【工事不要】置くだけWiFi3社の特徴と選び方を覚えて安く使おう

置くだけWiFi3社比較

「置くだけWiFiって聞いたことがあるけど、どんなWiFiなの?」

「置くだけWiFiって、光回線やポケットWiFiと何が違うんだろう?」

と気になり、お調べですね。

置くだけWiFiであれば、面倒な工事も必要なく、届いた日から使うことができます。

でも工事が必要ない分、「速度が遅くなったりしないのかな、、、」と不安に思わる人もいますよね。

また、置くだけWiFiにも何種類かあり、何も調べずテキトーに申し込んでしまうと、思うように使えなかったと後悔することも。

そこでこの記事では、置くだけWiFiを提供している3社を5つのポイントで徹底比較!

比較してみた結論を先に言うと、WiMAXが一番おすすめできます。

速度も安定していて、料金も安いので、置くだけWiFiを使うならWiMAXにすれば、間違いないですよ。

置くだけWiFiを最もお得に申込む方法もこの記事ではお伝えしていきますので、ぜひ参考にして、快適にインターネットを使えるようにしていきましょう。

1.置くだけWiFiってなに?

置くだけWiFiってなに?

置くだけWiFiとは、ルーターと呼ばれる機器を電源に差し込んで、置いておくだけで使えるWiFiのことです。

WiMAX、ソフトバンク、NEXTmobileの主に3社が提供しています。

「置くだけで使えるWiFiって固定回線やポケットWiFiとどう違うの?」と思われる人もいますよね。

そこで置くだけWiFiと固定回線との違い、ポケットWiFiとの違いを紹介していきます。

それぞれの違いについて見ていきましょう。

※docomoとauの置くだけWiFiについて

docomoやauでも置くだけWiFiは提供していますが、それぞれ以下のような理由からこの記事では取り上げません。

  • docomo・・・法人向けのサービスのみ
  • au・・・WiMAXと同じサービスで、料金がWiMAXのほうが安い

このような理由から、当記事ではWiMAX、Softbank、NEXTmobileの3社を紹介していきます。

1-1.置くだけWiFiと固定回線との違いは?

置くだけWiFiと固定回線の違いは、以下の4点が挙げられます。

  1. 速度は固定回線よりも遅いし、安定しない
  2. 速度制限もある
  3. 工事不要で、引っ越しに手間がない
  4. 料金が安い

それぞれ見ていきましょう。

速度は固定回線よりも遅いし、安定しない

置くだけWiFiは固定回線に比べて、速度は遅く、安定もしていません。

固定回線のように通信回線を家まで引き込むわけではないので、どうしても速度は固定回線よりも劣ってしまいます。

ただ、置くだけWiFiでもインターネットで調べものをする、動画を視聴するなど一般的に使う分には十分な速度です。

オンラインゲームをするなど、データ量が大きいもののやり取りが多い人は、固定回線を利用するほうが無難と言えるでしょう。

速度制限がある

置くだけWiFiは固定回線とは違い、速度制限があります。

速度制限の条件は各社で違いますが、固定回線のように使い放題というわけではありませんので、注意してください。

例えば、WiMAXの置くだけWiFiであれば、月間の速度制限はありませんが、3日間での10GB以上使うと速度制限にかかってしまいます。

短期間でたくさんのデータのやり取りを頻繁にするという人は固定回線の方がいいかもしれません。

工事不要で、引っ越しに手間がない

置くだけWiFiは設置するのに工事の必要はなく、電源に差すだけで使うことができます。

例え、引っ越ししたとしても、ルーターを引っ越し先にもっていけば利用可能です。

そのため転勤族で引っ越しの多い人は、置くだけWiFiの利用を検討してみてもいいでしょう。

ただし、引っ越し先が利用可能エリア外場合には利用することができませんので、エリアの確認は必ず行うようにしてください。

料金が安くつくことが多い

置くだけWiFiは固定回線に比べて、料金が安い場合が多いです。

先ほどもお伝えした通り、設置するのに工事が必要ないため、初期費用が安く済みます。

また月額料金に関しても、基本的には固定回線よりも安く利用できるでしょう。

とはいえ、マンション集合住宅の場合には固定回線を元々引いてくれてるところもあり、安く導入することが可能な物件もあります。

必ずしも固定回線の方が高い!というわけではありませんので、居住環境などによって検討する必要があるでしょう。

1-2.置くだけWiFiとポケットWiFiとの違いは?

