必見!通信速度が速い快適なポケットWiFiはこれだ!

必見!通信速度が速い快適なポケットWiFiはこれだ

通信速度の速いポケットWiFiをお探しですね?

動画を見るときも音楽を聴きたいときも、ダウンロードが遅いとストレスを感じてしまうもの。

ストレスの原因を解消しようと通信速度の速いポケットWiFiを探すものの、docomoやSoftbankなど色々ありすぎて、結局どれが速いのか分かりづらいですよね。

しかし、なんとなくで選んでしまうと「ダウンロードは速いのに、すぐ通信制限になってしまった…」なんてことも。

今回はそんな悩みのループにならないよう、通信速度の速いポケットWiFiを中心に徹底比較しました

比較して最もおすすめできるポケットWiFiについては、詳しく紹介していくので是非チェックしてくださいね。

1.結論!速度が速いポケットWiFiなら「WiMAX」がおすすめ

ポケットWiFiのオススメ結論

速度の速いポケットWiFiなら、「WiMAX」が1番おすすめです

初めから結論を伝えてしまいましたが、WiMAXがおすすめな理由はズバリ「ネットが速い」「通信速度制限にかかりにくい」「料金が安い」こと

現在ポケットWiFiには、docomoやauなどの大手キャリアが出しているものや、WiMAXのように複数の代理店が販売しているものがあります。

そんな中でも、総合的に見ておすすめのポケットWiFiが「WiMAX」なんです。

今回は、通信速度を中心にポケットWiFiを比較していくので、早速見ていきましょう。

2.ポケットWiFi5つの最大通信速度を徹底比較!

ポケットWiFi6つの通信速度を比較

ここでは、docomo・Softbank・auの大手キャリアのほかに、最近人気のあるWiMAX・どんなときもWiFiのポケットWiFi5つをを比較していきます。

比較していく項目は「下り最大通信速度」「速度制限時の通信速度」の2つ。

  1. 「下り最大通信速度」で比較!
  2. 「速度制限時の通信速度」で比較!

ここで比較しているのは、各社が出しているポケットWiFiの中でも一番早いものです。

通信速度はもちろんのこと、速度制限で低速化してしまった時はどの程度の速度になるのかも見ていきましょう。

2-1.「下り最大通信速度」で比較!

下り通信速度は、動画や音楽をダウンロードするときの通信速度のことです。

一方で、上り通信速度はメールやデータを送信するときの速度。

通信速度 上り下りのイメージ

私たちが普段「遅いなぁ…」と感じるのは、動画や音楽をダウンロードしているときなので、今回は下りの通信速度で比較します。

以下の表では、ポケットWiFiの下り通信速度の数字が大きければ大きいほど、ダウンロードがスムーズになると思ってもらえばOKです。

ポケットWiFi 速度比較表

表を見ると、2019年9月の現時点ではdocomoが出している「Wi-Fi STATION HW-01L」が最も速いポケットWiFiということが分かります。

それに次ぐau、WiMAXの「Speed Wi-Fi NEXT W06」もそれほど変わらない速度なので、上位3つのポケットWiFiであれば十分に使えるものと言えるでしょう。

【通信速度の基礎知識】通信速度の目安って?

通信速度の一般的な数値って分かりにくいですよね。

ネットを使うときにどのくらいの通信速度があるといいのか、推奨されている通信速度を以下にまとめました。

自分がどんな時に、どの程度の通信速度を必要としているのか参考にしてみてください。

ニュースサイト閲覧 0.2 Mbps
音楽ストリーミング再生 0.32 Mbps
動画(YouTube) フルHD画質(1080p) 5 Mbps
HD画質(720p)  2.5 Mbps
 通常画質(360p) 0.7 Mbps

2-2.「速度制限時の通信速度」で比較!

