますね。

4−1.WiMAXのルーターは最新機種を選ぶべき

WiMAXを契約する際は、よりスペックの高い最新機種を選びましょう

これは、ホームルーターでもモバイルルーターでも同じです。

後ほどご紹介するGMOとくとくBB WiMAXの月額割引キャンペーンでは、どの機種を選んでも本体代金が0円なので、あえて旧型の機種を選ぶメリットはありません。

何か特別な事情がない限り、WiMAXのルーターは最新機種を選びましょう。

有線LANで接続したいならホームルーターかWX05

モバイルルーターの最新機種W06はクレードルが用意されていないので、PCなどの端末と有線LAN接続することが出来ません。

どうしても有線LAN接続がしたいという方は、ホームルーターを選ぶか、クレードルが用意されているWX05を選びましょう。

4−2.ホームルーターではWiMAXの魅力を十分に味わうことが出来ない

ホームルーターは家の中では使うことが出来ますが、外に持ち出すことが出来ないので、どうしても限定的な使い方になってしまいます

家の中だけでしかWiMAXを使わないという方であれば問題ないかもしれませんが、その場合、通信制限の無いどんなときもWiFiや固定回線を契約した方がストレスなくネットを使うことが出来るのでおすすめです。

4−3.最もおすすめなルーターはW06

モバイルルーター おすすめ W06

今WiMAXを契約するなら、最新のモバイルルーター「W06」がおすすめです

W06は、通信速度が過去最高の最大1.2Gbpsに対応し、旧機種よりも電波が繋がりやすくなっています。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、アンテナ感度が向上したので、今まで繋がりにくかった場所でも電波をしっかりキャッチ可能に。

 

ビームフォーミング

TXビームフォーミングに対応したことで、端末へ狙って電波を送信できるようになり、安定性と通信速度が20%向上。

WiMAXのルーターを選ぶ上で、最大通信速度は最も重要な要素です

今WiMAXを契約するなら、家でも外でも使えて通信速度が最も早いW06を選びましょう!

5.W06を契約するならGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ!

GMOとくとくBB WiMAX特典

2019年9月現在、GMOとくとくBB WiMAXでは、最大31,500円の「キャッシュバックキャンペーン」、キャッシュバックなしで月額料金が安くなる「月額割引キャンペーン」がそれぞれ開催されています。

同じプロバイダでキャンペーンが2つ開催されていると、どちらがお得なのか分かりづらいですよね…。

結論から言うと、W06をお得に契約するなら、GMOとくとくBB WiMAXの月額割引キャンペーンがおすすめです

この項目では、GMOとくとくBB WiMAXの月額割引キャンペーンの特徴を4つの項目に分けて解説します!

5−1.月額料金から割引される分かりやすい料金プラン

GMOとくとくBB WiMAXキャンペーン適用時の月額料金

GMOとくとくBB WiMAXを契約するなら、キャッシュバックキャンペーンではなく、月額割引キャンペーンがおすすめです

まずはこの2つのキャンペーンの料金をそれぞれ確認してみましょう。

プラン名 1~3ヶ月 4ヶ月目以降 総額 キャッシュバック 実質の月額料金

キャッシュバック

(W06)

3,609円 4,263円 156,964円 30,000円 3,526円
月額割引 2,170円 3,480円 126,745円 0円 3,520円

※全て税抜の金額です。

それぞれ契約期間中に掛かるトータルコストを計算してみると、月額割引キャンペーンの方が約30,000円安いという結果になりました。

しかし、これはキャッシュバックの金額と相殺されるので、実質の月額料金に直して計算してみると、どちらもほぼ同じ金額になります。

GMOとくとくBB WiMAXキャッシュバックキャンペーン

実質の月額金額がほぼ同じなのに、なぜ月額割引キャンペーンをおすすめするかと言うと、キャッシュバックを受け取り損ねるリスクがないからです

これはGMOとくとくBB WiMAXに限った話ではなく、キャッシュバックの場合、受け取れなかった際の救済措置が一切ありません。

キャッシュバックは、プロバイダごとに定められた期間(契約の数カ月後)に来るメールから手続きを行う必要があります。

受け取ったメールに記載されている期間内に、キャッシュバックの申し込み手続きを行わないと、キャッシュバックそのものを受け取ることが出来ません

しかも、GMOとくとくBB WiMAXの場合、実質の料金に直して計算してみると、月額割引キャンペーンの方が僅かに安いので、わざわざリスクのあるキャッシュバックキャンペーンを選ぶ必要が無いんです。

GMOとくとくBB WiMAXを契約する際は、必ずリスクの無い月額割引キャンペーンを選びましょう

5−2.au 4G LTEオプション利用料が0円

GMOとくとくBB WiMAX LTEオプション

GMOとくとくBB WiMAXは、LTEオプションが無料で利用できます

LTEオプションは月額1,005円なので、3年間でなんと36,180円分もお得なんです!

