au WiMAXの料金は高い!気になる料金や特徴を徹底比較

auでWiMAXを契約すると、料金はいくらかかかるのか気になってらっしゃいますね。

この記事を読んでいるということは、auの携帯を契約されている方が多いと思います。

auのWiMAXを契約したほうが、安くWiMAXを利用できるのではないかと思われている方も多いのではないでしょうか。

でも心のどこかで、「auのWiMAXは本当に料金が安いのか」と疑問がある方も多いと思います。

結論から言うと、auのWiMAXは安くはありません

それは他のプロバイダを利用したほうが、安く利用できるからです。

サービス内容が同じなら、安くで利用したいですよね。

ここではWiMAXを取り扱っているプロバダを、わかりやすく比較しています。

WiMAXの契約で悩んでいらっしゃる方は、ぜひご覧ください。

1.いきなり結論!auのWiMAXは料金が高いのでお勧めできない

いきなりですが、auのWiMAXは、「料金が高いため」お勧めできません

なぜかというと、他社でWiMAXを契約したほうが安く利用できるからです。

同じサービスを利用するなら、安くで利用したいですよね。

ですが、auが本当に安くないのかは比較しないとわかりません。

しかし、ネットには多くの情報がありすぎて、比較するのも大変です。

なので、auの料金を有名プロバイダと比較していきたいと思います。

2.本当にauのWiMAXは高いのか

今回比較するのは、UQ WiMAX、au、Broad WiMAX、とくとくBBの4社です。

どのプロバイダもWiMAXで有名な4社で、ネット検索で名前を見たことがある方も多いと思います。

今回は、4社のギガ放題のプランで料金を比較してみました。

プロバイダ名 UQ WiMAX au Broad WiMAX

GMOとくとくBB

3年間の総額 \161,960 \165,060 \133,539 \124,914
契約期間 2年or3年 2年 3年 3年
平均月額料金 4,499円 4,585円 3,709円 3,470円

*3年契約した場合の金額で統一しています。

auやUQ WiMAXで契約すると、3年でおよそ165,000円、4,500円/月で利用が出来ます。

しかし、他のプロバイダと比較すると、高いということがわかります。

同じWiMAXでもとくとくBBでは、約125,000円と3年間で4万円もお得に利用が出来ます。

Broad WiMAXでも約2万7千円安く利用ができます。

aこのことからも、auのWiMAXは料金が高いといえます。

では、おすすめのプロバイダはどこなのか気になりますよね。

それは「GMO とくとくBB」です。

なぜ、おすすめなのか説明していきます。

auユーザーは「スマバリ」を使うべし!

auユーザーに「GMOとくとくBB」をお勧めする理由は2つあります。

1つ目は、先ほど説明したようにauのWiMAXよりも安く利用できるからです。

2つ目は、auユーザーだけが使える割引があるからです。

スマバリ(スマートバリュー)の利用で、auスマートフォンの月額料金が最大1,000円値引きされます。

auユーザー限定で受けられる特典があるので、auユーザーに「GMOとくとくBB」をお勧です。

詳細はこちらをご確認ください。

auスマートバリュー mine

3.おすすめな「GMOとくとくBB」って?

auユーザーで、WiMAXを契約したい方に、1番お勧めなプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

auユーザー限定の割引があり、キャンペーンの受け取り手続きも簡単です。

その為、他のプロバイダと比較してみても、「GMOとくとくBB」が安くて安全に利用できます。

お得なキャンペーン

キャンペーンの内容が、①キャッシュバックと②月額割引と2種類あります。

①キャッシュバック

キャッシュバックの手続きは数か月後に来るメールで行う必要があります。

そして、もし、メールの期限を過ぎてしまうと返金の手続きを行う事が出来ずキャッシュバックを受け取れません。

②月額割引

月額割引は、月々の料金から割引が適用され、後日の手続きもありません。

月額割引の方が年間で1,000円程安く利用でき、キャンペーンを確実に受けることが出来るのでお勧めです。

サイトのページによって受け取れるキャンペーンの内容に違いがあります。

そのため、契約時は月額割引キャンペーンの下記サイトからの契約をお勧めします。

月額キャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBについて、もっと詳しく知りたいという方は、「【2019年最新版】『GMOとくとくBB』ポケットWiFiを徹底解説!」をご覧ください。

