【全20社徹底比較】WiMAXのおすすめプロバイダランキング

WiMAXのプロバイダランキング

「WiMAXってプロバイダがたくさんあって、どれを選べばいいかわからない、、、」とお困りではないですか??

筆者である私自身も、「WiMAX選びに失敗して損したくない!!」と思ったのはいいものの、調べても調べてもどれがいいかわからないなんてこともありました。

悩み過ぎて、もうこれでいいや、、、とテキトーに選んでしまって失敗したなーと今では後悔しています。

そこでWiMAXを3年近く使っている私が、WiMAXを提供する全20社を徹底比較して、失敗しないWiMAXの選び方についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、WiMAX選びに悩むことなく、自分に合うものを見つけることができますよ。

快適なインターネット生活を送るためにも、WiMAX選びは非常に大切なので、一緒に確認していきましょう!!

WiMAXを選ぶ前に知っておいてほしい4つのこと

WiMAXを選ぶ前に知っておいてほしいことが4つあります。

  1. WiMAXのどのプロバイダでも大きなサービスに違いはない
  2. WiMAXの最新機種が使えるプロバイダだけを比較しよう
  3. WiMAXの料金は「月額料金」だけで比較してはいけない!?
  4. WiMAXの契約期間のワナ!?解約金や端末代に注意!!

それぞれ見ていきましょう。

その1.WiMAXのどのプロバイダでも大きなサービスに違いはない

WiMAXのどのプロバイダを選んでも大きなサービスに違いはありません。

全てのプロバイダがUQWiMAXから回線を借りてサービスを提供しているので、通信速度や通信エリア、通信制限の条件などは一緒です。

プロバイダごとに違ってくる点は月額料金、ルーター代金、解約金、キャンペーン内容などの料金面だけです。

WiMAX比較ポイント

WiMAXのプロバイダを選ぶ際には料金面に注目して選ぶようにしましょう。

その2.WiMAXの最新機種が使えるプロバイダだけを比較しよう

WiMAXの最新機種が使えるプロバイダだけを比較するようにしましょう。

WiMAXのプロバイダの中には最新機種ではなく、旧機種しか使えないところもあります。

WiMAXの通信速度はプロバイダでは変わらないとお伝えしましたが、ルーターによって速度は変わってきますので、最新機種を選ぶほうがいいです。

WiMAX機種比較

古い機種を選んで思うようにインターネットが使えないと、ポケットWiFiを契約する意味がないですよね。

それに古い機種を選んだとしても、それほど月額料金は安くならないので、あえて古い機種を選ぶ必要はありません。

どうせWiMAXを申し込むなら、最新機種が使えるところにしましょう。

その3.WiMAXの料金は「月額料金」だけで比較してはいけない!?

WiMAXは、最新機種が使えるプロバイダで比較して、それぞれの料金面に注目するといいとお伝えしましたが、月額料金だけで比較しないようにしてください。

私は、このことを知らずに月額料金だけで安いところを選んでしまったので、後悔しました、、、

月額料金だけではなく、初期費用やルーターの代金、オプション費用、キャンペーンなども考慮して、実際に支払う金額をそれぞれ計算して比較することが大切です。

ここでは、月額費用や初期費用、各プロバイダのキャンペーンなども考慮して、実際に支払う金額を「実質費用」として算出しました。

※実質費用は以下の計算式に当てはめて、当サイト独自に算出したものです。

【3年間実質費用】=登録料+3年プランでの通信量合計+最新機種の端末代-キャッシュバック-その他割引

WiMAXの料金比較

くれぐれも公式ページなどに書かれている月額料金だけで比較して、プロバイダを決めないように注意してくださいね。

初月の安い金額だけを載せている場合もありますし、それ以外の費用がかかる場合がほとんどです。

ですので、3年間のトータルで実際に支払う料金がお得なところを使うようにしましょう。

その4.WiMAXの契約期間のワナ!?解約金や端末代に注意!!