置くだけWiFiとポケットWiFiの違いは、以下の4点が挙げられます。

  1. 置くだけWiFiは持ち運びが大変
  2. 速度がポケットWiFiよりも安定している
  3. 最大接続台数も置くだけWiFiのほうが多い
  4. 料金はそれほど変わらない

それぞれ見ていきましょう。

置くだけWiFiは持ち運びが大変

置くだけWiFiはポケットWiFiのように気軽に持ち歩くには少し大変かもしれません。

ポケットWiFiに比べて大きいですし、電源が必ず必要になるので、注意してください。

また、Softbankが提供している置くだけWiFiは、使う住所を登録する必要があり、自宅以外で使うことはできません。

外で利用したい!という人には、ポケットWiFiがおすすめです。

料金がポケットWiFiよりも高くなる可能性も

置くだけWiFiは、ポケットWiFiの料金よりも料金が高くなる可能性があります。

WiMAXが提供する置くだけWiFiであれば、料金は全く一緒で変わりません。

しかし、Softbankが提供する置くだけWiFiに関しては料金が高くなります。

少しでも料金を安く使いたいという人にはポケットWiFiがおすすめです。

速度がポケットWiFiよりも安定している

置くだけWiFiはポケットWiFiに比べて、電波が強く安定した通信を行うことができます。

電波が届く範囲もポケットWiFiに比べると、広い範囲に届くでしょう。

1階と2階両方でWiFiを利用したいなど、離れた場所でWiFiに接続する予定のある人にはおすすめです。

最大接続台数も置くだけWiFiのほうが多い

置くだけWiFiはポケットWiFiよりもたくさんの機器を同時に接続することができます。

最大で40台以上の機器を繋ぐことが可能で、様々な機器をWiFiに同時に繋ぐことが可能です。

ポケットWiFiでも10台以上は同時に繋ぐことができますが、その分通信速度が安定しないことも。

同時に様々な機器をWiFiに繋いで、安定した通信速度を保ちたいという人は、置くだけWiFiを検討してもいいでしょう。

1-3.置くだけWiFiはこんな人におすすめ!

置くだけWiFiと固定回線、ポケットWiFiの違いを見ていきましたが、ここで置くだけWiFiがおすすめできる人をまとめておきます。

置くだけWiFiはこんな人におすすめです。

  • 転勤族で引っ越しが多い人
  • 外出先でWiFiを利用する機会が少ない人
  • 様々な機器を安定した速度のWiFiに繋ぎたい人

速度制限あり、固定回線よりも速度は安定しませんが、工事の手間などなく安く簡単に設置することが可能です。

また、ポケットWiFiほど楽に持ち歩くことはできませんが、同時接続台数を増やしても速度や通信は安定しているのが置くだけWiFiの特徴です。

家を中心にWiFiを使う人で、様々な機器で、比較的安定した速度を楽しみたい人は置くだけWiFiがおすすめです。

2.置くだけWiFiを提供している3社を5つのポイントで徹底比較

置くだけWiFiのポイント

置くだけWiFiを提供している会社は主に、WiMAX、Softbank、NEXTmobileの3社です。

ここでは置くだけWiFiを提供している3社を以下5つのポイントで比較してみました。

ひとつずつ見ていきましょう!

