ドコモ光は本当に遅い?速度が遅くなる原因と改善方法、乗り換え時のステップを徹底解説

通信速度が遅くて悩んでいる男性

ドコモ光を利用していて「遅い」と感じることはありませんか?

ドコモ光は光ファイバーを利用した光回線のため、本来の通信速度は速いです。

しかし、回線以外の原因で通信速度が遅くなることがあります。

本記事の前半ではドコモ光が遅い場合の原因や対処方法、後半ではドコモ光から乗り換える際の手順や乗り換えにおすすめのプロバイダも紹介します。

通信速度が速くなることで、ストレスなく動画を見たり、インターネットを楽しんだりできるようになるでしょう。

1.ドコモ光の通信速度は本当に遅いの?

渋滞している道路

ドコモ光の通信速度は遅くはありません。むしろ、国内光通信サービスの中では安定して速いです。

「でも、うちの光回線はドコモだけど遅いよ!?」と考えている方へ、ドコモ光と他社回線に速度の違いはあるか比較しました。

Twitterで速度計測結果を上げられている方をピックアップしています。

 

ドコモ光ユーザーのツイート

auひかりユーザーのツイート

NURO光ユーザーのツイート

ご覧の通り、ドコモ光が特段遅いわけではありません。

ドコモ光を利用しても、回線速度が速い人はいます。

2.ドコモ光の速度が遅いと感じる5つの原因

夜の明るい道路

ドコモ光の速度が遅いとひとくちに言っても、実は原因となる要素はいくつもあります。

遅い原因がどこにあるのかを特定することが、改善への第一歩です。

考えられる原因をみていきましょう。

この章では、ドコモ光が遅い原因について詳しく解説していきます。

1.接続機器が最新の規格に対応していない

原因のひとつとして考えられるのが、接続機器の問題です。

ドコモ光が遅いと感じても、実は回線そのものの速度は出ているのに、家の中のルーターや無線LANが原因で遅くなることがあります。

無線LANやルーターにはそれぞれ「通信規格」があり、発売された時期や機種によって最大通信速度の上限が決まっています。

ここで、通信規格による速度の違いについてみていきましょう。

規格名 最大通信速度
IEEE802.11ax 9.6Gbps
IEEE802.11ad 6.6Gbps
IEEE802.11ac 6.9Gbps
IEEE802.11n 600Mbps
IEEE802.11g 54Mbps
IEEE802.11a 54Mbps
IEEE802.11b 11Mbps

