LINEモバイルは子供にピッタリ!親も安心な3つの理由は?

LINEモバイルは子供にピッタリ!親も安心な3つの理由は?

子供にLINEモバイルを持たせるかどうかお悩みですね。

スマートフォンを子供に持たせると便利になる一方で、料金やゲームのしすぎなどが心配だと思います。

実は、LINEモバイルは様々な通信事業者の中でも、子供に持たせやすい工夫が多いです。

今回は、LINEモバイルが子供のスマートフォンにピッタリな理由やオススメなプランなどをご紹介します。

LINEモバイルを活用して、安心して子供にスマホデビューをさせてあげましょう

1.LINEモバイルが子供のスマホに最適な3つの理由

LINEモバイルが子供のスマホに最適な3つの理由

LINEモバイルが子供に持たせるスマートフォンに最適な理由は、以下の3つです。

  1. 月額料金が600円からと安い
  2. フィルタリング機能が充実している
  3. 親が利用状況をチェックできる

保護者も子供も安心してスマートフォンを活用できるのがLINEモバイルの特徴です。

それぞれの理由について、順番に確認していきましょう。

理由1.月額料金が600円からと安い

月額料金

(引用:料金プラン|LINEモバイル【公式】

LINEモバイルは月額料金が600円からと安く、子供にお試し感覚で気楽に持たせやすいです。

LINEモバイルの利用料は、データ容量とSIMカードの種類で変わります。

データ容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
500MB 月額600円 月額1,100円
3GB 月額980円 月額1,480円
6GB 月額1,700円 月額2,200円
12GB 月額2,700円 月額3,200円

特にオプションサービスをつけずに契約するなら、データ容量500MBのデータSIM(SMS付き)を選べば月額600円です。

月額利用料の他に、契約の際には初期手数料として以下の2つの費用がかかります。

  • SIMカード発行手数料(400円)
  • ウェブ登録事務手数料(3,000円)

一度、初期手数料を払ってしまえば、月額600円で利用可能です。

また、スマートフォン本体も一緒に購入したいときも、LINEモバイルなら安い端末が取り扱われています。

2020年9月10日現在では、「moto e6s」「HUAWEI nova lite 3」といった端末が12,000円で販売中です。

12,000円を24回払いにすれば毎月500円なので、月に支払う金額は「月額利用料600円+端末割賦代金500円」となります。

理由2.フィルタリング機能が充実している

フィルタリングサービス

(引用:フィルタリングアプリ|使い方・設定方法|LINEモバイル

LINEモバイルは、フィルタリング機能が充実しているのも子供に持たせやすい理由の1つです。

フィルタリングアプリを使えば、以下の4つの効果を得られます。

  1. 有害なページをブロックしてもらえる
  2. 利用時間を決めることでスマートフォンの使いすぎを防げる
  3. アプリや検索履歴を確認できる
  4. 利用者の位置情報を調べられる

子供が知らないところで犯罪に巻き込まれないか心配な人は、フィルタリング機能を使えばトラブルの可能性を下げられます。

また、事前に利用時間を決めておけば、スマートフォンを適度に使用してもらうことが可能です。

位置情報を見ることもできるので、子供に何かあったときも対応しやすくなります。

理由3.親が利用状況をチェックできる

(引用:契約者連携・利用者連携|LINEモバイル

LINEモバイルは、保護者が子供のスマートフォンの利用状況を簡単にチェックできます

なぜなら、契約者連携・利用者連携という機能があって、簡単に通信量の把握ができるためです。

契約者連携・利用者連携を行えば、ワンタップでマイページにログインして利用状況を確認できます。

また、何かあればいつでもチャットで問い合わせることもできるので、安心してスマートフォンが利用できるでしょう。

契約者連携

(引用:契約者連携・利用者連携|LINEモバイル

契約者連携は、LINEアプリ上で「契約者連携」を選びます。

そして、申込みのときに作成したログインIDとパスワードを入力すれば簡単に連携できます。

利用者連携

(引用:契約者連携・利用者連携|LINEモバイル

そして契約者のスマートフォンで、マイページにアクセスして17桁の利用コードを控えます。

控えたら、子供のスマートフォンのLINEアプリ上で「契約者連携」を選び、利用コードを入力すれば連携完了です。

ここまでを読んで、LINEモバイルを子供に持たせようと思った人のために、次はプランについて見ていきましょう。

2.LINEモバイルを子供に使わせたい!オススメなプランは?