WiMAXは料金面で比較するといいとお伝えしましたが、ただただ安いところを選んでしまうと、思わぬリスクを負う場合も。

気をつけてほしいのが、解約金や端末代についてです。

契約期間は3年間と設定しているプロバイダが多いですが、契約期間内で解約すると解約金がかかってくるプロバイダがほとんど。

また契約期間が1年間など短いプロバイダは、端末代がかかることが多いです。

それ以外にもキャンペーンを実施しているプロバイダで、決められた期間以内に解約すると、キャンペーン違約金というものがかかる場合も。

解約金や端末代、キャンペーン違約金もしっかりと比較して、なるべく費用がかからないプロバイダを選ぶようにしましょう。

おすすめのWiMAXプロバイダランキング

WiMAXのプロバイダを選ぶうえでは以下の5つのポイントを特に注意しましょう。

  1. 実際に払う月額料金
  2. キャンペーンの内容
  3. 解約金
  4. 契約期間
  5. 最新機種が使えるかどうか

以上5つのポイントを比較して、おすすめできるプロバイダをランキング形式にして紹介していきます。

総合ランキング1位 GMOとくとくBB(月額割引)

GMOとくとくBB月額割引キャンペーン

実際に払う月額料金 月額3,521円
キャンペーン内容 月額割引
解約金

1~12ヶ月:19,000円

13~24ヶ月:14,000円

25ヶ月~36ヶ月:9,500円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

契約期間 3年
機種 W06

GMOとくとくBBが最もおすすめできるプロバイダです!

GMOとくとくBBでは、キャッシュバックのキャンペーンもやっていますが、月額割引のキャンペーンがおすすめ。

キャッシュバックの受け取り忘れのリスクも少なく、最新機種も無料で使うことができます。

解約金もそれほど高くないことから、解約へのハードルも低く、万が一のことを考えても安心です!

総合ランキング2位 GMOとくとくBB(キャッシュバック)

GMOとくとくBBキャッシュバック

実際に払う月額料金 月額3,402円
キャンペーン内容 最大34,500円キャッシュバック
解約金の高さ

1~12ヶ月:24,800円

13~24ヶ月:24,800円

25ヶ月~36ヶ月:9,500円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

契約期間 3年
機種 W06 

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンは、全プロバイダの中でも高額で最大34,500円ももらうことができます。