IEEE802.11が無線LANの通信規格です。

後につく「11ax」などの英字によって規格が変わります。

2020年の段階では「11ax」が最新の規格で、最大通信速度は9.6Gbpsです。

できるだけ新しい規格に対応した商品を選択することで、通信速度が速くなるでしょう。

2.使用しているパソコンやスマホのスペックが低い

ドコモ光が遅くなる原因のひとつに、使用しているパソコンやスマホのスペックが低いことが考えられます。

パソコンやスマホが古い場合、最新の無線LAN規格に対応していないことがあり、そのため通信速度が十分に出ないケースがあります。

また、長く使っているパソコンやスマホの場合は、ブラウザのキャッシュやOSのキャッシュが溜まって、動作が遅くなっているのかもしれません。

また、OSのアップデートでパソコンやスマホの必要スペックが上がってしまった場合も動作が遅くなります。

3.契約プランやプロバイダがIPv6とIPoE方式に対応していない

光回線を利用していても、契約プランやプロバイダが最新の通信規格に対応していない場合は能力を最大限発揮できません。

何年も前に契約した場合、新しい規格があること自体を知らないケースもあるでしょう。

速度が遅いと感じているなら、契約プランやプロバイダが、最新の通信規格であるIPv6とIPoE方式に対応しているか確認してみましょう。

4.ドコモ光の使用環境が悪い

通信速度を確認していると、「最大〇〇Mbps」との表記をよく見かけるでしょう。

実際に使ってみて、この数値に及ばない場合は速度が遅いと感じてしまいます。

しかし、「最大〇〇Mbps」はあくまでも理論値です。

多くの人が同時に光回線を利用する時間帯など、回線が混雑することで通信速度が低下してしまう可能性があります。

それ以外にも、パソコンなど端末の能力などさまざまな要因が絡んでくるため、実際は理論値よりも速度が遅くなることが多いです。

これは「ベストエフォート型」と呼ばれていて、「最大〇〇Mbps」は、最大限に環境が整った場合に出る数値を指します。

あくまでも、理論上可能な数値であると覚えておきましょう。

5.集合住宅などで利用者数が多い

集合住宅では、1本のケーブルを各部屋に分配するという形で光回線を利用しています。

建物内で1つの光回線を大人数で使用するため、通信の渋滞が起こってしまうでしょう。

また、ドコモ光の回線速度は、使っている地域により速度が遅くなるケースもあります。

集合住宅と同様に、基地局の利用者が多い地域では光回線が混雑してしまうことが原因です。

3.ドコモ光の速度が遅い場合の3つの改善方法

パソコンと女性

ここまでは、ドコモ光の速度が遅くなる原因を紹介しました。

この章では、ドコモ光の速度が遅い場合の改善方法を以下の3つ紹介します。

対策には無料でできるものとお金がかかるものがあります。

まずは無料でできる対策を試してみて、それでも改善が見られなければお金をかける改善方法を試してみましょう。

1.接続機器や通信機器などの再起動を実施する

ドコモ光の速度が遅い時に改善が期待できる方法の1つめが、機器類の再起動です。

ルーターや無線LANの機器の中には、アップデートのデータがきていたとしても、再起動しないと適用されないものがあるからです。

そのため、機器類を再起動することで、アップデートが適用され通信速度の改善が期待できます。

なお、ルーターや無線LANを再起動している間は通信回線は使えないため、家族が別の部屋でパソコンの作業などをしていないか確認してから行ってください。

また、スマホやパソコンも再起動を試してみましょう。

スマホやパソコンにWiFiの通信速度改善のアップデートがきていれば、再起動すれば適用されます。

再起動は無料で速度改善できる可能性があるため、試してみて損はありません。

2.使用機器を買い替える

ドコモ光の速度が遅い場合の改善方法の2つめは、使用している機器の買い替えです。

2020年9月現在の最新のWiFiの規格は「IEEE 802.11ax」「Wi-Fi6」です。

もしルーターや無線LANの機器にこのどちらかの表示が無いなら、前の世代の通信規格で通信している可能性が高くなります。

また、ルーターや無線LANに接続しているLANケーブルのカテゴリーが「6A」「7」「8」になっているか確認しましょう。

もし上記以外のカテゴリーの場合は、LANケーブルが原因で通信速度が遅くなっているのかもしれません。

どちらの場合も、機器を買い換えると通信速度が改善する可能性があります。

3.契約プランやプロバイダを変更する

ドコモ光の速度が遅い場合の改善方法3つめは、契約プランやプロバイダの変更です。

最新の通信規格であるIPv6(IPoE)対応のプランに変更してみましょう。

IPv6(IPoE)に対応したプランがない場合は、プロバイダを乗り換えることも検討してください。

集合住宅で契約プランやプロバイダを変更できない場合

集合住宅に住んでいて、現在の契約が集合住宅用になっている場合は、戸建住宅用プランに切り替えられないか検討するのもひとつの手です。

集合住宅用プランの場合は、建物内に住んでいる数家族で通信回線を分け合いますが、戸建住宅プランの場合はその心配がありません。

しかし、集合住宅で戸建住宅用プランを契約するためには、特殊な工事が必要になり家主や管理組合の許可をとらないといけないケースもあります

まずは、現在契約しているプロバイダに相談してみましょう。

また、他社への乗り換えをする場合は、契約中の光回線がスマホとセットで割引になっていないか確認しましょう。

現在光回線とスマホがセットで割引されている場合、光回線を他社に乗り換えると割引されません。

逆に、現在光回線とスマホがセット割引されていない場合は、使用しているスマホの料金が割引されるプロバイダを選ぶと通信コストを削減できることがあります。

4.ドコモ光の速度が改善しなければ、他社への乗り換えを検討しよう

考えている女性

これまでに紹介した方法でもドコモ光の速度が改善しない場合は、他社への乗り換えを検討しましょう。

4-1.おすすめの乗り換え先は?

光回線をお考えの人に一番おすすめできるのは、「nuro光」です。

nuro光をおすすめする理由は以下の3つです。

  1. 世界最速級の回線速度
    他の光回線は最高速度1Gbpsのことが多いのに対し、nuro光の最高速度は2Gbps。プランによっては、最大速度6Gbps、10Gbpsの速度も可能。
  2. 他のひかり回線よりも月額料金が500〜1,000円ほど安い
    nuro光の月額料金は、4,743円で利用することができます。他の光回線は5,000〜6,000円ぐらいなので、nuro光は500円〜1,000円ほどお得。
  3. 初期費用無料で最大45,000円のキャッシュバックがもらえる
    工事費もかかりませんし、なおかつ最大で45,000円のキャッシュバックをもらって光回線が使える。

ただし、nuro光が利用できるのは、以下の緑色になってるエリアのみになります。

nuro光のエリア

緑色になっている都道府県でも対応していないエリアも一部あるので、公式ページで必ず確認するようにしてください。

特にマンションの場合は、対応していないことの方が多いので、注意しましょう。

光回線では「nuro光」が一番おすすめとお伝えしましたが、「nuro光が対応していないよ」という人も多いのではないでしょうか??