そして次に、速度制限(通信速度の低速化)にかかってしまった時の通信速度を見ていきましょう。

ポケットWiFiを持つ人が増えているこの頃でも、100%速度制限のないポケットWiFiはまだありません。

“使い放題”を強調しているポケットWiFiでも、必ず通信制限(低速化)の可能性があるのです。

しかし「それなら、使い放題っていうのは全部ウソ?」というと、あながちそうでもないんです。

ポケットWiFiの中には、制限がかかったとしてもスムーズに使えるものがあり、そういったポケットWiFiなら”使い放題」”というのも、それほど間違いではないのです

例えば、以下の表を見てもらうと分かる通り、普段YouTubeで動画を見るのに必要な速度が0.7Mbps。

これだけの速度があれば、音楽のストリーミング再生でもサイトの閲覧でも問題ありません。

ニュースサイト閲覧 0.2 Mbps
音楽ストリーミング再生 0.32 Mbps
動画(YouTube/通常画質) 0.7 Mbps

つまり、制限にかかってもスムーズに使えるポケットWiFiの速度の目安としては、制限時の速度が0.7Mbps以上あることです。

今回比較したポケットWiFiの中で制限後の速度が0.7Mbps以上あるのは、「docomoのWi-Fi STATION HW-01L」と「au・WiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT W06」の3つ

その速度は1Mbpsと、動画も違和感なく見られる速度です。

ポケットWiFi 制限時の速度比較

上位3つのポケットWiFi以外は、制限がかかってしまうと「ダウンロードが遅い…」とストレスになることも。

また、上位3つの通信速度(1Mbps)でも「動画の視聴は高画質がいい!」という人にとっては致命的な速度です。

こういった場合には、速度制限にできるだけかからないよう、契約するときのデータ量をあらかじめ大容量にしておくことをおすすめします。

詳しくは、次の項目の「ポイント2 データ容量はどのくらい?」で説明しますね。

一方で「通常画質で十分!」という人には、制限時の速度が1MbpsのポケットWiFiで不便に感じることはほとんどないでしょう。

3.速度だけじゃない!ポケットWiFi選びのポイント3つ

ポケットWiFiを選ぶポイント3つ

ここまで、ポケットWiFiの速度のついて紹介してきました。

ポケットWiFiを選ぶうえで、その通信速度はとても重要です。

しかし、速度だけを気にして契約するのは、損をしてしまう可能性もあります。

例えば「通信速度は速いのに、すぐに低速化してしまう…」「思ってたよりも値段が高かった…」など。

そんな困ったことにならないよう、ポケットWiFiを選ぶのに重要な、通信速度以外のポイント3つを紹介します!

ポイント1 対応エリアはどこか?

ポイント2 データの容量はどのくらい?

ポイント3 月額料金の安さは?

この3つは、ポケットWiFiを選ぶうえで通信速度と同じくらい大切なポイントです。

早速、1つずつ詳しく見ていきましょう。

ポイント1 対応エリアはどこか?

対応エリアというのは、それぞれのポケットWiFiで異なるものです。

具体的には、docomoの「Wi-Fi STATION HW-01L」なら、docomoが持っている回線エリアで使用できるようになっています。

同じように、WiMAXの「Speed Wi-Fi NEXT W06」なら、WiMAX用の回線エリア、WiMAX2+エリアで使うことができるのです。

ポケットWiFiを契約する前に、そのポケットWiFiが自分の使うところで対応しているのかを確認しておきましょう

ポケットWiFiを使う場所が、その対応エリア内なのかは、以下の表にある「対応エリア」のURLから分かります。

それぞれ、その対応エリアについて詳しく調べられるサイトに移動するので、自分が使う予定の場所が対応しているのか調べておきましょう。

  端末 対応エリア
どんなときもWiFi どんなときもWiFi D1

D1

audocomoSoftbank回線エリア
WiMAX WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

WiMAX2+エリアマップ

WiMAX2+エリア

au WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W06

Speed Wi-Fi NEXT W06

WiMAX2+エリアマップ

WiMAX2+エリア

docomo docomo Wi-Fi STATION HW-01L

Wi-Fi STATION HW-01L

docomo回線エリアマップ

docomo回線エリア

Softbank Softbank Pocket WiFi 802ZT

Pocket WiFi 802ZT

Softbank回線エリアマップ

Softbank回線エリア  

ポケットWiFiの対応エリアは、地方になるほど繋がりにくくなっています。

特に、自分の使う場所が地方になる場合には、前もって調べておくことがポイントです。

「使いたいエリアが、すごくギリギリの場所だった…」という人へ

使えるのかどうか際どいな…という場合に使ってみてほしいのが、こちらの実際にポケットWiFiを試して使えるサービス。

「15日間無料でお試し!【TryWiMAX】」

そもそも、ポケットWiFiのお試しサービスをしているところは多くありません。

今回比較しているポケットWiFiの中では、WiMAXがお試しサービスをしているので、気になった人はぜひ利用してみてください。

ポイント2 データ容量はどのくらい?