月額料金も安く、最新機種を使うこともできるので、キャッシュバックをしっかり受け取れるという自信のある人にはおすすめです。

総合ランキング3位 JP WiMAX

JPWiMAXトップ

実際に払う月額料金 月額3,506円
キャンペーン内容 10,000円キャッシュバック(Amazonギフト券)
解約金の高さ

1~12ヶ月:30,000円

13~24ヶ月:25,000円

25ヶ月~36ヶ月:25,000円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

契約期間 3年
機種 W06 

JP WiMAXは10,000円分のキャッシュバックをAmazonギフト券で受け取ることができるプロバイダです。

端末が届き次第すぐに申請して受け取ることができるます。

「キャッシュバックが欲しいけど、受け取り忘れが怖い」という人でも忘れることなく受け取ることができるでしょう。

総合ランキング4位 DTI WiMAX

DTIWiMAXのトップ

実際に払う月額料金 月額3,540円
キャンペーン内容 月額料金2カ月間無料
解約金の高さ

1~12ヶ月:19,000円

13~24ヶ月:14,000円

25ヶ月~36ヶ月:9,500円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

契約期間 3年
機種 W06 

DTI WiMAXはもともとの月額料金が安い、プロバイダです。

2か月間月額無料というキャンペーンも行っていますし、長期間月額が上がることもなく利用することができます。

ただし3年間の総額で比較すると、キャッシュバックや月額割引のキャンペーンを実施しているGMOとくとくBBの方が安いため4位という結果になりました。

総合ランキング5位 Smafi WiMAX

Smafiトップページ

実際に払う月額料金 月額3,673円
キャンペーン内容 なし
解約金の高さ

1~12ヶ月:19,000円

13~24ヶ月:14,000円

25ヶ月~36ヶ月:9,500円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

契約期間 3年
機種 W06

Smafi WiMAXは、契約期間の3年間は月額料金が一定で変化しないのが特徴のプロバイダです。

キャンペーンなども特に行わず、シンプルな料金設定にしています。

WiMAXを使いたいけど、たくさんのプロバイダが色々なキャンペーンをやっていてわかりづらい、、、という人には、おすすめのプロバイダです。

総合ランキング6位 Broad WiMAX

BroadWiMAXトップ

実際に払う月額料金 月額3,709円
キャンペーン内容 なし
解約金の高さ

1~12ヶ月:19,000円

13~24ヶ月:14,000円

25ヶ月~36ヶ月:9,500円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

※24ヶ月以内:別途9,500円

契約期間 3年
機種 W06 

BroadWiMAXは、多くのサイトでもおすすめされているWiMAXのプロバイダです。

キャッシュバックなどのキャンペーンを行っていないため、その分月額の料金が安く設定されています。

ただし、オプションへの加入が必須なので、実際に支払う月額は公式ページに書かれている月額よりも高くなります。

また2年以内に解約した場合、解約金とは別にキャンペーン違約金9,500円を別途支払う必要も。

他のプロバイダでは行っているキャンペーンや解約金の部分も考慮して考えると、当サイトでは6位という結果になりました。

総合ランキング7位 カシモWiMAX

カシモWiMAXトップ

実際に払う月額料金 月額3,807円
キャンペーン内容 なし
解約金の高さ

1~12ヶ月:19,000円

13~24ヶ月:14,000円

25ヶ月~36ヶ月:9,500円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

契約期間 3年
機種 W06 

カシモWiMAXは、最安級プランと新端末プランという他のプロバイダにはないプランを用意しているプロバイダです。

最安級プランでは、新端末プランに比べて月額100円安くなりますが、WiMAXのひとつ古いW05という機種になります。

新端末であるW06が使えて、カシモWiMAXの最安級プランよりも安い他のプロバイダもあるので、7位という結果になりました。

総合ランキング8位 AsahiNet

asahi-net-wimax-top

実際に払う月額料金 月額4,016円
キャンペーン内容 月額料金最大4カ月無料
解約金の高さ

1~12ヶ月:19,000円

13~24ヶ月:14,000円

25ヶ月~36ヶ月:9,500円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

※24ヶ月以内:別途10,000円

契約期間 3年
機種 W06 

AsahiNetは、月額料金が最大4カ月無料になるキャンペーンを行っているプロバイダです。

ただし、このキャンペーンを受けた場合、24ヶ月以内で解約すると、解約金とは別に10,000円のキャンペーン違約金というものが必要になります。