「nuro光」が対応していないという場合には、携帯キャリアと同じ会社の光回線を使うことをおすすめします。

nuro光がエリア外なら、携帯キャリアと同じ光回線がおすすめ

携帯キャリアと同じ会社の光回線を使うことで、携帯料金を安くしてもらえます。

それぞれのおすすめの申し込み窓口を以下にまとめておきました。

  1. auひかり
    代理店「株式会社NEXT」からの申し込みがおすすめ。(プロバイダは「So-net」か「BIGLOBE」がおすすめ)
  2. docomo光
    プロバイダ「GMOとくとくBB」からの申し込みがおすすめ。
  3. Softbank光
    代理店「アウンカンパニー」からの申し込みがおすすめ。(プロバイダはYahoo!BB)

ただし、auひかりを株式会社NEXTから申し込む場合、「auひかり電話」に加入しないと携帯料金の割引をしてもらうことはできません

docomo光とSoftbank光で紹介している窓口は、オプション加入などの必要はありませんので、そのまま申し込んでください。

5.乗り換える際の基本的な5つのステップ

階段を上がる2人

ドコモ光を他社に乗り換える場合は、以下のステップに則って行いましょう。

  1. 契約する光回線を選択
  2. 事業者への申込
  3. 電話連絡
  4. 解約の電話
  5. 光回線の開通工事

手順通りにすることで、スムーズに乗り換えることが可能です。

以下の項目で、さらに詳しく解説していきます。

1.契約する光回線を選択

ドコモ光から他社に乗り換える際、まずは契約する光回線を選択します。

契約する光回線によって契約の方法や工事の有無が決まるため、最初に選んで方向性を決めましょう。

工事をする必要があるケース

ドコモ光から下記のネット接続サービスに乗り換える場合、工事が必要になります。

  • auひかり
  • NURO光
  • ケーブルテレビ会社のネット接続サービス

この3社については、いったん現在の光回線の契約を解除し、新規に契約をする必要があるほか、光回線の工事が必要です。

上記で挙げた3社以外は特に工事の必要がありません。

理由は全てバックボーンがNTT光であるためで、このことを「コラボ光」と言います。

コラボ光は、回線業者もプロバイダも、NTTから光回線を借りて消費者に販売しているため、乗り換えても同じ機器がそのまま使用することが可能です。

先に挙げた3点は、いずれもNTTの回線ではなく自社の回線を使うため、新たな工事が必要になります

2.事業者への申込

ステップ2は、新たに契約する事業者への申込みです。

事業者への申込みは電話とWebの2種類があります。

しかし、電話の場合は混み合ってつながらないことがあるため、Webでの申込みをおすすめします。

Webでの申込みなら、つながらずイライラすることもありません。

3.電話連絡

ステップ3は、プロバイダからの電話がかかってくることです。

プロバイダからの電話番号はフリーダイヤルの場合もあるため、誤って着信拒否をしないよう気をつけましょう。

またプロバイダからの電話では、工事希望日やどのプロバイダからの乗り換えか、回線を導入する建物が戸建てか集合住宅かなども聞かるため、しっかりと返答しましょう。

4.解約の電話

ステップ4は、現在契約しているプロバイダへの解約の電話です。解約の電話をするタイミングは、新たに契約するプロバイダの工事日が決まってからにしましょう。

理由は、ネットが使えない日を作らないためです。

先に現在契約しているプロバイダを解約してしまうと、即日ネット回線が使えなくなります。

解約したとしても、新たに契約するプロバイダの開通工事日が3ヶ月先などとなった場合、その間光回線が使えません。

5.光回線の開通工事

ステップ5は光回線の開通工事となります。

先述の通り、ドコモ光から乗り換える場合、以下の3社のみ開通工事が必要です。

  • auひかり
  • NURO光
  • ケーブルテレビ会社のネット接続サービス

なお、家への工事は不要であるものの、家の中のルーターや無線LANの交換が必要な場合があります

例えば、ソフトバンク光の場合は、ソフトバンク光が指定するルーターを必ずレンタルしなくてはなりません。

光回線の工事やルーターや無線LANの交換が必要か、事前に確認しておきましょう。

5-1.乗り換え時の解約金は負担してもらえることも

光回線の乗り換えで気になるのが解約金です。

携帯電話の契約では高額の違約金がかかることは無くなりました。

一方で、光回線ではまだ契約期間内に解約すると解約金がかかるケースがあります。

そのため、乗り換えやすくなるようプロバイダ側で以下のキャンペーンを行っている場合があります。

  • 解約金全額負担
  • キャッシュバック

プロバイダを選ぶ際に、キャンペーンにも注目すると良いでしょう。

まとめ

ドコモ光が遅い原因や対策、他社への乗り換える方法を紹介しました。

ドコモ光が遅い原因を特定し、対策をしても早くならない場合は、他社への乗り換えも検討してみましょう。

他社への乗り換えの際には、契約の内容や工事の有無などをチェックしつつ、自分の使用状況や使用環境に適した会社を慎重に選んでみてください。