UQモバイルへ最もお得に乗り換える方法を6STEPで解説

UQモバイルロゴ

UQモバイルへの乗り換えについてお調べですね?

乗り換えようと思ったものの、実際の変更手順や「電話番号は変わっちゃうのかな?」「自分でも乗り換えできるかな?」など疑問も多いですよね。

今まで、au・docomo・Softbankの大手キャリアで契約していたのなら尚更のこと。

この記事では、疑問について答えながらUQモバイルの乗り換え手順を詳しく分かりやすく解説していきます。

一緒にUQモバイルへ完璧に乗り換えましょう。

1.事前の準備でスムーズに乗り換え!

「携帯の乗り換えって大変そう…」そんなイメージを持っていませんか?

確かに、乗り換え手続きをしているとMNP予約番号やANP変更など聞き慣れない言葉が出てきたりします。

しかし、ここでは聞きなれない言葉も簡単に分かりやすく説明していくので、難しいことはありません。

難しそうな乗り換えを、事前の準備でグッとスムーズにしてしまいましょう!

実際に乗り換え手続きをする前に、進めておきたい準備はこの2つ。

  • 必要なものを揃えよう
  • 契約するプランを決めておこう

詳しくみていきましょう。

必要なものを揃えよう

まずは実際の手続きに必要なものを揃えましょう。

必要なものはこの4つ。

  • メールアドレス
  • クレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(写真付のみ)など)
  • MNP予約番号

メールアドレスは、今現在使っているものがキャリアメールアドレス(i.softnak.jp、docomo.ne.jp、au.comなど)の場合、新しいものが必要になります。

UQモバイルに乗り換えると、今まで使っていたキャリアメールアドレスは使えなくなってしまうので、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスを新しく取っておくと良いでしょう。

他には、料金の支払いに使うため、契約する名義人と同じ名義のクレジットカード・本人確認のできる書類を用意しておきます。

本人確認できる書類※は、運転免許証、パスポート、住基カード(写真付のみ)などの顔写真付きのものを用意してください。

そして最後のMNP予約番号については、次で詳しく説明していきます。

※ 運転免許証などの本人確認できる書類を用意できない場合…こちらの「ご本人さま確認書類」に記載されているものであれば有効なので、確認してみてください。

電話番号をそのまま使う!MNP予約番号の取り方

「MNP予約番号って?」と思っていませんか?

MNP予約番号という言葉を初めて聞いたという人のためにも、軽く説明しますね。

MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)予約番号とは、今使っている電話番号を乗り換え先でもそのまま使えるようにするための番号です。

これを取っておかないと、今の電話番号は使えなくなってしまうので気を付けましょう。

そんなMNP予約番号の取り方は、今現在契約しているキャリアでもらえます。

キャリアによって、受付方法が異なるので以下の表でまとめました。

  docomo au Softbank
パソコン

午前9時~午後9時半まで

ドコモオンライン手続きで申し込めます。

午前9時~午後8時まで

「My au」の”ご契約内容/手続き”にある”お問い合わせ/お手続き”から申し込めます。

午前9時~午後8時まで

「Myソフトバンク」で手続きできます。

電話

午前9時~午後8時まで

ドコモの携帯電話で「151」(無料)で申し込めます。

午前9時~午後6時まで

au携帯電話/一般電話共通

0077-7041

午前9時~午後8時まで

ソフトバンク携帯電話/*5533

フリーコール/0800-100-5533

店舗 営業時間内(本人確認書類が必要です)

それぞれ、パソコン・電話・店舗でMNP予約番号が取れるので利用しやすい方法で取得してください。

また、MNP予約番号をとるうえでの注意点がいくつかあるので、しっかり見ていきましょう。

  • 15日間の有効期限

MNP予約番号には15日間の有効期限があります。期限が切れると自動的にキャンセル扱いとなってしまいます。

キャンセルされた後も何度でも取得することは出来ますが、乗り換え完了までの日数(約2~3日)は余裕をもって手続きしましょう。

  • 乗り換え元で発生する料金がある

MNP予約番号を取得して乗り換えを完了すると、今まで契約していたところから契約解除料やMNP転出料などが発生する場合があります。

大体の目安としては、約12,500円~13,500円前後ですが、今自分が契約しているところの契約解除料・MNP転出料がいくらかかるのかを調べておくと、より安心です。

