どんなときもWiFiの口コミレビュー!ノンストレスでネット使い放題

どんなときもWiFi 口コミ アイキャッチ

どんなときもWiFiの口コミについてお調べですね。

「どんなときもWiFiは気になるけど、実際評判ってどうなの?」とお考えではないでしょうか。

結論から言うと、どんなときもWiFiは、実際に利用しているユーザーの評判がとてもいいレンタルWiFiサービスです

この記事では、どんなときもWiFiの口コミを徹底調査し、その結果について客観的にお伝えします。

当記事を参考に、是非どんなときもWiFを契約してみて下さいね。

目次

1.どんなときもWiFiはこんな人におすすめ

どんなときもWiFi データ無制限

どんなときもWiFiは、月額3,480円(税抜)でデータ容量無制限のお得なレンタルWiFiサービスです

もし、下記どちらかのケースに当てはまる人は、どんなときもWiFiを契約すると、今より快適なネット環境が手に入ります。

1−1.スマホのデータ通信量で悩んでいる人

どんなときもWiFiなら容量無制限

どんなときもWiFiは、データ容量無制限で使うことが出来るので、毎月スマホのデータ容量が足りなくて困っている人におすすめです

また、3日で10GBや、1日3GBまでといった通信制限が無いので、SNSや動画視聴を好きなだけ楽しむことが出来ます。

1−2.レンタルWiFiの月額料金を抑えたい人

どんなときもWiFi月額料金3,480円

今、レンタルWiFiの乗り換え先を探している人に、どんなときもWiFiはおすすめです

どんなときもWiFiは、最初の数ヶ月だけ月額費用が安いパターンではなく、2年間定額で月額3,480円(税抜き)から使うことが出来ます。

他のレンタルWiFiよりも月額料金が安く、データ容量完全無制限で使うことが出来るので、コスパ抜群ですよ!

2.どんなときもWiFiの口コミを徹底調査

どんなときもWiFi口コミ

どんなときもWiFiは、サービスが開始されてからまだ日が浅いですが、ネット上には既に沢山の口コミが出ています

そこで、当サイト独自に口コミを徹底調査した結果、特に多かった口コミをそれぞれ4つの項目に分けて解説します。

2−1.快適な通信速度

口コミを調査してみると、既に利用しているWiMAXと、どんなときもWiFiの速度を比較されている方が多かったです

こちらの方は、同じ時間帯に同じ場所で、WiMAXとどんなときもWiFiの速度を比較した結果をレビューされていました。

速度比較の結果、どんなときもWiFiの方が速度が早く、「どんな場所でも信頼がおけるモバイルルーター」と高く評価しています。

仕事や旅行など移動が多い方がレンタルWiFiを選ぶなら、どんなときもWiFiがおすすめです。

2−2.対応エリアが広くどこでも使える

こちらの方は、WiMAXからどんなときもWiFiに乗り換た感想をレビューされていました。

WiMAXよりもどんなときもWiFiの方が対応エリアが広く、使う場所を選ばなくなったと非常に満足されていました

どんなときもWiFiは、大手3キャリアの通信網を利用しているので、WiMAXの電波が届きづらい地域や、地方によく行かれる方と相性抜群のサービスです。

2−3.通信速度制限がなく快適に使える

どんなときもWiFiを契約して1ヶ月使用した方の口コミです。

この方は、どんなときもWiFiの謳い文句通り、通信速度制限に掛からず、快適に使えてるとのことです

データ容量無制限で通信速度制限も無いレンタルWiFiサービスは希少なので、毎日ネットをよく使う人はどんなときもWiFiがおすすめです。

2−4.端末の在庫状況が不安定

どんなときもWiFiは、書類の不備などがなければ、端末が原則即日発送されます。

しかし、6月中旬時点で、どんなときもWiFiは端末の在庫切れが発生しているようです

在庫切れの状態だと予約扱いになり、端末が即日発送されないので注意しましょう

※ 最新情報は、どんなときもWiFi公式サイトまたはTwitter公式アカウントをチェックして下さい。

3.【徹底検証】その口コミは本当に正しいのか?

どんなときもWiFi口コミ正しい?

