お得?WiMAXならGMOとくとくBB!評判や申し込み方法も解説

「GMOとくとくBBでWiMAXを申し込むと本当に安いの?」と気になってお調べですね。

WiMAXのプロバイダは20社以上あり、どこを選べばいいか迷ってしまいますよね。

私もWiMAXを購入するときには、同じように悩んで、どこから申し込むかなかなか決めれずにいました、、、

結論から言うと、「GMOとくとくBB」が一番おすすめできるプロバイダ(販売代理店)です。

WiMAXのサービスを提供する20社以上のプロバイダの中でも月額料金が安く、一番リスクが小さく契約できるからです。

今回は、GMOとくとくBBをおすすめする理由を詳しく解説し、契約する前に知っておいてほしい注意点、悩まず申し込みをする手順についてもお伝えしていきます!

この記事を読めば、「あっちのプロバイダで契約すれば良かった、、、」「こっちのキャンペーンにすれば良かった、、、」と後悔せず、お得にWiMAXを申し込めますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

1分でわかる記事のポイント

この記事は、GMOとくとくBBからWiMAXを最もお得に契約するために知っておきたいことを、一から紹介している記事です。

とても長く、読むのに時間がかかってしまうので、重要なポイントを先にまとめておきますね。

GMO WiMAX

GMOとくとくBBからWiMAXを申し込むのをおすすめする理由は以下の通りです。

  • プロバイダ間で大きく違うのは、料金面だけだから
  • 全プロバイダの中でも、実際に支払う金額がかなり安いから
  • 解約金が安く、万が一途中で解約するときのリスクも小さいから

WiMAXを提供するプロバイダ間で大きく違うのは、月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン、端末代、解約金などの料金面だけです。

ですので、なるべく安いプロバイダから申し込むのがよりお得なんですね。

ただ気をつけてほしい点としては、安くても解約金が高かったり、キャンペーンが受け取りずらかったりする場合があるということ。

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンであれば、実際に支払う料金は全プロバイダ中3番目に安い!!

それに解約金もそれほど高くなく、キャンペーンの受け取り忘れをすることもないので、安心して申し込めますよ。

お得なキャンペーンはGMOとくとくBBの公式ページからしか受けれませんので、注意してください。

目次

1.WiMAXのロバイダ「GMOとくとくBB」とは?

「そもそもGMOとくとくBBってどんなプロバイダ?」と思われる人もいると思いますので、まずは大まかにGMOとくとくBBのことを紹介していきます。

1-1.GMOとくとくBBの基本情報

まずはGMOとくとくBBの基本情報をざっくりと確認しましょう。

以下に初期費用や月額料金、端末や通信速度などまとめて表にしてみました。

GMOとくとくBBの基本情報

GMOとくとくBBの特徴は何といっても、料金の安さです。

月額料金も安いですが、それに加えて、最大で34,500円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンや月額割引をしてくれるキャンペーンを行っています。

キャッシュバックをもらう方が総合的には安くなりますが、解約金が高くなったり、もらい忘れのリスクも考えると月額割引がおすすめです。

1-2.GMOとくとくBB運営会社情報

GMOインターネット株式会社ロゴ

GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が運営するWiMAXのプロバイダのひとつです。

WiMAXや光回線などを利用しているGMOとくとくBB会員数は100万人以上にもなります。

WiMAXの売り上げ実績も全プロバイダ中NO1.を誇る最も人気のプロバイダです。

GMOインターネット株式会社の基本情報は以下の通りです。

会社名 GMOインターネット株式会社
代表取締役 熊谷 正寿
設立日 平成3年5月24日
本社住所 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26番1号
セルリアンタワー 総合受付11階
TEL 03-5456-2555(代表番号)
公式サイト https://www.gmo.jp/

20年以上も続いており、東証一部上場もしているので、信頼のおける企業と言えるでしょう。

1-3.本家UQ WiMAXとGMOとくとくBBとの違いは?

UQWiMAXロゴ

WiMAXの本家であるUQ WiMAXとGMOとくとくBBの大きな違いは、料金面だけです。

回線やエリア、使える機種などはすべて一緒なので、料金がより安いGMOとくとくBBから申し込むほうがお得なんですね。

UQとGMOの違い

どうせ同じWiMAXを使うなら、よりお得に使うことができるGMOとくとくBBから申し込みましょう。

1-4.なぜ人気?GMOとくとくBBと他のプロバイダの違いは?

