無制限のポケットWiFiはどんなときもWiFiがおすすめ!その理由を徹底解説

どんなときもWiFi ポケットWiFi 無制限おすすめ

無制限のポケットWiFiについてお調べですね。

「ポケットWiFiは色々あるけど、本当の意味で無制限に使えるサービスがあるのか知りたい」とお考えではないでしょうか。

結論から言うと、無制限のポケットWiFiは、完全無制限の「どんなときもWiFi」がおすすめです。 

月間のデータ容量無制限で、通信制限の無いポケットWiFiは現状他にありません。

どんなときもWiFiは、正真正銘、完全使い放題の素晴らしいサービスです。

この記事では、どんなときもWiFiがおすすめな理由を詳しく解説し、契約方法についても分かりやすくお伝えします。

当記事を参考に、是非どんなときもWiFを契約してみて下さいね!

【結論】無制限のポケットWiFiはどんなときもWiFiがおすすめ!

どんなときもWiFiアイキャッチ画像

どんなときもWiFiは、無制限と謳われているポケットWiFiの中で、最もおすすめなサービスです

この項目では、どんなときもWiFiがおすすめな理由を、4つに分けて詳しく解説します。

1−1.データ容量無制限で使い放題

どんなときもWiFiなら容量無制限

どんなときもWiFiは、データ容量無制限でネット使い放題のポケットWiFiです

月○GBまでといった制限が無いので、毎日長時間ネットを使う人でも安心して利用することが出来ます。

1−2.どれだけ使っても通信制限なし

どんなときもWiFiデータ無制限

どんなときもWiFiは、3日で10GBや1日3GBといった通信制限が一切ありません

つまり、本当の意味で「完全無制限・ネット使い放題」のお得なポケットWiFi(サービス)なんです。

固定回線のように、データ容量や通信制限を気にせず、ストレスフリーにネットを使うことが出来ます。

1−3.大手3キャリアに対応しワイドエリア

どんなときもWiFi家でも外でも使える

どんなときもWiFiは、docomo/au/Softbankの4G/LTE回線に対応し、幅広いエリアで使用することが可能です

一般的なポケットWiFiと違い、どんなときもWiFiはルーターにSIMカードを入れなくても使える、次世代通信技術「クラウドSIM」という仕組みを利用しています。

クラウドSIMは、使用する場所によって、3キャリアの回線の中から自動で最適な回線が選択されるので、通信可能なエリアがとても広いんです。

どんなときもWiFiなら、日本中どこに居ても快適にネットを使うことが出来ます。

1−4.定額制で月額3,480円から

どんなときもWiFi月額料金3,480円

どんなときもWiFiは、月額3,480円(税抜)から使うことが出来ます

WiMAXのキャンペーンでよく見る、最初の数ヶ月だけ月額料金が安いパターンではなく、どんなときもWiFiは、2年間月額料金が変わらない定額制なので分かりやすく安心です。

・クレジットカード払い:月額3,480円(税抜)

・口座振替:月額3,980円(税抜)