契約するプランを決めておこう

UQモバイルに乗り換える前に、あらかじめプランを決めておくと手続きがスムーズです。

もし「既に決めている!」という人がいれば、読み飛ばして次へ進んでください。

UQモバイルのプランは、自分の通話量と使うデータ量でプランを選びます。

以下は、UQモバイルの料金プランを簡単に表でまとめたものです。

UQモバイルの料金プランまとめ

※1 25ヶ月目以降は「プランS」2GB/月、「プランM」6GB/月 、「プランL」12GB/月

※2 14ヶ月目以降は「プランS」2,980円/月、「プランM」3,980円/月 、「プランL」5,980円/月

まず通話には、おしゃべりプランとぴったりプランの2つがあります

この2つのプランについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

おしゃべりプラン

国内通話が何度でもかけ放題ですが、一回5分以内と制限があります。

短い電話をたくさんかける人に使いやすいプランです。

5分を超えると、30秒ごとに20円の通話料が別途で掛かります。

ぴったりプラン

月に無料で通話できる量が限られているプランです。

おしゃべりプランとの違いは、長電話ができるという点です。

家族や恋人、友達と長く電話したい人はこちらのプランがいいでしょう。

こちらも、無料分はを超えてしまうと30秒ごとに20円の通話料が掛かります。

次に、データ容量のプランを選んでいきましょう。

ここで、1つ注意点があります。

先ほどの通話プランで、「ぴったりプラン」を選ぶと、無料通話できる量でこのデータ容量のプランも決まるのです。

先ほどの表を見て分かる通り、ぴったりプランでの無料通話が60分なら「Sプラン(6GB)」、120分なら「Mプラン(9GB)」、180分なら2「Lプラン(21GB)」と決まっています。

なので、データ容量のプランを選ぶのは通話プランで「おしゃべりプラン」を選んだ人だけということです。

「おしゃべりプラン」を選んだ人は以下から自分に合ったデータ容量のプランを選びましょう。

プラン プランS プランM プランL
データ容量 6GB/月 9GB/月 21GB/月

データ容量のプランも決まったら、これで準備は完了です。

次では、いよいよ実際に乗り換える手順を解説していくので、しっかり見ていきましょう。

2.UQモバイルへの乗り換え手順を4STEPで解説

(画像挿入)

それでは、実際にUQモバイルへ乗り換えるための手順を分かり易くお伝えしていきます。

乗り換えるには全部で4STEPです!頑張っていきましょう!

STEP1 キャンペーンを選ぶ

STEP2 事前に決めたプランで申し込む

STEP3 回線の切り替え

STEP4 ANPの変更

STEP1.キャンペーンを選ぶ

まずは、お得に乗り換えするためのキャンペーンを選びましょう。

キャンペーンをうまく活用することで、キャッシュバックや割引などの特典を受けられるので、通常で契約するよりお得になるポイントです!

キャンペーンには、UQモバイルの公式(UQコミュニケーションズ)がやっているものと、UQモバイルの代理店がやっているものがあります。

それぞれ特典が違うので、チェックしてみてくださいね!

(キャンペーン一覧つくる?)

