【2019年最新版】Broad WiMAXは本当に安いのか?キャンペーンの裏側を徹底解説

「すぐにスマホが通信制限かかってしまう!」
「インターネットをWiMAXにまとめて安く使いたい!」

このようの思ったことがあるのではないでしょうか?

しかし、よく知らずにBroad WiMAXと契約すると他に比べて約3万円も高くついてしまう可能性もあります。

そこで今回は、Broad WiMAXが本当に安いのかどうか、キャンペーンの実態や違約金などについて解説していきます。

WiMAXをお得に使うためにも、キャンペーンの裏側に隠された料金体系までしっかり理解しましょう。

1.「Broad WiMAX」のキャンペーンとは?

料金プランとは別に、各プロバイダそれぞれのお得なキャンペーンを実施していますが、Broad WiMAXでも同じように割引キャンペーンを実施しています。

具体的には次の3点があります。

  • Web割キャンペーン
  • 全端末無料キャンペーン
  • 違約金負担のお乗換えキャンペーン

キャンペーン内容は、どこのWiMAXにするかを決める上で、一番大切です。

それぞれのキャンペーン内容について詳しく見てみましょう。

キャンペーン1.Web割キャンペーン

Web割キャンペーンとは、Broad WiMAXを契約する際に発生する初期費用が実質無料になるキャンペーンです。

キャンペーン適用条件は、次の3点です。

  • Broad WiMAXをインターネット経由で申し込む
  • クレジットカード払いにする
  • 「安心サポートプラス」「My Broadサポート」の2つのオプションに加入する

これらの条件を満たすことで、初期費用分の18,857円が割引されます。

なお、加入必須オプションの内容は次のとおりです。

安心サポートプラス(月額550円):端末が故障した場合に無料修理サービスが受けられる

My Broadサポート(月額907円): 設定などで困った際に電話や遠隔操作で365日相談可能

オプションサービスはいつでも解約ができるうえ、「My Broadサポート」については2ヶ月間無料となります。

しかし解約を忘れてしまうと、実際に利用していなくてもオプション費用が発生する危険があります。

キャンペーン2.全端末無料キャンペーン

全端末無料キャンペーンとは、Broad WiMAX新規申込者を対象に全ての端末料金が無料になるキャンペーンです。

特に適用条件などはなく、キャンペーン期間内であれば新規でBroad WiMAXを契約したすべての方が対象となっています。

しかし実際には、他のプロバイダでも端末無料なので、特に目新しいものでもないといえます。

キャンペーン3.違約金負担のお乗換えキャンペーン

違約金負担のお乗り換えキャンペーンとは、他のプロバイダからBroad WiMAXに乗り換える際に、最大19,000円まで解約違約金をBroad WiMAX側が負担してくれるキャンペーンです。

いつでも他社のWiMAXからBroad WiMAXに変えられるのは嬉しいですね。

他社のWiMAXで古い端末を使っていて、買い替えを検討している人に特におすすめです

2.Broad WiMAXの評判は?

Broad WiMAXには、下記のようなメリットがあります。

  • 口座振替ができる
  • 8日以内ならキャンセルできる

それぞれ詳しく見てみましょう。

良い点1.他社の違約金を負担してくれる

「Broad WiMAX」の一番いい点は、「違約金負担のお乗換えキャンペーン」で他社の違約金を、負担してくれる点です。

現在WiMAXを利用していて「Broad WiMAX」よりも高い月額料金を支払っているという場合は、一刻も早く解約して乗り換えたいですよね。

ですが、契約した月からあまり年数がたっていないと現在契約しているプロバイダで違約金が発生してしまいます。

「Broad WiMAX」の違約金負担キャンペーンを利用すれば契約月を気にせず乗り換えることができるので、できるだけ早く乗り換えを行い、毎月の負担を減らすことができます。

