口コミから見える!JPWiMAXをオススメできない3つの理由

JPWiMAXでWiMAXを契約しようかお悩みですね?

JPWiMAXは月額料金も安く、「WiMAXを一番お得に申込めるプロバイダだ」と思われる人もいらっしゃるかもしれません

しかし、結論から言うとJPWiMAXでWiMAXを申し込むのはオススメできません

端末がなかなか発送されてこなかったり、万が一途中で解約すると、解約金が高くついたりすることも。

JPWiMAXよりもおすすめできるプロバイダは、GMOとくとくBBです。

JPWiMAXに次いで月額料金が安く、解約金もJPWiMAXよりもかからないので、リスクが小さいですよ。

今回はJPWiMAXをオススメできない理由について口コミをもとに徹底解説し、GMOとくとくBBがJPWiMAXよりもなぜおすすめできるのか?も紹介していきます。

この記事を読んで、あなたにとって最も良いプロバイダを選び、よりお得にWiMAXを利用しましょう。

1.JPWiMAXとは?

FONジャパン株式会社

JPWiMAXは、株式会社FONの日本法人が運営しているプロバイダです。

運営している株式会社FONは、世界150ヵ国で2000万以上のWiFiアクセスポイントを有している、WiFi事業では世界的にも知名度の高い企業です。

会社名 フォン・ジャパン株式会社
代表取締役 アレクサンダー・ピュレガー
サービス開始月 2006年12月
本社住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目8-1丸の内トラストタワーN館19F
公式サイト https://fon.ne.jp/

運営元について見ても「こんなに信頼できそうならすぐに契約してもよさそう!」と思えるようなプロバイダですね。

2.JPWiMAXに良い部分は無い?

JPWiMAXにも良い点はあります。

それは、JPWiMAXの実質月額料金※は、他のプロバイダと比べても最も安いということです。

WiMAX比較表JPWiMAX編

※実質月額料金…登録料+通信料(3年プラン)の合計+端末代-割引キャンペーン÷36ヶ月

しかしこれは、あくまでも端末が手元に届き、問題なく使用できることが前提です。

そもそも端末が届かない状態では、せっかく契約したところで意味がありませんね。

3.JPWiMAXをおすすめしない3つの理由

JPWiMAXは比較的新しいプロバイダのため、実際の口コミや評判が少なく契約の決め手となる情報が中々手に入りません。

実際に契約してみるとホームページ上での案内とかなり違う対応をされてしまうこともあるので、これから契約する方にはオススメできません。

ではなぜオススメできないのかを、分かりやすく具体的に説明していきます!

JPWiMAXでWiMAXの契約をオススメできない理由はズバリこの3つ!

