Broad WiMAXは評判悪い!?おすすめしない3つの理由を徹底解説!

BroadWiMAXロゴ

BroadWiMAXについてお調べですね。

「WiMAX業界最安級」と宣伝しており、「WiMAXを使うなら利用した方がいいプロバイダなのかな?」と思われたかもしれません。

結論から言うと、Broad WiMAXはおすすめのプロバイダ(販売代理店)ではありません。

最安のプロバイダであるGMOとくとくBBに比べると、3年間で約18,000円も料金が変わってきてしまうからです。

それ以外にも、BroadWiMAXはいくつかの条件をクリアしないと初期費用が無料にはならなかったり、解約金が高かったりもします。

この記事では、BroadWiMAXをおすすめしない理由をより詳しくお伝えし、最もお得にWiMAXを申し込む手順もお伝えしますよ。

当記事を参考にして、WiMAXをよりお得に利用していきましょう。

1.BroadWiMAXをおすすめしない3つの理由

BroadWiMAXのトップページ

Broad WiMAXをおすすめしない理由は、3つあります。

ひとつずつ見ていきましょう。

理由1.最安のプロバイダではない

BroadWiMAXは、実質の利用料金が「最安」のプロバイダではありません。

当記事では、月額費用や初期費用、各プロバイダのキャンペーンなども考慮して、実際に支払う金額を「実質費用」として算出しました。

BroadWiMAXは実質費用では6位という結果になり、最安のプロバイダではありませんでした。

順位 申込先 月費用 3年間費用
1 gmoのロゴ 3,169円 114,084円
2 gmoのロゴ 3,371円 121,356円
3 jpのロゴ 3,411円 122,796円
4 DTIのロゴ 3,444円 123,984円
5 smafiのロゴ 3,574円 128,664円
6 broadのロゴ 3,609円 129,924円
7 カシモのロゴ 3,704円 133,344円
8 hi-hoのロゴ 3,713円 133,668円
9 AsahiNetのロゴ 3,907円 140,652円
10 Dismのロゴ 3,961円 142,596円

