完全無制限で使い放題!おすすめモバイルルーターどんなときもWiFiを徹底解説!

どんなときもWiFi料金まとめ

無制限のモバイルルーターについてお調べですね?

数多く存在するモバイルルーターの中でも、無制限で使い放題のモバイルルーターを契約したいとお考えではないでしょうか?

結論として、無制限のモバイルルーターは、どんなときもWiFiがおすすめです

どんなときもWiFiは、月のデータ容量無制限で、WiMAXの様な通信制限もない「完全無制限」のモバイルルーターになります。

本記事では、どんなときもWiFiの特徴や料金、通信速度の比較、実際に利用しているユーザーの口コミ調査、契約方法まで分かりやすく解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

目次

【結論】完全無制限で使えるどんなときもWiFiがおすすめ

どんなときもWiFi データ無制限

どんなときもWiFiは、正真正銘「完全無制限」で使えるモバイルルーターです

無制限のモバイルルーターといえばWiMAXが有名ですが、どんなときもWiFiは今マニアの間でじわじわ人気が出てきているサービスになります。

まず最初に、どんなときもWiFiの特徴を5つの項目に分けて詳しく解説しますね。

1−1.月額3,480円から使えて契約期間は2年

どんなときもWiFiは月額3,480円

どんなときもWiFiは、2年間定額で月額3,480円(税抜)から使うことが出来ます

WiMAXの様に、最初の数ヶ月だけ月額料金が安かったり、特定のキャンペーンページから契約しないと料金が割高になるということもなく、2年間料金が変わりません。

どんなときもWiFiの料金プランはデータ容量無制限(使い放題)の1種類のみですが、毎月の料金の支払い方法によって月額料金が以下のように変わります。

・クレジットカード払い 月額3,480円(税抜)
・口座振替払い 月額3,980円(税抜)

どんなときもWiFiベーシックデータ放題プラン

どんなときもWiFiを月額3,480円(税抜)で使うには、クレジットカード払いを選ぶ必要があります

ちなみに、口座振替払いを選択した場合、月額3,980円(税抜)となり、クレジットカード払いよりも毎月500円割高になってしまうのでおすすめしません。

どちらの支払い方法を選んでも、サービスの内容は全く変わらないので、何か特別な事情がない限りお得なクレジットカードを選びましょう。

1−2.データ容量無制限で通信制限もなしの完全無制限

どんなときもWiFiなら容量無制限

どんなときもWiFiは、データ容量無制限で通信制限なしのモバイルルーターです

どんなときもWiFiが登場するまで、無制限のモバイルルーターといえばWiMAXが有名でした。

しかし、WiMAXは3日で10GBの通信制限があり、快適な通信速度で使い続けるには毎日データ容量を押さえながら使う必要があるので、完全無制限とは言えません

現時点で、データ容量無制限で通信制限なしのモバイルルーターはどんなときもWiFi以外存在しないので、今急激に人気が出てきているモバイルルーターなんです。

どんなときもWiFiは本当に通信制限が存在しないのか?

どんなときもWiFi 通信制限なし

どんなときもWiFiは、公式にデータ容量無制限、通信制限なしの完全無制限をアピールしていますが、果たして本当に通信制限は存在しないのでしょうか?