早く乗り換えたいと考えている方は、このキャンペーンを活用するといいでしょう。

良い点2.口座振替で支払ができる

「Broad WiMAX」は、口座振替で支払いができます

一般的に、WiMAXプロバイダはクレジットカード払いしか対応していないことがほとんどです。

ですが、次のつぶやきのように、BroadWiMAXを口座振替にすると金額が高くなってしまいます

理由は、初期費用無料キャンペーン(18,857万円)を受けられないためです。

そのため、契約期間である3年間で計算すると、1年あたり約6,000円、1月あたり約500円高くなってしまいます。

実際に口座振替で申し込みをすると、初期費用がしっかりと請求されてしまっています。

そのため、つぶやきのように、口座振替するよりはクレジットカードを申し込んで、クレジットカードで申し込んだほうがお得です。

悪い点1.他社と比較すると高くなってしまう

広告の「月額2,726円」は最初の割引が適用されている期間のみで、割引期間が過ぎると料金が高くなってしまいます。

上記の料金プランで記載した表を見るとわかるように、ギガ放題プランでは最大3カ月、ライトプランでは最大25カ月しか2,726円にはなりません。

料金プラン名 1~2カ月 3~24カ月 25カ月以降
ギガ放題プラン 2,726円 3,411円 4,011円
ライトプラン 2,726円 2,726円 3,326円

この表のとおり、ギガ放題プランに関しては2年目は4,011円という高額の月額料金になってしまいます。

月によって金額が変わっていくため、他社プロバイダと比較する場合は最初の月額料金ではなく「年間実質費用」で比較する必要があります。

※年間実質費用とは、契約期間全体の通信料に登録料や端末代を加えてキャッシュバックを差し引いて実際にかかる費用全体(=実質費用)を計算し、契約年数で割ったものです。

この表を見てわかるように、「BroadWiMAX」は最安の「GMOとくとくBB」と比べて、ギガ放題で約3,000円も費用が高くなっています。

より安いプロバイダで契約したいと考えている方には、他社プロバイダを選ぶことをおすすめします。

悪い点2.指定オプションに加入しなければならない

BroadWiMAXでは、初期費用が無料になるためには指定オプションに加入しなければなりません。

  1. クレジットカード払い
  2. 指定オプションに加入

以下のつぶやきのように、オプション加入が条件になっていることを理由に契約の検討をやめる方も多いようです。

加入が義務付けられているオプションは次の2つです。

  • 安心サポートプラス…550円/月
  • MyBroadサポート…907円/月
  • 合計:1,207円/月

有料オプションはすぐに解約することも可能ですが、一番最初の月はどうしても追加料金がかかってしまいます。

オプションにも加入しなければならないことは、BroadWiMAXをおすすめできない大きな理由の一つです。

悪い点3.3年プランしかない

BroadWiMAXは3年契約のプランしか用意されていません

そのため、3年に一度しか無料で解約できません。

さらに、WiMAXの端末は、年々最新機種が登場し、2年も経過すればかなりスペックの高い機種が出ています。

次のつぶやきのように、長期間同じ端末を使い続けることで、バッテリー持ちが悪くなっています。

https://twitter.com/yagiyyyy/status/1063066851125583873

このように、3年間使い続けなければならないことは、大きなデメリットです。

悪い点4.解除契約金に別途キャンペーン違約金がかかる

BroadWiMAXを解約するとき、解約契約金とは別途、「キャンペーン違約金」が発生してしまいます。

※キャンペーン違約金
初期費用0円キャンペーンを利用して契約した場合、2年以内に解約することになると、通常の違約金に加えて請求される違約金です。

例えば、初期費用0円キャンペーンを利用して契約したが契約から12カ月で解約することになった場合は以下の違約金が請求されます。

  • 契約解除料:19,000円
  • キャンペーン違約金:9,500円
  • 合計:28,500円

このように高額な違約金が発生してしまうため、BroadWiMAXを契約する際には十分に検討する必要があります。

3.申し込みから使用開始、万が一の解約方法まで

「結局、ポケットWiFiはどこを選べばいいの?」
「プロバイダは? 機種は? 契約プランは? 全部決めてほしい!」

このように悩んでいませんか?

