おすすめWiMAXプロバイダ5選!初心者が失敗しない選び方

「WiMAXのプロバイダは全部同じに見えて選べない」
「一番おすすめのWiMAXプロバイダを知りたい」

このように、WiMAXのプロバイダ選びで悩んでいませんか?

実はWiMAXプロバイダを選びときのポイントは、2つしかないんです!

ここでは、プロバイダを選ぶ前に知っておきたいこと、初心者におすすめのWiMAXプロバイダ5選など、詳しくご紹介します。

この記事を読めば、あなたに最適なプロバイダを選択できるようになります!

 1.プロバイダを選ぶ前に知っておくこと

初心者がWiMAXプロバイダを選ぶ際、事前に知っておきたいことが以下の6つあります。

  • そもそもプロバイダって何?
  • プロバイダを利用するメリットは?
  • WiMAXのプロバイダの数は約20社以上
  • どのWiMAXプロバイダでも速度は同じ
  • WiMAXプロバイダの違いは2つだけ!
  • プランはギガ放題がおすすめ

順番に見ていきましょう。

1-1.そもそもプロバイダって何?

プロバイダとは、インターネットに接続するためのサービスを提供する事業者のことです。

そもそも、インターネットを利用するためには「インターネット回線」「プロバイダ」2つの契約が必要となります。

インターネット回線には、「光回線」「ADSL」「モバイル回線」などがありますが、インターネット回線の契約だけではネットに接続できません。

必ず「プロバイダ」の契約が必要となります。

なお、WiMAXの場合、インターネット回線はUQコミュニケーションズが提供する「高速モバイル回線」のみです。

UQコミュニケーションズはプロバイダサービスも提供していますが、販売代理店であるWiMAXプロバイダに自社の回線を提供しています。

つまり、「GMOとくとくBB」「BIGLOBE」「So-net」などWiMAXプロバイダの回線は、すべてUQwimaxなのです。

特定のプロバイダを選択したからといって、通信速度が変わったり、ネットにつながりやすくなったりするわけではないといえます。

1ー2.プロバイダを利用するメリットは?

WiMAXプロバイダを利用するメリットは、実質費用が安くなることです。

WiMAXの本家であるUQwimaxでもプロバイダサービスを提供していますが、実質費用は販売代理店である他のプロバイダほど安くはありません。

なぜなら、WiMAXのシェアを拡大するため、他のプロバイダに協力してもらっているという背景があるからです。

もしも、本家のUQwimaxの実質費用が最安値だった場合、販売代理店である他のプロバイダは自社でWiMAXを販売するメリットがありません。

そのため、UQwimaxで契約するよりも、他のWiMAXプロバイダで契約した方が実質費用は安いのです。

つまり、お得さを求めるなら、UQwimax以外のプロバイダの中から選択する必要があります。

では、WiMAXプロバイダの数は、おおよそどのくらいあるのか、次項でより詳しく見ていくことにしましょう。

1-3.WiMAXのプロバイダの数は約20社以上

WiMAXのプロバイダの数は、2019年2月現在、約20社以上あるといわれています。

以下で通り上げる内容は、どのWiMAXプロバイダも違いはありません。

  • 通信速度
  • 通信制限
  • 対応エリア
  • 申込み方法
  • 解約方法

1-4.どのWiMAXプロバイダでも速度は同じ

結論からいうと、どのWiMAXプロバイダを使っても通信速度は同じです。

よく「速度が速いWiMAXプロバイダを使いたい!」という声を耳にしますが、実質、プロバイダの違いによって通信速度が変わることはありません。

なぜなら、すべてのWiMAXプロバイダでQUwimaxのインターネット回線を使用しているからです。

1-5.WiMAXプロバイダの違いは3つだけ!

WiMAXプロバイダの違いは、3つしかありません。

  • キャンペーン内容
  • 実質費用
  • サポート内容

1つずつ見ていきましょう。

WiMAXプロバイダごとでキャンペーン内容は違う!

WiMAXプロバイダでは、それぞれ独自のキャンペーンを開催しています。

キャッシュバックキャンペーン、月額料金が割引になるキャンペーンなど様々です。

毎月キャンペーン内容は変わりますので、必ずチェックしましょう。

なお、WiMAXルーターは0円で提供されているケースがほとんどです。

ただし、プロバイダによって最新機種のみ有料となっていることがあるため、その点だけ気を付けてください。

WiMAXプロバイダによって実質費用の安さは違う!