4.契約までの簡単4STEP

ここからは、GMOとくとくBBの契約方法について説明していきます。

契約前に確認しておきたいポイントに絞って、4STEPにまとめてみました。

確認しておくことで、スムーズに契約を行えるので、事前に確認しておきましょう。

1.サービスエリアの確認

2.プランの決定

3.機種の選定

4.申し込み

1.サービスエリアの確認

まずは、サービスエリアの確認を行いましょう。

GMOとくとくBBのWiMAXは、地下鉄や地下街にもエリア拡大中で、どこでも快適に利用が可能になってきています。

屋外基地局も20,000局で、実人口カバー率も、全国主要都市で99%以上となっています。

そのため全国で快適に利用ができると考えられます。

しかし、念のため契約前には必ずサービスエリアかどうか確認するようにしましょう。

公式サイトよりサービスエリアの確認を行うことが出来ます。

上の画像からもわかるように、2つの方法で調べることが出来ます。

「サービスエリアマップ」と「ピンポイントエリア判定」では、検索結果の細かさが違います。

なので、生活範囲内は「ピンポイントエリア判定」でも通信状況を確認しておきましょう。

2.プランの決定

次は、料金プランを考えましょう。

料金プランは2つありますが、申し込み時のお勧めは「ギガ放題プラン」です。

理由は2つあります。

1つ目は、「ギガ放題プラン」がお得だからです。

初めの1~2か月はどちらも料金が変わりません。

なので、申し込むならたくさん使える「ギガ放題プラン」がおすすめです。

2つ目は、適正プランが見直せるためです。

契約初期の「ギガ放題プラン」を利用中に、自分の利用状況を知ることでプランが適切か考えることが出来ます。

もし、自分が月に7GB以上利用していないのであれば、「ギガ放題プラン」である必要はありません。

「7GBプラン」の方が、月額料金を安く抑え利用できます。

GMOとくとくBBでは、契約後もプラン変更が無料で出来ます。

なので、1~2ヶ月目の利用状況を確認し、7GB以上使わない場合は、3か月目以降プランを変更しましょう。

3.機種の選定

プランが決まったら、契約する機種を選びましょう。

選べる機種は、5種類あります。

ホームルーターとして利用できるものもある為、利用環境に合わせて選びましょう。

持ち運べるものとしては、最新機種のW06とWX05の2つがあります。

WX05も高速通信やLTEのエリア対応はしていますが、W06の方通信速度は速いです。

しかし、ビームフォーミングやチャンネル選択など、W06にはない性能もあります。

一方で、W06は、有線接続では1.2Gbpm、無線接続867Mbpmと高速通信に対応しています。

更に、「高性能ハイモードアンテナ」を搭載で、屋内などの電波が弱くなりやすいところでも通信が安定しやすくなっています。

他にも利用シーンに合わせて使える「パフォーマンスモード」もあり、快適な利用が可能になっています。

もし機器に迷うのであれば、最新機種のW06がおすすめです。

W06 端末詳細

 

4.申し込み

ここまで確認をしたら、最後は申し込みです。

申し込みは、公式サイトから簡単に申し込むことが出来ます。

契約完了までの流れは大きく分けて、4つになっています。

①サービスの選択

 ・機種の選択、プランの選択、オプションの選択

②お客様情報の入力

③入力内容の確認

④申し込み完了

ここで1つ、注意しておかなければならないことがあります。

申し込み時には、オプションのサポートがすべて「申し込む状態」になっている為注意しておきましょう。

契約後数か月は無料になってはいますが、解約し忘れてしまうと料金がかかってしまいます。

解約を忘れそうな場合は、申し込み時にチェックを外すようにしましょう。

まとめ

結論、auでWiMAXを契約することはお勧めではありません。

GMOとくとくBBであれば、同じサービスをより安く利用することが出来ます。

更に、auユーザー限定の特典もあり、かなりお勧めです。

この記事を参考にお得にWiMAXを活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です