どんなときもWiFiの料金プランを徹底解説!容量無制限で使い放題

どんなときもWiFi料金アイキャッチ

どんなときもWiFiの料金についてお調べですね。

「どんなときもWiFiって最近広告でよく見かけるけど、実際安いの?高いの?」とお考えではないでしょうか。

結論から言うと、どんなときもWiFiは月額3,480円から使える、データ使い放題のお得なレンタルWiFiサービスです

データ容量無制限で、ここまで月額料金の安いレンタルWiFiサービスは、現状他にありません。

毎月スマホの通信速度制限に直ぐかかってしまう人は、通信速度制限のないどんなときもWiFiを契約すれば、あの速度が出なくてイライラするストレスから開放されますよ!

この記事では、どんなときもWiFiの料金や契約方法について、分かりやすくお伝えします。

当記事を参考に、是非どんなときもWiFを契約してみて下さいね。

1.結論:どんなときもWiFiはデータ使い放題なのに安い!

どんなときもWiFi説明

どんなときもWiFiは、毎月のデータ容量無制限で月額3,480円から使うことが出来ます

他社のWiFiサービスによくある、月間◯GBまでは高速通信可能、3日で10GB以上使うと通信速度制限がかかるといったこともありません。

しかも、月額料金が3,480円からと他社の同等サービスと比較しても料金も安いという特徴があります。

動画やゲームなど、データを大量に消費するサービスをたっぷり使うことが出来て、毎月の料金が安いどんなときもWiFiは、今最も熱いレンタルWiFiサービスの1つです。

2.月額料金を安く抑えるならクレジットカード払いがおすすめ

どんなときもWiFiは、クレジットカード払いが最も安くおすすめです

支払い方法によって月額料金が異なる2つの料金プランが用意されています。

・クレジットカード払い:月額3,480円(税別)

・口座振替払い:月額3,980円(税別)