GMOとくとくBBとその他のプロバイダで大きく違うのはやはり、月額料金やルーターの代金、解約手数料などの料金面だけです。

通信速度や通信エリアなどは、販売元である「UQ WiMAX」の回線をすべてのプロバイダで利用しているので違いはありません。

WiMAXのプロバイダを比較する際には、料金面に注目するようにしてください。

WiMAX比較ポイント

つまり、どのWiMAXにするか悩んでいるならば、料金面を比較してよりお得に申込めるところを選ぶことが大切です。

2.GMOとくとくBBで実際にWiMAXを契約してみた

WiMAXが届いたときの箱

GMOとくとくBBで実際にWiMAXを契約してみました。

「即日発送」にチェックをして申し込んだので、申し込んでから2日ほどで届きましたよ。

箱を開封すると中には、以下のものが入っていました。

WiMAXの箱の中身

端末の設定をしていきましょう。

台紙からSIMカードを取り外して、端末に挿し込んでいきます。

WiMAXのW06にSIMカードを差し込む

その後は電源を入れます。

端末の横にある電源を長押ししましょう。

W06の電源を入れる

あとは簡単な設定をして、WiFiに繋ぎたい端末と接続すれば使えるようになります。

W06の設定完了

以上がWiMAXの設定方法です。

GMOとくとくBBを契約してWiMAXを使っている感想

半年前ぐらいにGMOとくとくBBで契約をして、最新機種である「W06」を使っていますが、特に不満もなく使えています。

私は、キャッシュバックキャンペーンではなく、月額割引キャンペーンで契約しました。

3年間で平均して約3,500円ぐらいで利用でき、キャッシュバックの受け取りなど忘れる心配もないので、安心して使えています。

山間部や地下鉄などでの利用は難しく、場所によっては繋がりづらいことも。

ただ、主に使う場所では通信速度も速く、安定しているので、快適です。

契約前に、通信エリアの確認をしっかりとしておけば、問題なく利用できると思います。

月間の通信制限はなく、3日で10GB以上使うと制限がかかりますが、特に気になったことはありません。

通信制限下でもYouTube動画も標準画質で見れますし、ネットの閲覧などは普通に見れるので、そこまで困ることはないです。

動画を見たり、ネット閲覧をしたりなど、普通にインターネットを使う分には十分な性能ですし、値段も業界最安級なので、おすすめのポケットWiFiだと思います。

3.WiMAXならココ!GMOとくとくBBをおすすめする2つの理由

GMOとくとくBBをおすすめする2つの理由

WiMAXのプロバイダの中でGMOとくとくBBをおすすめする理由は、以下の2点です。

それぞれの理由について詳しく説明していきます。

理由1.月額料金が安い

GMOとくとくBBは料金がかなり安いプロバイダなのでおすすめです。

とはいえ、「他のプロバイダと比較してどれだけ安いの?」と気になる人もいますよね?

そこで当記事では、月額費用や初期費用、各プロバイダのキャンペーンなども考慮して、実際に支払う金額を「実質費用」として算出しました。

※実質費用は以下の計算式に当てはめて、当サイト独自に算出したものです。

【3年間実質費用】=登録料+3年プランでの通信量合計+最新機種の端末代-キャッシュバック-その他割引

WiMAXのプロバイダ20社を比較して、契約期間である3年間の実質費用で見ると、GMOとくとくBBは1位、3位でした。

GMOとくとくBBが1番目と3番目に安い

キャッシュバックキャンペーンを受ければ最安で利用することができますが、解約金も高くなりますし、受け取り忘れのリスクも出てくるのでおすすめはしません。

JPWiMAXも同じく、解約金が非常に高く、あまりおすすめとは言えないでしょう。

リスクなく、安心して申し込める月額割引キャンペーンがおすすめです。

なぜGMOとくとくBBはこんなに安いのか?