調べてみたところ、公式サイト上の「よくある質問」の中に、明確な答えを見つけました。

どんなときもWiFi 通信制限

どんなときもWiFiは、違法ダウンロード、不正利用、大容量通信によるネットワークの占有を行った場合、通信速度を制限(概ね384Kbps)する場合があります

しかし、長時間ゲームをしたり、動画を見続けるといった、通常利用においては制限がかかることはありません

つまり、どんなときもWiFiを通常利用する上で、通信制限に掛かることはないので、完全無制限のモバイルルーターといって差し支えないことが出来ます。

※ どんなときもWiFiに限らず、他のモバイルルーターや固定回線においても、違法な通信を行った場合、通信が制限されます。不正利用は絶対にやめましょう。

WiMAXは「無制限」だが「完全無制限」ではない

WiMAXはデータ容量無制限のモバイルルーターですが、3日で10GB以上データを使用すると、通信速度が制限される「通信制限」が存在します

しかし、このWiMAXの3日で10GB制限は、やや分かりにくい部分があるので、詳しく解説します。

まず上の図を見て頂くと分かる通り、「3日で10GB」というのは、「3日間での合計データ量10GB以上の場合」という意味になります

つまり、毎日のデータ使用量が翌日にスライドし、「3日で10GB」の1日目として計算されていくということです。

WiMAXはデータ容量無制限の使い放題のサービスではあるものの、快適な通信速度で使い続けるには1日約3GB程度しか使うことが出来ないんです…

一度適用となった速度制限がその月ずっと続くという訳ではありませんが、WiMAXを快適な通信速度で使い続けるには、1日のデータ使用量を抑えることが重要になります。

毎日データ容量を気にせずモバイルルーターを使いたい方は、WiMAXではなくどんなときもWiFiを契約しましょう。

※ 3日で10GB以上使用した場合、通信速度は概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)に制限されます。

1−3.大手3キャリアのネットワークに対応しワイドエリア

どんなときもWiFi家でも外でも使える

どんなときもWiFiは、大手3キャリア(docomo、au、Softbank)のネットワークに対応し、ワイドエリアで利用可能です

従来のモバイルルーターとは違い、SIMカードの差し込み不要でインターネットを利用できる、次世代通信技術「クラウドSIM」を採用しています。

どんなときもWiFiクラウドSIM

クラウドSIMは、利用場所に応じて3キャリアの回線の中から最適な回線を自動で取得して通信を可能にし、1枚のSIM(1回線)にエリアが限定されることなく、ネットを楽しむことが出来るんです。

大手3キャリアのネットワークに対応したモバイルルーターはほとんど存在しないので、対応エリアの広さで選ぶなら、どんなときもWiFiが最適と言えるでしょう。

※ ユーザーが自分で利用する回線(docomo、au、Softbank)を選ぶことは出来ません。自動で最適な回線が選択されます。

1−4.店舗受取なら最短申込み当日に利用可能

どんなときもWiFiは、配送の場合最短翌日、店舗受取なら申し込み当日に利用可能です

店舗受取の場合、Webで申し込み後、どんなときもWiFi受取店舗(渋谷センター・秋葉原センター)で直接ルーターを受取りかんたんな初期設定をするだけで、すぐに利用することが出来ます。

配送の場合、平日13時、土曜11時までの受付分であれば、当日発送され、最短翌日にルーターが到着します

WiFi環境がすぐに必要な方は、どんなときもWiFiがおすすめです。

※ どんなときもWiFiの申し込み方法は最後に詳しく解説します。

1−5.海外でもそのまま使える

どんなときもWiFiは世界107カ国で使える

どんなときもWiFiは、海外でもそのまま使うことが出来ます

しかし、どんなときもWiFiを海外で使用すると、エリアごとに定められた別料金が発生するので注意が必要です。

どんなときもWiFi海外利用料

海外利用料はエリアごとに2パターン存在し、使用しない日は料金が発生しない良心的な料金プランとなっています。

海外専用のレンタルモバイルルーターと比べ、特別安い料金ではありませんが、普段使っているルーターをそのまま海外に持っていって使えるのは便利ですよね。

海外への出張や、旅行が多い方はどんなときもWiFiはぴったりのサービスです。

海外での利用エリアや、オプションサービスについて詳しく知りたい方はこちらをご参照下さい。

2.どんなときもWiFiの料金を徹底比較

電卓を持つ女性

どんなときもWiFiは、他社のモバイルルーターと比較して料金は安いのでしょうか?