どんなときもWiFiの口コミを調査しましたが、その口コミの内容が本当に正しいのか4つの項目に分けて追加で検証していきたいと思います

3−1.ストレス無く使える通信速度

どんなときもWiFiサポートチャットキャプチャ

どんなときもWiFiの通信速度は、下り(受信)最大150Mbps、上り(送信)最大50Mbpsです

しかし、この数値はあくまでの理論上の最大値になります。

そこで、どんなときもWiFiのサポートセンターにチャットで確認したところ、「平均下り70〜100Mbps程」という回答を頂きました。

「高画質な動画なども快適に見られる速度」ということなので、どんなときもWiFiは、ストレスの無い速度でネットを楽しむことが出来ると言えます。

3−2.大手3キャリアの通信網に対応しワイドエリア

どんなときもWiFiクラウドSIM

どんなときもWiFiは、利用場所に応じて最適な通信網が適用される「クラウドSIM」という仕組みを利用しています

クラウドSIMは、1つのキャリアに縛られず、ドコモ・au・ソフトバンク3社の通信網(LTE回線)を使うこと出来るので、日本全国どこにいても快適にネットを利用することが出来ます。

クラウドSIMに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

3−3.違法な通信が認められた場合は通信速度制限が掛かる

どんなときもWiFi速度制限

どんなときもWiFiは、データ容量無制限と宣伝していますが、実際は通信速度制限が存在します

しかし、通信速度制限の対象となるのは、違法ダウンロードなど不正利用をした場合の通信なので、通常利用では特に気にする必要はありません。

3−4.【6月下旬】どんなときもWiFiの在庫状況を調査

どんなときもWiFi 在庫状況

改めて確認してみた所、2019年6月下旬時点で、どんなときもWiFi公式サイト上に【重要なご案内】が表示されていました

やはり、現時点で申込み数に対して端末の在庫切れが発生しており、予約受付状態となっています。

2019年7月時点では、在庫切れが解消されていました。

最新の在庫状況などは、どんなときもWiFi公式ページで確認しましょう。

4.【体験談】どんなときもWiFiを実際に使ってみて

どんなときもWiFi U2s

これまでどんなときもWiFiの口コミについて調査、検証してきましたが、当サイトもどんなときもWiFiを実際に契約して使っています。

そこで、どんなときもWiFiを実際に使ってみた感想をまとめました

・複数台で接続しているとバッテリーが10時間持たない

・端末に液晶パネルがついておらず状態が分かりづらい

・通信速度は問題なく快適に使えている

※Softbank回線(クラウドSIM)の感想です

一つずつ説明していきますね。

4−1.複数台接続しているとバッテリーが10時間持たない

どんなときもWiFiバッテリー

まず一つ目は、複数の端末でどんなときもWiFiに接続すると、バッテリーが10時間は持たないことです

公式サイトには、「10時間長持ちするバッテリーである」と記載があったので、スマホとパソコンの2台を接続しっぱなしで試してみました。

結果、8時間ほどでバッテリーが切れました。

長持ちではあるものの、10時間持つのは1台のみを接続した場合のみだと考えて良いでしょう。

4−2.液晶パネルがついていないので端末の状態が分かりにくい

どんなときもWiFiスペック表

2つ目は、端末に液晶パネルがついていないため、端末の状態が分かりにくいことです

どんなときもWiFiにはランプがついており、電波や充電の状況はそのランプの色で判断します。

とは言っても、ランプの色のみだと、どの程度充電されているのか、どれくらいの電波の強さなのかなどは一切分かりません。

WiMAXのような液晶パネルがついているポケットWiFiと比べると、正直かなり使いにくい部分です。

4−3.通信速度は問題なし!快適に使える

どんなときもWiFiルーターD1

最後は、通信速度は問題なく快適に使えることです

どんなときもWiFiの端末は、ぶっちゃけ特別に速度が速くも遅くもありません。

そこで、家の中だけでなく、山の方や町中にも出てYouTubeが見られるかどうかを検証してみました。

結果、問題無く見ることができたので、速度面は全く問題ありません。むしろ快適です。

5.評判や口コミからは知り得ない3つの真実

どんなときもWiFiは、評判や口コミだけでは分かりづらい部分が3つあります。

  • 月額3,480円なのはクレジット払いのみ
