【2020年最新版】『ASAHIネット』WiMAXについて徹底解説!

ASAHIネットのロゴ

「ASAHIネットってどんなプロバイダなの?」

「ASAHIネットでWiMAXを申し込んでも大丈夫?」

と気になっていませんか。

ASAHIネットをはじめWiMAXには多くのプロバイダがあり、どのプロバイダがお得なのかわかりづらいですよね。

私自身、初めてWiMAXを契約した時は「WiMAXならどこも一緒だろ?」と特に何も考えずに契約していました。

色々調べ進めていき、料金が高いプロバイダと契約していて実は損をしていたことを知った時はかなりショックでした。

私のように気づかないうちに損してしまわないためにも、WiMAXのプロバイダについてちゃんと知っておきたいものです。

結論からいうと、ASAHIネットはおすすめできません

当サイトでおすすめしているGMOとくとくBBと比べると、3年間での利用料金が17,316円も高いからです。

さらに、1年以内に解約してしまうと、3万円近い違約金を支払う必要があります。

この記事では、ASAHIネットについて、WiMAXでおすすめのプロバイダについて、最もお得にWiMAXを契約する方法について詳しく解説しています。

当記事を参考にして、賢くお得にWiMAXを契約しましょう!

1.ASAHIネットWiMAXとは

ASAHIネットWiMAX

「そもそもASAHIネットってどんなWiMAXプロバイダなの?」と思っている人のために、まずはASAHIネットについて大まかに紹介していきます。

1ー1.ASAHIネットWiMAXの基本情報

初めに、ASAHIネットの基本情報について確認しましょう。

以下に、月額料金や契約期間、解約金などをまとめて表にしてみました。

ASAHIネットの基本情報

現在ASAHIネットWiMAXでは、2020年1月31日までに申し込むと、最大4ヶ月間の月額使用料が無料になるキャンペーンを行なっています。

ASAHIネットのキャンペーン

契約開始月に加えて3ヶ月間の料金が無料になるキャンペーンなので、かなりお得なキャンペーンですね。

1ー2.ASAHIネットWiMAXの運営会社情報

朝日ネットロゴ

ASAHIネットは株式会社朝日ネットが運営しているWiMAXプロバイダです。

株式会社朝日ネットの基本情報は以下の通り。

会社名 株式会社朝日ネット
代表取締役 土方 次郎
設立日 平成2年4月2日
本社住所 〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15
歌舞伎座タワー21階
TEL 03‐3541-1900(代表)
公式サイト https://asahi-net.co.jp/

インターネット事業だけでなく、教育事業も幅広く行なっている企業です。

1ー3.ASAHIネットWiMAXとその他プロバイダとの違いは?