STEP2.事前に決めたプランで申し込む

次にいよいよUQモバイルへ申し込みをしていきます。

申し込みに必要な物は、「1.事前の準備でスムーズに乗り換え!」で紹介した以下の4つです。

  1. メールアドレス(例:@gmail.comなど)
  2. クレジットカード
  3. 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(写真付のみ)など)
  4. MNP予約番号

申し込みは必ず、STEP1で選んだキャンペーンのあるサイトから申し込みを進めてください。

そうしないとキャンペーンが受けられないこともあるので注意が必要です。

申し込み画面に移動出来たら、画面の指示通りにMNP予約番号や契約者の情報を入力していくだけです。

UQモバイル店頭で申し込む場合…即日開通するのですぐに利用開始できますが、webのキャンペーン(キャッシュバックなど)は利用できないのでご注意ください。

STEP3.回線の切り替え

UQモバイルでは、自分で回線の切り替え手続きを行う必要があります。

回線の手続きなんて聞くと「なんだか難しそう…」と思うかもしれませんが、ネットから簡単にできるので安心して下さいね。

STEP2で手続きを終えると、後日SIMカードが手元に届きます。

届いたら、UQモバイルのマイページmyUQmobileにログインして回線の切り替えを行ってください。

詳しい手順は以下の通りです。

  1. myUQmobile にログインする。
  2. トップ画面の「お申し込み状況一覧」を選択。
  3. 申込状況が表示されたら、内容を確認して「回線切替」を選択。
  4. 問題が特になければ、そのまま「実行」を選んで完了です。

この手順を行うことにより、契約回線が元のキャリアからUQモバイルへ変更されます。

回線は、切り替え手続き完了から約30分程度で使えるようになります。

STEP4.ANPを変更する

最後に、ANPの変更をしていくのですが…まず「ANPの変更ってなに?」と思いますよね。

ANP(アクセスポイント名)の変更は、簡単に言うと新しいスマホがインターネットに接続するために必要な設定の変更です。

スマホの機種によっては、自分で設定しなくても変更が自動的に行われる場合もあります。

持っている端末で設定が必要かどうかは、こちらの「動作確認端末一覧」にアクセスして確認してみましょう。

下の画像のように、持っている機種を選択すると、APN設定が必要な場合は「ANP手順書」の欄にマークや説明の記載があります。

(ANP 動作確認一覧の画像挿入)

ここからは、記載の指示に従って変更すれば完了です。

以上で乗り換えの手続きはすべて終了です。お疲れさまでした!

3.UQモバイルを乗り換える際の注意点

ここからは、UQモバイルへ乗り換えるときに気を付けたい注意点をいくつか紹介していきます。

 

その1 25年後にデータ容量が変わる

その2 大手キャリアメールは使えない

その3 転出手数料と転入手数料が必要

その4 SIMのロック解除が必要

その5 デザリングのできない機種がある

その1 25か月目からデータ容量が減る

UQモバイルでは、25か月目に無料の増量オプションが終了しますので、データ容量が減ります。

上のように、プランSは1GB、プランMは3GB、プランLは7GBも減ります。

これを防ぎたい場合は、2通り方法があります。

1.機種変更する

機種変更時に申し込むと再び2年間増量オプションを無料で使うことができます。

UQモバイルは契約更新月以外でも、契約解除料はかかりませんが機種変更手数料が発生します(3,240円)

機種変更できるスマホは、

iPhone7、GalaxyA30,Huawei nova lite 3 などなど

iPhoneのみ、機種が古いですが他は最新の機種もあります。

2.有料で継続する

機種変更以外では、増量オプションを有料で継続することができます。

月額500円ですので、そこそこ掛かりますが自分のスマホが気に入っているならばこちらを選ぶのも良いと思います。

その2 大手キャリアメールは使えない

大手キャリアメールであるau、ソフトバンク、ドコモのキャリアメールはUQモバイルに乗り換えると使えなくなります。

キャリアメールは携帯会社が提供しているメールアドレスなので、解約して乗り換えるとメールアドレスは使えなくなってしまいます。

これの解決方法は、上記にありますがUQモバイルはキャリアメールが利用できる格安SIMですので是非とも利用することをお勧めします。

UQモバイルのキャリアメールについてはこちら!