LINEモバイルを子供に使わせたい!オススメなプランは?

LINEモバイルを子供に使わせたいと思ったら、まずは安価なプランから試してみることをオススメします。

最も安い「データ容量500MBのデータSIM(SMS付き)」の月額600円を選べば、気楽に試すことが可能です。

ただし、LINEアプリでの音声通話以外に、090、080などで発信する通話も利用したいなら、「データ容量500MBの音声通話SIM」の月額1,100円が良いでしょう。

データ容量は後から追加できますが、データSIMから音声通話SIMには変更ができないので注意が必要です。

また、LINEモバイルはSNSや音楽アプリのデータ通信量がかからない、オプションサービスも人気があります。

オプション 対象サービス 月額料金 備考
LINEデータフリー LINE 0円
SNSデータフリー LINE、Twitter、Facebook 280円 データ容量3GBのプランから
SNS音楽データフリー LINE、Twitter、Facebook、Instagram、 LINE MUSIC、AWA、Spotify 480円

データ容量3GBのプランから

ただし、SNSは13歳以上でなければ登録できないので、子供がまだ12歳以下なら無料のLINEデータフリーを選んでください

もしもTwitterやFacebookなどのSNSや、LINE MUSICなどの音楽サービスを子供に使わせる必要があるときは、追加のオプションを選ぶと良いです。

一方で、SNSのデータフリーオプションを申し込むと、子供がスマートフォンを触る時間が長くなりやすいと言えます。

ですので、保護者が子供の利用状況に気を配ってあげるようにしましょう。

2−1.LINEモバイルで500MBあればできること

「一番安い500MBのプランだと、ほとんど何もできない気がする」と、心配な人もいると思います。

実は有料のSNSデータフリーなどのオプションをつけなくても、LINEデータフリーオプションが無料でつくので、LINEの利用ではデータ通信量を消費しません

したがって、ご家族やお友達とのLINEでのやり取りは500MBを消費せずにたくさん行えます。

そして、500MBあれば、目安として以下のようなことが可能です。

  • 300文字のメールの送受信:約102,000通
  • Webページの閲覧:約2,000回
  • YouTube閲覧(解像度360p):約4時間

試しに子供にスマートフォンの使い方を知ってもらうには、500MBから始めても問題ないでしょう。

3.LINEモバイルを子供に持たせるときの注意点

LINEモバイルを子供に持たせるときの注意点

LINEモバイルを子供に持たせるときには、先に知っておきたい注意点があります。

注意点は、以下の2つです。

  1. データSIMは緊急電話が使えない
  2. スマホの使い方は家族で話し合う必要がある

これらのポイントを押さえておかなければ、契約後に後悔してしまうかもしれません

それぞれの注意点について、順番に確認しておきましょう。

注意点1.データSIMは緊急電話が使えない

データSIMでは、緊急電話が使えない点には注意しておきましょう。

緊急電話とは、緊急通報用電話番号のことで「110番(警察)」「119番(火事・救助・救急車)」「118番(海上事件)」です。

このような緊急電話は、080や090などの番号からかけます。

ですので、LINEモバイルで緊急電話をかけたいときは、音声通話SIMで契約する必要があるのです。

ただし、IP電話アプリと緊急通報ナビアプリを併用すれば、データSIMでも警察署には連絡ができます。

IP電話アプリと緊急通報ナビアプリで警察署に連絡する方法

緊急通報ナビ

(引用:‎「緊急通報ナビ」をApp Storeで

データSIMを利用していても、IP電話アプリと緊急通報ナビアプリを併用すれば、最寄りの警察署に連絡できます

利用したいときは、SMARTalkや050 plusなどのIP電話アプリを利用できる状況で、緊急通報ナビアプリを起動しましょう。

そして、連絡したい警察署を選択し、「VoIP」をタップすれば電話がかかります。

IP電話アプリ

SMARTalk
050 plus

緊急通報ナビアプリ Apple Storeはこちら
Google Playはこちら

IP電話アプリを使った警察署への連絡は、アプリをインストールしておけば難しくありません。

しかし、子供が事件に巻き込まれているときに適切にアプリを起動できるのか不安なら、音声通話SIMで契約しましょう。