結論として、どんなときもWiFiは完全無制限にも関わらず料金が安く、コスパ抜群のモバイルルーターです

今回はどんなときもWiFiの安さを検証するために、WiMAXや他社のモバイルルーターと料金を徹底比較します。

2−1.GMOとくとくBB WiMAX(月額割引キャンペーン)と比較

GMOとくとくBB WiMAX

無制限のモバイルルーターと言えばWiMAXが有名ですよね。

今回は、WiMAXの中でも特におすすめな、GMOとくとくBB WiMAX(月額割引キャンペーン)の料金と比較してみます。

会社名

どんなときもWiFi

GMOとくとくBB WiMAX
(月額割引キャンペーン)

月額料金(1〜24ヶ月目) 3,480円
月額料金(1〜2ヶ月目) 2,170円
月額料金(3〜36ヶ月目) 3,480円
事務手数料 3,000円 3,000円
契約年数 2年 3年
合計金額 86,520円 125,660円

※税抜価格です。

結果として、契約年数が1年長いこともあり、WiMAXの方が契約期間中に掛かるコストが高いという結果になりました

…でもこれは当たり前ですよね?

そもそも契約期間が違うモバイルルーター同士を比較してもあまり意味がないので、他社のモバイルルーターとも比較してみましょう。

2−2.無制限のモバイルルーター3社と比較

会社名

どんなときもWiFi

FUJI Wifi

WifiO

NOZOMI Wi-Fi

月額料金 3,480円 6,000円 3,680円 4,480円
事務手数料 3,000円 2,000円 3,980円 3,980円
端末新規登録料 4,980円
2年契約の有無 あり なし なし なし
2年間の合計金額 86,520円 146,000円 97,280円 111,500円

※税抜価格で計算しています。

完全無制限のモバイルルーターはどんなときもWiFi以外存在しないので、今回は契約年数の縛りがない無制限のモバイルルーター3社と料金を比較してみました。

その結果、どんなときもWiFiは他の無制限のモバイルルーターと比較しても、月額料金と契約期間内に掛かるトータルコストが最も安いという結果になりました

どんなときもWiFiは、完全無制限で使い放題にも関わらず、料金も安いのでコスパ抜群のモバイルルーターです。

2−3.どんなときもWiFiは実質2年縛り

どんなときもWiFi ポケットWiFi 無制限

どんなときもWiFiは契約期間(2年間)が決まっており、期間内に解約すると契約解除料が発生します

契約解除料は解約するタイミングによって、以下の通り金額が変わるので注意が必要です。

会社名

どんなときもWiFi

1ヶ月目~12ヶ月目まで 19,000円

13ヶ月目~24ヶ月目まで

14,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円

※税抜価格です。

もちろん更新月(25ヶ月目)の解約であれば契約解除料は発生しません

せっかくお得にモバイルルーターを契約しても、途中で解約して契約解除料が発生してしまっては元も子もありませんよね…。

どんなときもWiFiを契約する際は、契約年数をよく確認して、途中で解約するのはできるだけ避けましょう。

※ どんなときもWiFi申し込む際は更新月を忘れずにメモしておきましょう。

3.どんなときもWiFiの通信速度は早いのか?

ポケットWiFi おすすめ 通信速度イメージ

どんなときもWiFiの最大通信速度は、他社と比較して早くありません

しかし、どんなときもWiFiは日常使いで快適にネットを楽しむことができます。

最大通信速度が遅いのに、快適にネットが使えるというのは矛盾しているとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこで、どんなときもWiFiの通信速度に関して3つの項目に分けて詳しく解説します。

3−1.最大通信速度が最も早いのはドコモ

ドコモの画像

まず、どんなときもWiFi、WiMAX(au)、Softbank、ワイモバイル、docomoの最大通信速度を比較してみます。

  どんなときもWiFi WiMAX(au) Softbank ワイモバイル docomo
上り(最高速度) 50Mbps 75Mbps 13Mbps 37.5Mbps 131.3Mbps
下り(最高速度) 150Mbps 1,237Mbps 612Mbps 972Mbps 1288Mbps