キャンペーン違約金が必要なく、もっとお得なキャンペーンを実施しているプロバイダもあるため、9位という結果になりました。

総合ランキング9位 DIS moile WiMAX

dis-mobile-wimax

実際に払う月額料金 月額4,071円
キャンペーン内容 なし
解約金の高さ

1~12ヶ月:9,500円 

13~24ヶ月:9,500円

25ヶ月~36ヶ月:9,500円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

※30ヶ月以内:端末代

契約期間 3年
機種 W06 

DIS mobile WiMAXは、Smafi WiMAXと同じように契約期間の3年間は月額料金が一定で変化しないのが特徴のプロバイダです。

端末代が無料ではないため、30ヶ月間は端末代として500円別途支払う必要があります。

また解約金が他のプロバイダよりも安く設定されていますが、30ヶ月以内に解約すると、端末代の残債を支払う必要があるので、注意しましょう。

総合ランキング10位 So-net WiMAX

So net WiMAXトップ

実際に払う月額料金 月額4,129円
キャンペーン内容 なし
解約金の高さ

1~12ヶ月:19,000円

13~24ヶ月:14,000円

25ヶ月~36ヶ月:9,500円

更新月:0円

37ヶ月~:9,500円

契約期間 3年
機種 W06 

So-net WiMAXは、1年間の月額料金は3,380円と非常に安いのが特徴のプロバイダです。

ただし2年目以降からは、4,379円と約1,000円ほど月額料金が高くなってしまいます。

1年だけで見れば、ランキング上位のプロバイダとそれほど変わらないですが、3年間の総額で見ると料金は高くなってしまうため10位という結果になりました。

そもそもWiMAXって?基本情報を紹介

WiMAXとは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しているポケットWiFiです。

ポケットWiFiという名前の通りポケットに入るぐらいの端末を持ち歩くだけで、家でも外でも快適にインターネットを利用することができます。

UQWiMAX家でも外でも見える

工事不要で届いたその日から、電源を入れるだけで利用することも可能です。

WiMAXを最もお得に申込む5STEP

WiMAXを最もお得に申込むための5STEPは以下の通りです。

WiMAXを最もお得に申込む5ステップ

ひとつずつ見ていきましょう。

STEP1.エリアを確認する

まずは自分が利用する自宅や会社でWiMAXが利用できるか確認するようにしましょう。

利用可能エリアは「サービスエリアページ」から簡単に見れます。

STEP2.プロバイダを選ぶ

WiMAXの申し込みは、家電量販店や携帯キャリアの店頭、価格.com、UQコミュニケーションズ公式ページ、プロバイダ(販売代理店)などからできます。

一番お得に申込みができるのはプロバイダからの申込です。

プロバイダから申し込む

本家のUQWiMAXとプロバイダでは、大きなサービスの違いもなく料金部分だけが違うので、より安く申し込みのできるプロバイダがおすすめです。

STEP3.プランを選ぶ

WiMAXにはプランが2種類あります。

「動画やインターネットを無制限に使いたい!!」という人にはギガ放題プランがおすすめです。

通常プランの7GBだと、動画を見ているとすぐに上限に達してしまいます。

ギガ放題であれば、月間の使用量に上限はありません。

WiMAXプラン選択

月額料金は通常プランより約1,000円ほど高いですが、月ごとに無料で変更することも可能です。

実際に使ってみて、7GBで足りそうならプランを変更するようにしましょう。

ただしギガ放題プランにも短期間の速度制限はある

WiMAXのギガ放題プランは月間の速度制限はありませんが、短期間の速度制限はあります。

3日間で10GB以上使うと速度制限になりますが、YouTubeの標準動画を毎日6時間以見続けないと超えないぐらいの容量です。

万が一10GBを超えたとしても、YouTubeの標準画質が普通に見れる程度の速度にしか制限されませんので、特に気にする必要はありません。

ギガ放題3日間速度制限

私も動画を長時間見ることがありますが、速度制限のことを気にしたことがありませんし、速度制限になってるのかどうかもわからないぐらいです。

短期間の速度制限についてはそれほど気にしなくもいいと言えるでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードの使用には気をつけて!!

WiMAXにはWiMAX回線だけでなく、auの4G LTE回線を使えるハイスピードプラスエリアモードというものがあります。

WiMAX回線では繋がりにくい山間部などで切り替えることで、WiMAXをより快適に利用することができます。

ルーターから簡単に切り替えることができますが、ハイスピードプラスエリアモードは月間で7GBまでしか使えません。

それ以上使うと、月末まで128Kbpsの速度制限にかかってしまいます。

またギガ放題を使っていたとしても、ハイスピードプラスエリアモードで7GB以上利用してしまうと、ギガ放題でも月末まで128Kbpsの速度制限にかかる道連れ制になっています。
ハイスピードプラスエリアモードの速度制限