販売実績がよく、それだけWiMAXの回線元から多くの報酬をもらえているからです。

また費用削減のために実店舗など設置せず、WEBでの販売に力を入れています。

獲得した報酬や抑えた費用をキャッシュバックや月額割引などのキャンペーンに充てることで、料金を安くすることができているんですね。

理由2.解約金が高くない

単に月額料金が安いだけではなく、解約金が他のプロバイダに比べて高くありません。

月額料金が最安値であるJPWiMAXとGMOとくとくBBの解約金を比較して以下にまとめてみました。

WiMAXの解約金を比較

GMOとくとくBBの中でも、月額割引のキャンペーンを選ぶと、解約金が他に比べて安くなり、リスクなく申し込むことができます。

3年間の実質月額料金は、JPWiMAXとGMOとくとくBBの月額割引で約6,500円の違いがありましたが、解約金は2年以内に解約すると5,000円~1万円ぐらいは変わってきます。

よりリスクなく申し込むためにも、GMOとくとくBBの月額割引がおすすめと言えるでしょう。

4.実際どうなの?GMOとくとくBBの口コミや評判

GMOとくとくBBの口コミまとめ

ここでは、GMOとくとくBB利用者の口コミをTwitter上で調査したものをお伝えしていきます。

実際に利用している人の声も参考にしてみてください。

口コミ1.速度について

どこでも速い

「どこでも早く使える」という口コミです。

WiMAXは利用可能エリア内であれば、どこでも利用できます。

申し込み前に主に使う場所が利用可能エリア内なのかどうかは必ず確認するようにしましょう。

速度制限にかかった

「速度制限にかかった」という口コミです。

ギガ放題プランでは月間の利用量の上限はありませんが、3日間10GBまでと設定されています。

3日間で10GBというと、高画質のYoutube動画を1日4〜5時間見ることができるぐらいの容量。

速度制限にかかっても、翌日の夜間のみ標準画質のYoutube動画が見れるほどの速さになるだけです。

私もWiMAXを使い続けて3年以上になりますが、速度制限にかかっても、速度制限中なのか気づかないぐらい問題なく使えますよ。

口コミ2.料金について

安い

「GMOとくとくBBは安い」という口コミです。

全プロバイダの中でも実際にかかる費用がかなり安いプロバイダですので、利用料金が安い方がいい人はGMOとくとくBBがおすすめです。

高い

「月額料金が高い」という口コミです。

GMOとくとくBBだけでなく、他のプロバイダでも利用期間が長くなってくるにつれ月額料金は上がってきます。

更新月には他社へ乗り換えることも視野に入れておきましょう。

口コミ3.キャッシュバックについて

無事に受け取れた

「キャッシュバックが無事に受け取れた」という口コミです。

無事に受け取れるように、カレンダーなどに印をつけて忘れないようにしておきましょう。

受け取り忘れた

「キャシュバックの受け取りを忘れてしまった」という口コミです。

月額割引キャンペーンよりもキャッシュバックの方が安いですが、受け取り忘れの恐れもあるので、月額割引をおすすめします。

口コミ4.端末の発送について

即日発送してもらえた

「即日に発送してもらえた」という口コミです。

無料で即日発送を受け付けてくれますので急ぎの人は利用するようにしましょう。

即日発送してもらえなかった

「即日発送してもらえなかった」という口コミです。

在庫状況や住んでいる地域によっては即日発送ができない場合もあるようですね。

通常発送ですと4日営業日以内には届きます。

急ぎの人は即日発送ができるかどうか事前に問い合わせてみてもいいでしょう。

口コミ5.解約について

わかりやすい

「解約方法が分かりやすく書かれていた」という口コミです。

解約が簡単にできるというのは申し込む側からしたら安心ですよね。

更新月を過ぎてしまった

「無料で解約できる更新月が過ぎてしまった」という口コミです。

月末までと勘違いしている人が多いようですが、解約の手続きができるのは毎月の20日までです。

こちらもカレンダーなどにしっかりとメモしておくようにしましょう。

5.ここだけは要注意!!GMOとくとくBBの2つの注意点

GMOとくとくBBの2つの注意点

WiMAXを利用するならGMOとくとくBBがおすすめのプロバイダとお伝えしました。

とはいえ、確認しておかないと利用料金が高くなってしまう注意点も2つあるんです。

それではそれぞれ見ていきましょう。

注意点1.キャンペーンは月額割引を選ぶ

GMOとくとくBBのキャンペーンは、月額割引を選ぶようにしましょう。

キャッシュバックキャンペーンを選んだ方が、実質の月額料金は安くなります。

ただ受け取り忘れのリスクもありますし、万が一、2年以内に解約をすると、月額割引の時よりも解約金が5,000円~10,000円ほど高くなるので注意してくださいね。

なぜキャッシュバックの受け取り忘れが多いのか?