ポイント1.通信エリア

置くだけWiFiを使おうと思ったら、通信エリア内で使う必要があります。

3社の対応エリアを比較してまとめてみました。

ポケットWiFiのエリア

WiMAXとNEXTmobileは主に都市部では、そこまで大きく変わらないことがわかります。

Softbankairの提供エリアに関しては、公式サイトのチャットで確認してみましたが、申し込み後でないと見れないようです。

SoftbankAirの提供エリア

申し込み後ではないと提供エリアがわからないというのはちょっと不安ですよね。

提供エリア外の場合は電話がかかってくるようですが、電話に出れない場合もありますし、手間です。

しっかりと自分で提供エリアを確認したうえで、使えるホームルーターを選ぶようにしましょう。

ポイント2.通信速度

置くだけWiFiを使うなら、速度がなるべく早いところのものを使いましょう。

3社の最新機種で比較したところ、通信速度が一番早いのはWiMAXのL02という機種です。

ホームルーターの速度

ただし、この数値は理論上の数値であって、必ずしもこの速度が出るというものではありません。

利用するエリアの環境など、様々な条件で実際に出る速度は変わってきます。

後ほど紹介しますが、実際の口コミなども見ながら、十分な速度が出るのかも必ず確かめるようにしましょう。

ポイント3.速度制限

置くだけWiFiを使うなら、速度制限の条件がなるべくゆるいところを利用するとより快適に使うことができますよ。

3社の中で比較的速度制限の条件がゆるいのはWiMAXです。

ホームルーターの速度制限

WiMAXの速度制限は、3日間で10GB以上利用すると1Mbpsの速度に翌日の夜間だけなるというものです。

3日間で10GB以上使おうと思ったら、YouTube動画を1日に4~5時間ぐらい見ないと制限にならない容量。

それに万が一制限にかかったとしても、1Mbpsという標準画質のYouTube動画が見れるぐらいの速度にしかならないので、特に気になることもありません。

ポイント4.料金

置くだけWiFiをどうせ使うなら、一番安いところで利用したいですよね。

3社の中で、一番安く利用できるのは、WiMAXです。

ホームルーター料金

月額料金だけにとらわれるのではなく、キャンペーンや端末代、初期費用など全て考慮して計算するようにしてください。

※実際に支払う月額は以下の計算式に当てはめて、当サイト独自に算出したものです。

【実質費用】=登録料+3年 or 2年プランでの月額合計+最新機種の端末代-キャッシュバック-その他割引

SoftbankAirの契約年数に騙されないで!!

SoftbankAirの契約年数は2年間です。

しかし4年間利用しないとSoftbankAirは無料で解約することができません。

4年目で解約しないと、解約金か端末代のどちらかの支払いが必ず発生してしまいます。

1年で解約した場合

解約時に支払う金額 49,100円=解約金 9,500円+端末代の残債 39,600円(1,650円×24ヶ月)

2年で解約した場合

解約時に支払う金額 19,800円=解約金 0円(更新月)+端末代の残債 19,800円(1,650円×12ヶ月)

3年で解約した場合

解約時に支払う金額 9,500円=解約金9,500円+端末代 0円(端末代完済)

4年で解約した場合

解約時に支払う金額 0円=解約金0円(更新月)+端末代 0円(端末代完済)

SoftbankAirの端末代は、3年間の分割支払いになっていますが、3年間使い続ければ、割引が適用され1円も支払う必要はありません。

しかし途中で解約してしまうと、割引が適用されなくなるので、端末代の残債を支払う必要が出てくるんですね。

SoftbankAirには端末をレンタルして使う方法もあり、その場合は解約時に端末代を支払う必要はありません。

ただし、月額料金が高くなってしまうので、レンタルしてSoftbankAirを使う方法もおすすめしません。

「契約期間が2年で短いから」という理由でSoftbank Airを利用するのはやめておきましょう。

ポイント5.利用者の口コミ

置くだけWiFiを提供している3社の口コミをまとめてみました。

それぞれ見ていきましょう。

WiMAX

WiMAXですが、しっかり使えてるという人もいますが、中には「アップロードが遅い」「時間帯によっては遅くなる」などの声がありました。

通信エリア内であれば、基本的には快適に利用できますが、地域や周りの環境によっては速度が遅くなる場合もあるようです。

 