注意点2.スマホの使い方は家族で話し合う必要がある

LINEモバイルを契約する前に、スマートフォンの使い方について家族で話し合っておきましょう

一方的にルールを子供に押し付けるだけでは、意味を理解してもらえずに守ってもらえないかもしれません。

子供の言い分を聞きながら、利用の目的や利用時間などについて話し合うことをオススメします。

月額600円から子供にスマートフォンを持たせられるということで、トラブルの予防は後回しになりやすいです。

しかし、定期的に家族で話し合いの機会を作ることでトラブルになる可能性を下げられます。

4.LINEモバイルの契約方法3ステップ

LINEモバイルの契約方法3ステップ

LINEモバイルを子供に使わせようと決めた人のために、契約方法をご紹介します。

LINEモバイルの契約は、以下の3つのステップで可能です。

  1. スマートフォン端末を購入するか決める
  2. 申込みに必要なものを準備する
  3. 実際に申込む

どのステップも難しくないので、安心してください。

それぞれのステップについて、順番に確認していきましょう。

ステップ1.スマートフォン端末を購入するか決める

まずは、スマートフォン端末を契約と同時に購入するかを決めます

今持っていて利用していないスマートフォン端末がLINEモバイルの動作に対応していれば、SIMカードを差し替えるだけでOKなので新たに購入する必要はありません。

所有している端末が動作するかは、「動作確認済み端末検索」のページで調べてみてください。

動作確認済みの端末を持っていなければ、「端末ラインナップ」を見て購入するスマートフォンを選びましょう。

ステップ2.申込みに必要なものを準備する

端末について決めたら、申込みに必要なものを準備します。

新規申込みのときには、以下の3つのものが必要です。

  • 本人確認書類
  • クレジットカードかLINE Payカード
  • メールアドレス

子供用として契約するとき、本人確認書類やクレジットカードは、保護者のもので良いです。

申込みのときは、契約者を保護者名義にし、利用者として子供の情報を記入します。

クレジットカードは契約者と同じ名義のものだけが使えるので、同じ保護者の名前で揃えましょう。

また、本人確認書類は複数の種類が認められています。

以下の中から、保護者名義で準備しやすいものを選べば問題ありません

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 身体障害者手帳
  • 届出避難場所証明書
  • 健康保険証+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類

補助書類は、公共料金領収書または住民票です。

必要なものすべてを忘れないように準備しましょう。

ステップ3.実際に申し込む

申込みに必要なものを準備できたら、実際に申込みます。

LINEモバイルはWebと店舗で申し込めますが、即日利用したい人以外はお得なキャンペーンも豊富なWeb申込みがオススメです。

店舗から申込みたいなら、「LINEモバイル取扱店舗」のページで最寄りの店舗を調べて行ってみてください。

Webからは、「LINEモバイルお申込み」のページで必要な情報を記入すれば、申し込めます。

Web申込みについて、詳しく見ておきましょう。

LINEモバイルのWeb申込みの方法

LINEモバイルのWeb申込みの方法を見ていきます。

まずは、「LINEモバイルお申込み」から、申込みに進みましょう。

契約方法

(引用:申し込み – LINEモバイル

最初に、以下の情報を順番に選択していきます。

  • データフリーオプション
  • データ容量
  • 利用する回線
  • SIMタイプ
  • 端末購入の有無
  • 有料オプションの有無

利用する回線は、特にこだわりがなければ普段スマートフォンを利用している保護者と同じ回線にすれば、電波で悩むことは少ないでしょう。

次に、契約者情報を入力します。

契約者情報の入力

(引用:申し込み – LINEモバイル

契約者情報として入力するのは、以下の情報です。

  • 契約者名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先(電話番号・メールアドレス)
  • 利用者名
  • 利用者の性別
  • 利用者の生年月日
  • フィルタリングアプリの利用有無