上の表を見ると分かるように、最大通信速度が最も早いのは、上り・下りともにdocomoです

本記事でおすすめしているどんなときもWiFiは、残念ながら他社と比べて通信速度はそこまで早くありません。

3−2.どんなときもWiFiは問題なくネットが使える速度

モバイルルーター おすすめ どんなときもWiFi 使い放題

どんなときもWiFiの最大通信速度が遅いと聞いて不安になった方もいらっしゃると思います。

しかし、どんなときもWiFiは、通常利用で問題のない速度でネットを使うことが出来るので安心して下さい

下の表は、YouTubeが公開している「各動画形式の再生で推奨されるおおよその速度」です。

解像度 推奨される持続的な速度
4K 20Mbps

HD(1080p)

5Mbps
HD(720p) 2.5Mbps
SD(480p) 1.1Mbps
SD(360p) 0.7Mbps

どんなときもWiFiの下り最大通信速度は150Mbpsなので、YouTubeの4K動画を快適に視聴するには十分な通信速度だということが分かります。

つまり、ブラウジングや動画視聴、ゲームなどの普段使いであれば、どんなときもWiFiの通信速度は必要十分な通信速度なんです

一般的なネットユーザーであれば、ストレスなくネットを使うことが出来ますよ!

3−3.実際に最大通信速度が出るわけではない

スピードメーターの画像

各社の最大通信速度はあくまでも理論値で、最大通信速度が出ることはまずありません

これはどんなときもWiFiに限った話ではなく、固定回線やWiMAXなど他のモバイルルーターに関しても同じことが言えます。

一般的に、20〜30Mbps程度の通信速度があればネットを快適に利用できると言われているので、どんなときもWiFiの通信速度であれば、問題なくネットを楽しむことが出来ますね!

最大通信速度よりも対応エリアの方が重要

どんなときもWiFiどこにいても快適に使える

どんなときもWiFiに限らず、モバイルルーターは最大通信速度より対応エリアが重要になります

なぜなら、最大通信速度がいかに早くても、利用する場所で電波をつかめなければ、そもそもネットを使うことが出来ないからです。

どんなときもWiFiは、大手3キャリアのネットワークに対応しているので比較的安心と言えますが、モバイルルーターを契約する前に、自分がそのモバイルルーターを使いたい場所が対応エリア内かどうか必ず確認するようにしましょう。

対応エリアはモバイルルーターを提供している事業者により異なるので、下記リンク先からそれぞれ確認してみて下さい。

・WiMAXのエリアマップはこちら

・auのエリアマップはこちら

・Softbankのエリアマップはこちら

・ワイモバイルのエリアマップはこちら

・docomoのエリアマップはこちら

4.どんなときもWiFi利用者の口コミを徹底調査

口コミを調べている男性

どんなときもWiFiはサービスが開始されてまだ日が浅いサービスなので、実際の使用感が気になるという方は多いと思います。

そこで今回、どんなときもWiFiを実際に利用しているユーザーの口コミをTwitter上で調査しました

どんなときもWiFiの契約を検討する上で、是非参考にしてみて下さい。

4−1.通信制限なしで快適に使える

どんなときもWiFiは通信制限なしのモバイルルーターですが、本当に通信制限がないのか気になりますよね?