Softbank Air

Softbank Airですが、「速度が速い」「めちゃくちゃ速度が遅い」というどちらの声も見受けられました。

WiMAXもそうですが、地域や環境、時間帯などによって通信速度は変わってきます。

申し込みをする前に、通信エリアなどを確認しておくことが大切です。

SoftbankAirは申し込み前に通信エリアを確認することができないので、その辺で不安に思う人もいるかもしれませんね。

NEXTmobile

NEXTmobileのホームルーターの口コミはTwitter上ではあまり見受けられませんでした。

「全然繋がらない」という声も見受けられましたが、どの地域で、どういった環境下で繋がらないのかわからないため、あまり参考にはしないほうがいいでしょう。

しっかりと事前に通信エリアを確認しておきましょう。

3.結論!置くだけWiFiのおすすめはWiMAX

UQWiMAXロゴ

置くだけWiFiを契約するなら、WiMAXが一番おすすめです。

WiMAXをおすすめする理由は以下の3点です。

  1. 実際に支払う月額料金が安いため
  2. 通信速度も速く、通信制限の条件も緩い
  3. 端末代の支払いがない

WiMAXは、置くだけWiFiを提供する3社のうちで、実際に支払う月額料金が一番安いです。

通信速度も速く、通信制限の条件も緩いため、データ容量をたっぷりと快適に使いたい人にもおすすめですよ。

もし万が一、契約期間内で解約したとしても解約金のみで、端末代が発生したりはしません。

解約金は、最大でも19,000円なので、SoftbankAirほどは高くならないでしょう。

安く、安定した置くだけWiFiを利用したい人にはおすすめです。

4.WiMAXを申込むならGMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBBのロゴ

「WiMAXを利用したい」と考えている人へ一番おすすめできるプロバイダは「GMOとくとくBBです。

「GMOとくとくBB」であれば、全プロバイダの中で実質利用料金が一番安く利用することができます。

GMOとくとくBBが1番目と3番目に安い

キャッシュバックキャンペーンを受ければ最安で利用することができますが、解約金も高くなりますし、受け取り忘れのリスクも出てくるのでおすすめはしません。

JPWiMAXも同じく、解約金が非常に高く、あまりおすすめとは言えないでしょう。

リスクなく、安心して申し込める月額割引キャンペーンがおすすめです。

お得?WiMAXならGMOとくとくBB!評判や申し込み方法も解説

2019.11.07

6.GMOとくとくBBからWiMAXを悩まず申し込める5STEP

GMOとくとくBB月額割引キャンペーン

ここでは、実際に申し込みから使用開始までの5STEPを詳しく説明します。

  1. 利用可能エリアを確認する
  2. プロバイダの公式HPへアクセスする
  3. どのプランにするか選ぶ
  4. 機種を決める
  5. 申し込み・利用開始