  1. 端末が届くまで時間がかかる
  2. 端末のカラーが選べない
  3. 解約金が高い

契約する上で注意すべき点でもあるので、契約の前に確認してみてくださいね。

理由1.端末が届くまで時間がかかる

JPWiMAXの口コミを調べてみると、「申し込みから2ヶ月経っても送られてこない」という書き込みが多くあります。

ホームページでは下記の通り、”最短即日発送!”と記載していますが、実際は数か月経っても届かない可能性があります。

そして、申し込んだ端末が在庫切れの場合は、代替機(旧型のWiMAX)が送られてきます。

しかし、代替機であっても端末が発送されてから日割りで料金が発生するんです

契約した端末を使っていないにもかかわらず料金を支払うなんて納得できませんよね。

これがJPWiMAXをオススメできない1つ目の理由です。

理由2. 端末のカラーが選べない

JPWiMAXでは端末のカラーが選べません

一般的には、申し込み時に端末のカラーを選べるプロバイダがほとんどなのですが、JPWiMAXでは選択できません。

注文時に端末のカラーを選択する項目があるのですが、選択しても違う色が届く場合があるので、要注意です。

「どうしてもこのカラーが欲しい!」という人には、申込時に一言添えておくと対応してもらえるようですが、必ずというわけではありません。

そのため、希望のカラーがある人にJPWiMAXはオススメできません。

理由3.解約金が高い

JPWiMAXは他のプロバイダに比べても解約料金が高くなっています

下の表は人気のあるプロバイダの解約料金を比較したものです。

見ると、JPWiMAXの解約金が他のプロバイダと比べて高いことが一目瞭然ですね。

WiMAXのプロバイダは、3年縛りでの契約が多いため、急な引っ越しや転勤など何らかの理由で解約する場合にも備えておくといいでしょう。

そのため、他のプロバイダに比べて解約料金が高いJPWiMAXで契約する際には注意が必要です。

4.最新!JPWiMAXの口コミから見える落とし穴

ここでは契約した人の口コミを集めて、口コミの多かったものから紹介していきます

評判の悪い口コミや良い口コミも含めて調査した結果、特に多かったものを以下の3点にまとめました。

  • 口コミ1:「端末がまだ届かない…」
  • 口コミ2:「問い合わせの対応がずさん…」
  • 口コミ3:「容量も多くて安い!」

実際に申し込みをした人の声なので、しっかりチェックしておきましょう。

口コミ1:「端末がまだ届かない…」

JPWiMAXの口コミを見ると、端末が届かないという口コミが1番多くありました。

その状況も様々あり、最も長い人だと約3か月も待たされています…。

実情を知るためにも、実際の口コミを確認していきましょう。

代替機で2か月が経過

最初の口コミは、申し込んだ端末が在庫切れのため2か月近くも代替機を利用している方です。

2か月も待たされた結果、仕方なくJPWiMAXを解約して他のポケットWiFiサービスに乗り換えをしています。

新しく契約したポケットWiFiサービスでも在庫待ちのようですが、JPWiMAXの対応が早ければこんなことにならなかったはず。

5月に申し込んだが8月になっても届かない

こちらの人は、5月に申し込んだにもかかわらず8月になっても端末が届いていません。

急いでいない場合だとしても、約3か月も届かないとプロバイダに対して不安を抱いてしまいますね。

3か月経っても届かず、別のWiFiを契約

こちらも一つ目に紹介した方と同様に、仕方なく別のポケットWiFiサービスで契約したという口コミ。

新しく契約したポケットWiFiサービスでは申し込んでからすぐに端末が届く予定のようです。

通信環境を改善しようと申し込んだのに3か月も待たされてしまってはストレスが募るばかりです。

どれも申し込みからかなり日にちが経っているにもかかわらず、まだ届いていないという口コミでした。

端末の到着が遅いことについては既にお伝えしていますが、ホームページ上の案内で「即日発送」だと思い申し込んでしまうと「〇か月経っても届かない」ということになる可能性があるので、特に気を付けておきましょう。

口コミ2:「問い合わせの対応がずさん…」

JPWiMAX側の不手際が原因とみられることで問い合わせたのにもかかわらず、ずさんな対応をされた口コミもあります。

問い合わせの回答もなく、契約がキャンセルに

こちらは、2週間経っても端末が届かないうえに契約ごとキャンセルになってしまった口コミです。

申し込んだ契約がキャンセルになってしまうのであれば、一度確認してから手続きをしてもらいたいのが正直なところですよね。

JPWiMAXではサポートに問い合わせると、比較的素早い回答がもらえます。

しかし、きちんとした確認のないまま対応されることもあるので注意が必要です。

口コミ3:「容量も多くて安い!」

あまり印象の良くない口コミが多い一方で、使用料の安さをおすすめする書き込みもあります。

どれだけ使っても定額でオススメ

こちらの人は、通信量が無制限で料金も安いJPWiMAXをオススメしています。

JPWiMAXは使用料金が安いところが最大のメリットなので、すでに契約済みの利用者には嬉しい点ですね。

しかし、あくまで無事に使用できる状態になったうえでのメリットなので、使用に至るまでの評判がよくないJPWiMAXはやはりオススメできません。

5.【結論】JPWiMAXはおすすめできない

ここまで、JPWiMAXがオススメできない理由について解説しましたが、大きく4つにまとめると以下になります。

  • 端末が届くまで時間がかかる
  • 端末のカラーが選べない
  • 解約金が高い
  • 問い合わせの対応が不親切

WiMAXの契約は、お得なキャンペーンをうたっているプロバイダがたくさんあります。

その中で本当に使いやすいプロバイダを選ぶことがお得に契約するための重要なポイントです。

しかしJPWiMAXでは、サイト上に記載されている内容と実際に契約してからのギャップが大きいため、契約後の不安がぬぐい切れません。

以上の理由から、WiMAXを契約するならJPWiMAXはオススメできません

6.契約するなら“GMOとくとくBB”がおすすめ!