契約するデータ容量は、「2.ポケットWiFi5つの最大通信速度を徹底比較!」で紹介した「速度制限」に大きくかかわってきます。

速度制限を防ぐためにも、契約するときにはあらかじめ使えるデータ量を見ておくことが大切です

【データ容量の基礎知識】データ容量の目安って?

自分にどれくらいのデータ容量が必要なのかって意外と分からないですよね。

普段、ネットを使う場合を想定して、それぞれ1時間でどれくらいのデータ容量が使われるのかを以下にまとめました。

「1日に2時間は動画を見る」という人なら1日に最低でも 約0.6GB使っていることになります。

1か月にすると約18GBになり、自分が月間で使いたいデータ容量の目安になるので、参考にしてみてくださいね。

ニュースサイト閲覧 0.02GB(1分/ページ)
音楽ストリーミング再生 0.048GB(5分/曲)
動画(YouTube) フルHD画質(1080p) 2GB
HD画質(720p)  1GB
 通常画質(360p) 0.3GB

もし「毎日映画1本は観たいな」という人であれば、1カ月で約18~45GBほど(画質によって容量が大きく変わる)のデータ量を使うことになります。

この場合は、月に50GB以上使えるポケットWiFiを選ぶといいでしょう。

契約するところによっては、50GB以上のプランがないこともあるので、サイトの料金プランなどを見て確認しておいてくださいね。

ポイント3 月額料金の安さは?

最後のポイントは、月額料金の安さです

せっかく通信速度の速いポケットWiFiを契約しても、月々の料金が高いと支払いも大変ですよね。

「でも、データ量もしっかりほしいし…」となると、ちょっと悩んでしまうものです。

月額料金は、同じデータ容量でも契約するところが違えば、大きく変わります

例えば、以下のようなデータ容量が無制限のポケットWiFiでも料金に差が出ていますよね。

ポケットWiFi無制限の月額料金比較表

契約した後で「こんなに安いところがあったのか…」なんて後悔をしないように、しっかり調べておくことがポイントです。

次では、ポケットWiFi選びで押さえておくべきポイントでポケットWiFi5つを比較したので、見ておいて損はないですよ!

4.速度だけじゃない!ポケットWiFi選びのまとめ&比較

ポケットWiFi比較のまとめ

ここまで、ポケットWiFiを選ぶうえでのポイントなど、解説してきました。

まとめると、ポケットWiFiを選ぶときに気を付けておきたい点はこの5つ

  1. 通信速度
  2. 速度制限時の通信速度
  3. 対応エリア
  4. データ容量
  5. 月額料金の安さ

初めに「2.ポケットWiFi5つの最大通信速度を徹底比較!」で解説した通信速度と制限時の速度のほか、「3.速度だけじゃない!ポケットWiFi選びのポイント3つ」で紹介したポケットWiFi選びの3つのポイントです。

この5つの点をから、docomo・au・Softbank・WiMAX・どんなときもWiFiの5社のポケットWiFiを比較してまとめました。

比較した結果を先に言うと、「WiMAX」のポケットWiFiが最もおすすめです

1番通信速度の速かった「docomoのWi-Fi STATION HW-01L」は、月額料金が高いうえにデータ容量が30GBとそこまで多くありません。

通信速度の速いポケットWiFiを使いたいだけであれば問題ありませんが、「安くて、たくさん使いたい」という人には不満の残る内容です。

一方で、通信速度の速さや対応エリアの広さはもちろん、月額料金も安く総合的にバランスのとれているポケットWiFiが「WiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT W06」

ポケットWiFiの比較まとめ表

← 左右にスクロールできます → 

この結果から、通信速度の速さだけで選べば「docomoのWi-Fi STATION HW-01L」。

通信速度は多少劣るものの、料金やデータ容量など総合的に使いやすいのが「WiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT W06」ということが分かります。