ASAHIネットと他のプロバイダで比較できるポイントは、実際にかかる料金のみです。

WiMAXのプロバイダはすべてUQ WiMAXの回線を利用しているので、通信のスペックに違いはありません。

プロバイダによって違うのは、月額料金や端末代金、解約手数料などのみとなります。

WiMAX比較ポイント

WiMAXのプロバイダ間で比較する時は、料金面に注目するようにしましょう。

2.ASAHIネットWiMAXをおすすめしない2つの理由

ASAHIネットをおすすめしない2つの理由

当記事ではASAHIネットWiMAXをおすすめしていません。

その理由は以下の2つです。

それぞれ解説していきます。

2ー1.最安のプロバイダではない

ASAHIネットをおすすめできない1つ目の理由は、実質費用が他のプロバイダより高いことです。

ASAHIネットと比べて、最安のGMOとくとくBBであれば年間で7,164円も抑えることができます

各プロバイダの月額料金を安い順で表にまとめてみました。

ASAHIネットは8位となり、ASAHIネットよりも安いプロバイダが多いことが分かります。

※実質費用は以下の計算式に当てはめて、当サイト独自に算出したものです。

【3年間実質費用】=登録料+3年プランでの通信量合計+最新機種の端末代-キャッシュバック-その他割引

プロバイダ比較表ASAHIネット

上でもお伝えしましたが、WiMAXの各社プロバイダは回線が同じなので、性能に違いはありません。

唯一の違いは料金だけなので、できるだけ安いプロバイダを選んだ方がお得です。

つまり、WiMAXのプロバイダとして料金の高いASAHIネットをおすすめすることはできません。

2ー2.24ヶ月以内の解約だとキャンペーン違約金が追加でかかる

ASAHIネットがおすすめできない2つ目の理由は、解約金に加えてキャンペーン違約金がかかり、トータルの解約金が高くなるからです。

契約から2年以内に解約してしまうと、解約金に加えて10,000円のキャンペーン違約金がかかります

ASAHIネット違約金

1年目に解約すれば3万円近い契約解除料を支払うことになります

万が一解約をしたくなった時に非常に高い解約金を払う必要があるので、もしものことを考えるとおすすめできません。

3.ASAHIネットWiMAXがおすすめできる唯一のパターン

ASAHIネットがおすすめできる1つのパターン

ASAHIネットは月額の実質費用が最安でないことに加えて、解約金がとても高いので基本的にはおすすめしていません。

ですが、固定IPアドレスを使いたい人にはASAHIネットがおすすめです。

固定IPアドレスを使うと、常に同じIPアドレスを使うのでセキュリティレベルの高い通信が可能になります。

これにより、盗聴やデータの改ざん防止、また外出先から自宅のPCを遠隔操作も可能です。

固定IPアドレスサービスを提供している会社の中でもお得に使える3社と月額料金をまとめてみました。

固定IPアドレスの比較表

ASAHIネットが最もお得に固定IPアドレスを利用できることがわかります。

固定IPアドレスの利用を検討している人はASAHIネットで申し込みしてみましょう。

4.結論!ASAHIネットWiMAXはおすすめできない!

ASAHIネットはおすすめできない

 

ここまでの内容をまとめると、以下の理由からASAHIネットをおすすめすることはできません。

  1. 月額の実質費用が最安のプロバイダではない
  2. 解約金がかなり高くなる可能性がある

すでにご紹介しましたが、WiMAXのプロバイダで唯一生まれる違いは月額の実質費用だけです。

プロバイダやルーターなど通信性能に差はありません。

できるだけお得にWiMAXを使っていくために、月額の実質費用が最も安いプロバイダを選ぶのがおすすめです。

ただし、固定IPアドレスを使いたいと考えている人にのみASAHIネットWiMAXがおすすめできます。

固定IPアドレスのサービスを提供している会社の中で、ASAHIネットが最もお得に使えるからです。

「固定IPアドレスなんて使わない。ただ、お得にWiMAXが使いたいだけ。」

という人は、次で紹介するおすすめのWiMAXプロバイダについてチェックしてください。

5.ASAHIネットよりGMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBBのロゴ

『WiMAXをこれから契約しようかな』とお考え方に1番おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBBです。

「GMOとくとくBB」をおすすめする理由は以下の2つ。

  1. 実質の月額料金が最安
  2. 解約金が高くない

それぞれ解説していきます。

理由1.実質の月額料金が最安

GMOとくとくBBは数あるプロバイダの中でも、実質の月額料金が最安値です。

当記事では、実質費用として、月額費用や初期費用、各プロバイダのキャンペーンなどを考慮して金額を算出しています。

※実質費用は以下の計算式に当てはめて、当サイト独自に算出したものです。

【3年間実質費用】=登録料+3年プランでの通信量合計+最新機種の端末代-キャッシュバック-その他割引

算出結果を実質の費用でランキング化したところ、1位と3位にGMOとくとくBBがランクインしました。

プロバイダ比較表GMOとくとくBB

キャッシュバックの方が料金が安いですが、キャッシュバックの受け取り忘れや解約金が高くなるリスクもあるため、おすすめしていません。

また、JPWiMAXについても、解約金が非常に高くリスクとなります。

リスクが少なく、実質費用が最安のGMOとくとくBBを月額割引キャンペーンで契約するのがベストです。

なぜGMOとくとくBBはここまで安いのか?