これまでJPWiMAXをオススメしない理由について説明しましたが、「結局どこで契約するのがいいの?」と悩んでしまいますよね。

結論から言うと、お得にWiMAXを契約するのであればGMOとくとくBBがオススメです

その理由を以下の4つにまとめたので、詳しくご紹介しますね。

  • 理由1 安い!月額料金なら業界最安値
  • 理由2 低リスク!万が一の時にも解約料金が安い
  • 理由3 安心!サポートや保証がしっかりついてくる
  • 理由4 早い!端末は即日発送

JPWiMAXと比較してわかりやすく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

理由1 安い!月額割引なら業界最安値

GMOとくとくBBの月額料金の割引キャンペーンなら業界最安値でお得に契約できます

JPWiMAXと実質月額料金※と比べると高くみえますが、JPWiMAXが安いのは、キャッシュバックキャンペーンを利用した場合。

キャッシュバックキャンペーンは自分で受取り手続きをする必要がある為、受け取り忘れる可能性があります。

以下の表では、キャンペーンを利用した場合とキャッシュバックキャンペーンを受け取れなかった場合の実質月額料金※を比較しました。

WiMAX比較表GMO編

※実質月額…登録料+通信料(3年プラン)の合計+端末代-割引キャンペーン÷36ヶ月

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンなら、一度申し込んでしまえば自動的に割引を受けられます。

万が一にも損をする事がなく、確実にお得に契約できるのでオススメです。

理由2 低リスク!万が一の時にも解約料金が安い

GMOとくとくBBなら、解約料金も契約者に優しい価格設定になっています

契約前は「解約なんてしないけど…」と考えている方がほとんどですよね。

しかし、契約後に急な引っ越しや転勤などの万が一の事態は起こり得るもの。

そんな時に解約料金をいくら支払うことになるのか、以下の表で比較しました。

 

なかでもGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンなら1年以内の解約でも低めの料金設定になっているので、契約初期でも比較的に負担は少なく解約できます。

もしも解約しなければならなくなってしまった場合にも、解約料金の低いGMOとくとくBBはオススメです。

理由3 安心!サポートや保証がしっかり付いてくる

GMOとくとくBBでは、オプションサービスから自分に合ったサポートを受けられます

契約当初はどんなトラブルが起こるか分からないもの。

初めの2か月は無料で「端末保証」と「公衆無線LAN接続サービス」が付いてくるので、契約当初も安心して使えます。

また、「端末保証」は以下の2種類があります。

  • 基本的なサポートサービスの「安心サポート」
  • さらに手厚い「安心サポートワイド」

自分に合ったサポートが選べるので、万が一端末が壊れてしまった時にはとても頼りになります。

「公衆無線LAN接続サービス」は、端末を持っていない外出時でも対象の公衆WiFiが利用できる便利なサービスなので、外でもWiFiを使いたい方にはおすすめのオプションです。

また契約後に1年間無料で付けられるウイルス対策もあり、サポートに力を入れているのが分かります。

理由4 早い!端末は即日発送

GMOとくとくBBでは、端末が最短即日で発送されます

「すぐにでも利用開始したい!」という場合に便利なのはもちろん、契約日から支払いが発生するので、早く手元に届くのは使用者にとって安心できる嬉しい対応ですね。

7.最もお得にWiMAXを契約する7STEP

ここでは、実際に申し込みから使用開始までの7STEPを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダの公式HPへアクセスする
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み・利用開始
  6. オプションを外す
  7. キャッシュバックを受け取る(キャッシュバックキャンペーンを選んだ場合)

それでは、それぞれ詳しく説明します。

STEP1.利用可能エリアを確認する

まずはGMOとくとくBBの公式サイトのピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうかをまず確認しましょう。