WiMAX「Speed Wi-Fi NEXT W06」について詳しく知りたい人

WiMAX旧機種との比較、「Speed Wi-Fi NEXT W06」の性能について紹介している

WiMAXのおすすめ機種はこれだ!W06の性能を旧機種と徹底比較」の記事も参考にしてみてください。

5.おすすめポケットWiFi「WiMAX」の速度を測ってみた

おすすめポケットWiFi「WiMAX」の速度を測ってみた

ポケットWiFiの比較をした結果「WiMAX」がおすすめということが分ったので、実際にその速度を測ってみました。

2.ポケットWiFi5つの最大通信速度を徹底比較!」で紹介したポケットWiFiの最大通信速度は、ベストな状況で算出されたそのポケットWiFiの一番良い通信速度(理論値)です。

しかし、利用する私たちにとって一番気になるのは「実際スムーズに使えるの?」というところ

理論値よりも、実際に測った数値(実測値)私たちにとって知りたい速度ですよね。

ここで疑問になるのが「じゃあ、さっき比較した数値(理論値)は無視していいの?」ということ。

確かに実測値の方が重要なのですが、理論値も知っておいて損はないのです。

例えば、そのポケットWiFiが持つ100%の能力が理論値と考えてみてください。

ポケットWiFiは、自分が使う環境で100%の能力が発揮されること(理論値で使えること)は、残念ながらほとんどありません

なので、ここで理論値と実測値の差を知っておくと、実際に使ったときに「このくらいの速度かな」というイメージがしやすくなるはずです。

理論値は、自分が納得してポケットWiFiを選ぶための材料として大切な数値なのです

そこで、最もおすすめのポケットWiFi「WiMAX」の実際の速度を測ってみたので、早速見ていきましょう。

測定にあたっての条件は、以下の通りです。

  • ポケットWiFiは「WiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT W06」
  • すべて大阪市内(平日12時~13時ころ)で測定
  • 記載値は、一か所で3回測定した平均値

計測に使ったポケットWiFi「Speed Wi-Fi NEXT W06」は、WiMAXの中で最も新しくて速いポケットWiFiです。

計測場所は、すべて大阪市内で「街中・地下街」は大阪梅田エリア、「地下鉄」「駅構内」は大阪駅で測っています。

実際に測ってみると、以下のような結果になりました。

ポケットWiFi「WiMAX」の速度計測

普段なら繋がりにくいと思う場所でも、上り下りの通信速度の両方で十分な速度が出ています

多少の不便を感じるところを挙げるなら、駅構内の上り速度。

駅構内ではメールやデータの送信にやや苦戦する結果となりました。

今回、実際に使ってみて感じるのは、今まで「大きな建物の中でスマホの電波もギリギリだし、まぁ仕方ない」と諦めていた場所でも普通にネットが使えるようになったということ。

自宅~街中まで、場所を問わずに快適なネット接続環境が手に入るれば、ポケットWiFiひとつで自分のネット生活も変わってきますね。

6.ポケットWiFi「WiMAX」をお得に契約するなら!

WiMAXを契約するならとくとくBBがおすすめ

ここまでで、おすすめしているポケットWiFi「WiMAX」ですが、契約するならできるだけ安くお得にしたいですよね。

WiMAXは、たくさんのプロバイダ(代理店)から出ています。

そんな中でも最も安心してお得に契約できるのが「GMOとくとくBB」です

たくさんあるプロバイダを比較して、基本料金はもちろんのこと、キャンペーンや割引・初期費用などすべて含めて比較した結果「GMOとくとくBB」が最もお得だと分かりました。

GMOとくとくBBがおすすめの大きな理由は「月額割引キャンペーン」があるところです

ポケットWiFiのキャンペーンに多いキャッシュバックに比べると、確実に安くなるのが「月額割引キャンペーン」なんです。

そんなGMOとくとくについて詳しく知りたい人は、こちらの「WiMAXならGMOとくとくBB!評判や申し込み方法も解説!!」も読んでみてください。

次では、「GMOとくとくBB」でWiMAXをスムーズに契約までできる申し込み手順を紹介していきます。

7.最もお得に「WiMAX」を契約する6STEP

ポケットWiFiでお得なWiMAXを契約する6STEP

おすすめのプロバイダ「GMOとくとくBB」について紹介しましたが、ここからは、実際に申し込みから使用開始までの手順を詳しく見ていきましょう。

最もお得にWiMAXを契約する6STEP

STEP1.利用可能エリアを確認する

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

STEP3.プランを選ぶ

STEP4.機種を選ぶ

STEP5.申し込み・利用開始

STEP6.オプションを外す

STEP1.利用可能エリアを確認する

まずはGMOとくとくBBの公式サイトのピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうかをまず確認しましょう。