  • 契約には実質2年の縛りがある
  • 海外でも使えるが別料金が発生する

それぞれ、詳しく説明しますね。

5−1.月額3,480円なのはクレジットカード払いのみ

どんなときもWiFi月額3,480円

どんなときもWiFiは、月額3,480円(税抜)と大々的に宣伝されていますが、これは毎月の料金の支払い方法がクレジットカードの場合の料金です

どんなときもWiFiは、2年間定額制で、毎月の支払い方法によって料金の異なる2つのプランが用意されています。

・クレジットカード払い:月額3,480円+税

・口座振替払い:月額3,980円+税

クレジットカードを所有していない場合などを除き、月額料金の高い口座振替払いを選択するメリットはありません。

どんなときもWiFiに申し込む際は、お得なクレジットカード払いを選択しましょう。

どんなときもWiFiの料金についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

5−2.2年以内の解約は契約解除料が発生する

どんなときもWiFi契約解除料

どんなときもWiFiは、2年毎の自動更新になっていて、初回の更新月(25ヶ月目)以外に解約すると、解約手数料が発生します

更新月で解約すれば解約手数料は発生しないので、どんなときもWiFiに申し込む際は、更新月も忘れずにメモしておきましょう!

どんなときもWiFiのルーターはレンタル扱いです。解約月の翌月5日までに元払いで一式返却する必要があります。

返却期限までに返却しなかったり、ルーターの故障や欠品がある場合、機器損害金18,000円(税抜)が掛かるので注意しましょう。

詳しくはどんなときもWiFi公式ページをご参照ください。

5−3.海外でもそのまま使えるが別料金が発生する

どんなときもWiFi海外利用料

どんなときもWiFiは、事前に面倒な手続き一切不要で、世界107ヵ国で利用することが出来ます

しかし、海外で利用した場合、毎月の料金にプラスして、エリア(利用国)ごとに定められた海外利用料が発生するので注意が必要です。

海外利用や利用国エリアの詳細についてはこちらをご参照下さい。

6.どんなときもWiFiは4STEPでかんたんに申し込める

どんなときもWiFiの申し込み手順は非常にかんたんです

具体的に、以下4つのSTEPに分けて解説します。

STEP1.公式サイトから申し込み手続きをする

STEP2.開通審査の結果を待つ

STEP3.どんなときもWiFiからルーターが発送される

STEP4.ルーターが届いたら利用開始

一つずつ順番に、分かりやすく説明していきますね。

STEP−1.公式サイトから申し込み手続きをする

まず、どんなときもWiFi公式サイトの「お申込みフォーム」から申し込み手続きをします。

申込み自体は24時間いつでも可能ですが、ルーターの在庫切れなどの事情で「予約受付」状態になっている場合もあります。申込みの際に確認しましょう。

契約前に不明な点がある場合、チャットでAIに相談することが出来ます。

STEP−2.開通審査の結果を待つ

申し込みフォームに入力した情報を元に、どんなときもWiFiにて開通審査が行われます。

申し込み内容に不備が確認された場合、不備が解消されるまでルーターが発送されないので注意しましょう。

STEP−3.どんなときもWiFiからルーターが発送される

申し込み処理が確定すると、ルーターの発送準備に入ります。

最短で即日発送され、発送時に登録したメールアドレスに荷物の伝票番号(佐川急便)が送られてくるので、配送状況を確認することが可能です。

当日発送は平日13時、土曜11時までの受付分になります。日曜・祝日は発送が行われていません。

また、申込の混雑具合、審査、在庫状況によって即日発送されない場合もあります。

STEP−4.ルーターが届いたら利用開始

荷物が手元に届いたら、設定ガイドに沿って利用設定をしましょう。

万が一ルーターが故障していたり、初期不良だった場合は、サポートセンターに連絡しましょう。

7.まとめ

どんなときもWiFi説明

今回は、どんなときもWiFiの口コミについて紹介しましたがいかがでしょうか?

結論として、どんなときもWiFiは、ユーザー満足度が高く、多くの方におすすめできるレンタルWiFiサービスです。

どんなときもWiFiをご検討中の方は、この記事を参考にして、実際に契約してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です