128KbpsだとLINEやホームページを閲覧するのもストレスがかかるぐらいの制限ですので、ハイスピードプラスエリアモードの使用には十分注意しましょう。

STEP4.キャンペーンを選ぶ

WiMAXのキャンペーンには主に「キャッシュバック」と「月額割引」の2種類があります。

WiMAXキャンペーン選択

当サイトでおすすめしているプロバイダであるGMOとくとくBBでは、月額割引のキャンペーンをおすすめします。

キャッシュバックの方が一見お得に思えますが、最新機種だとキャッシュバック額が減ってしまったり、手続きがややこしかったりと注意が必要です。

STEP5.機種を選ぶ

おすすめの機種は最新機種の「W06」です。

過去に発売された2機種と比較しても、よりつながりやすくなったり、通信時間が長く使えたりと様々な性能が向上しています。

過去機種の良いところを引き継いで発売されているのが、最新機種W06ですので、あえて過去機種を選ぶ必要はないでしょう。

WiMAXのおすすめ機種はこれだ!W06の性能を旧機種と徹底比較

2019.05.05

知らないと損する!W05がオススメできない全理由

2019.06.01

知らないと損する!WX05がオススメできない全理由

2019.09.30

全WiMAXプロバイダ情報

全プロバイダの情報を最後にまとめておきます。

それぞれ見ていきましょう。

1.UQ WiMAX

UQWiMAXのロゴ

会社名 UQコミュニケーションズ株式会社
代表取締役 野坂 章雄
設立日 2007年8月29日
本社住所 東京都港区港南二丁目16番1号
品川イーストワンタワー18階

WiMAXを提供する本家本元。

TryWiMAXというサービスを行っていて、WiMAXを15日間無料で試すこともできます。

実際に使ってみて、合わないようであればキャンセルするようにしてください。

【2019年最新版】『UQ WiMAX』ポケットWiFiを徹底解説!

2019.10.27

2.GMOとくとくBB

GMOとくとくBBロゴ

会社名 GMOインターネット株式会社
代表取締役 熊谷 正寿
設立日 1991年5月24日
本社住所 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26番1号
セルリアンタワー 総合受付11階
TEL 03-5456-2555(代表番号)

全プロバイダの中でも実質月額料金最安値のプロバイダ。

申し込みから20日間以内だったら、解約違約金無料でキャンセルすることができます。

お得?WiMAXならGMOとくとくBB!評判や申し込み方法も解説

2019.11.07

3.Smafi WiMAX

Smafiのロゴ

会社名 GMOインターネット株式会社
代表取締役 熊谷 正寿  
設立日 1991年5月24日
住所 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26番1号
セルリアンタワー 総合受付11階
電話番号 03-5456-2555(代表番号)

GMOが運営するプロバイダ。

月額料金が3年間一定で、キャンペーンやオプションも基本的にはしていないので、非常にわかりやすいです。

Smafi WiMAXはお得?口コミや評判、料金について徹底解説!

2019.10.10

4.JP WiMAX

JPWiMAXのロゴ

会社名 フォン・ジャパン株式会社
代表取締役 アレクサンダー・ピュレガー
サービス開始月 2006年12月
本社住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目8-1丸の内トラストタワーN館19F

世界最大のWiFiコミュニティFONが運営しているWiMAXのプロバイダです。

キャッシュバックが端末到着後すぐにもらえるので、受け取り忘れることが少ないでしょう。

口コミから見える!JPWiMAXをオススメできない3つの理由

2019.08.30

5.BroadWiMAX

BroadWiMAXロゴ

会社名 株式会社リンクライフ
代表取締役 清水 啓太
設立日 2008年2月14日
本社住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33-7F
TEL 050-5212-7322(申し込みはできません)
E-mail shop@wimax-broad.jp

キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンはないものの、もともとの月額料金が安いプロバイダ。

他者からの乗り換えの際に違約金を負担してくれるのは、BroadWiMAXだけで、乗り換え時にはおすすめです。

【2019年最新版】『BroadWiMAX』ポケットWiFiを徹底解説!

2019.04.30

6.BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEWiMAXロゴ

会社名 BIGLOBE株式会社
代表取締役 有泉 健
設立日 2006年7月3日(2017年にKDDIグループへ)
本社住所 〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-4
品川シーサイドパークタワー
TEL 03‐6479-5511(代表)

KDDIグループにもなった会社が運営しているプロバイダ。

口座振替の場合でも15,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、口座振替でWiMAXを利用したい人にはおすすめです。

【2019年最新版】『BIGLOBE WiMAX』 ポケットWiFiを徹底解説!

