もう壊れない!頑丈なタフネススマホのおすすめ機種を紹介!

タフネススマホ

「スマホを落としてしまって画面が割れた」

「雨で濡れたせいで壊れてしまった」

というような経験はないでしょうか?

今や暮らしにかかせない必需品となったスマートフォン。

頻繁に持ち歩くので、地面に落としたり水没させたりする危険性が常にあります。

一般的なスマートフォンは、落とした時の衝撃にも弱く壊れやすいものです。

少しでも壊れにくく衝撃や浸水に強いスマホを探しているなら、タフネススマホを選んでみてください。

この記事では、タフネススマホは一般的なスマホとどう違うのかについてや、おすすめのタフネススマホについて紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.おすすめのタフネススマホ購入方法

タフネススマホ

タフネススマホの購入方法はいくつかあります。

auやsoftbank、docomoなどの大手キャリアでは現在タフネススマホはほとんど販売されていません。

amazonなどのオンラインショップもいいかもしれませんが、より品数の多いガジェット専門店のgearbestや、中古ガジェットの販売もしているイオシスの2店舗がおすすめです。

方法1.「Gearbest」で購入

gearbest

Gearbestは様々なガジェットを取り扱っているショップです。

日本製品以外だけでなく、海外のガジェットの取り扱いもしているため、非常に多くラインナップされています。

セールも多くやっていて、タフネススマホも50%近いセールで販売されていることもあるため、まずはGearbestで探してみることをオススメします。

方法2.「イオシス」で中古スマホを探す

イオシス

イオシスは中古商品を取り扱うガジェットショップです。

最新機種はもちろん、生産終了しているモデルも取り扱っていることがあります。

未使用品から美品など状態のいいものから、傷などが目立つ代わりに料金が格安になってる商品など様々なので、こちらのショップもおすすめです。

2.おすすめのタフネススマホ3機種を紹介!

タフネススマホ

ここからはおすすめのタフネススマホを3種類紹介します!

  1. ARMOR 7
    高性能なタフネススマホが使いたい人におすすめ!
  2. ARMOR 3WT
    トランシーバー機能や大容量バッテリーなタフネススマホ!
  3. KINGKONG MINI
    小型で持ちやすいタフネススマホ!

それぞれ見ていきましょう。

おすすめ1.超高性能タフネススマホ「ARMOR 7」

Ulefone Armor 7

ARMOR 7のスペックは以下のようになっています。

メーカー名 Ulefone
製品名 ARMOR 7
画面サイズ 6.3インチ
重量 291g
寸法 81 × 165.85 × 13.55mm
SIMサイズ NanoSIM×2
OS Android 9
CPU MediaTek Helio P90
メモリ 8GB
ストレージ 128GB,256GBまでのmicroSD
カメラ 背面48MP,画面側16MP
バッテリー容量 5,500mAh
防水・防塵 IP68
言語 日本語対応

タフネススマホながら超高性能

Ulefone Armor 7

Ulefoneから出ているARMOR 7は、非常に高スペックなスマートフォンです。

CPUにはMediaTek Helio P90が使用されており、RAMも通常のスマートフォンをも凌駕する8GBなので、利用していて性能に困ることはないでしょう。

もちろんタフネス要素となる防水性能・防塵性能はIP68に対応しているため、頑丈なつくりとなっています。

頑丈なタフネススマホを利用しつつも、スマートフォンとしての性能も高い機種を探している人であれば、ARMOR7が非常におすすめです。

 

おすすめ2.トランシーバー機能付きタフネススマホ「ARMOR 3WT」

Ulefone Armor 3WT

Armor3WTのスペックは以下のようになっています。

メーカー名 Ulefone
製品名 ARMOR 3WT
画面サイズ 5.7インチ
重量 374g
寸法 79.2 x 164.8 x 18.15 mm
SIMサイズ NanoSIM
OS Android 9
CPU MediaTek Helio P70
メモリ 6GB
ストレージ 64GB,256GBまでのmicroSD
カメラ 背面21MP,画面側8MP
バッテリー容量 10,300mAh
防水・防塵 IP68
言語 日本語対応

トランシーバー機能&大容量バッテリー搭載

Ulefone Armor 3WT

ARMOR 3WTはトランシーバー機能がついているため、大人数での通話などが可能なモデルです。

また、10300mAhという超大容量のバッテリーを備えているため、1日フルで利用していても全く問題ありません。

スマートフォンの性能としても、中くらいの性能はあるため問題なく利用できるでしょう。

トランシーバー機能に魅力を感じ、大容量バッテリーなタフネススマホを利用したい人におすすめの1台です。

 

おすすめ3.小型で持ちやすいタフネススマホ「KINGKONG MINI」

Cubot KINGKONG MINI

KINGKONG MINIのスペックは以下のようになっています。

メーカー名 Cubot
製品名 KINGKONG MINI
画面サイズ 4インチ
重量 122g
寸法 58 × 119 × 12.1mm
SIMサイズ NanoSIM×2
OS Android 9
CPU MediaTek Helio A22
メモリ 3GB
ストレージ 32GB,128GBまでのmicroSD
カメラ 背面13MP,画面側8MP
バッテリー容量 2,000mAh
防水・防塵 対応(IP不明)
言語 日本語対応

超小型!持ちやすい頑丈なタフネススマホ

Cubot KINGKONG MINI

KINGKONG MINIの特徴は、何といっても非常に小型であること。

片手で持つことはもちろん、画面の端から端まで親指で届く大きさなので操作性が非常にいいです。

スマホ自体の性能は少し控えめではあるものの、防水防塵加工は施されているため、頑丈で強いスマートフォンとなっています。

小型で操作のしやすいタフネススマホを利用したい人に、KINGKONG MINIはおすすめの1台です。

 

3.そもそもタフネススマホとは?