WiMAXは室内など接続が不安定な場所も存在するので、そういった場所ではLTE回線に切り替えて通信するなど、WiMAX回線と上手く使い分けましょう。

5−3.最短即日発送!端末の発送が早い

GMOとくとくBB WiMAX 最短即日発送

GMOとくとくBB WiMAXは、端末が最短即日発送されます

全国一律送料無料で、早ければ翌日に端末を受け取ることが出来るんです。

ただ、即日発送を希望する場合は、下記の時間内に受付を完了させる必要があります。

GMOとくとくBB WiMAX 最短即日発送締め切り時間

WiMAXを早く使いたいという人は、申込時に必ず「即日発送」にチェックを入れて申し込みましょう!

※在庫状況によって、即日発送の受付を停止している場合もあるので注意して下さい。

5−4.契約後20日以内は違約金なしでキャンセル可能

GMOとくとくBB WiMAX 20日以内キャンセル可能

GMOとくとくBB WiMAXは、20日以内であれば解約違約金不要でキャンセルすることが可能です

WiMAXの対応エリアは拡大していますが、室内など受信感度が悪い場所も存在するので、実際に契約して使ってみないと快適に使えるか分からないですよね…。

GMOとくとくBB WiMAXならそういった不満があった場合でも、20日以内ならキャンセルすることが出来るので安心です!

適用条件やキャンセル方法の詳細は、公式ページ(こちら)をご参照下さい。

6.GMOとくとくBBからWiMAXを悩まず申し込める6STEP

GMOとくとくBB月額割引キャンペーン

この項目では、実際に申し込みから使用開始までの6STEPを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダの公式HPへアクセスする
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み・利用開始
  6. オプションを外す

それでは、それぞれ詳しく説明します。

STEP1.利用可能エリアを確認する

まずはGMOとくとくBBの公式サイトのピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうかをまず確認しましょう。

エリアの確認をしておかないと、「申し込んだのに使えなかった」ということになってしまう可能性もありますので、注意してください。

GMOとくとくBBピンポイントエリア判定

※画像は東京駅周辺の検索結果です。

利用可能かどうか「〇」「△」「×」で利用可能かどうか表示されますので、申し込みする前に必ず自分が利用する場所が「〇」であるか確認するようにしましょう。

※解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「〇」の人に限りますので注意してください。

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

申し込みをするときには、「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB月額割引」⇐今回紹介しているキャンペーンの申し込みページはこちら

申し込みページによってキャンペーン内容が異なるので、注意してください。

STEP3.どのプランにするか選ぶ

WiMAXのプランは、「ギガ放題」がおすすめです。

通常プランだと7GBしか利用できず、それ以上になると速度制限を受けてしまいます。

ギガ放題であれば、データ量の上限は実質無制限ですので、好きなだけ利用することが可能です。

GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランを選んでも、利用開始してから1~2ヵ月ほどは通常プランと同じ月額で利用できます。

GMOとくとくBBギガ放題プラン

GMOとくとくBB7GBプラン

また、ギガ放題プランから通常プランへ無料で変更をすることも可能です。

1~2ヵ月ほどギガ放題プランを利用してみて、「7GB以上は使わない」場合はプランを変更するようにしましょう。

STEP4.機種を決める

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも通信速度も速くなっており、新しい2つの機能も追加され、格段につながりやすくなっています。

WiMAX機種比較

以下に新しく追加された2つの機能についてまとめてみました。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

 

高性能ハイモードアンテナ

この機能によって、従来の機種よりもつながりやすさが実現しています。

ビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

ビームフォーミング

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

このように格段に通信性能が上がっていることから、「W06」をおすすめします。

STEP5.申し込み・利用開始

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

GMOとくとくBB即日発送

注文した端末が届いたら、設定を行っていきましょう。

GMOとくとくBBでは設定方法をYouTubeでも紹介してくれています。

動画を見ながら設定すれば簡単にできますので、参考にしてください。

STEP6.オプションを外す

GMOとくとくBBでは申し込み時には、2つオプションをつける必要があります。

もし月額費用を抑えたい場合は、申し込み後にこの2つのオプションを外すことを忘れないようにしましょう。

安心サポート

安心サポートとは、故障修理費が無料になる保険のようなものです。

「安心サポート」「安心サポートワイド」の2つのどちらかへの加入が必要になります。

 

GMOとくとくBBオプション安心サポート

2ヵ月間無料で使える「安心サポート」を選択するようにしましょう。

WiFi(公衆無線LAN)オプション

WiFi(公衆無線LAN)オプションとは、駅やカフェなどで公衆の無線LANを使用できるようになるサービスです。

「申し込む」という選択肢しかありませんので、このまま申し込みをしましょう。

 

GMOとくとくBBオプション公衆無線LAN

こちらも2ヵ月間は無料で利用することができます。

どちらも端末発送月の翌月には「BBNavi」から解約することができます。

GMOとくとくBBオプション解除

解除するのを忘れてしまうと、オプションの費用を払い続けないといけません。

忘れないうちに解除しておくようにしてくださいね。

7.まとめ

今回はspeed WiFiについて解説してきました。

結論として、speed WiFiとはWiMAX専用の通信端末(ルーター)のことです

今お得にWiMAXを契約するなら本記事を参考に、GMOとくとくBB WiMAXの月額割引キャンペーンページから、最新のモバイルルーターW06を選びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です