【2019年最新版】『BroadWiMAX』ポケットWiFiを徹底解説!

BroadWiMAXロゴ

BroadWiMAXについてお調べですね。

「WiMAX業界最安級」と宣伝しており、「WiMAXを使うなら利用した方がいいプロバイダなのかな?」と思われたかもしれません。

結論から言うと、Broad WiMAXはおすすめのプロバイダ(販売代理店)ではありません。

最安のプロバイダであるGMOとくとくBBに比べると、3年間で約10,000円も料金が変わってきてしまうからです。

それ以外にも、BroadWiMAXはいくつかの条件をクリアしないと初期費用が無料にはならなかったり、解約金が高かったりもします。

この記事では、BroadWiMAXをおすすめしない理由をより詳しくお伝えし、最もお得にWiMAXを申し込む手順もお伝えしますよ。

当記事を参考にして、WiMAXをよりお得に利用していきましょう。

1.BroadWiMAXとは?

株式会社リンクライフ

BroadWiMAXとは、株式会社リンクライフが運営するWiMAXのプロバイダのひとつです。

株式会社リンクライフの基本情報は以下の通りです。

会社名 株式会社リンクライフ
代表取締役 清水 啓太
設立日 平成20年 2月14日
本社住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33-7F
TEL 050-5212-7322(申し込みはできません)
E-mail shop@wimax-broad.jp
公式サイト https://linklife.co.jp/

WiMAXだけでなく、スマホや光回線の事業など幅広いサービスを展開しています。

1-1.BroadWiMAXとその他プロバイダとの違いは?

BroadWiMAXトップ

BroadWiMAXとその他のプロバイダで大きく異なるのは、月額料金やルーターの代金、解約手数料などの料金面だけです。

通信速度や通信エリアなどは、販売元である「UQWiMAX」の回線をすべてのプロバイダで利用しているので違いはありません。

公式HPでは、「BroadWiMAXが選ばれる5つの理由」と宣伝していますが、実は他のプロバイダでも同じようなことが言えるのです。

WiMAXのプロバイダを比較する際には、料金面に注目するようにしてください。

WiMAX比較ポイント

つまりWiMAXの利用を考えているなら、出来る限り利用料金の安いプロバイダを選ぶことが大切ということです。

2.BroadWiMAXをおすすめしない3つの理由

BroadWiMAXのトップページ

BroadWiMAXと他のプロバイダで大きく異なる点は、料金の部分だけとお伝えしました。

「業界最安級でおトク!」とBroadWiMAXの公式ページでは宣伝していますが、「本当に一番BroadWiMAXがお得なのかな?」と疑問に思われる人もいるのではないでしょうか?