BroadWiMAXは、最安の「GMOとくとくBB」と比べると月間で約500円ほど費用が高くなっています。

契約期間の3年で考えると、3年間で約18,000円高くなってしまうんです。

BroadWiMAXは「月額2,726円〜」と宣伝していますが、最初の3ヵ月間のみで、そのあと月額費用は上がっていきます。

他のプロバイダでも、「月額〇〇円~」と宣伝しているサイトが多いですが、大体が最初の1,2か月目だけの金額を載せていることが多いんです。

1,2カ月目の金額だけを見て、「ここが一番安い!!」と決めてしまわないようにしましょう。

「少しでも安く利用したい」という人には、BroadWiMAXはおすすめできません。

※実質費用は以下の計算式に当てはめて、当サイト独自に算出したものです。

【3年間実質費用】=登録料+3年プランでの通信量合計+最新機種の端末代-キャッシュバック-その他割引

理由2.初期費用を無料にする条件が厳しい

BroadWiMAXでは、初期費用を無料にするために厳しい条件をクリアする必要があります。

他のプロバイダではもともと初期費用はかからないところが多く、条件をクリアしなかった場合、BroadWiMAXの初期費用は非常に高いものになってしまいます。

  Broad WiMAX GMOとくとくBB
初期費用 18,857円 0円
事務手数料 3,000円 3,000円
合計 21,857円 3,000円

初期費用を無料にするためには以下の2つ条件をクリアしなければいけません。

  1. クレジットカードで支払うこと
  2. オプションサービスに初回加入すること

それぞれ詳しくお伝えします。

条件1.クレジットカードで支払うこと

クレジットカード払いを選択しないと初期費用は無料になりません。

BroadWiMAXでは、支払い方法はクレジットカードか口座振替を選ぶことができますが、口座振替を選ぶと初期費用がかかってしまいます。

それに加えて支払い手数料も毎月200円かかります。

BroadWiMAX口座振替の注意点

「口座振替がどうしてもいい」という人にも、BroadWiMAXはおすすめできません。

初期費用を含めてより安く利用できるBIGLOBEを利用するようにしましょう。

条件2.オプションサービスに初回加入すること

指定されている2つのオプションサービスに初回加入しないと、初期費用は無料になりません。

オプションサービス

  1. 安心サポートプラス:月額550円
  2. My Broadサポート:月額907円 ※最大2ヵ月間無料
BroadWiMAX初期費用無料オプション内容

どちらも端末の到着後ならいつでも解約することができます。

BroadWiMAX初期費用割引キャンペーン

「無料期間内での解約も可能」とありますが、実際には「安心サポートプラス」の1ヵ月分の550円はかかってきます。

さらに2つのオプションを解約するのを忘れてしまうと、毎月1,457円、年間で17,484円も支払うことに。

契約期間の3年間払い続けたとすると、52,452円!!

他のプロバイダでも申し込み時は、「オプションをつけないといけない」という場合はあります。

利用料金を安く使いたいという人は、どのプロバイダでも言えることですが、オプションの解約を忘れないようにしましょう。

理由3.解約金とは別にキャンペーン違約金が9,500円もかかる

BroadWiMAXでは2年以内の解約をすると、通常の解約金とは別でキャンペーン違約金というものが発生します。

他のプロバイダでは解約金のみのところが多いので、BroadWiMAXを2年以内に解約する場合は、支払わないといけない金額が圧倒的に高くなります。

  Broad WiMAX GMOとくとくBB
12ヶ月以内 28,500円 19,000円
13ヶ月〜24ヶ月 23,500円 14,000円
25ヶ月〜36ヶ月 9,500円 9,500円
 37ヶ月目 0円 0円
 38ヶ月〜 9,500円 9,500円

このように高額な違約金が発生してしまうため、BroadWiMAXを契約する際には十分に検討する必要があります。

2.実際どうなの?BroadWiMAXの口コミ・評判

BroadWiMAX口コミ

ここでは、BroadWiMAX利用者の口コミをTwitter上で調査したものをお伝えしていきます。

実際に利用している人の声も参考にしてみてください。

2-1.良い口コミ

口コミ1.速度が速い

「速度がしっかり出ている」という口コミです。

BroadWiMAXだけでなく、WiMAXの全てのプロバイダで言えることですが、計測した環境や条件によっても速度は多少の違いが出てきます。

しかし、WiMAX利用可能エリア内であれば問題ない速度がしっかりと出ているようです。

口コミ2.最新機種で料金が安い

「最新機種が使えて料金が安い」という口コミです。

BroadWiMAXは最新機種が使えて、確かに安いですが、最安のプロバイダではありません。

よりお得に利用したいという人は、別のプロバイダを検討するようにしましょう。

口コミ3.工事がいらないので楽に利用できる

「工事が必要ないので楽に利用できる」という口コミです。

WiMAXは利用するのに工事が必要ないため、引っ越しなどで移動が多い人にとっては、WiMAXは非常に便利に利用できるようです。

2-2.悪い口コミ

口コミ1.思うように速度が出ない

「速度があまり出ない」という口コミです。

WiMAXは場所によっては思うような速度が出ない場合もあります。

各プロバイダの公式サイトで、利用可能エリアをしっかりと確認することが大切なようです。

口コミ2.オプションを外し忘れた

「初期費用を無料にするためのオプションを外し忘れていた」という口コミです。

BroadWiMAXでは、オプションを外し忘れてしまうと月額料金は上がってしまいます。

月額料金を安く使いたい人は、早めに外すようにしましょう。

口コミ3.解約金が高い

「解約金が高い」という口コミです。

BroadWiMAXを2年以内に解約してしまうと、他のプロバイダよりも高い解約金を支払う必要が出てきます。

解約金が高いのはリスクでしかないので、なるべく安いプロバイダを利用したいですね。

3.結論!WiMAXはGMOとくとくBBで申し込もう!!

GMOとくとくBBのWiMAXがおすすめ

WiMAXを申し込むならBroad WMAXではなくて、GMOとくとくBBから申し込むのが最もおすすめです!