タフネススマホ

タフネススマホとは、「壊れない」に特化したスマホです。

タフネススマホは以下の3つの部分が、通常のスマホより頑丈に設計されています。

  1. ガラス
  2. 耐水性能
  3. 耐衝撃性能

それぞれ詳細を確認していきましょう。

3-1.ガラスが頑丈

画面は、スマホでもっとも衝撃に弱い部分の1つで、地面に落とすと画面が割れてしまいます。

タフネススマホで採用されているガラスは、Gorilla GlassやDragontrailと呼ばれるガラスで、通常の高さから落とした程度では割れることはありません。

Gorilla Glass

タフネススマホでよく採用されるガラスの1つが、Corning(コーニング)社のGorilla Glass(ゴリラ ガラス)です。

ゴリラガラス

Gorilla Glass 6は、1メートルの高さから粗い地面に15回落としても壊れず非常に頑丈です。

Dragontrail

タフネススマホでよく採用されるもうひとつのガラスは、AGCグループのDragontrail(ドラゴントレイル)です。

Dragontrail

通常のガラスより傷に強く、60kgの加圧試験でも割れない強度を持っています。

3-2.防水性能・防塵性能が高い

タフネススマホは、水やホコリに強い防水性・防塵性を兼ね備えています。

どの程度まで防水・防塵してくれるかの性能は『IPコード』と呼ばれるもので表されます。

防水のIPコード

防水性能を表すIPコードは、9つに分類され、数字が大きいほど防水性は高くなります。

IPX0 保護されていない
IPX1 垂直に落ちる水滴の有害な影響が無い
IPX2 垂直から左右15度の範囲で落ちる水滴の有害な影響がない
IPX3 垂直から左右60度の範囲で落ちる水滴の有害な影響がない
IPX4 どの方向からの飛沫による有害な影響がない
IPX5 どの方向からの噴流水による有害な影響がない
IPX6 どの方向からの強い噴流水による有害な影響がない
IPX7 一時的に一定水深の条件に水没しても内部に心酔しない
IPX8 水面下での使用可能

タフネススマホの多くは、IPX5~IPX8の高い防水性を持っています。

たとえば、IPX5は噴流水に耐える防水性がありシャワーがかかっても壊れません。

防塵のIPコード

防塵性能を表すIPコードは、7つに分類され、数字が大きいほど防塵性は高くなります。

IP0X 保護されていない
IP1X 50mm以上の固形物が侵入しない
IP2X 12mm以上の固形物が侵入しない
IP3X 2.5mm以上の固形物が侵入しない
IP4X 1mm以上の固形物が侵入しない
IP5X 機器に支障がある程の粉塵が侵入しない
IP6X 粉塵の侵入が完全に防護されている

タフネススマホの多くが、IP5X~IP6Xを採用しています。

小さなほこりや塵も入らないので、ほこりの舞う外に持ち出しても安心です。

3-3.耐衝撃性能もある

タフネススマホは耐衝撃性能に優れているモノもあります。

耐衝撃性能が高いと、スマホを落としたり、踏んだりしても壊れません。

4.タフネススマホがおすすめな人・おすすめではない人

タフネススマホ

タフネススマホがおすすめな人とそうでない人を紹介します。

おすすめな人

タフネススマホは以下の人におすすめです。

  1. 工事現場で働く人
  2. 外出して営業をすることが多い人
  3. ゴツゴツしたスマホが好きな人
  4. スマホを何度も落とすことがある人

工事現場では、故障の原因になりうる粉塵が舞います。

その中でスマホを使うとどうしても故障のリスクが高いです。

現場作業の多い人は頑丈なタフネススマホをおすすめします。

特殊な業種の人以外でも、スマホを何度か落とした経験がある人にタフネススマホはおすすめです。

一般的なスマホを使うより、タフネススマホを使うほうが壊れる不安がなく安心して利用することが出来ます。

また、見た目的にゴツゴツしたタフネススマホが多いため、見た目的に好みという人にもおすすめですね。

おすすめではない人

タフネススマホは以下の人にはおすすめしません。

  1. iPhoneが利用したい人
  2. ゴツゴツしたスマホが苦手な人

タフネススマホバージョンのiPhoneは存在しません。

そのため、iPhoneを利用したい人はカバーやケースなどで保護するしかありません。

また、見た目的にゴツゴツしたスマホが嫌だという人もおすすめではありません。

まとめ

タフネススマホについて紹介してきました。

タフネススマホが優れているのは、以下の3点です。

  1. ガラス
  2. 防水・防塵性能
  3. 対衝撃性能

壊れる心配のないタフなスマホを探している人は、タフネススマホを検討してみてはいかがでしょうか。