エリアの確認をしておかないと、「申し込んだのに使えなかった」ということになってしまう可能性もありますので、注意してください。

GMOとくとくBBピンポイントエリア判定

※画像は東京駅周辺の検索結果です。

利用可能かどうか「〇」「△」「×」で利用可能かどうか表示されますので、申し込みする前に必ず自分が利用する場所が「〇」であるか確認するようにしましょう。

※解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「〇」の人に限りますので注意してください。

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

申し込みをするときには、「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB月額割引」⇐今回紹介しているキャンペーンの申し込みページはこちら

申し込みページによってキャンペーン内容が異なるので、注意してください。

STEP3.どのプランにするか選ぶ

WiMAXのプランは、「ギガ放題」がおすすめです。

通常プランだと7GBしか利用できず、それ以上になると速度制限を受けてしまいます。

ギガ放題であれば、データ量の上限は実質無制限ですので、好きなだけ利用することが可能です。

GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランを選んでも、利用開始してから1~2ヵ月ほどは通常プランと同じ月額で利用できます

GMOとくとくBBギガ放題プラン

GMOとくとくBB7GBプラン

また、ギガ放題プランから通常プランへ無料で変更をすることも可能です。

1~2ヵ月ほどギガ放題プランを利用してみて、「7GB以上は使わない」場合はプランを変更するようにしましょう。

※ギガ放題プランでは、月間のデータ量の上限はありませんが、3日間で10GB以上の使用をすると速度制限にかかります。

ただし制限下でも、Youtubeの標準画質の動画を見ることができるぐらいの速度は出ます。

STEP4.機種を決める

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも通信速度も速くなっており、新しい2つの機能も追加され、格段につながりやすくなっています。

WiMAX機種比較

以下に新しく追加された2つの機能についてまとめてみました。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

 

高性能ハイモードアンテナ

この機能によって、従来の機種よりもつながりやすさが実現しています。

ビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

ビームフォーミング

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

このように格段に通信性能が上がっていることから、「W06」をおすすめします。

STEP5.申し込み・利用開始

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます

GMOとくとくBB即日発送

注文した端末が届いたら、設定を行っていきましょう。

GMOとくとくBBでは設定方法をYouTubeでも紹介してくれています。

動画を見ながら設定すれば簡単にできますので、参考にしてください。

STEP6.オプションを外す

GMOとくとくBBでも申し込み時には、2つオプションをつける必要があります。

もし月額費用を抑えたい場合は、申し込み後にこの2つのオプションを外すことを忘れないようにしましょう

どちらも端末発送月の翌月には「BBNavi」から解約することができます。

GMOとくとくBBオプション解除

解除するのを忘れてしまうと、オプションの費用を払い続けないといけません。

忘れないうちに解除しておくようにしてくださいね。

STEP7.キャッシュバックを受け取る(キャッシュバックキャンペーンを選んだ場合)

キャッシュバックを受け取るのも忘れないようにしましょう。

GMOとくとくBBでもキャッシュバックをもらい忘れてしまうと、他のプロバイダよりも実質料金が高くついてしまうことになります。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取る方法は、端末が発送された月を含んだ11ヶ月目に送られてくるメールから口座情報を登録するだけです。

GMOとくとくBBキャッシュバック受け取り方法

メールはGMOとくとくBBから与えられたメールアドレスに届きます

GMOとくとくBBの会員サイト「BBNavi」からメールを確認するようにしましょう。

GMOとくとくBBキャッシュバック受け取りメール

メールが届いた翌月末までに返信をしないと、キャッシュバックをもらうことはできません。

返信さえ忘れなければ、登録した翌月の末日にキャッシュバックを振り込んでもらえます。

もらい忘れることのないように、カレンダーなどにしっかりメモしておいてくださいね。

まとめ

今回はJPWiMAXがオススメできない理由について詳しく解説しました。

JPWiMAXはサイトで提案しているサービス内容と実際のサービスが大きく異なるため、オススメできません。

もしこれからWiMAXの契約を考えているのであれば、リスクや料金からも「GMOとくとくBB」がオススメです

しかし、JPWiMAXは比較的新しいプロバイダなので、今後改善されれば使いやすいプロバイダになる可能性ももちろんあります。

ぜひ自分に合ったプロバイダ選びで、快適なネット環境を手に入れてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です