【2019年最新版】「GMOとくとくBB」の解約の仕方を徹底解説!

「GMOとくとくBBを解約するにはどうすればよいの?」

このように悩んでいませんか?

確かに解約手続きは面倒ですし、多額の違約金を払うことになるのも嫌ですよね。

ですが、実は、解約手続きはとても簡単です。

この記事では、「GMOとくとくBB」の解約に関する4つのポイントを紹介します。

  • 「GMOとくとくBB」のWiMAXを解約する流れ
  • 「GMOとくとくBB」の解約をするベストタイミングは?
  • 「GMOとくとくBB」の違約金を無料にする方法
  • そもそも「GMOとくとくBB」を解約をするの?

この記事を読んで、GMOとくとくBBの解約についてしっかりと理解しましょう!

1.「GMOとくとくBB」のWiMAXを解約する流れ

「GMOとくとくBB」は、以下の通り、解約時期によって解約金が大きく異なります。

契約期間
(端末発送月の翌月を1ヶ月目とする)
解約違約金
1ヶ月目~24ヶ月目 24,800円(税抜)
25ヶ月目~36ヵ月目 9,500円(税抜)
37か月目(契約更新月) 0円

このため、解約時期を検討するにあたっては、まず現在の契約期間を正確に確認し、解約するタイミングを決める必要があります。

ここからは解約のための必要な手順を4点説明します。

  • 現在の契約期間を調べる
  • 解約するタイミングを決める
  • 解約手続きを行う
  • 解約手続き後に必要な作業をする

順番に説明していきます。

手順1.  現在の契約期間を調べる

まずは、現在の契約状況を調べて、契約更新月を確認しましょう。

契約更新月は、会員サイト「BBnavi」から以下の手順で確認することができます。

  1. BBnaviにログインID・パスワードを入力し、ログイン
  2. 「現在ご利用中のサービス」を選択

3.「>ご利用中の接続サービス」の表の「接続サービス」欄に記載されている契約更新月を確認

手順2.  解約するタイミングを決める

現在の契約期間が分かったら、次は解約するタイミングを決めます。

解約のタイミングによって解約金の金額とキャンペーンを受け取れるかどうかが変わります。

(詳しくは「2.GMOとくとくBBの解約をするベストタイミングは?」で解説しています。)

GMOとくとくBBの場合、解約手続きできる期間が決まっており、解約月の前月21日から当月の20日までとなっています。

例えば、2019年2月に解約したい場合、2019年1月21日から2月20日の間で解約しましょう。

手順3.  解約手続きを行う

次は実際に解約手続きを進めていきましょう。

解約手続きは、更新月の場合と更新月以外の場合で手順が異なります。

契約更新月の場合

「会員サイト」と「郵送」の2種類の方法で手続きを行うことができます。

①会員サイト「BBnavi」からの解約手続きを行う場合

手続きができる期間は、契約更新月の前月21日から当月20日までの間です。

この期間に限り、BBnavi上に解約ボタンが表示されます。

BBnavi上での解約手続きは以下の手順で行います。

(1)BBnaviにログインID・パスワードを入力しログイン

(2)「サービス・オプションの削除・解約」を選択

(3)画面最下部の削除ボタンを選択

一部のサービスやオプションのみを削除したい場合は、削除したいサービスの右側にある削除ボタンを選択しましょう。

②郵送で解約手続きを行う場合

契約時に取得したWiMAXルータには解約申込書が同封されています。

この解約申込書に必要事項を記入し郵送します。

もしも解約申請書を紛失した場合には、公式サイト上のアンケートに答えることでダウンロードできます。

更新月以外に解約する場合

更新月以外の解約の場合には、BBnavi上で解約のボタンが表示されず、解約手続きをすることはできません。

この場合、解約したい月の20日までに以下のお客様サポートセンターへ問い合わせを行い、案内に従い手続きを行います。

メールの場合「info@gmobb.jp」から返信が来るため、メールを受信できるよう設定をしておく必要があります。

電話受付は、平日10時~19時の間で行っています。

ただし、「月曜日と金曜日」「毎日12時~15時の間」は特に混雑しているので避けた方が良いですね。

手順4.解約手続き後に必要な作業をする

解約申請が終わった後には速やかにSIMカードの返送をしてください。

基本的にWiMAX端末を返却する必要はありませんが、SIMカードは返却しなければなりません。

解約月の翌月末日までにSIMカードを返却しなかった場合、SIM損害金として3,000円が請求されてしまいます。

解約月が終わったらすぐに返送することを覚えておきましょう。

2.GMOとくとくBBの解約をするベストタイミングは?

ここまで「GMOとくとくBB」を更新月以外に解約する場合、解約違約金が発生することを説明してきました。

解約のベストのタイミングは、解約金が発生しない契約更新月です。

しかし、契約更新月まで待てない場合でも、キャッシュバックを受け取った後に解約するようにしましょう

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは、契約後12ヶ月後にキャッシュバックがもらえます。

それより先に解約してしまうと、キャッシュバックがもらえません。

しかし、キャッシュバックをもらえた後ならば、翌月でも解約しても問題ないです。

1年以内で解約する場合は、キャッシュバックをもらってから解約するようにしましょう。

3.GMOとくとくBBの違約金を安く済ませる方法

「キャッシュバックを待たずに今すぐやめたい」
「手続きに不備がありキャッシュバックを受け取れなかったけどやめたい」

次の方法を使えば「GMOとくとくBB」の違約金を無料で解約できます。

違約金を無料にする方法として、以下の2つを紹介します。

  • 方法1.契約後20日以内に解約する
  • 方法2.乗換時の違約金負担のあるプロバイダを選ぶ

順番に説明します。

方法1.契約後20日以内に解約する

GMOとくとくBB」には契約後20日以内であれば下記4つの条件を満たせば、キャンセルが可能という制度があります。

  • ピンポイントエリア判定が「〇」であること
  • 今回の契約が新規契約であること
  • GMO公式ページからインターネット経由で申しこまれていること
  • 解約・返品の前に、事前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」を連絡すること
  • 申込日を1日として、20日以内にWiMAX2+端末の返品を完了すること

解約の手順は以下の通りです。

  1. お客様センター(0570-045-109)にて受付
  2. 受付後20日以内にキャンセルのための返品賞品を送る

契約した直後なら、無料で解約することも可能です。

方法2.乗換時の違約金負担のあるプロバイダを選ぶ

今後もWiMAXを使い続ける場合、Broad WiMAXに変更すれば「違約金負担の乗換えキャンペーン」により違約金を負担してもらえます。

ただし、Broad WiMAXが負担する違約金は最大19,000円です。

24カ月以内の解約の場合の違約金は24,800円ですので、差額の5,800円は支払う必要がありますが、負担が少なく解約することができます。

まとめ

今回は「GMOとくとくBB」の解約について手順や違約金の金額・違約金の負担を減らす方法をお伝えしてきました。

今回の記事を参考にして、スムーズに解約まで行なってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です