格安SIMで5Gは利用できる!5Gに変えるメリットと注意点を徹底解説

格安SIMで5Gは利用できる

「5Gが始まったけど、格安SIMでも使えるのかな?」とお考えですね。

結論から言うと、格安SIMでも5Gは使えます

現在、5Gを提供している格安SIMはLinksMateのみです。

しかし「そもそも格安SIMで5Gにすると何ができるの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

そこで今回は、5Gでできることと今すぐ格安SIMの5Gに加入すべきか解説します。

格安SIMの5Gについて学んで、自分に合った通信環境を整えましょう。

1.格安SIMを5Gに変更するとどうなるの?

格安SIMを5Gに変更するとどうなるの?

格安SIMを5Gに変更すると、何ができるのか気になりますよね。

まずは、5Gの特徴を見ていきましょう。

5Gの特徴は、以下の3つです。

5Gの特徴を知って、何が変わるのか把握しましょう。

特徴1.一度に大きなデータ通信ができる

5Gの特徴は、一度に多くのデータを通信できることです。

5Gの周波数は4Gよりも広い帯域幅なため、同時にたくさんのデータを送受信できます。

帯域幅とデータ送受信については、車線のある道路と車をイメージすると分かりやすいでしょう。

4Gの帯域幅が2車線道路なら、5Gの帯域幅は10車線道路になります。

その道路を走っている車が、データです。

10車線道路だと、圧倒的に多くの車を走らせることができます。

つまり5Gを利用すると、大量のデータ通信が必要な4K動画や3D映像を気軽に楽しめるのです。

特徴2.多数の接続を同時にできる

5Gは、多数の接続を同時にできます。

コンサートや花火大会など多くの人が集まる場所でも、スムーズにインターネット接続できるのです。

総務省の「第5世代移動通信システム3つの特徴」によると、5Gは1平方キロメートルあたり約100万台回線を同時接続できます。

現在主流である4Gに比べて、約40倍もの機器を同時接続可能です。

多数の同時接続が可能になったことで、5Gを利用した規模の大きいスマホゲームの大会も開催されています。

5Gを利用すれば、人の多い場所でもスマホが繋がるのです。

特徴3.遅延しない

5Gを利用すると、高画質の動画やゲームが遅延せずに楽しめます。

特に影響が大きいのが、オンライン対戦などのリアルタイム性の高いゲームです。

今のところ、リアルタイム性の高いゲームを楽しむには、有線(光回線)が1番安定していると言われています。

そのため、スマホを有線接続してプレイしている人も少なくありません。

しかし、瞬時の判断が要求されるゲームでも、5Gに繋げれば遅延せずにプレイできます

5Gでゲームをすれば、ゲームの遅延に悩まされることはないでしょう。

ここまで5Gの特徴を見てきましたが、5Gの特徴は格安SIMでも変わりません

メリットばかりの5Gサービスですが、今すぐ格安SIMで加入すべきなのか悩みますよね。

次の章で、格安SIMで5G加入すべきか確認しましょう。

2.5G加入は様子見でOK!

5G加入は様子見でOK!