確かに、最安”級”ではあるのですが、一番おすすめのプロバイダとは言えません。

おすすめしない理由は、3つあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

理由1.最安のプロバイダではない

BroadWiMAXは、実質の利用料金が「最安」のプロバイダではありません。

「月額2,726円」と宣伝していますが、最初の3ヵ月間のみで、そのあと月額費用は上がっていきます。

他のプロバイダでも、「月額〇〇円~」と宣伝しているサイトが多いですが、大体が最初の1,2か月目だけの金額を載せていることが多いのです。

1,2カ月目の金額だけを見て、「ここが一番安い!!」と決めてしまわないようにしましょう。

当記事では、月額費用や初期費用、各プロバイダのキャンペーンなども考慮して、実際に支払う金額を「実質費用」として算出しました。

BroadWiMAXは実質費用では9位という結果になり、最安のプロバイダではありませんでした。

WiMAX比較BroadWiMAX

BroadWiMAXは、最安の「GMOとくとくBB」と比べると年間約3,900円ほど費用が高くなっています。

契約期間の3年で考えると、3年間で約11,700円高くなってしまうんです。

「少しでも安く利用したい」という人には、BroadWiMAXはおすすめできません。

※実質費用は以下の計算式に当てはめて、当サイト独自に算出したものです。

【3年間実質費用】=登録料+3年プランでの通信量合計+最新機種の端末代-キャッシュバック-その他割引

理由2.初期費用を無料にする条件が厳しい

BroadWiMAXでは、初期費用を無料にするために厳しい条件をクリアする必要があります。

他のプロバイダではもともと初期費用はかからないところが多く、条件をクリアしなかった場合、BroadWiMAXの初期費用は非常に高いものになってしまいます。

WiMAX初期費用BroadWiMAX初期費用を無料にするためには以下の2つ条件をクリアしなければいけません。

  1. クレジットカードで支払うこと
  2. オプションサービスに初回加入すること

それぞれ詳しくお伝えします。

条件1.クレジットカードで支払うこと

クレジットカード払いを選択しないと初期費用は無料になりません。

BroadWiMAXでは、支払い方法はクレジットカードか口座振替を選ぶことができますが、口座振替を選ぶと初期費用がかかってしまいます。

それに加えて支払い手数料も毎月200円かかります。

BroadWiMAX口座振替の注意点

「口座振替がどうしてもいい」という人にも、BroadWiMAXはおすすめできません。

初期費用を含めてより安く利用できるBIGLOBEを利用するようにしましょう。

条件2.オプションサービスに初回加入すること

指定されている2つのオプションサービスに初回加入しないと、初期費用は無料になりません。

オプションサービス

  1. 安心サポートプラス:月額550円
  2. My Broadサポート:月額907円 ※最大2ヵ月間無料
BroadWiMAX初期費用無料オプション内容

どちらも端末の到着後ならいつでも解約することができます。

BroadWiMAX初期費用割引キャンペーン

「無料期間内での解約も可能」とありますが、実際には「安心サポートプラス」の1ヵ月分の550円はかかってきます。

さらに2つのオプションを解約するのを忘れてしまうと、毎月1,457円、年間で17,484円も支払うことに。

契約期間の3年間払い続けたとすると、52,452円!!

他のプロバイダでも申し込み時は、「オプションをつけないといけない」という場合はあります。

利用料金を安く使いたいという人は、どのプロバイダでも言えることですが、オプションの解約を忘れないようにしましょう。

理由3.解約金とは別にキャンペーン違約金が9,500円もかかる

BroadWiMAXでは2年以内の解約をすると、通常の解約金とは別でキャンペーン違約金というものが発生します。

他のプロバイダでは解約金のみのところが多いので、BroadWiMAXを2年以内に解約する場合は、支払わないといけない金額が圧倒的に高くなります。

WiMAX比較解約金BroadWiMAX

このように高額な違約金が発生してしまうため、BroadWiMAXを契約する際には十分に検討する必要があります。

3.実際どうなの?BroadWiMAXの口コミ・評判

BroadWiMAX口コミ

ここでは、BroadWiMAX利用者の口コミをTwitter上で調査したものをお伝えしていきます。

実際に利用している人の声も参考にしてみてください。

3-1.良い口コミ

(1)速度が速い

「速度がしっかり出ている」という口コミです。

BroadWiMAXだけでなく、WiMAXの全てのプロバイダで言えることですが、計測した環境や条件によっても速度は多少の違いが出てきます。

しかし、WiMAX利用可能エリア内であれば問題ない速度がしっかりと出ているようです。

(2)最新機種で料金が安い

「最新機種が使えて料金が安い」という口コミです。

BroadWiMAXは最新機種が使えて、確かに安いですが、最安のプロバイダではありません。

よりお得に利用したいという人は、別のプロバイダを検討するようにしましょう。

(3)工事がいらないので楽に利用できる

「工事が必要ないので楽に利用できる」という口コミです。

WiMAXは利用するのに工事が必要ないため、引っ越しなどで移動が多い人にとっては、WiMAXは非常に便利に利用できるようです。

3-2.悪い口コミ

(1)思うように速度が出ない

「速度があまり出ない」という口コミです。

WiMAXは場所によっては思うような速度が出ない場合もあります。

各プロバイダの公式サイトで、利用可能エリアをしっかりと確認することが大切なようです。

(2)オプションを外し忘れた

「初期費用を無料にするためのオプションを外し忘れていた」という口コミです。

BroadWiMAXでは、オプションを外し忘れてしまうと月額料金は上がってしまいます。

月額料金を安く使いたい人は、早めに外すようにしましょう。

(3)解約金が高い

「解約金が高い」という口コミです。

BroadWiMAXを2年以内に解約してしまうと、他のプロバイダよりも高い解約金を支払う必要が出てきます。

解約金が高いのはリスクでしかないので、なるべく安いプロバイダを利用したいですね。

4.結論!BroadWiMAXはおすすめできない!!