2019.10.25

7.@nifty WiMAX

ニフティのロゴ

会社名 ニフティ株式会社
代表取締役 荻原 正也
設立日 1986年2月4日
本社住所 〒169-8333 東京都新宿区北新宿2-21-1 
新宿フロントタワー(18階受付)

インターネットプロバイダとしても古くから運営しているプロバイダ。

高額なキャッシュバックや月額割引キャンペーンが魅力的です。

【2019年最新版】『@nifty WiMAX』ポケットWiFiを徹底解説!

2019.09.15

8.カシモWiMAX

カシモWiMAXロゴ

会社名 MEモバイル株式会社
代表取締役 中村 健太
設立日 2016年7月27日
本社住所 〒130-0014 東京都墨田区亀沢3-3-14
TEL 03-6635-6755

新進気鋭のプロバイダ。

キャッシュバックなどは行っていないが、月額料金は最安級です。

月額料金が安いプランを選ぶと、最新機種が使えないので、注意するようにしてください。

カシモWiMAXは本当に業界最安級?おすすめしない3つの理由

2019.06.08

9.So-net WiMAX

so-netロゴ

会社名 ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
代表取締役 髙垣 浩一
設立日 1995年11月1日
本社住所 〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 
品川シーサイド TSタワー

NURO光などを提供する会社が運営しているプロバイダ。

様々なオプションを無料で1年間つけることもでき、初めの1年間の月額は安いです。

ただし2年目からはオプション費用も必要ですし、月額料金もあがるので注意してください。

【2019年最新版】『So-net WiMAX』ポケットWiFiを徹底解説!

2019.05.11

10.DTI WiAMX

DTIロゴ

会社名 ドリーム・トレイン・インターネット株式会社
代表取締役 清水 高
設立日 1995年10月26日
本社住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 
E・スペースタワー

光回線、モバイルサービス、クラウドサービスなど幅広い事業を展開するプロバイダ。

DTIの会員だけが利用できるクーポンサイトなども運営しており、WiMAXを申し込むと使えるようにもなります。

ただしauスマートバリューmineに加入できないので、auユーザーの人は注意してください。

【2019年最新版】『DTI WiMAX』ポケットWiFiを徹底解説!

2019.05.15

11.AsahiNet

AsahiNetのロゴ

会社名 株式会社朝日ネット
代表取締役 土方 次郎
設立日 1990年4月2日
本社住所 〒104-0061 東京都中央区銀座 4-12-15
歌舞伎座タワー21階 
TEL 03-3541-1900

最大で4カ月間は月額料金が無料になるキャンペーンを行っているプロバイダ。

ただし、2年以内に解約した場合は、解約金とは別でキャンペーン違約金10,000円の支払いが必要になるので、注意するようにしてください。

12.Cloudmobile

Cloud Mobileのロゴ

会社名 株式会社センテンス
代表取締役 山田 大介
本社住所 東京都豊島区西池袋2-39-11
英興ビル5F
TEL 0120-546-587

端末到着後にAmazonギフト券1万円分のキャッシュバックを受け取ることができるプロバイダ。

月額の料金も安いですが、扱える機種はW05という古い機種です。

また解約金も3年以内に解約すると最大で30,000円かかったり、2年以内に解約すると解約金とは別に端末代を支払う必要性も出てきますので注意してください。

13.縛りなしWiFi

縛りなしWiFiのロゴ

会社名 株式会社クーペックス
代表取締役 金森 玄
設立日 2017年12月14日
本社住所 〒143-0026
東京都大田区西馬込1丁目22−19
TEL 0800-600-0209

速度制限なし、契約期間なしと宣伝しているプロバイダ。

契約期間なしのプランと契約期間3年のプランを用意していて、契約期間があるプランの方が月額料金は500円安くなります。

契約期間なしのプランでは、端末はSoftbankかWiMAXかのどちらかのものがランダムで送られてきて、それに応じて短期間での通信制限が実際はあります。

Softbankであれば1日で2GB以上、WiMAXであれば3日で10GB以上の使用で速度制限がかかります。

契約期間ありのプランでは、端末はSoftbankのもので、1日で2GB以上の使用で速度制限になりますので、注意してください。

14.novas WiMAX

novas WiMAXのロゴ

会社名 株式会社シンセイコーポレーション
代表取締役 林 範植
設立日 1973年2月16日
本社住所 〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-8
共和15番館ビル4F
TEL 0120-255-898