理由はシンプルで、WiMAXの中で1番安く契約することができるからです。

順位 申込先 月費用 3年間費用
1 gmoのロゴ 3,169円 114,084円
2 gmoのロゴ 3,371円 121,356円
3 jpのロゴ 3,411円 122,796円
4 DTIのロゴ 3,444円 123,984円
5 smafiのロゴ 3,574円 128,664円
6 broadのロゴ 3,609円 129,924円
7 カシモのロゴ 3,704円 133,344円
8 hi-hoのロゴ 3,713円 133,668円
9 AsahiNetのロゴ 3,907円 140,652円
10 Dismのロゴ 3,961円 142,596円

WiMAXは、プロバイダをどこで契約したとしても、金額面の部分以外でサービスに大きな違いはありません

使える端末やエリア、速度や容量などは全て一緒なので、安く契約しないと損です。

  ココに注目!
同じ点 違う点
エリア 月額料金
速度 端末代
電波の強さ 解約金
端末の性能 キャンペーン

GMOは2つのキャンペーンがありますが、どちらも基本的には安く、他のプロバイダを選ぶ理由がないと言ってもいいぐらいです。

WiMAXをお考えの人には、自信を持って、GMOとくとくBBをおすすめします。

GMOとくとくBBについてより詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

4.どっちがいい?WiMAXをGMOで申し込む時の2つのキャンペーン

WiMAXをGMOとくとくBBで申し込むときには、2つのキャンペーンからどちらかを選ばなければなりません。

人によっておすすめできるキャンペーンが違うので、自分に合う方を選ぶようにしましょう。

それぞれ詳しく説明していきます。

4ー1.確実にキャンペーンを利用したいという人は、月額割引+キャッシュバック!

gmoの月額割引キャンペーン5月

「最安じゃなくてもいいから、確実にキャンペーンが受け取れて、なるべくお得に使いたい!」

という人は、GMOの月額割引キャンペーンを選ぶようにしましょう。

1番安く利用できるのはGMOキャッシュバックキャンペーンですが、受け取り忘れのリスクもあります。

約27,500円ほどのキャッシュバックを受け取るのを忘れてしまうと、かえって高くなってしまうことに。

リスクを承知でキャッシュバックキャンペーンを選んでももちろん良いです。

しかし、月額割引キャンペーンの方が確実に受け取れるので、安心して使えるでしょう。

3,000円キャッシュバックももらえる

gmoの3000円キャッシュバック

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンを申し込んだとしても、今なら3,000円のキャッシュバックをもらうこともできます

キャッシュバックを受け取れるのは、申し込んでから11カ月後になります。

またキャッシュバックの案内メールは、GMOのプロバイダで設定したアドレスにメールが届きます。

受け取り忘れのないように気をつけてくださいね。

4ー2.リスクがあっても最安で!という人は、キャッシュバック!

gmoのキャッシュバックキャンペーン

WiMAXを最安で使いたい!という人にはキャッシュバックキャンペーンから申し込むのがおすすめです。

2020年7月の申し込みであれば、最大で30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

キャッシュバックは選ぶ機種によって違い、モバイルルーターのW06やWX06を選ぶと、金額は27,500円になります。GMOの機種別キャッシュバック金額

最新機種を選んでも高額なキャッシュバックがもらえるのは嬉しいですよね。

キャッシュバックを受け取る方法

キャッシュバックの案内メールは、申し込み時にGMOで作ったアドレスに11ヶ月後にメールが届きます。

メール内にある入力フォームにアクセスし、銀行口座情報などを入力しましょう。

いつもご自身で使っているメールアドレスに届くわけではないので注意してください。

また、キャッシュバックを受け取るために以下のことは守るようにしましょう。

  • 公式ページから申し込む
  • 途中解約しないこと
  • 他のキャンペーンと併用していないこと
  • 利用料金の滞納をしないこと
  • 新規契約であること(過去に利用してる場合はキャッシュバックは受け取れません)
  • メールが届いた月の翌月末までに手続きをする

条件さえ守れば、キャッシュバックを受け取ることは確実にできますよ。

キャッシュバックは受け取り忘れが多い?