BroadWiMAXおすすめできない

ここまでの内容をまとめると、BroadWiMAXは以下の理由からおすすめできません。

  1. 最安のプロバイダではない
  2. 初期費用が18,857円もかかる
  3. 解約金とは別にキャンペーン違約金が9,500円もかかる

決して悪いプロバイダではありませんが、最もお得に利用できるプロバイダではありません。

「WiMAXを少しでもお得に利用したい」という人は、別のプロバイダを検討するようにしましょう。

5.BroadWiMAXよりもGMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBB

「WiMAXを利用したい」と考えている人へ一番おすすめできるプロバイダは、以下の3つの理由から「GMOとくとくBB」です。

ひとつずつ見ていきましょう。

理由1.全プロバイダの中で実質料金が安い

「GMOとくとくBB」であれば、全プロバイダの中で実質利用料金が一番安く利用することができます。

WiMAX比較GMOとくとくBB

キャンペーンには、キャッシュバックと月額割引がありますが、月額割引の方が年間で1,000円ほど安く利用できるのでおすすめです。

理由2.初期費用がかからない

GMOとくとくBBでは初期費用を無料にする条件などは特になく、はじめから初期費用はかかりません。

ただし、BroadWiMAXと同じように2つのオプションへの加入は必須になります。

安心サポート

安心サポートとは、故障修理費が無料になる保険のようなものです。

「安心サポート」「安心サポートワイド」の2つのどちらかへの加入が必要になります。

 

GMOとくとくBBオプション安心サポート

2ヵ月間無料で使える「安心サポート」を選択するようにしましょう。

WiFi(公衆無線LAN)オプション

WiFi(公衆無線LAN)オプションとは、駅やカフェなどで公衆の無線LANを使用できるようになるサービスです。

「申し込む」という選択肢しかありませんので、このまま申し込みをしましょう。

 

GMOとくとくBBオプション公衆無線LAN

こちらも2ヵ月間は無料で利用することができます。

BroadWiMAXとは違い、無料期間中に外すことは可能です。

必要のない人は忘れないうちに外すようにしましょう。

理由3.解約金以外の違約金はかからない

BroadWiMAXでは、解約金とは別にキャンペーン違約金というものがかかりましたが、GMOとくとくBBではかかりません。

万が一2年以内に解約することになった場合、BroadWiMAXに比べると、9,500円ほど安く解約することができます。

WiMAX比較違約金BroadWiMAXとGMO

契約は3年更新で、更新月の37ヶ月目に更新すれば、違約金が全くかからずに解約することも可能です。

WiMAXの利用を始めたら、まずは更新月を忘れないようにメモしておくようにしましょう。

20日間以内であれば解約金無料で解約できる

GMOとくとくBBでは、20日間以内のキャンセルであれば、契約の解約金を支払わずに解約することも可能です。

初めてWiMAXを利用するという人でも安心して利用することができますよね。

ただし、事務手数料3,000円と端末の返送料は自己負担になりますので、注意してください。

GMOとくとくBBについてより詳しく知りたい人は以下の記事も確認してみてくださいね。

お得?WiMAXならGMOとくとくBB!評判や申し込み方法も解説

2019.11.7

6.WiMAXを悩まず申し込める7STEP

BroadWiMAXの公式ページ

ここでは、実際に申し込みから使用開始までの7STEPを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダの公式HPへアクセスする
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み・利用開始
  6. オプションを外す
  7. キャッシュバックを受け取る