以上を入力し、契約内容の確認方法を選び、LINEモバイルの規約に同意すれば本人確認のためにメールが送られます。

メールが届いたら、記載されているURLを開きましょう。

すると、本人確認書類のアップロードと、支払い情報の入力が求められます。

最後に、LINEモバイルのMyページにログインするためのIDとパスワードを入力すれば、申込み完了です。

申込み内容に不備がなければ、数日後にSIMや端末が自宅に届きます

5.LINEモバイルを子供が利用する前に!やっておくと良い初期設定

LINEモバイルを子供が利用する前に!やっておくと良い初期設定

LINEモバイルが無事に手に入っても、子供が利用する前にやっておきたい初期設定があります。

やっておくと良い初期設定は、以下の3つです。

  1. フィルタリングアプリのダウンロードと初期設定
  2. LINEの友だち追加に関する設定
  3. LINEのニュースタブを通話タブに設定

これらの設定をしておけば、安心して子供にLINEモバイルを使ってもらえます

それぞれの初期設定について、順番に確認しておきましょう。

設定1.フィルタリングアプリのダウンロードと初期設定

フィルタリングの設定

(引用:フィルタリングアプリ|使い方・設定方法|LINEモバイル

まずは、フィルタリングアプリを設定しておきましょう

LINEモバイルの申込みのときに、フィルタリングアプリを「利用する」にしていれば、フィルタリングサービスに加入できている状況です。

もしも「利用する」にしていなければ、マイページの「プラン・オプション」ページで加入できます。

そして、アプリを子供のスマートフォン端末にインストールしましょう。

アプリのダウンロードは、iPhoneならこちらから、Androidならこちらからできます。

フィルタリング

(引用:i-フィルターの設定方法|使い方・設定方法|LINEモバイル

アプリを起動し、「お申込みはこちら」をタップします。

そして、シリアルID入力欄に、フィルタリングアプリコードを入力してください。

フィルタリングアプリコードは、マイページの「プラン・オプション」から「フィルタリングオプション」に行けば見ることができます。

次に、以下の情報を入力しましょう。

  • 保護者のメールアドレス
  • 保護者の姓名
  • 保護者の生年月日
  • 保護者の電話番号
  • パスワード
  • 子供の姓名
  • 子供の生年月日
  • 許可するアプリ

入力できたら、「アプリの権限」「対応する」「許可」「使用状況」「対応する」を内容を確認しながら順番にタップしていきます。

すると、使用情報へのアクセス画面に移るので、「i-フィルター」のアクセス許可を有効にしてください。

そして、「デバイス管理」「対応する」「有効にする」を内容を読んで問題なければタップしていけば完了です。

フィルタリングの設定

(引用:i-フィルターの設定方法|使い方・設定方法|LINEモバイル

最後に、他ブラウザではフィルタリングが有効にならないので、他ブラウザの利用やダウンロードを制限しなければなりません

「管理画面を開く」「アプリフィルタリング設定」「インストール済みアプリの個別詳細設定」と進み、Chromeなどのブラウザを制限しておきましょう。

設定2.LINEの友だち追加に関する設定

LINEの友だち追加に関する設定も確認しておくと安心です。

「友だちの自動追加」機能をオフにすることで、子供が知らない人と繋がってしまう可能性を下げられます。

「友だちの自動追加」は、電話番号を知っている人の友だちリストに自動登録される機能です。

一見すると知り合いと繋がるのに便利に思えますが、子供の番号が悪用目的で誰かの電話帳に登録されてしまうと、知らない人と繋がってしまうおそれがあります。

そのため、LINEをまだ利用していなければ、最初のアカウント登録のときに「友達自動追加」と「友達への追加を許可する」をオフにしましょう。

もしも、すでにLINEを利用しているなら、「友だち追加」から 「友だち自動追加」をオフにしておくことをオススメします。

設定3.LINEのニュースタブを通話タブに設定

LINEのニュースタブを通話タブに設定するのもオススメです。

子供の年齢によっては、刺激的なニュースはまだあまり見せたくないかもしれません。

そのようなとき、通話タブにしておけば安心してLINEを利用してもらえます。

通話タブにするには、LINEのホーム画面で左上の歯車をタップし、「通話」「通話/ニュースタブ表示」「通話」の順番に選択すれば完了です。

まとめ

LINEモバイルは子供にスマートフォンを持たせる際に最適です。

事前にフィルタリングや契約者の設定をしておけば、安心して利用できます。

子供にスマートフォンデビューをさせるなら、LINEモバイルを試してみるのが良いでしょう。

LINEモバイルを契約したら、安心して利用してもらうための初期設定を行うのもオススメです。