WiMAXプロバイダによって、実質費用の安さは違ってきます。

料金プランの概要は同じですが、「契約年数」「キャンペーン適用後の月額料金」に違いがあるからです。

なお、最近は3年が主流となってきていますが、できれば2年プランを利用しましょう。

なぜなら、以下のような理由があるからです。

  • 3年契約を選択すると、契約満了前にルーターが故障する可能性がある
  • 解約のタイミングが3年に1度しか訪れない

そもそもWiMAXのルーターは、次々と最新機種が発売されるものです。

3年も同じルーターを使っていると、最新機種との性能が大きく変わってきます。

それだけでなく、修理代が高くつくこともあるため、できれば2年契約を選択しましょう。

WiMAXプロバイダよってサポートの充実度は違う!

WiMAXプロバイダごとで、サポートの充実度はやや違います。

例えば、遠隔や出張のサポートがあるなど様々です。

ただし、WiMAXはルーターの電源を入れるだけでネット接続できますので、初心者でもサポートを必要とすることはまずありません。

そのため、よほどのことがない限り、サポートに大きな差が表れることはないといえます。

1-6.プランはギガ放題がおすすめ

WiMAXのプランは「ギガ放題」を選択しましょう。

そもそも、WiMAXのプランは「ギガ放題」「通常プラン」の2つしかありません。

それぞれの特徴は以下のとおりとなります。

ギガ放題の特徴

  • 月間7GBまでの速度制限がない
  • 3日間で10GBを超えると翌日18時から2時頃まで1GBの制限が掛かる
  • 通常プランよりも料金が高い
  • 近年はギガ放題利用者の方が圧倒的に多い
  • 自宅に固定回線がなくガンガン使いたい人に適している
通常プランの特徴

  • 月間7GBまでの通信背源がある
  • 通信制限が掛かった場合、その月の月末まで128kbpsの制限が掛かる
  • ギガ放題プランよりも安い
  • 普段あまりネットを使わない人に適している
  • 自宅に固定回線があり外出先でしか使わない人に適している

ほとんどネットを使わない人であれば、通常プランで問題ありません。

しかし、2つのプランで料金の差は大きくないので、基本的にはギガ放題プランをおすすめします。

2.WiMAXプロバイダおすすめ5選!

この項では、WiMAXプロバイダのおすすめ5選をご紹介していきます。

今回は実質費用の安さで選びました。

早速1つ目のプロバイダから見ていくことにしましょう。

2ー1.WiMAXプロバイダ最安は「カシモ」

WiMAXプロバイダの中、実質費用が安いのは「カシモ」です。

概要を以下の表にまとめました。まずはこちらをご覧ください。

契約期間

支払い方法

更新月

事務手数料

2年間

クレジットカード

26か月目

¥3,000

端末代

キャッシュバック

3年間のトータル料金
(ギガ放題)

1か月あたり実質費用

無料

¥0

¥117,300

¥3,25

上記の内容を踏まえながら、2つのおすすめポイントを見ていくことにします。

2ー1ー1.契約期間2年あり!

カシモは、契約期間が2年、3年の2つとなっています。

先に述べたとおり、契約期間3年が主流となってきているため、2年契約が出来る点は高く評価されています。

キャッシュバックはないものの、全体的に費用が安いことから、契約期間をとおしてお得にWiMAXを利用できるプロバイダなのです。

2ー1ー2.月々1,380円の格安プランもある

カシモには、上記の表で記載した以外にも「月額1,380円」の格安プランがあります。

あまりネットを使わない人は、格安プランで十分です。

また、ネットをガンガン使う人でも、ギガ放題の料金は3,258円と安価な設定となっています。

ニーズに合わせてプランを選択しましょう。

2ー2.キャッシュバックで選ぶなら「GMOとくとくBB」

2つ目にご紹介するWiMAXプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

サービスの基本情報は、以下の表のとおりとなります。

契約期間

支払い方法

更新月

事務手数料

3年間

クレジットカード

37か月目

¥3,000

端末代

キャッシュバック

3年間のトータル料金
(ギガ放題)

1か月あたり実質費用

無料

¥34,000

¥118,702

¥3,297

先程と同様に、主な特徴を2つ見ていくことにしましょう。

2ー2ー1.キャッシュバック額と月額料金が安い

「GMOとくとくBB」は、キャッシュバックが高く、月額料金が安価なプロバイダです。

キャッシュバック額はキャンペーン内容によって変動しますが、平均30,000円ほどとなっています。

30,000円ものキャッシュバックを提供しているプロバイダは限られるため、「GMOとくとくBB」ならではの魅力といえそうです。

なお、先程の「カシモ」の実質費用と比較しても、1,400円ほどしか高くありません。

つまり、「1,400円ほどの実質費用の差は気にしない」「キャッシュバックが欲しい」という人は「GMOとくとくBB」がおすすめです。

2ー2ー2.契約から20日以内なら違約金0円!