ただ、月額3,480円(税抜)で使うには、クレジットカードカード払いが条件になっているので注意して下さい。

どちらの支払い方法を選んでも、サービス内容に違いはないので、何か特別な事情がない限りどんなときもWiFiは月額料金の安いクレジットカード払いを選択しましょう。

2.ポケットWiFi 3社の通信制限の条件を比較

どんなときもWiFi ポケットWiFi 無制限 通信制限比較

ポケットWiFi3社(どんなときもWiFi、WiMAX、ワイモバイル)の通信制限の条件を比較し、どんなときもWiFiがなぜおすすめなのか分かりやすく解説します。

2−1.WiMAXとワイモバイルの3日で10GB制限に注意

WiMAXとY!mobileの通信制限に注意

WiMAXとワイモバイルは、3日間で10GB以上使うと通信速度制限が掛かります

当日または翌日の夜間に、約1Mbpsの速度制限が掛かってしまい、本来の速度で通信することが出来ないので注意が必要です。

つまり、WiMAXとワイモバイルは、毎日のデータ通信量を気にしながら使う必要があるのでおすすめできません。

2−2.どんなときもWiFiは通信制限なしで使える

どんなときもWiFi ポケットWiFi 無制限

どんなときもWiFiは、データ容量無制限・通信制限なしで使うことが出来ます

WiMAXやワイモバイルとは違い、毎日のデータ通信量を気にせず、固定回線の様に快適に使うことが出来るんです。

どんなときもWiFiは、正真正銘「完全無制限で使い放題」のポケットWiFiと言えます。

※違法な通信は速度制限の対象になるのでご注意下さい。

3.ポケットWiFi3社の料金を比較

どんなときもWiFi ポケットWiFi 無制限 料金比較

ポケットWiFi3社(どんなときもWiFi、WiMAX、ワイモバイル)の料金を比較し、どんなときもWiFiがなぜおすすめなのか分かりやすく解説します。

3−1.ポケットWiFiは契約年数に注意

どんなときもWiFi ポケットWiFi 無制限  契約年数

ポケットWiFiを契約する際は、必ず契約年数を確認するようにしましょう

例えばWiMAXの場合、プロバイダ毎にお得なキャンペーンが多数展開され、キャッシュバックの金額が大きいので一見お得に見えますが、多くの場合契約年数が3年と長く設定されています。

また、ポケットWiFiは、契約期間の途中に解約すると高額な違約金が発生するので注意が必要です。

もちろん、各ポケットWiFi(サービス)の月額料金やキャッシュバックの金額は重要ですが、ポケットWiFi契約する際は、まず自分がポケットWiFiを何年使用するかじっくり考えてみましょう。

3−2.どんなときもWiFiは2年契約なのに月額料金が安い

どんなときもWiFi月額3,480円

どんなときもWiFiは、2年契約なのに月額料金が安く、大変お得なサービスです

まず、どんなときもWiFi、WiMAX、ワイモバイルの月額料金と契約期間を比較してみます。

  どんなときもWiFi WiMAX(UQ) ワイモバイル
月額料金 3,480円 4,380円 3,696円
契約年数 2年 3年 3年

※WiMAXはプロバイダ毎にキャッシュバックの金額が違うので、税抜の金額で比較しています。

この様に、どんなときもWiFiは、WiMAXやワイモバイルよりも契約年数が1年短く、月額料金が安いという特徴があります。

WiMAXはプロバイダ毎にキャッシュバックが用意されていることが多く、実質の料金を計算すると月額4,380円以下になることもあるので、どんなときもWiFiが最安のポケットWiFiという訳ではありません。

しかし、どんなときもWiFiは2年契約で月額3,480円、しかも制限一切なしの使い放題なので総合的に考えると、無制限のポケットWiFiの中で、最もおすすめできるサービスといえます。

4.ポケットWiFi3社の対応エリアを比較

どんなときもWiFi ポケットWiFi 無制限 エリア比較

ポケットWiFi3社(どんなときもWiFi、WiMAX、ワイモバイル)の対応エリアを比較し、どんなときもWiFiがなぜおすすめなのか分かりやすく解説します。

4−1.ワイモバイルは通信可能なエリアが狭い

どんなときもWiFi ポケットWiFi 無制限エリア比較

※どんなときもWiFiはクラウドSIMに対応しているので、docomoに置き換えています。

ワイモバイルは、通信可能なエリアが狭いのでおすすめできません

一見すると通信可能なエリアにほとんど違いが無いように見えますが、関東以外の場所を比較してみると一目瞭然です。

各サービスの具体的な対応エリアはそれぞれ公式HPから確認することが出来るので、自分の活動範囲が通信可能なエリアかどうか契約前に必ず確認して下さい。

4−2.どんなときもWiFiは大手3キャリアのエリアに対応している

どんなときもWiFiクラウドSIM

どんなときもWiFiは、トリプルキャリアに対応しているので通信可能なエリアが最も広いです

docomo/au/Softbankの4G/LTE回線に対応しているので、エリアを気にせず何処でも快適に使えます。

そもそも電波を受信出来なければ、ポケットWiFiを使うことが出来ないので、対応エリアが広いというのはメリットでしかありません。

ポケットWiFiを外に持ち出して、様々な場所で使いたいという人は、対応エリアが最も広いどんなときもWiFiがおすすめです。

5.どんなときもWiFi利用者の口コミを徹底調査

どんなときもWiFi口コミ

どんなときもWiFiを実際に利用しているユーザーの口コミをTwitter上で調査しました

3つの項目に分けて調査したので、参考にしてみてください!