GMOとくとくBBの販売実績がとても良く、WiMAXの回線元から多くの報酬を受け取っています。

また、実店舗を作らず人件費を節約してオンラインでの販売に注力していることも理由です。

この報酬や節約した経費分をキャンペーンなどを通してユーザーに還元することで、安い月額料金にしています

理由2.解約金が高くない

実質月額料金が安いだけではなく、解約金が安いのもGMOとくとくBBのいいところです。

実質料金が最安のJPWiMAXとGMOとくとくBBの解約金を下にまとめてみました。

WiMAXの解約金を比較

GMOとくとくBBの中でも、月額割引を選ぶと解約金が高くなるリスクが低いのでおすすめです。

月額割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンでは、2年以内の解約金が1万円以上も変わります。

もし2年以内に解約せざるを得なくなったときのためにも、リスクが低いものを選びましょう。

契約から20日以内であれば解約金がかからない

GMOとくとくBB20日以内なら無料で解約可能

GMOとくとくBBを契約してから20日以内に解約手続きをすれば、解約金が一切かかりません。

「一度WiMAXのWiFiを試してみたかった」、「WiMAXは初めて」という方も安心して申し込むことができますね。

ただし、事務手数料3,000円と端末の返送代金は支払う必要があるので注意してくださいね。

6.WiMAXをお得に申し込める6STEP

GMOトップ

ここでは、実際に申し込みから使用開始までの6STEPを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダの公式HPへアクセスする
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み・利用開始
  6. オプションを外す

それでは、それぞれ詳しく説明します。

STEP1.利用可能エリアを確認する

まずはGMOとくとくBBの公式サイトのピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうかをまず確認しましょう。

エリアの確認をしておかないと、「申し込んだのに使えなかった」ということになってしまう可能性もありますので、注意してください。

GMOとくとくBBピンポイントエリア判定

※画像は東京駅周辺の検索結果です。

利用可能かどうか「〇」「△」「×」で利用可能かどうか表示されますので、申し込みする前に必ず自分が利用する場所が「〇」であるか確認するようにしましょう。

※解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「〇」の人に限りますので注意してください。

ハイスピードプラスエリアモードでau LTE 4Gエリアにも対応

au4GLTE

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを使えば、au LTE 4Gを利用することもできます。

ルーターのタッチパネルから簡単に変更して利用することが可能です。

3年プランで申し込めば、無料で利用することができますよ。

山間部などWiMAX回線がつながりづらい地域などでWiFiに繋ぎたいときに、大いに役に立つでしょう。

※ハイスピードプラスエリアモードの速度制限について

ハイスピードプラスエリアモードを利用している場合は、利用量の上限は7GBまでで、速度制限は月末まで128Kbpsになります。

たとえ、ギガ放題のプランであっても、WiMAX2+の回線も月末まで128Kbpsとなる道連れ制なので、モードの切り替えはこまめに行いましょう。

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

申し込みをするときには、「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB月額割引」⇐今回紹介しているキャンペーンの申し込みページはこちら

申し込みページによってキャンペーン内容が異なるので、注意してください。

なぜキャッシュバックの受け取り忘れが多いのか?

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取れるのは、WiMAXを申し込んでから11カ月後になります。

またキャッシュバックの案内メールは、GMOのプロバイダで設定したアドレスにメールが届きます。

GMOで設定したアドレスは使わない人が多く、案内メールが11カ月後にくるので、結果として忘れてしまう人がすごく多いんですね。

ですので、キャッシュバックキャンペーンを選ぶよりも、月額割引キャンペーンを選ぶことをおすすめします。

それでもキャッシュバックを受け取りたい人へ

1月限定GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーン

2年以上は確実に利用する人で、キャッシュバックの受け取り忘れはしないと自信がある人はキャッシュバックキャンペーンを選んでもいいでしょう。

キャッシュバックを受け取るために以下のことには注意するようにしてください。

  • 公式ページから申し込む
  • 途中解約しないこと
  • 他のキャンペーンと併用していないこと
  • 利用料金の滞納をしないこと
  • 新規契約であること(過去に利用してる場合はキャッシュバックは受け取れません)