その4 転出手数料と転入手数料が必要

携帯会社を乗り換えるとなると、転出手数料と転入手数料がかかります

ここでは、3大キャリアの転出手数料をまとめます

au 3000
ソフトバンク 3000
ドコモ 2000

これとは別に解約金がかかります。

転入手数料は一律3000円です。

解約金を除いても、5000円~6000円掛かります。

それでも、月々の料金が安くなりますので

その5 SIMのロック解除が必要

機種によってはSIMロック解除が必要な端末もあります。

解除にはご自身で行うのと、店頭でしてもらうのと2通りあります。

ですが、手数料が3,000円掛かりますのでご自身で行う方をおすすめします。

ご自身で行う場合のやり方

  • au公式サイトにログインしサポートから「ご契約内容の確認・変更のご案内」→「ご契約内容に関するお手続き」→「SIMカードに関するご案内」→「SIMロック解除のお手続きはこちら」→「SIMロック解除」を確認するを選択。「こちら」に進み暗証番号を入力し完了
  • ソフトバンク「契約・オプション管理」から「SIMロック解除手続き」を選択。IMEI(識別番号)を入力して完了
  • ドコモ「ドコモオンライン手続き」から「その他」の下にある「SIMロック解除」を選択。IMEIを入力して、SIMロック解除を申し込む

4.Q&A

ここでは、UQモバイル契約を考えている人が疑問に思っていることをQ&Aでお答えします。 よくある疑問をいくつかまとめたので、お悩みを解決していきましょう。

Q1 何をすればキャッシュバックをもらえる?

Q2 乗り換えの名義は、乗り換え前と同じ名義でなければいけない?

Q3 AppleIDの変更は必要?(iPhoneを使っている場合)

Q4 未成年者は契約できる?

Q5 ブラックリストは関係ある?

Q1 何をすればキャッシュバックをもらえる?

A.キャッシュバックキャンペーンを利用してUQモバイルの申し込みをしましょう。

2019年9月現在のキャッシュバックキャンペーンは以下があります。

22,000円キャッシュバック

キャンペーン適用条件 

  • クレジットカードでの申し込み
  • UQモバイル公式サイトから最後まで申し込む

適用時期

申し込んでから7か月後の末日

Q2 乗り換えの名義は、乗り換え前と同じ名義でなければいけない?

A.契約名義は原則、転出元の会社の名義人と新しくUQモバイルに乗り換える名義人は同一人物でないといけません。

名義を変更したい場合、元々の名義人と新しい名義人の両者が家族である上に2人が一緒にUQモバイルの店に足を運んでようやく変更可能です。

手間や時間を考えますと、事前に転出元で名義変更を行う、またはそのままの名義で乗り換えたほうが楽です。

転出元で名義変更する場合でも、元の名義人と新しい名義人が店に足を運ぶ必要性があります。

Q3 AppleIDの変更は必要?(iPhoneを使っている場合)

A.今まで使っていたIDがキャリアのメールアドレスの場合は、変更が必要です。

AppleIDの変更を忘れていた場合、

SIMを抜いた状態で、設定→ユーザー名→名前、電話番号、メール→連絡先で変更できます。

AppleIDが使えないと、既存のデータが消えたも同然ですのでお気を付けください。

4.未成年者が契約できる?

WEBでの申し込みでは未成年は契約できません。

店頭で親権者同伴の来店の場合のみ、中学生になる2か月前から未成年者名義で申し込み可能です。

それよりも、幼い場合は親権者名義で契約できます。

5.ブラックリストの関係性は?

UQモバイルの契約にブラックリストが引っかかることはほぼないです。

しかし、「携帯料金の未払いが存在する」や「クレジットカードのブラックリスト」という方は、口座振替でスマホを分割購入する場合は認められない可能性があります。

クレジットカードに変える、スマホ本体を一括で購入するなどをすれば契約に引っかからずに済みます。

まとめ

UQモバイルについて説明しました。

結論的には、UQモバイルに乗り換えるのはおススメです。

是非とも、この記事を利用してよりお得に乗り換えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です