結論から言うと、5Gの加入はしばらく様子見しましょう。

なぜなら、5Gに向いている人は限られているからです。

5Gを使えるエリアは非常に限られた範囲なので、ごく少数の人たちしか使えません。

ゆくゆくはサービスエリアが拡大していく予定なので、サービスエリア拡大まで待つのがおすすめです。

ゲームやVR動画を楽しむために5Gが必要なら、サブ回線として契約しましょう。

というのも、5Gサービスに申し込むと3G回線が使えなくなるからです。

今の主流は4Gですが、回線が混雑していると3G回線に繋がります。

そのため、3G回線を使えないと、いざという時に繋がりにくくなるリスクがあるのです。

焦って5Gに加入する必要はありませんが、5Gを利用するならサブ回線として使いましょう。

3.格安SIMで5Gが使えるのはLinksMateのみ

格安SIMで5Gが使えるのはLinksMateのみ

今のところ5Gの使える格安SIMは、LinksMateのみです。

しかし、「LinksMateって初めて聞いた!」という人もいるかもしれません。

そこで、LinksMateがどのようなサービスを展開しているのかを確認していきましょう。

LinksMateには、以下の4つのポイントがあります。

どのような格安SIMなのか、詳しく見ていきましょう。

ポイント1.ゲーム・コンテンツが90%以上OFFの料金設定

LinksMateの1番のポイントは、特定のゲーム・コンテンツが90%以上OFFになるカウントフリーオプションです。

LinksMateは、データ通信を大量に利用する人向けの格安SIM会社のため、ゲームやコンテンツの通信量を安く抑えるサービスが充実しています。

カウントフリーオプションは、全ての料金プランに追加可能です。

対象となるゲームは70個以上、動画や音楽などのコンテンツは16個以上です。

さらに、TwitterやInstagram、FacebookといったSNSもカウントフリーオプションの対象になります。

LinksMateユーザーは、カウントフリーオプション対象コンテンツなら、データ通信料を90%以上OFFで利用できるのです。

ポイント2.いつでも安定した通信環境

いつでも安定した通信環境

LinksMateは、常に安定した通信環境を提供しています。

なぜなら、LinksMateはドコモ回線を借りている他に、独自のネットワーク設備を使用しているからです。

そのため、安定した通信環境を維持しています。

通勤時間や昼食時など多くの人がスマホを触る時間帯でも、速度低下の心配をせずに通信可能です。

LinksMateのサイトでは、直近7日間の通信速度を公表しています。

もし、日々の通信速度が気になるなら確認してみましょう。

ポイント3.豊富な基本プランにプラス500円で5Gの利用可能

LinksMateは、豊富な基本プランに500円追加するだけで5Gを使えます

基本プランは、データ通信量に合わせて選択可能です。

最小データ通信量は100MB~最大データ通信量は1TBと幅広い選択肢から選べます。

データ通信量は33種類に細かく区切られているので、必要以上にデータ通信量を余らせないプランが見つかるでしょう。

自分に合った料金プランに500円で5Gオプションを付けられるので、無駄な出費を抑えられます。

ポイント4.ドコモの5Gエリアに対応

LinksMateはドコモ回線を利用した格安SIM会社なので、ドコモの5Gに対応しています。

基本的に、ドコモの5Gが使える場所ではLinksMateの5Gも使用可能です。

LinksMateで5Gを使える場所を知りたいなら、ドコモの5G通信利用可能施設・スポット一覧を確認しましょう。

ここまで、LinksMateのポイントについて見てきました。

格安でドコモの5Gを使えるのは、嬉しいですね。

しかし、5Gを使うには5Gに対応したスマホを使わないといけません。

次の章で、5G対応スマホを確認しましょう。

4.LinksMateの5G対応スマホを紹介

LinksMateの5G対応スマホを紹介

5Gを使うなら、SIMフリースマホかLinksMateが動作確認したスマホを使いましょう

動作確認済以外のスマホを使うと、使えない可能性があります。

せっかくスマホを用意したのにも関わらず、使えなかったら元も子もありません。

以下の表でLinksMateの5Gが使える端末を確認しましょう。

メーカー名 製品名 端末詳細
LG LG V60 ThinQ 5G ドコモ版[L-51A]
SAMSUNG Galaxy S20 5G ドコモ版[SC-51A] au版[SCG01]
SAMSUNG Galaxy S20+ 5G ドコモ版[SC-52A] au版[SCG02]
SHARP AQUOS R5G ドコモ版[SH-51A] au版[SHG01]
SONY Xperia 1 II ドコモ版[SO-51A] au版[SOG01] ソフトバンク版[908SH]
FUJITSU arrows 5G ドコモ版[arrows]
ZTE ZTE a1 au版[ZTG01]

この表では、LinksMateが独自に確認したということで、auやソフトバンク版も紹介しています。

しかし、auやソフトバンク版は、事前にSIMロック解除しないと使えないので注意しましょう。

SIMロックとは、スマホ購入した会社以外のSIMカードを使えないようにする制限です。

スマホを新たに用意するなら、ドコモ版かSIMフリーの5Gスマホを購入することをおすすめします。

5.LinksMateで5Gを利用するときの注意点

LinksMateで5Gを利用する前に、注意点を把握しておきましょう

注意点を把握せずに利用すると、5Gを全く使えない可能性があります

LinksMateで5Gを使うときの注意点は、以下の4つです。

注意点をそれぞれ確認してから、5Gに申し込みましょう。

注意点1.使えるエリアが少ない

一番注意すべきなのは、5Gエリアの少なさです。

現在は、5G電波を出す基地局の設置が追い付いていません。

そのため、限られた場所でしか5Gを使えない状況です。

5Gエリアへ頻繁に行く機会のある人でないと、5Gを使う機会は少ないでしょう。

どのエリアが5G対応なのか調べたい時は、ドコモの「5G通信利用可能施設・スポット一覧」が便利です。

注意点2.3G回線が使えなくなる

5Gサービスに加入すると、3G回線が利用できません

今は4G回線が主流ですが、混雑した場所だと3G回線に切り替わります。

5Gが使えないエリアで人混みの多い場所では、通信できなくなるかもしれません。

5Gサービスを使うなら、サブ回線として使う方法をおすすめします。

注意点3.動作確認済みの5Gスマホは少ない

LinksMate側で動作確認済の5Gスマホは、そこまで多くありません

5Gサービスが始まったばかりなので、5G対応のスマホの普及には時間がかかります。

また、LinksMate側で動作確認をした5Gスマホの多くは、10万近くするイスペックモデルです。

5万円前後で買えるスマホは、今のところZTEのZTE a1のみになります。

今はまだスマホの選択肢が少ないので、スマホにこだわりのある人だとストレスに感じるかもしれません。

注意点4.SMS+データ通信のSIMカードは5Gを使えない

「SMS+データ通信」のSIMカードは、5Gを使えません。

5Gを使うには、「音声+SMS+データ通信」か「データ通信のみ」のSIMカードを選びましょう。

LinksMateには、以下の3種類のSIMカードがあります。

以下の表で、SIMカードの特徴を詳しく確認しましょう。

SIMカード 5G利用 アプリの利用範囲
音声+SMS+データ通信 全てのアプリが使える
データ通信のみ SMSで本人確認するアプリが使えない
SMS+データ通信 × 全てのアプリが使える

「データ通信のみ」は本人確認するためのSMS通信ができないので、LINEや銀行アプリが使えません。

つまり、5Gで全てのアプリを使うなら「音声+SMS+データ通信」一択です。

「SMS+データ通信」では全てのアプリを使えるものの、5Gの利用はできないので注意しましょう。

まとめ

格安SIMでも5Gを使うことは可能です。

5Gを使えば、高速通信でゲームやVR動画を楽しめます。

しかし、今はまだ通信エリアが狭く3G回線も使えないので、5Gをメインに使うことは難しいでしょう。

また、格安SIMで5Gを使えるのはLinksMateのみです。

サブ回線として5Gを使うことをおすすめします。

格安SIMで5Gを使うなら、注意点も踏まえた上で5Gのすごさを体感しましょう。