一つでも条件に合わないとキャッシュバックは受け取れません。

先ほどもお伝えしましたが、メールの確認も忘れないようにしてくださいね。

STEP3.どのプランにするか選ぶ

WiMAXのプランは、「ギガ放題」がおすすめです。

通常プランだと7GBしか利用できず、それ以上になると速度制限を受けてしまいます。

ギガ放題であれば、データ量の上限は実質無制限ですので、好きなだけ利用することが可能です。

GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランを選んでも、利用開始してから1~2ヵ月ほどは通常プランと同じ月額で利用できます。

GMOとくとくBBギガ放題プラン

GMOとくとくBB7GBプラン

また、ギガ放題プランから通常プランへ無料で変更をすることも可能です。

1~2ヵ月ほどギガ放題プランを利用してみて、「7GB以上は使わない」場合はプランを変更するようにしましょう。

※ギガ放題プランでは、月間のデータ量の上限はありませんが、3日間で10GB以上の使用をすると速度制限にかかります。

ただし制限下でも、Youtubeの標準画質の動画を見ることができるぐらいの速度は出ます。

STEP4.機種を決める

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも通信速度も速くなっており、新しい2つの機能も追加され、格段につながりやすくなっています。

WiMAXのルーター比較

以下に新しく追加された2つの機能についてまとめてみました。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

 

高性能ハイモードアンテナ

この機能によって、従来の機種よりもつながりやすさが実現しています。

ビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

ビームフォーミング

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

このように格段に通信性能が上がっていることから、「W06」をおすすめします。

STEP5.申し込み・利用開始

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

GMOとくとくBB即日発送

注文した端末が届いたら、設定を行っていきましょう。

GMOとくとくBBでは設定方法をYouTubeでも紹介してくれています。

動画を見ながら設定すれば簡単にできますので、参考にしてください。

STEP6.オプションを外す

GMOとくとくBBでも申し込み時には、2つオプションをつける必要があります。

もし月額費用を抑えたい場合は、申し込み後にこの2つのオプションを外すことを忘れないようにしましょう。

安心サポート

安心サポートとは、故障修理費が無料になる保険のようなものです。

「安心サポート」「安心サポートワイド」の2つのどちらかへの加入が必要になります。

GMOとくとくBBオプション安心サポート

2ヵ月間無料で使える「安心サポート」を選択するようにしましょう。

WiFi(公衆無線LAN)オプション

WiFi(公衆無線LAN)オプションとは、駅やカフェなどで公衆の無線LANを使用できるようになるサービスです。

「申し込む」という選択肢しかありませんので、このまま申し込みをしましょう。

GMOとくとくBBオプション公衆無線LAN

こちらも2ヵ月間は無料で利用することができます。

どちらも端末発送月の翌月には「BBNavi」から解約することができます。

GMOとくとくBBオプション解除

解除するのを忘れてしまうと、オプションの費用を払い続けないといけません。

忘れないうちに解除しておくようにしてくださいね。

6.【Q&A】GMOとくとくBBについてよくある質問

最後にGMOとくとくBBについてよくある質問をまとめておきます。

Q1.WiMAXのエリアに対応していなかった場合は?

A.WiMAXのエリアが広がるのを待つか、他のポケットWiFiを利用するのをおすすめします。

WiMAXのエリア拡充情報はUQWiMAXの公式ページから見ることができます。

ただし、いつ自分が使いたいエリアまで拡充されるかはわからないので、違うポケットWiFiを検討するのがいいでしょう。

大手携帯キャリア回線対応のポケットWiFiがおすすめ

WiMAX非対応地域で、ポケットWiFiを利用したいという人には、大手携帯キャリア回線対応のポケットWiFiがおすすめです。

大手携帯キャリア回線対応のポケットWiFiの中でも特におすすめなのが、「どんなときもWiFi」と「めっちゃWiFi」と「Mugen WiFi」の3つ。

「どんなときもWiFi」と「めっちゃWiFi」と「Mugen WiFi」は、au、docomo、Softbankの3つの回線の全てを利用することができ、どれか一つに対応している地域であれば利用することができます。

容量無制限ポケットWiFiのエリア

WiMAX非対応地域でも使える可能性がありますので、ぜひ検討してみてください。

どんなときもWiFi」と「めっちゃWiFi」と「Mugen WiFiは速度はWiMAXに劣りますが、通信制限が基本的にはなく、月額も約3,500円以下で使うことができるポケットWiFiです。

詳しくは以下の記事で紹介していますので、確認してみてください。

どんなときもWiFiアイキャッチ画像

どんなときもWiFiってどう?無制限のポケットWiFiを徹底比較

2020.3.30
めっちゃWiFiのロゴ

容量無制限のポケットWiFi!?めっちゃWiFiを徹底解説!!