広告でよく目にする「月額3,480円(税抜)」というのは、クレジットカード払いを選択した場合の料金なので注意しましょう。

2−1.クレジットカード払いと口座振替払いの料金を比較

実際にクレジットカード払いと口座振替払いで、どの位料金の差があるのか表にまとめてみました。

  月額料金 2年間合計
クレジットカード払い 3,480円 83,520円
口座振替払い 3,980円 95,520円
差額 500円 12,000円

※全て税別の料金です。

口座振替払いを選択すると、クレジットカード払いに比べ、毎月500円、2年間で12,000円もの差が出てきます

支払い方法によって、サービスの内容に違いがある訳ではないので、なにか特別な理由がない限り、お得なクレジットカード払いを選びましょう。

2−2.どんなときもWiFiは実質2年縛り

どんなときもWiFiは、2年間の契約期間中に途中で解約すると、契約解除料が発生します

契約解除料は、解約するタイミングによって4つのパターンに分けられています。

更新月(25ヶ月目)に解約する場合、契約解除料はかかりません。どんなときもWiFiを契約する際は、更新月も忘れずにメモしておきましょう。

ルーターはレンタル扱いで、解約月の翌月5日までに返却する必要があります。

返却期限までに返却しなかったり、ルーターの故障や欠品がある場合、機器損害金として18,000円(税抜)かかるので注意しましょう。

3.どんなときもWiFiは海外だと利用料金が変わる

どんなときもWiFiは、海外でも利用することが出来ますが、別途海外利用料が発生します

事前に面倒な手続き一切不要で、世界107ヵ国で利用することが出来るのは非常に便利ですが、国内使用料(月額料金)にプラスして料金が掛かるので注意しましょう。

この項目では、どんなときもWiFiを海外で利用した際の具体的な料金について解説していきます。

3−1.渡航先によって料金は2パターン

どんなときもWiFiは、利用国エリアによって海外利用料が異なります

・利用国エリア1(69カ国):1,280円/日

・利用国エリア2(37カ国):1,880円/日

利用国エリア1・2の詳細は下記の通りです。

中国で利用する場合、規制によりSNSなどのサイトが利用できない可能性があります。 

また、大都市圏や都市中心部を除いた地域では、回線に関係なく3Gや2Gになる場合があります。

3−2.海外で使わない日は0円

どんなときもWiFiは、海外で使った日だけ料金が発生します。つまり、海外にいても使っていない日は海外利用料が発生しません

海外用レンタルWiFiの多くは、レンタル開始日から返却日まで、毎日料金が発生します。

しかし、どんなときもWiFiなら海外で実際に利用した日数のみの請求なので、お得に利用することが出来るんです。

また、海外で万が一ルーターを盗難・紛失してしまっても「海外あんしん補償」が適用されるので安心です。

海外あんしん補償は海外利用時の盗難・紛失のみ対象で、故障・水没・全損は対象外となっています。

4.どんなときもWiFiと他社の料金を比較

ここまで、どんなときもWiFiの料金について解説してきましたが、果たしてどんなときもWiFiは他社と比較して安いのでしょうか?

そこで、どんなときもWiFi(クレジットカード払い)と、他社(データ使い放題の同等サービス)の料金を表にまとめて比較してみました。

会社名 どんなときもWiFi FUJI Wifi WifiO NOZOMI Wi-Fi
月額料金 3,480円 6,000円 3,680円 4,480円
事務手数料 3,000円 2,000円 3,980円 3,980円
端末新規登録料 4,980円
2年契約の有無 あり なし なし なし
2年間の合計金額 86,520円 146,000円 97,280円 111,500円

※全て税抜きの価格です。

比較した結果、どんなときもWiFiが月額料金、2年間使用した際の合計金額共に最も安いということが分かりました

同等のサービス内容でこれだけ料金の差があるのは本当に驚きですよね・・・。

データ使い放題で月額料金を安く抑えたい人は、2年縛りはあるものの、どんなときもWiFiが最もおすすめのサービスです。

「どんなときもWiFiがおすすめな人」について、具体的にこちらの記事で紹介しています。是非チェックしてみて下さい。

5.どんなときもWiFiをスムーズに契約するための4STEP

どんなときもWiFiの申し込み手順は非常にかんたんです

具体的に、以下4つのSTEPに分けて解説します。

STEP1.申し込み手続きをする

STEP2.開通審査を待つ

STEP3.ルーターが発送される

STEP4.ルーターが届いたら利用開始

一つずつ順番に、分かりやすく説明していきますね。

STEP−1.申し込み手続きをする

まず、どんなときもWiFi公式サイトの「お申込みフォーム」から申し込み手続きをします。

申込み自体は24時間いつでも可能ですが、ルーターの在庫切れなどの事情で「予約受付」状態になっている場合もあります。申込みの際に確認しましょう。

契約前に不明な点がある場合、チャットでAIに相談することが出来ます。

STEP−2.開通審査を待つ

申し込みフォームに入力した情報を元に、どんなときもWiFiにて開通審査が行われます。

申し込み内容に不備が確認された場合、不備が解消されるまでルーターが発送されないので注意しましょう。

STEP−3.ルーターが発送される

申し込み処理が確定すると、ルーターの発送準備に入ります。

最短で即日発送され、発送時に登録したメールアドレスに荷物の伝票番号(佐川急便)が送られてくるので、配送状況を確認することが可能です。

当日発送は平日13時、土曜11時までの受付分になります。日曜・祝日は発送が行われていません。

また、申込の混雑具合、審査、在庫状況によって即日発送されない場合もあります。

STEP−4.ルーターが届いたら利用開始

荷物が手元に届いたら、設定ガイドに沿って利用設定をしましょう。

万が一ルーターが故障していたり、初期不良だった場合は、サポートセンターに連絡しましょう。

6.まとめ

今回は、どんなときもWiFiの料金と契約方法について紹介しました。

結論として、どんなときもWiFiは、他社の同等サービスよりも利用料金が安く、多くの方におすすめすることが出来るサービスです

データ使い放題で月額料金が安いレンタルWiFサービスをご検討中の方は、この記事を参考に、どんなときもWiFiを契約してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です