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取れるのは、WiMAXを申し込んでから11カ月後になります。

またキャッシュバックの案内メールは、GMOのプロバイダで設定したアドレスにメールが届きます。

GMOで設定したアドレスは使わない人が多く、案内メールが11カ月後にくるので、結果として忘れてしまう人がすごく多いんですね。

ですので、キャッシュバックキャンペーンを選ぶよりも、月額割引キャンペーンを選ぶことをおすすめします。

それでもキャッシュバックを受け取りたい人へ

GMOとくとくBBキャッシュバック

2年以上は確実に利用する人で、キャッシュバックの受け取り忘れはしないと自信がある人はキャッシュバックキャンペーンを選んでもいいでしょう。

キャッシュバックを受け取るために以下のことには注意するようにしてください。

  • 公式ページから申し込む
  • 途中解約しないこと
  • 他のキャンペーンと併用していないこと
  • 利用料金の滞納をしないこと
  • 新規契約であること(過去に利用してる場合はキャッシュバックは受け取れません)

一つでも条件に合わないとキャッシュバックは受け取れません。

先ほどもお伝えしましたが、メールの確認も忘れないようにしてくださいね。

注意点2.オプションを外すのを忘れないようにする

GMOとくとくBBでは申し込み時には、2つオプションをつける必要があります。

もし月額費用を抑えたい場合は、申し込み後にこの2つのオプションを外すことを忘れないようにしましょう。

安心サポート

安心サポートとは、故障修理費が無料になる保険のようなものです。

「安心サポート」「安心サポートワイド」の2つのどちらかへの加入が必要になります。

GMOとくとくBBオプション安心サポート

2ヵ月間無料で使える「安心サポート」を選択するようにしましょう。

WiFi(公衆無線LAN)オプション

WiFi(公衆無線LAN)オプションとは、駅やカフェなどで公衆の無線LANを使用できるようになるサービスです。

「申し込む」という選択肢しかありませんので、このまま申し込みをしましょう。

GMOとくとくBBオプション公衆無線LAN

こちらも2ヵ月間は無料で利用することができます。

どちらも端末発送月の翌月には「BBNavi」から解約することができます。

GMOとくとくBBオプション解除

解除するのを忘れてしまうと、オプションの費用を払い続けないといけません。

忘れないうちに解除しておくようにしてくださいね。

6.GMOとくとくBBからWiMAXを悩まず申し込める5STEP

GMOとくとくBB月額割引キャンペーン

ここでは、実際に申し込みから使用開始までの5STEPを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダの公式HPへアクセスする
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み・利用開始

それでは、それぞれ詳しく説明します。

STEP1.利用可能エリアを確認する

まずはGMOとくとくBBの公式サイトのピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうかをまず確認しましょう。

エリアの確認をしておかないと、「申し込んだのに使えなかった」ということになってしまう可能性もありますので、注意してください。

GMOとくとくBBピンポイントエリア判定

※画像は東京駅周辺の検索結果です。

利用可能かどうか「〇」「△」「×」で利用可能かどうか表示されますので、申し込みする前に必ず自分が利用する場所が「〇」であるか確認するようにしましょう。

※解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「〇」の人に限りますので注意してください。

ハイスピードプラスエリアモードでau LTE 4Gエリアにも対応

au4GLTE

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを使えば、au LTE 4Gを利用することもできます。

ルーターのタッチパネルから簡単に変更して利用することが可能です。

3年プランで申し込めば、無料で利用することができますよ。

山間部などWiMAX回線がつながりづらい地域などでWiFiに繋ぎたいときに、大いに役に立つでしょう。

※ハイスピードプラスエリアモードの速度制限について

ハイスピードプラスエリアモードを利用している場合は、利用量の上限は7GBまでで、速度制限は月末まで128Kbpsになります。

たとえ、ギガ放題のプランであっても、WiMAX2+の回線も月末まで128Kbpsとなる道連れ制なので、モードの切り替えはこまめに行いましょう。

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

申し込みをするときには、「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB月額割引今回紹介しているキャンペーンの申し込みページはこちら