それでは、それぞれ詳しく説明します。

STEP1.利用可能エリアを確認する

まずはGMOとくとくBBの公式サイトのピンポイントエリア判定で、あなたの住んでいる場所が利用可能エリアかどうかをまず確認しましょう。

エリアの確認をしておかないと、「申し込んだのに使えなかった」ということになってしまう可能性もありますので、注意してください。

GMOとくとくBBピンポイントエリア判定

※画像は東京駅周辺の検索結果です。

利用可能かどうか「〇」「△」「×」で利用可能かどうか表示されますので、申し込みする前に必ず自分が利用する場所が「〇」であるか確認するようにしましょう。

※解約金無料のキャンセルはピンポイントエリア判定が「〇」の人に限りますので注意してください。

ハイスピードプラスエリアモードでau LTE 4Gエリアにも対応

au4GLTE

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを使えば、au LTE 4Gを利用することもできます。

ルーターのタッチパネルから簡単に変更して利用することが可能です。

3年プランで申し込めば、無料で利用することができますよ。

山間部などWiMAX回線がつながりづらい地域などでWiFiに繋ぎたいときに、大いに役に立つでしょう。

※ハイスピードプラスエリアモードの速度制限について

ハイスピードプラスエリアモードを利用している場合は、利用量の上限は7GBまでで、速度制限は月末まで128Kbpsになります。

たとえ、ギガ放題のプランであっても、WiMAX2+の回線も月末まで128Kbpsとなる道連れ制なので、モードの切り替えはこまめに行いましょう。

STEP2.プロバイダの公式HPへアクセスする

申し込みをするときには、「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込みをするようにしましょう。

GMOとくとくBB月額割引今回紹介しているキャンペーンの申し込みページはこちら

申し込みページによってキャンペーン内容が異なるので、注意してください。

キャッシュバックを希望する人

キャッシュバックを希望する人は、「GMOとくとくBB」の公式サイトで、キャッシュバックキャンペーンのページから申し込みをするようにしましょう。

こちらも公式のページから申し込まないとキャッシュバック金額が異なってくることもあるので、注意してください。

STEP3.どのプランにするか選ぶ

WiMAXのプランは、「ギガ放題」がおすすめです。

通常プランだと7GBしか利用できず、それ以上になると速度制限を受けてしまいます。

ギガ放題であれば、月間のデータ量の上限は実質無制限ですので、好きなだけ利用することが可能です。

GMOとくとくBBでは、ギガ放題プランを選んでも、利用開始してから1~2ヵ月ほどは通常プランと同じ月額で利用できます。

GMOとくとくBBギガ放題プラン

GMOとくとくBB7GBプラン

また、ギガ放題プランから通常プランへ無料で変更をすることも可能です。

1~2ヵ月ほどギガ放題プランを利用してみて、「7GB以上は使わない」場合はプランを変更するようにしましょう。

STEP4.機種を決める

当サイトの結論としては、最新機種の「W06」を選ぶべきです

「W06」は、前機種である「W05/ WX05」よりも通信速度も速くなっており、新しい2つの機能も追加され、格段につながりやすくなっています。

WiMAXのルーター比較

以下に新しく追加された2つの機能についてまとめてみました。

高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナを搭載し、繋がりにくかった場所でも基地局からの電波をしっかりキャッチできるようになりました。

 

高性能ハイモードアンテナ

この機能によって、従来の機種よりもつながりやすさが実現しています。

ビームフォーミング

TXビームフォーミングを搭載し、接続端末へ狙って電波を送信できるようにしました。

ビームフォーミング

これにより、通信の安定性が向上し、通信速度は前機種の「W05」より20%も向上しています。

このように格段に通信性能が上がっていることから、「W06」をおすすめします。

STEP5.申し込み・利用開始

申し込み後、即日発送をチェックすることで、早くて翌日から使い始めることができます。

GMOとくとくBB即日発送

注文した端末が届いたら、設定を行っていきましょう。

GMOとくとくBBでは設定方法をYouTubeでも紹介してくれています。

動画を見ながら設定すれば簡単にできますので、参考にしてください。

番外編:オプションの解約を忘れないで!!

GMOとくとくBBでは申し込み時には、2つオプションをつける必要があります。

もし月額費用を抑えたい場合は、申し込み後にこの2つのオプションを外すことを忘れないようにしましょう。

安心サポート

安心サポートとは、故障修理費が無料になる保険のようなものです。

「安心サポート」「安心サポートワイド」の2つのどちらかへの加入が必要になります。

GMOとくとくBBオプション安心サポート

2ヵ月間無料で使える「安心サポート」を選択するようにしましょう。

WiFi(公衆無線LAN)オプション

WiFi(公衆無線LAN)オプションとは、駅やカフェなどで公衆の無線LANを使用できるようになるサービスです。

「申し込む」という選択肢しかありませんので、このまま申し込みをしましょう。

GMOとくとくBBオプション公衆無線LAN

こちらも2ヵ月間は無料で利用することができます。

どちらも端末発送月の翌月には「BBNavi」から解約することができます。

GMOとくとくBBオプション解除

解除するのを忘れてしまうと、オプションの費用を払い続けないといけません。

忘れないうちに解除しておくようにしてくださいね。

まとめ

置くだけWiFiの特徴や選び方を説明してきました。

固定回線にはない手軽さや、ポケットWiFiよりも速い通信速度など、置くだけWiFiには魅力的なメリットが多くあります。

置くだけWiFiは会社やプランによって、料金や性能が変わるので、時間をかけて自分の目的に合ったタイプを選ぶようにしましょう。

各プロバイダの公式HPから簡単に申し込むことができるので、置くだけWiFiが気になる方は、公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です