それでは、それぞれ詳しく説明します。

STEP1.利用可能エリアを確認する

まずはGMOとくとくBBの公式サイトのピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうかをまず確認しましょう。

エリアの確認をしておかないと、「申し込んだのに使えなかった」ということになってしまう可能性もありますので、注意してください。

GMOとくとくBBピンポイントエリア判定

※画像は東京駅周辺の検索結果です。

利用可能かどうか「〇」「△」「×」で利用可能かどうか表示されますので、申し込みする前に必ず自分が利用する場所が「〇」であるか確認するようにしましょう。

※解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「〇」の人に限りますので注意してください。

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

申し込みをするときには、「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB月額割引」⇐今回紹介しているキャンペーンの申し込みページはこちら

申し込みページによってキャンペーン内容が異なるので、注意してください。

STEP3.どのプランにするか選ぶ

WiMAXのプランは、「ギガ放題」がおすすめです。

通常プランだと7GBしか利用できず、それ以上になると速度制限を受けてしまいます。

ギガ放題であれば、データ量の上限は実質無制限ですので、好きなだけ利用することが可能です。

GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランを選んでも、利用開始してから1~2ヵ月ほどは通常プランと同じ月額で利用できます。

GMOとくとくBBギガ放題プラン

GMOとくとくBB7GBプラン

また、ギガ放題プランから通常プランへ無料で変更をすることも可能です。

1~2ヵ月ほどギガ放題プランを利用してみて、「7GB以上は使わない」場合はプランを変更するようにしましょう。

※ギガ放題プランでは、月間のデータ量の上限はありませんが、3日間で10GB以上の使用をすると速度制限にかかります。

ただし制限下でも、Youtubeの標準画質の動画を見ることができるぐらいの速度は出ます。

STEP4.機種を決める

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも通信速度も速くなっており、新しい2つの機能も追加され、格段につながりやすくなっています。

WiMAX機種比較

以下に新しく追加された2つの機能についてまとめてみました。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

 

高性能ハイモードアンテナ

この機能によって、従来の機種よりもつながりやすさが実現しています。

ビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

ビームフォーミング

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

このように格段に通信性能が上がっていることから、「W06」をおすすめします。

STEP5.申し込み・利用開始

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

GMOとくとくBB即日発送

注文した端末が届いたら、設定を行っていきましょう。

GMOとくとくBBでは設定方法をYouTubeでも紹介してくれています。

動画を見ながら設定すれば簡単にできますので、参考にしてください。

STEP6.オプションを外す

GMOとくとくBBでも申し込み時には、2つオプションをつける必要があります。

もし月額費用を抑えたい場合は、申し込み後にこの2つのオプションを外すことを忘れないようにしましょう。

どちらも端末発送月の翌月には「BBNavi」から解約することができます。

GMOとくとくBBオプション解除

解除するのを忘れてしまうと、オプションの費用を払い続けないといけません。

忘れないうちに解除しておくようにしてくださいね。

STEP7.キャッシュバックを受け取る

キャッシュバックを受け取るのも忘れないようにしましょう。

GMOとくとくBBでもキャッシュバックをもらい忘れてしまうと、他のプロバイダよりも実質料金が高くついてしまうことになります。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取る方法は、端末が発送された月を含んだ11ヶ月目に送られてくるメールから口座情報を登録するだけです。

GMOとくとくBBキャッシュバック受け取り方法

メールはGMOとくとくBBから与えられたメールアドレスに届きます。

GMOとくとくBBの会員サイト「BBNavi」からメールを確認するようにしましょう。

GMOとくとくBBキャッシュバック受け取りメール

メールが届いた翌月末までに返信をしないと、キャッシュバックをもらうことはできません。

返信さえ忘れなければ、登録した翌月の末日にキャッシュバックを振り込んでもらえます。

もらい忘れることのないように、カレンダーなどにしっかりメモしておいてくださいね。

まとめ

BloadWiMAXについて色々とお伝えしてきました。

結論として、「BroadWiMAX」はおすすめできるプロバイダとはいえません。

WiMAXを利用するなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

この記事を参考にして、よりお得にWiMAXを利用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です