申し込みページによってキャンペーン内容が異なるので、注意してください。

キャッシュバックを希望する人

キャッシュバックを希望する人は、「GMOとくとくBB」の公式サイトで、キャッシュバックキャンペーンのページから申し込みをするようにしましょう。

こちらも公式のページから申し込まないとキャッシュバック金額が異なってくることもあるので、注意してください。

STEP3.どのプランにするか選ぶ

WiMAXのプランは、「ギガ放題」がおすすめです。

通常プランだと7GBしか利用できず、それ以上になると速度制限を受けてしまいます。

ギガ放題であれば、月間のデータ量の上限は実質無制限ですので、好きなだけ利用することが可能です。

GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランを選んでも、利用開始してから1~2ヵ月ほどは通常プランと同じ月額で利用できます。

GMOとくとくBBギガ放題プラン

GMOとくとくBB7GBプラン

また、ギガ放題プランから通常プランへ無料で変更をすることも可能です。

1~2ヵ月ほどギガ放題プランを利用してみて、「7GB以上は使わない」場合はプランを変更するようにしましょう。

STEP4.機種を決める

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも通信速度も速くなっており、新しい2つの機能も追加され、格段につながりやすくなっています。

WiMAXのルーター比較

以下に新しく追加された2つの機能についてまとめてみました。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

 

高性能ハイモードアンテナ

この機能によって、従来の機種よりもつながりやすさが実現しています。

ビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

ビームフォーミング

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

このように格段に通信性能が上がっていることから、「W06」をおすすめします。

STEP5.申し込み・利用開始

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

GMOとくとくBB即日発送

注文した端末が届いたら、設定を行っていきましょう。

GMOとくとくBBでは設定方法をYouTubeでも紹介してくれています。

動画を見ながら設定すれば簡単にできますので、参考にしてください。

6.【Q&A】GMOとくとくBBについてよくある質問

最後にGMOとくとくBBについてよくある質問をまとめておきます。

気になる部分だけピックアップして見てみてくださいね。

Q1.WiMAXのエリアに対応していなかった場合は?

A.WiMAXのエリアが広がるのを待つか、他のポケットWiFiを利用するのをおすすめします。

WiMAXのエリア拡充情報はUQWiMAXの公式ページから見ることができます。

ただし、いつ自分が使いたいエリアまで拡充されるかはわからないので、違うポケットWiFiを検討するのがいいでしょう。

大手携帯キャリア回線対応のポケットWiFiがおすすめ

WiMAX非対応地域で、ポケットWiFiを利用したいという人には、大手携帯キャリア回線対応のポケットWiFiがおすすめです。

大手携帯キャリア回線対応のポケットWiFiの中でも特におすすめなのが、「どんなときもWiFi」と「めっちゃWiFi」と「Mugen WiFi」の3つ。

「どんなときもWiFi」と「めっちゃWiFi」と「Mugen WiFi」は、au、docomo、Softbankの3つの回線の全てを利用することができ、どれか一つに対応している地域であれば利用することができます。

容量無制限ポケットWiFiのエリア

WiMAX非対応地域でも使える可能性がありますので、ぜひ検討してみてください。

どんなときもWiFi」と「めっちゃWiFi」と「Mugen WiFiは速度はWiMAXに劣りますが、通信制限が基本的にはなく、月額も約3,500円以下で使うことができるポケットWiFiです。

詳しくは以下の記事で紹介していますので、確認してみてください。

無制限じゃない?どんなときもWiFiのおすすめできない4つの理由

2019.10.30

容量無制限のポケットWiFi!?めっちゃWiFiを徹底解説!!

2019.11.09

Mugen WiFi(無限WiFi)を徹底解説!容量無制限って本当?

2019.11.10

Q2.口座振替でWiMAXを利用したい場合は?