結論から言うと、「GMOとくとくBB」で「ギガ放題プラン」、機種は「W06」を選びましょう。

ここでは、実際に申し込みから使用開始までの流れを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダを決める
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み後、商品が届く

必ず公式HP経由で申し込みましょう。

GMOとくとくBB公式HPページ:http://gmobb.jp/

※キャッシュバック条件が変わったり、解約費用が倍以上になる場合があるため。

それでは、それぞれ詳しく説明します。

(1)利用可能エリアを確認する

まずはUQ Communicationsの公式サイトで、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうか確認しましょう。

どのWiMAXのプロバイダを選んでもすべて同じ回線ですので、エリアの広さもすべて同じです。

地図上で紫色になっている場所が、対応可能エリアです。

(2)プロバイダを選ぶ

いままで述べたように、どのWiMAXのプロバイダを選んでも、すべて同じ回線を使っています

その中で、最も安いプロバイダは『GMOとくとくBBとなっており、GMOとくとくBBで契約しましょう。

(3)どのプランにするか選ぶ

プランは、通常プラン(7GB制限)とギガ放題プランの2つあります。

どちらにすればいいかわからない人は、「ギガ放題」を選ぶべきです

ギガ放題をおすすめする理由は次の通りです。

  • 通常プランで通信制限がかかると、通信速度が128kbpsになってしまう
  • 7GBでは容量が足りない

通常プランで7GBを超えた後の128kbpsでは、通常のサイトを確認することも難しいです。

さらに、7GBはどのくらい使えるかというと、次の通りです。

  • メール送受信:約1.4万通(1日あたり 約486.5通)
  • ニュースサイトの閲覧:約2.4万ページ(1日あたり約486.5通)
  • 動画視聴:約31.5時間(1日あたり約1時間)
  • 音楽のダウンロード:約1,750曲

引用:Y!mobile│サポート│よくあるご質問(FAQ)

このように、毎日動画を見てしまうだけで、あっという間に速度制限に達してしまいます。

もし実際にギガ放題で使ってみて7GBもいかない場合は、無料で通常プランに戻すこともできます。

そのため、迷ったときは「ギガ放題」を選択しましょう。

(4)機種を決める

現在選択できるルーターは全部で3機種です。

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

「W06」をおすすめする具体的な理由は、次の2つです。

  • 過去最高の通信速度
  • 格段につながりやすくなった

それぞれ説明します。

ポイント1.過去最高の通信速度

「W06」は、上り・下りともに過去最高の通信速度です。

(補足)上り通信速度・下り通信速度とは

  • 上り通信速度:アップロードと呼ばれ、メールやLINEの送信・SNSへの投稿など、データ送信をする際の通信速度です
  • 下り通信速度:ダウンロードと呼ばれ、サイトから文字・画像・動画など、データを受信する際の通信速度です。

これらの数字は大きければ大きいほど、送信・受信する速度が早くなります。

そのため、快適にインターネットを楽しむことができる、最新機種の「W06」を選びましょう。

ポイント2.格段につながりやすくなった

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも格段につながりやすくなりました。

つながりやすくなったのは、次の2つの機能のためです。

  • 高性能ハイモードアンテナ
  • TXビームフォーミング

簡単に説明すると、これらの機能によって、信電波の送受信能力が大幅に向上しました

それぞれどのような機能なのかを詳しく説明します。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

これにより、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています

 

引用:UQ Communications│ニュースリリース│ 1.2Gbps対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」の発売

TXビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

引用:UQ Communications│ニュースリリース│ 1.2Gbps対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」の発売

このように格段に通信性能が上がっています。

(5)申し込み後、商品が届く

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

注文した端末が届いたら、同封されているSIMカードを挿入し、電源を入れるだけで手続き完了です。

※補足説明:20日以内の解約違約金無料キャンセルの方法

(1)お客さまセンターにて受付

「GMOとくとくBB」お客さまセンター 0570-045-109 平日10:00 ~19:00

※事前にお電話がない場合、キャンセルをお受けできない場合がございます。

(2)キャンセルのため返品商品を送る(返送料はお客さまご負担)

キャンセルされるWiMAX端末を返品ください

【WiMAX2+ 返送先】

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB 行
(TEL:0570-045-109)

引用:GMOとくとくBB公式サイト│WiMAX2+サービスTOP│注意事項

もし使ってみて合わないなと思ったら、解約手続きをしましょう。

4.まとめ

この記事では、Broad WiMAXのキャンペーン内容、メリット、デメリットについて説明しました。

Broad WiMAXは、実際には、料金面からおすすめはできません

WiMAXはどのプロバイダも通信環境は同じなため、「Broad WiMAX」よりも「GMOとくとくBB」をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です