2年プランも用意しているプロバイダです。

3年プランで申し込んだ方が実際に支払う金額は安く済みます。

最新機種であるW06は利用できず、古い機種であるWX05のみ利用可能です。

ホームルーターであれば、novas Homeという独自の機種も用意しています。

15.Space WiFi

SpaceWiFiのロゴ

会社名 株式会社スペースエージェント
代表取締役 紙中 良太
設立日 2015年4月
本社住所 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1丁目1-1
ヒューマックス恵比寿ビル3階
TEL 03-5725-1172

民泊用のWiFiとして、WiMAXも提供しているプロバイダです。

初期費用や解約金も必要がなく、月々3,680円で利用することができます。

端末を選ぶことはできず、WiMAXの古い機種であるW04かSoftbankの801ZTかのどちらかがランダムで送られてきます。

また端末はレンタルになるので、故障や紛失などすると最大で40,000円請求されることもあるので、注意してください。

16.hi-ho WiMAX

hi-ho WiMAXのロゴ

会社名 株式会社ハイホー
代表取締役 鈴木 武人
設立日 2007年6月1日
本社住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-41-8
IOBビル 3F
TEL 0120-858140

解約金が月ごとに変化するプロバイダです。

最新機種であるW06は使えますが、ハイスピードプラスエリアモードが月1,005円の有料だったり、短期で解約した場合最大で38,800円の解約金がかかるなど注意が必要です。

17.Drive WiMAX

Drive WiMAXのロゴ

会社名 株式会社Twelve
代表取締役 林 美佳
設立日 2012年12月3日
本社住所 〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-25-15
TEL 03-5981-8840

WiMAXの他に、光回線や格安SIM、でんきなどを提供する会社が運営するプロバイダです。

他のプロバイダでは無料でもらうことができるルーターが20,000円かかってしまいます。

18.Dis WiMAX

DismobileWiMAXのロゴ

会社名 ダイワボウ情報システム株式会社
代表取締役 野上 義博
設立日 1982年4月8日
本社住所 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町3-2-5
本町DISビル
TEL 0120-276-616

WiMAXの他に、パソコンなどのOA機器の販売を行っている会社が運営しているプロバイダです。

解約金は一律で9,500円と比較的安いですが、30ヶ月は端末代15,000円分を分割で支払う必要があり、30ヶ月未満で解約すると、解約金とは別に端末代の残金を支払う必要があります。

19.J:COM

jcomWiMAXのロゴ

会社名 株式会社 ジュピターテレコム
代表取締役 井村 公彦
設立日 1995年1月18日
本社住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワーN館

WiMAXの他には、ケーブルテレビやメディア事業などを行っている会社が運営しているプロバイダです。

2年プランのみで、利用できる端末はWX05。

月額料金も一律で4,379円で、J:COMのサービスを別で使っている場合には、月額250円ほど割引されます。

20.Tiki mobile

tikiモバイルのロゴ

会社名 株式会社エヌディエス
代表取締役 佐野 浩一
設立日 1997年5月14日
本社住所 〒702-8035 岡山県岡山市南区福浜町1-26
TEL 0120-576-900

WiMAXの他に格安SIMや光回線、ADSLのサービスなどを展開する会社が運営するプロバイダです。

利用できる機種はWX05で、無料でクレードルをプレゼントしてもらうことができます。

まとめ

プロバイダ全20社を比較して、WiMAXのおすすめプロバイダを紹介してきました。

最もおすすめのプロバイダは3年間で実際に支払う総額が安く、解約金のリスクなども少ないGMOとくとくBB(月額割引)がおすすめです。

「キャッシュバックの受け取り忘れはしない」「3年間は解約しない」と自信を持って言える人には、全プロバイダ中最安のGMOとくとくBB(キャッシュバック)もおすすめですよ。

プロバイダ選びに失敗せずに、お得に、快適にWiMAXを使えるようにしましょう!!