A.口座振替に対応していて、一番お得に使えるBIGLOBE WiMAXを利用しましょう。

口座振替に対応しているのは、本家であるUQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXを含めた3つのプロバイダのみです。

口座振替に対応する4つを比較した場合、一番安いのは、BIGLOBEWiMAXです。

WiMAX比較口座振替

ただし、クレジットカードを利用する場合に比べて全体的に料金は高くなります。

よっぽどの理由がない限りは、クレジットカードで使う方がお得です。

どうしても口座振替でしか利用したくないという人は、BIGLOBE WiMAXを利用するようにしましょう。

Q3.GMOとくとくBBの解約方法は?

A.更新月での解約の場合は、「BBnavi」から解約することが可能です。

更新月以外の場合は、お客様サポートセンターへ電話するようにしてください。

20日間以内であれば解約金無料で解約できる

GMOとくとくBBでは、20日間以内のキャンセルであれば、事務手数料3,000円と商品の返送料は自己負担になりますが、契約の解約金を支払う必要はありません。

ですので、初めてWiMAXを利用するという人でも安心して利用することができます。

ただし、解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「○」の人に限りますので注意してください。

解約金無料キャンセルの方法は以下の通りです。

(1)お客さまセンターにて受付

事前にお客様サポートセンターへ電話をします。

(2)キャンセルのため返品商品を送る

キャンセルするWiMAX端末を返品してください。

WiMAX2+ 返送先

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB 行

(TEL:0570-045-109)

商品の返品し忘れなどがあると、解約金が無料にはなりませんので注意してください。

Q4.スマホとの組み合わせのキャンペーンは?

A.auスマートフォン、UQモバイル利用者向けの割引キャンペーンがあります。

auスマートバリューmine

auスマートバリューmine

auのスマートフォンまたはauケータイを利用している人が、GMOとくとくBBでWiMAXを契約すると、スマホ、ケータイ代が最大で毎月1,000円割引になります。

割引される金額は、auで申し込んでるプランによって異なってきますので、以下を必ず確認するようにしてください。

auスマートバリューmineの割引額

手続き方法は以下の通りです。

  1. GMOとくとくBBにてWiMAXを申し込む
  2. auの店頭もしくは電話にて手続きをする

電話での手続きを希望の場合には以下の連絡先まで連絡してください。

KDDIお客さまセンター

  • au携帯電話から:(局番なし) 157 (通話料無料)
  • 一般電話から: 0077-7-111 (通話料無料)

受付時間:年中無休 (オペレータとの通話は9:00~20:00)

以上が、auスマートバリューmineの手続き方法です。

ギガMAX月割

ギガMAX月割

UQモバイルを利用している人が、GMOとくとくBBでWiMAXを契約すると、スマホ代が毎月300円割引になります。

ギガMAX月割の対象になるUQモバイルのプランは「ぴったりプランS/M/L」または「おしゃべりプランS/M/L」です。

手続き方法は以下の通り。

  1. GMOとくとくBBにてWiMAXを申し込む
  2. UQモバイルの店頭もしくはオンライン「my UQ mobile」にて登録

以上が、ギガMAX月割の手続き方法です。

Q5.GMOとくとくBBに申し込む前の問い合わせ先は?

A.GMOとくとくBB会員になっていない場合は、入会前お問い合わせフォームから連絡してください。

もしくは、以下の電話番号からでも問い合わせることができます。

GMOとくとくBB入会前フォーム

自動音声の指示に従って入力していくと、担当者へつながります。

Q6.GMOとくとくBBに申し込んだ後の問い合わせ先は?

A.GMOとくとくBB会員の場合は、お問い合わせフォームから連絡してください。

もしくは以下のお客様サポートセンターへ電話をするようにしてください。

GMO電話問い合わせ

自動音声の指示に従って入力していくと、担当者へつながります。

まとめ

GMOとくとくBBについて色々とお伝えしてきました。

結論として、安く安心してWiMAXを利用することができる「GMOとくとくBB」が一番おすすめできるプロバイダです。

くれぐれもオプションの外し忘れがないようにだけ注意してくださいね。

この記事を参考にして、よりお得にWiMAXを利用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です