2020.3.10
MugenWiFiがおすすめ

【完全版】Mugen WiFi(無限WiFi)を使ってみようと思うあなたへ

2020.3.30

Q2.解約方法は?

A.更新月での解約の場合は、「BBnavi」から解約することが可能です。

更新月以外の場合は、お客様サポートセンターへ電話するようにしてください。

20日間以内であれば解約金無料で解約できる

GMOとくとくBBでは、20日間以内のキャンセルであれば、事務手数料3,000円と商品の返送料は自己負担になりますが、契約の解約金を支払う必要はありません。

ですので、初めてWiMAXを利用するという人でも安心して利用することができます。

ただし、解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「○」の人に限りますので注意してください。

解約金無料キャンセルの方法は以下の通りです。

(1)お客さまセンターにて受付

事前にお客様サポートセンターへ電話をします。

(2)キャンセルのため返品商品を送る

キャンセルするWiMAX端末を返品してください。

WiMAX2+ 返送先

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBB 行

(TEL:0570-045-109)

商品の返品し忘れなどがあると、解約金が無料にはなりませんので注意してください。

Q3.スマホとの組み合わせのキャンペーンはないの?

A.auスマートフォン、UQモバイル利用者向けの割引キャンペーンがあります。

auスマートバリューmine

auスマートバリューmine

auのスマートフォンまたはauケータイを利用している人が、GMOとくとくBBでWiMAXを契約すると、スマホ、ケータイ代が最大で毎月1,000円割引になります。

割引される金額は、auで申し込んでるプランによって異なってきますので、以下を必ず確認するようにしてください。

auスマートバリューmineの割引額

手続き方法は以下の通りです。

  1. GMOとくとくBBにてWiMAXを申し込む
  2. auの店頭もしくは電話にて手続きをする

電話での手続きを希望の場合には以下の連絡先まで連絡してください。

KDDIお客さまセンター

  • au携帯電話から:(局番なし) 157 (通話料無料)
  • 一般電話から: 0077-7-111 (通話料無料)

受付時間:年中無休 (オペレータとの通話は9:00~20:00)

以上が、auスマートバリューmineの手続き方法です。

ギガMAX月割

ギガMAX月割

UQモバイルを利用している人が、GMOとくとくBBでWiMAXを契約すると、スマホ代が毎月300円割引になります。

ギガMAX月割の対象になるUQモバイルのプランは「ぴったりプランS/M/L」または「おしゃべりプランS/M/L」です。

手続き方法は以下の通り。

  1. GMOとくとくBBにてWiMAXを申し込む
  2. UQモバイルの店頭もしくはオンライン「my UQ mobile」にて登録

以上が、ギガMAX月割の手続き方法です。

Q4.申し込み前の問い合わせ先は?

A.GMOとくとくBB会員になっていない場合は、入会前お問い合わせフォームから連絡してください。

もしくは、以下の電話番号からでも問い合わせることができます。

GMOとくとくBB入会前フォーム

自動音声の指示に従って入力していくと、担当者へつながります。

Q5.申し込み後の問い合わせ先は?

A.GMOとくとくBB会員の場合は、お問い合わせフォームから連絡してください。

もしくは以下のお客様サポートセンターへ電話をするようにしてください。

GMO電話問い合わせ

自動音声の指示に従って入力していくと、担当者へつながります。

まとめ

今回はASAHIネットというWiMAXプロバイダについて詳しくご紹介してきました。

結論をおさらいしておくと、ASAHIネットはおすすめできません

WiMAXプロバイダを選ぶなら、GMOとくとくBBがおすすめです。

この記事を参考にして、お得にWiMAXを利用してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です