「GMOとくとくBB」は、ネット上で契約をするプロバイダです。

同様のスタイルで運営しているプロバイダの中には、「契約後すぐに解約はできいない!」としているところがありますが、それだと少々不安を感じてしまいます。

一方、「GMOとくとくBB」の場合、契約から20日以内であれば違約金0円

で解約することが可能です。

何らかの事情でどうしても解約が必要となった場合でも、快く対応してもらえるため安心することができます。

2ー3.契約期間中の月額料金を抑えたいなら「So-net」

「So-net」は、契約期間中の月額料金が一律となっているWiMAXプロバイダです。

まずは下表にあるサービスの基本情報をご覧ください。

契約期間

支払い方法

更新月

事務手数料

3年間

クレジットカード

37か月目

¥3,000

端末代

キャッシュバック

3年間のトータル料金
(ギガ放題)

1か月あたり実質費用

無料

¥0

¥121,300

¥3,620

基本情報がわかったところで、おすすめポイント2つを見ていくことにします。

2ー3ー1.契約期間中は月額3,620円!

2019年2月現在、So-netでは契約期間中の月額料金が一律3,620円となるキャンペーンを開催しています。

キャッシュバックは0円となっていますが、実質費用は安価となるため、損をすることはありません。

そもそも、WiMAXプロバイダのほとんどは、契約から3ヶ月または4ヶ月目以降になると月額料金が正規の価格に戻ります。

安いのは初めの1~2ヶ月くらいまでなのです。

そのため、So-netの「月額一律3,620円」という金額を見ると「他よりちょっと高いかも?」と感じるかもしれませんが、必ずしも高いとは言えません。

以上のことから、契約期間内の月額料金をできるだけ抑えたいと考えている人は、So-netの利用を検討してみましょう。

2ー3ー2.毎月魅力的なキャンペーンを開催

So-netでは、毎月様々なキャンペーンを開催しています。

上記で取り上げたキャンペーンにキャッシュバックがありませんが、過去にはキャッシュバックキャンペーンを開催していたことがありました。

申請方法も簡単ですので、煩わしい手続きが苦手な人は、月初に公開されるSo-netのキャンペーンをチェックしてみましょう。

キャッシュバックがあれば、お得に契約できるかもしれません。

2ー4.キャッシュバックを使えばお得になる「DTI」

「DTI」は、キャッシュバックキャンペーンを利用することで、実質費用が安くなるWiMAXプロバイダです。

まずは下表にまとめた基本情報をご覧ください。

契約期間

支払い方法

更新月

事務手数料

3年間

クレジットカード

38か月目

¥3,000

端末代

キャッシュバック

3年間のトータル料金
(ギガ放題)

1か月あたり実質費用

無料

¥6,000

¥123,670

¥3,435

基本情報がわかったところで、早速おすすめのポイント2つを見ていくことにしましょう。

2ー4ー1.最大2ヶ月間月額料金0円!

2019年2月、DTIにて「DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン(3年)」の契約をすると、初月、翌月の月額料金が0円となるキャンペーンを開催しています。

ちなみに、3ヶ月目、4ヶ月目以降の月額料金は以下のとおりです。

  • 3ヶ月目は月額2,590円
  • 4ヶ月目以降は3,760円

プロバイダによっては、3~4ヶ月目以降になると月額4,000円台となるケースがあるため、良心的な価格設定になっているといえます。

ただし、これまでご紹介してきたプロバイダよりも、割高な感じがしてしまう点は否めません。

その場合、次に取り上げるキャンペーンを利用すると、更に実質費用を押さえることができます。

2ー4ー2.クレカの新規申込みで最大6,000円キャッシュバック

DTIと契約をする際、NTTグループカードに新規申込みをすると、最大6,000円キャッシュバックされます。

直接現金を受け取るのではなく、毎月クレジットカードから引き落とされるときに500円割引される仕組みです。

12ヶ月間しか割引されませんが、それまでの間は月額3,260円と安価な月額料金となります。

少しでも費用を抑えたいときは、カードの新規申込みを検討してみましょう。

2ー5.大手WiMAXプロバイダの中では安い「@nifty」

「@nifty」は、大手WiMAXプロバイダの中では安いプロバイダです。

安さの秘密をお伝えする前に、まずは基本概要をチェックしてください。

契約期間

支払い方法

更新月

事務手数料

3年間

クレジットカード
口座振替

38か月目

¥3,000

端末代

キャッシュバック

3年間のトータル料金
(ギガ放題)