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は非常に高額ですが、受け取り忘れが多いので注意しなければなりません。

Twitter上でもキャッシュバックを受け取り忘れた!!という声が多く見受けられました。

ですので、キャッシュバックキャンペーンを選ぶよりも、月額割引キャンペーンを選ぶことをおすすめします。

5.WiMAXを最もお得に申し込める5STEP

GMOの申し込みSTEP

ここでは、実際に申し込みから使用開始までの5STEPを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダの公式HPへアクセスする
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み・端末到着・利用開始

それでは、それぞれ詳しく説明します。

STEP1.利用可能エリアを確認する

まずはGMOとくとくBBの公式サイトのピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうかをまず確認しましょう。

エリアの確認をしておかないと、「申し込んだのに使えなかった」ということになってしまう可能性もありますので、注意してください。

GMOとくとくBBピンポイントエリア判定

※画像は東京駅周辺の検索結果です。

利用可能かどうか「〇」「△」「×」で利用可能かどうか表示されますので、申し込みする前に必ず自分が利用する場所が「〇」であるか確認するようにしましょう。

※解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「〇」の人に限りますので注意してください。

ハイスピードプラスエリアモードでau LTE 4Gエリアにも対応

au4GLTE

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを使えば、au LTE 4Gを利用することもできます。

ルーターのタッチパネルから簡単に変更して利用することが可能です。

3年プランで申し込めば、無料で利用することができますよ。

山間部などWiMAX回線がつながりづらい地域などでWiFiに繋ぎたいときに、大いに役に立つでしょう。

※ハイスピードプラスエリアモードの速度制限について

ハイスピードプラスエリアモードを利用している場合は、利用量の上限は7GBまでで、速度制限は月末まで128Kbpsになります。

たとえ、ギガ放題のプランであっても、WiMAX2+の回線も月末まで128Kbpsとなる道連れ制なので、モードの切り替えはこまめに行いましょう。

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

申し込みをするときには、「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB月額割引」⇐今回紹介しているキャンペーンの申し込みページはこちら

申し込みページによってキャンペーン内容が異なるので、注意してください。

STEP3.どのプランにするか選ぶ

WiMAXのプランは、「ギガ放題」がおすすめです。

通常プランだと7GBしか利用できず、それ以上になると速度制限を受けてしまいます。

ギガ放題であれば、データ量の上限は実質無制限ですので、好きなだけ利用することが可能です。

GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランを選んでも、利用開始してから1〜2ヵ月ほどは通常プランと同じ月額で利用できます。

GMOとくとくBBギガ放題プラン

GMOとくとくBB7GBプラン

また、ギガ放題プランから通常プランへ無料で変更をすることも可能です。

1〜2ヵ月ほどギガ放題プランを利用してみて、「7GB以上は使わない」場合はプランを変更するようにしましょう。

※ギガ放題プランでは、月間のデータ量の上限はありませんが、3日間で10GB以上の使用をすると速度制限にかかります。

ただし制限下でも、Youtubeの標準画質の動画を見ることができるぐらいの速度は出ます。

STEP4.機種を決める

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも通信速度も速くなっており、新しい2つの機能も追加され、格段につながりやすくなっています。

WiMAXは最新機種が選べるプロバイダを選ぼう

以下に新しく追加された2つの機能についてまとめてみました。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

 

高性能ハイモードアンテナ

この機能によって、従来の機種よりもつながりやすさが実現しています。

ビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

ビームフォーミング

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

このように格段に通信性能が上がっていることから、「W06」をおすすめします。

STEP5.申し込み・利用開始

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

GMOとくとくBB即日発送

注文した端末が届いたら、設定を行っていきましょう。

GMOとくとくBBでは設定方法をYouTubeでも紹介してくれています。

動画を見ながら設定すれば簡単にできますので、参考にしてください。

【申込後】オプションを外す

GMOとくとくBBでも申し込み時には、2つオプションをつける必要があります。

もし月額費用を抑えたい場合は、申し込み後にこの2つのオプションを外すことを忘れないようにしましょう。

安心サポート

安心サポートとは、故障修理費が無料になる保険のようなものです。

「安心サポート」「安心サポートワイド」の2つのどちらかへの加入が必要になります。

GMOとくとくBBオプション安心サポート

2ヵ月間無料で使える「安心サポート」を選択するようにしましょう。

WiFi(公衆無線LAN)オプション

WiFi(公衆無線LAN)オプションとは、駅やカフェなどで公衆の無線LANを使用できるようになるサービスです。

「申し込む」という選択肢しかありませんので、このまま申し込みをしましょう。

GMOとくとくBBオプション公衆無線LAN

こちらも2ヵ月間は無料で利用することができます。

どちらも端末発送月の翌月には「BBNavi」から解約することができます。

GMOとくとくBBオプション解除

解除するのを忘れてしまうと、オプションの費用を払い続けないといけません。

忘れないうちに解除しておくようにしてくださいね。

GMOなら20日間お試しで利用できる!!