実際にどんなときもWiFiを契約して1ヶ月使用した方の口コミによると、通信制限に掛からず、快適にネットが使えてるとのことです

毎日ネットをよく使う人でも、どんなときもWiFiなら固定回線のようにストレスなく使うことが出来ますね。

4−2.WiMAXの電波が届きづらい場所でも問題なく使える

口コミを調査してみると、既に利用しているWiMAXと、どんなときもWiFiの速度を比較されている方が多かったです

こちらの方は、同じ時間帯に同じ場所で、WiMAXとどんなときもWiFiの速度を比較した結果をレビューされていました。

速度比較の結果、どんなときもWiFiの方が速度が早く、「どんな場所でも信頼がおけるモバイルルーター」と高く評価しています。

WiMAXは建物の中だと電波が弱くなることが多いので、屋内でモバイルルーターを使いたい方はどんなときもWiFiがおすすめです。

4−3.対応エリアが広くどこでも使える

WiMAXからどんなときもWiFiに乗り換た方の感想です。

どんなときもWiFiの方が対応エリアが広く、WiMAXより使う場所を選ばなくなったと満足されています

大手3キャリアのネットワークに対応したどんなときもWiFiは、仕事で移動が多い方や旅行が好きな方など、日本全国様々な場所でモバイルルーターを使いたい方におすすめのサービスです。

4−4.ルーターの発送が予定よりも遅れている

どんなときもWiFiは、在庫切れや台風の影響でルーターの発送が遅れることがあるようです

ルーターが在庫切れの状態だと予約扱いになり、即日発送されないので注意しましょう。

心配な方は契約前に、サポートセンターに問い合わせてみることをおすすめします。

最新情報は、どんなときもWiFi公式サイトまたはTwitter公式アカウントをチェックしましょう。

5.どんなときもWiFiをスムーズに契約するための4STEP

どんなときもWiFiの申し込み手順は非常にかんたんです

具体的に、以下4つのSTEPに分けて解説します。

STEP1.公式サイトから申し込み手続きをする

STEP2.開通審査の結果を待つ

STEP3.どんなときもWiFiからルーターが発送される

STEP4.ルーターが届いたら利用開始

一つずつ順番に、分かりやすく説明していきますね。

STEP−1.公式サイトから申し込み手続きをする

まず、どんなときもWiFi公式サイトの「お申込みフォーム」から申し込み手続きをします。

申込み自体は24時間いつでも可能ですが、ルーターの在庫切れなどの事情で「予約受付」状態になっている場合もあります。申込みの際に確認しましょう。

契約前に不明な点がある場合、チャットでAIに相談することが出来ます。

店舗受取なら最短申込み当日から使える

新たに「店舗受取」サービスが開始され、最短で申込当日から利用することが可能になりました

申し込み当日から利用したい場合、お申込みフォーム内のお客様情報入力欄の「店舗受取希望」にチェックを入れて申し込みましょう。

店舗受取は支払い方法が「クレジットカード払い」の場合のみ選択可能です。

口座振替の場合、通常発送のみの対応となります。

どんなときもWiFi 受取店舗は、東京(渋谷センター、秋葉原センター)に2店舗あります

受取店舗の住所などの詳細はこちらからご確認下さい。

STEP−2.開通審査の結果を待つ

申し込みフォームに入力した情報を元に、どんなときもWiFiにて開通審査が行われます。

申し込み内容に不備が確認された場合、不備が解消されるまでルーターが発送されないので注意しましょう。

STEP−3.どんなときもWiFiからルーターが発送される

申し込み処理が確定すると、ルーターの発送準備に入ります。

最短で即日発送され、発送時に登録したメールアドレスに荷物の伝票番号(佐川急便)が送られてくるので、配送状況を確認することが可能です。

当日発送は平日13時、土曜11時までの受付分になります。日曜・祝日は発送が行われていません。

また、申込の混雑具合、審査、在庫状況によって即日発送されない場合もあります。

STEP−4.ルーターが届いたら利用開始

荷物が手元に届いたら、設定ガイドに沿って利用設定をしましょう。

万が一ルーターが故障していたり、初期不良だった場合は、サポートセンターに連絡しましょう。

6.まとめ

どんなときもWiFi 口コミ アイキャッチ

今回は、無制限のおすすめモバイルルーター「どんなときもWiFi」について解説してきました。

結論として、無制限のモバイルルーターはどんなときもWiFiがおすすめです

月のデータ容量無制限で、通信制限もない「完全無制限」のモバイルルーターは現状他にありません。

固定回線のように、無制限で通信制限のないモバイルルーターをお探しの方は、本記事を参考に是非どんなときもWiFiを契約してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です