5−1.地下でも快適に利用できる

口コミを調査してみると、既に利用しているWiMAXと、どんなときもWiFiの速度を比較されている方が多かったです

こちらの方は、同じ時間帯に同じ場所で、WiMAXとどんなときもWiFiの速度を比較した結果をレビューされていました。

速度比較の結果、どんなときもWiFiの方が速度が早く、「どんな場所でも信頼がおけるモバイルルーター」と高く評価しています。

仕事や旅行など移動が多い方がレンタルWiFiを選ぶなら、どんなときもWiFiがおすすめです。

5−2.速度制限なしで本当に使えた

どんなときもWiFiを契約して1ヶ月使用した方の口コミです。

この方は、どんなときもWiFiの謳い文句通り、通信速度制限に掛からず、快適に使えてるとのことです

データ容量無制限で通信速度制限も無いレンタルWiFiサービスは希少なので、毎日ネットをよく使う人はどんなときもWiFiがおすすめです。

5−3.対応エリアが広くどこでも使える

こちらの方は、WiMAXからどんなときもWiFiに乗り換た感想をレビューされていました。

WiMAXよりもどんなときもWiFiの方が対応エリアが広く、使う場所を選ばなくなったと非常に満足されていました

どんなときもWiFiは、大手3キャリアの通信網を利用しているので、WiMAXの電波が届きづらい地域や、地方によく行かれる方と相性抜群のサービスです。

6.どんなときもWiFiをスムーズに契約するための4STEP

どんなときもWiFiの申し込み手順は非常にかんたんです

具体的に、以下4つのSTEPに分けて解説します。

STEP1.申し込み手続きをする

STEP2.開通審査を待つ

STEP3.ルーターが発送される

STEP4.ルーターが届いたら利用開始

一つずつ順番に、分かりやすく説明していきますね。

STEP−1.申し込み手続きをする

まず、どんなときもWiFi公式サイトの「お申込みフォーム」から申し込み手続きをします。

申込み自体は24時間いつでも可能ですが、ルーターの在庫切れなどの事情で「予約受付」状態になっている場合もあります。申込みの際に確認しましょう。

契約前に不明な点がある場合、チャットでAIに相談することが出来ます。

STEP−2.開通審査を待つ

申し込みフォームに入力した情報を元に、どんなときもWiFiにて開通審査が行われます。

申し込み内容に不備が確認された場合、不備が解消されるまでルーターが発送されないので注意しましょう。

STEP−3.ルーターが発送される

申し込み処理が確定すると、ルーターの発送準備に入ります。

最短で即日発送され、発送時に登録したメールアドレスに荷物の伝票番号(佐川急便)が送られてくるので、配送状況を確認することが可能です。

当日発送は平日13時、土曜11時までの受付分になります。日曜・祝日は発送が行われていません。

また、申込の混雑具合、審査、在庫状況によって即日発送されない場合もあります。

STEP−4.ルーターが届いたら利用開始

荷物が手元に届いたら、設定ガイドに沿って利用設定をしましょう。

万が一ルーターが故障していたり、初期不良だった場合は、サポートセンターに連絡しましょう。

7.まとめ

どんなときもWiFi説明

今回は、無制限のおすすめポケットWiFiと契約方法について紹介しました。

結論として、無制限のポケットWiFiはどんなときもWiFiがおすすめです

完全無制限で月額料金も安いポケットWiFiをご検討中の方は、この記事を参考に、どんなときもWiFiを契約してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です