GMOとくとくBBでWiMAXを契約する場合、20日以内であれば解約金無料でキャンセルをすることができます

GMOでWiMAXを申し込めば、20日間はお試し利用できる

解約金を無料にするためには、以下の条件を守る必要があります。

条件

  • ピンポイントエリア判定が「○」であること
  • 解約・返品の前に事前にGMOとくとくBBお客さまセンターに「20日以内の返品」の旨を連絡すること
  • 申込み日を1日として、20日以内にWiMAX 2+端末の返品をすること(GMO側に20日以内に到着していないとダメ)

注意事項

  • 事前の連絡なく、WiMAX端末を返品、解約した場合は解約金発生。
  • 解約金の19,000円(税抜)のみが0円。その他事務手数料・月額利用料・クレードル代金・WiMAX端末返送料の返金は含まれない。
  • 月額利用料は端末発送日から当月末日までの日割料金とその翌月1ヶ月分発生。
  • ピンポイントエリア判定のお申込みの住所が「○~△」「△」「×」の場合は20日以内のキャンセルであっても規定の解約金が発生。(WiMAX通信状況・利用エリアはGMOでも確認する。)
  • 一名義につき一度限り有効。再入会の場合は対象外。
  • 20日以内の解約違約金無料キャンセルの適用を受けた人で、同一住所で再入会を申込みした場合、特典の適用を受けられない可能性も。
  • 法人名義での契約は対象外。
  • 初期契約解除は適用条件、内容が異なり、エリア判定の結果に関わらず可能。

「負担してもらえるのは解約金のみ」という点には特に注意してください

月額料金や事務手数料などは支払う必要があります。

20日以内の解約金無料キャンセルの手順

20日以内の解約金無料キャンセルの手順をお伝えします。

(1)お客さまセンターにて受付

事前にお客様サポートセンターへ電話をします。

(2)キャンセルのため返品商品を送る

キャンセルするWiMAX端末を返品してください。

WiMAX2+ 返送先

〒150-8512 

東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB 行

(TEL:0570-045-109)

商品の返品し忘れなどがあると、解約金が無料にはなりませんので注意してください。

初期契約解除制度を利用すれば8日以内はほぼ無料で解約できる!!

20日間お試し利用だと結局お金かかるし、もっと安く解約できないの?と思われる人もいますよね。

GMOに限った話ではありませんが、初期契約解除制度を利用すれば、ほぼ無料で解約することができます。(契約事務手数料3,000円は支払う必要あり。)

端末着荷から8日以内に返却物をまとめてGMOとくとくBBまで送るようにしてください。

送付先と返却物は以下の通りです。

送付先

〒132-0024 東京都江戸川区一之江2丁目11-13 GMOとくとくBB 初期契約解除窓口 行

返却物

  • 端末本体
  • 内装箱
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • USBケーブル
  • 電池パック(内蔵型の機種をのぞく)
  • SIMカード
  • 初期契約解除書面(下記参照)

初期契約解除書面例

GMO WiMAXの初期契約解除制度の利用方法

返却物に漏れがあったり、8日を過ぎてしまうと、初期契約解除制度は利用できませんので、注意するようにしてください。

【補足】BroadWiMAXとは?

株式会社リンクライフ

BroadWiMAXとは、株式会社リンクライフが運営するWiMAXのプロバイダのひとつです。

株式会社リンクライフの基本情報は以下の通りです。

会社名 株式会社リンクライフ
代表取締役 清水 啓太
設立日 平成20年 2月14日
本社住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33-7F
TEL 050-5212-7322(申し込みはできません)
E-mail shop@wimax-broad.jp
公式サイト https://linklife.co.jp/

WiMAXだけでなく、スマホや光回線の事業など幅広いサービスを展開しています。

まとめ

BloadWiMAXについて色々とお伝えしてきました。

結論として、「BroadWiMAX」はおすすめできるプロバイダとはいえません。

WiMAXを利用するなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

この記事を参考にして、よりお得にWiMAXを利用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です