エリアの確認をしておかないと、「申し込んだのに使えなかった」ということになってしまう可能性もありますので、注意してください。

利用可能かどうか「〇」「△」「×」で利用可能かどうか表示されますので、申し込みする前に必ず自分が利用する場所が「〇」であるか確認するようにしましょう。

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

申し込みをするときには、「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB月額割引」⇐申し込みページはこちら

申し込みページによってキャンペーン内容が異なるので、注意してくださいね。

STEP3.プランを選ぶ

WiMAXのプランは、「ギガ放題」がおすすめです。

3.速度だけじゃない!ポケットWiFi選びのポイント3つ」でもお伝えした通り、WiMAXならデータ量の上限は実質無制限ですので、使い放題のプランで好きなだけ利用することが可能です。

GMOとくとくBBでは、使い放題プランのギガ放題プラン」を選んでも、利用開始してから1~2ヵ月ほどは通常プランと同じ月額で利用できます。

GMOとくとくBBギガ放題プラン

また、ギガ放題プランから通常プランへ無料で変更をすることも可能です。

1~2ヵ月ほどギガ放題プランを利用してみて、「7GB以上は使わない」場合はこちらの7GBプランへ変更することもおすすめです。

※ギガ放題プランでは、月間のデータ量の上限はありませんが、3日間で10GB以上の使用をすると速度制限にかかります。

ただし「2-2.「速度制限時の通信速度」で比較!」で説明した通り、制限時もYoutubeの標準画質の動画を見ることができるぐらいの速度(1Mbps)が出ます。

STEP4.機種を決める

通信速度の速いポケットWiFiを契約したいなら「W06」がおすすめです

既にお伝えしましたが、「W06」は、WiMAXのポケットWiFiの中で最も通信速度が速くいうえに、快適に使いうための新しい2つの機能が追加されて、格段につながりやすくなっています。

WiMAX機種比較

以下に新しく追加された2つの機能についてまとめてみました。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

 

高性能ハイモードアンテナ

この機能によって、従来の機種よりもつながりやすさが実現しています。

ビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

ビームフォーミング

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

このように格段に通信性能が上がっていることから、WiMAXのポケットWiFiなら「W06」をおすすめしています。

もっと詳しく知りたい人は、こちらの記事「WiMAXのおすすめ機種はこれだ!W06の性能を旧機種と徹底比較」を読んでみてくださいね。

STEP5.申し込み・利用開始

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

GMOとくとくBB即日発送

注文した端末が届いたら、設定を行っていきましょう。

GMOとくとくBBでは設定方法をYouTubeでも紹介してくれています。

下の動画を見ながら設定すれば簡単にできます。

STEP6.オプションを外す

最後に、GMOとくとくBBでも申し込み時には、2つオプションをつける必要があります。

それが「安心サポート」と「Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション」。

どちらも契約当初は無料ですが、2ヶ月経つと料金が発生してしまいます

もし月額費用を抑えたい場合は、申し込み後にこの2つのオプションを外すことを忘れないようにしましょう。

どちらも端末発送月の翌月には「BBNavi」から解約することができます。

GMOとくとくBBオプション解除

解除するのを忘れてしまうと、オプションの費用を払い続けないといけないので、忘れないうちに解除しておくようにしましょう。

以上が、WiMAXをお時に契約するための流れです。

まとめ

今回は、通信速度の速いポケットWiFiについて解説しましたが、参考になりましたでしょうか。

ポケットWiFi選ぶときには、その通信速度が速いことも大切です。

しかし、それだけではなく今回紹介した3つのポイント(対応エリア・データ容量・月額料金)も気にして選ぶことで、より納得できるポケットWiFi選びができるはずです。

納得できるポケットWiFi選びで、自分にとって最適な通信環境を手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です