1か月あたり実質費用

無料

¥30,000

¥123,890

¥3,441

以上が、@niftyが提供するWiMAXサービスの基本情報でした。

続いて、おすすめポイントの2つを見ていくことにします。

2ー5ー1.キャンペーン活用で月額費用が安くなる

これまで取り上げた4社と比較すると、@niftyの月額料金は特別安いとはいえません。

しかし、実質費用を押さえるコツがあります。

それはキャンペーンを活用する方法です。

2019年2月現在、@niftyでは2つのキャンペーンを開催しています。

一方を選択することになりますが、どちらのキャンペーンを利用しても損をすることはありません。

キャンペーンの具体的な内容は次項のとおりです。

詳しく見ていくことにしましょう。

2ー5ー2.@nifty開催2大キャンペーンがお得

@niftyで開催しているキャンペーンは2つあります。

  • 合計25,560円分プレゼント
  • 30,100円キャッシュバック

実質費用が安く済むのは、合計25,560円分プレゼントです。

合計25,560円分プレゼントの場合、36ヶ月の月額料金は2,970円となります。

つまり、実質費用は106,920円です。

一方、30,100円キャッシュバックの場合、月額料金は初月0円、2~3ヶ月目3,420円、4ヶ月目以降4,100円となります。

実質費用は142,140円です。

キャッシュバック分の30,100円を差し引いても112,040円ですので、5,120円高くなります。

ただし、金額差はそれほど大きくないため、「現金で受け取りたい!」という人は、迷わず30,100円キャッシュバックを利用しましょう。

なお、30,100円キャッシュバックの魅力は、金額の高さだけではありません。

キャッシュバックを受け取りやすいように工夫されているため、うっかり忘れることが少ないのです。

基本的な流れは、以下のとおりとなります。

  1. ルーター発送月を含む4ヶ月目に振込口座を登録する
  2. そこから更に5ヶ月後に現金がキャッシュバックされる

手続きは以上です。

他のWiMAXプロバイダの場合、最低でも12ヶ月ほど放置されて、忘れた頃に案内メールが届く流れとなっています。

つまり、キャッシュバックを受け取り損ねてしまうことがあるのです。

そうなると、キャッシュバック分、実質費用が高くついてしまうことから、結果的に損をすることになります。

その点、@niftyならルーターが到着した月から4ヶ月後にはキャッシュバックの申請手続きを終えますので、確実に受け取りやすいといえるのです。

以上、@niftyが開催している2つのキャンペーンのうち、どちらを選んでも損はありませんが、キャッシュバックを選んだときだけ注意してください。

3.WiMAXルーターおすすめ3選!

WiMAXのルーターのおすすめを3つ見ていくことにします。

この項でお伝えするルーターは、2019年2月現在、ほぼ全てのWiMAXプロバイダで無料提供されているものばかりです。

そのため、各ルーターの特徴や性能に特化しながら、選び方についてお伝えしていきます。

3ー1.電波が途切れず使えるWX05

WX05は、インターネット接続中に電波が途切れづらいWiMAXルーターです。

電波が途切れづらいことには、以下2つの特徴が関係しています。

WX05の特徴

  • WiMAXハイパワーが搭載されている
  • 自動でチャネルを選択できるようになっている

以上を順に説明します。

3ー1ー1.WiMAXハイパワーが搭載されている

まず1つ目ですが、WX05には「WiMAXハイパワー」と呼ばれる機能が搭載されています。

通信速度の低下を検知すると、通信速度を約20%改善して接続状況を調整してくれるのです。

つまり、自分で繋がりやすい場所へ移動する必要はありません。

WX05が常に快適なネット環境を提供してくれます。

3ー1ー2.自動でチャネルを選択できるようになっている

続いて2つ目ですが、WX05は自動でチャネルを選択できるようになっています。

そもそも無線接続には2つの周波数帯があります。

  • 2.4GHz帯
  • 5GHz帯

一般的には、2.4GHzを利用するケースがほとんどです。

上記2つの周波数帯は、それぞれチャネルと呼ばれる区分のようなものを持っており、そのチャネルを通じてインターネットの通信データをやりとりしています。

インターネットを利用する人が増える時間帯になると、チャネル内が混雑することがあり、その場合、なかなかネットに繋がらないケースがあるのです。

そのようなときの対処法として、チャネルを変更するという方法があります。

空いているチャネルを利用することで、また快適にネット接続できるという理屈です。

とはいえ、初心者が自らルーターの設定を変更し、チャネルを選択することは難しいといえます。

そのようなときにWX05は便利なのです。

WX05が自動で空いているチャネルを見つけて接続し直してくれるため、自らルーターの設定を変更する必要はありません。

そのため、WX05を利用することで、インターネット接続中に電波が途切れることなく、スムーズにインターネットを楽しむことができるのです。

以上のことから、

  • 屋内でインターネットを利用するケースが多い
  • 電波が途切れることなく、いつでも快適に利用したい

上記に当てはまる人は、WX05を利用しましょう。

3ー2.WiMAXプロバイダ初心者でも設定が簡単W05

W05は、初期設定が簡単なWiMAXルーターです。

そのため、インターネットに詳しくない初心者向けのルーターといえます。

上記の点を踏まえた上で、押さえておきたいW05の特徴は以下の2つです。

W05の特徴

  • 初期設定があっという間に終わる
  • パフォーマンスモードによる安定した接続を実現

以上を順に説明します。

3ー2ー1.初期設定があっという間に終わる

まず1つ目ですが、W05の初期設定は一言でいうと「SIMカードを挿入して電源を入れるだけ」です。

あとは、ネット接続したいスマホやパソコンにW05のパスワードを設定するだけとなります。

以上で初期設定が完了することから、初心者でも迷うことなくインターネットに接続できるのです。

3ー2ー2.パフォーマンスモードによる安定した接続を実現

続いて2つ目ですが、W05には3つのパフォーマンスモードが搭載されています。

  • ハイパフォーマンス
  • ノーマル
  • バッテリーセーブ

初心者の場合、ノーマルモードで問題ありません。

初期の頃はノーマルモードになっていますので、設定を変更せずそのまま利用して問題ないといえます。

なお、ハイパフォーマンスモードですが、こちらは動画などの高速通信向けの設定となっています。

日頃、インターネットを利用する機会が多い場合は、必要に応じてハイパフォーマンスモードを利用してください。

そうすることで、より快適にネット接続できます。

バッテリーセーブモードについては、あまりネットを利用しないときや、間もなくバッテリーが切れそうなタイミングで利用すると便利です。

バッテリーが長持ちするため、主に外出先で活用することになります。

以上がW05の特徴でした。

どのルーターを選んで良いかわからない初心者の方は、先にお伝えしたWX05ではなく、W05を選択した方が使い勝手が良いといえます。

3ー3.約11.5時間の連続通信に対応!WX04

3つ目にご紹介するのは、大量バッテリーが魅力のWX04です。

注目したい特徴は2つあります。

WX04の特徴

  • 通常モードで約11.5時間も連続通信できる
  • 別売りバッテリーがあるため自分で交換できる

以上を順に説明します。

3ー3ー1.通常モードで約11.5時間も連続通信できる

まず1つ目ですが、WX04に搭載されているバッテリーは、他のWiMAXルーターよりも大容量です。

普通にネットに接続するだけなら、約11.5時間ほど連続で接続できます。

外出先でネットを利用するケースが多く、バッテリー切れを気にせずサクサク利用したい方はWX04が最適です。

3ー3ー2.別売りバッテリーがあるため自分で交換できる

また、もう一つ触れておきたいのは、自分でバッテリーの交換ができることだといえます。

バッテリー交換ができないルーターを利用した場合、修理(有料)に出してバッテリーを交換しなければなりません。

一方、WX04の場合、amazonなどから3,000円ほどで購入し、サクッと交換できることから、高額な修理代をかけずに長く利用できるのです。

契約期間が長くなると、どうしてもルーターは消耗していきます。

すると、バッテリーの持ちも悪くなっていくものです。

以上のことから、契約満了まで快適にインターネットを利用したい人は、WX04を選択しましょう。

4.まとめ

今回は、プロバイダを選ぶ前に知っておきたいことや、おすすめのWiMAXプロバイダ、ルーターの選び方を中心にお伝えしました。

一通り読んだことで、プロバイダが違うと一体何が変わってくるのか、どのような基準でプロバイダを選択すればよいのかがわかったはずです。

あとは、あなたが気になったWiMAXプロバイダの公式サイトをチェックしたり、ニーズに合わせてプラン、ルーターを選択するだけとなります。

早速、最適なWiMAXプロバイダと契約して、より快適にインターネットを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です