LINEモバイルはID検索できる!設定方法や他の友だち追加法も紹介

LINEモバイルはID検索できる!設定方法や他の友だち追加法も紹介

LINEモバイルはID検索ができる数少ない格安SIMです。

格安SIMでLINEを快適に使いたいなら、LINEモバイルがおすすめできます。

しかし、LINEモバイルに乗り換えるなら、LINEのアカウント引き継ぎを行わなければなりません。

そこで今回は、LINEモバイルにするときのアカウントの引き継ぎ方法や、ID検索を有効にする方法をご紹介します。

ID検索を活用して、スムーズに友だち追加を行いましょう

1.LINEモバイルはLINEのID検索ができる!

LINEモバイルはLINEのID検索ができる!

LINEモバイルは、LINEのID検索ができます。

格安SIMの中では、LINEモバイルとワイモバイルだけがID検索可能です。

LINEのID検索は、18歳以上を年齢認証することが必要となっています。

年齢認証はLINEと携帯電話会社が協力して行っていますが、格安SIMは連携していないので年齢認証ができません。

1−1.LINEモバイルならSMSオプションも不要

LINEモバイルなら、SMSが使えないデータSIMでもLINEの新規登録や年齢認証ができます

LINEモバイルはメールで認証番号を取得できるので、メールアドレスがあれば問題ありません。

LINEに登録するときには、メールで届いた認証番号を記入しましょう。

2.LINEモバイルでID検索を有効にするための2ステップ

LINEモバイルでID検索を有効にするための2ステップ

LINEモバイルでID検索を有効にするためのステップは2つです。

  1. マイページにログインして契約者情報を確認する
  2. LINEアプリで年齢確認の設定をする

LINEモバイルを使う場合、ID検索は簡単にできます。

それぞれのステップについて、順番に確認していきましょう。

ステップ1.マイページにログインして契約者情報を確認する

LINEのマイページ

(引用:LINEの年齢確認をしてみよう : LINE MOBILE 公式ブログ

まずは、スマートフォンやパソコンで、「マイページ」にアクセスしてください。

「契約情報」の画面に、利用コードが書かれているのでコピーしましょう

この後、利用コードの大文字・小文字の表記やハイフンも正しく入力することが必要です。

手書きでメモするよりも、スマートフォンやパソコンのコピー機能を使うことをおすすめします。

ステップ2.LINEアプリで年齢確認の設定をする

LINEモバイルの年齢認証

(引用:LINEの年齢確認をしてみよう : LINE MOBILE 公式ブログ

利用コードがわかったら、LINEアプリで年齢確認をしましょう

LINEアプリのホーム画面から、以下の手順で設定してください。

  1. 歯車アイコンの「設定」を選ぶ
  2. 「年齢確認」を選ぶ
  3. 年齢認証結果 「不明」を選ぶ
  4. 「LINEモバイルをご契約の方」を選ぶ
  5. 利用コードを入力する
  6. 年齢認証結果がID検索可になったことを確認する

順番に進めていけば、LINEモバイルで簡単・スムーズにID検索することができます

3.LINEを快適に使いたいならLINEモバイルがおすすめ

LINEを快適に使いたいならLINEモバイルがおすすめ

LINEを快適に使いたいなら、LINEモバイルがおすすめです。

格安SIMでLINEの年齢認証ができるのは、現在LINEモバイルとワイモバイルだけとなっています。

LINEモバイルはどのプランでもLINEを使っているときのデータ通信量がかからないのも嬉しいポイントです。

通信速度制限がかかったときもLINEは通信速度が変わらないので、どんなときも快適にLINEできます

スマートフォンでLINEを使う時間が長い人には、LINEモバイルは最適です。

4.LINEモバイルに乗り換えるときはLINEを引き継ごう

LINEモバイルに乗り換えるときはLINEを引き継ごう

他社からLINEモバイルに乗り換えるときは、LINEを引き継ぎましょう

LINEの引き継ぎをしなければ、友だちリストやプロフィール情報、タイムラインへの投稿内容などが消えてしまうので注意が必要です。

ですので、現在LINEを使用しているなら、引き継いだ方が変わりなくLINEを楽しめます

LINEの引き継ぎで必要な手続きは、以下となっています。

  1. 引き継げる情報を確認する
  2. 今までのスマホでアカウント情報を設定する
  3. 電話番号が変わるなら「引き継ぎの許可」をONにする
  4. 新しいスマホで引き継ぐ
  5. OSが同じならトーク履歴も引き継ぐ

それぞれの手続きについて、順番に確認していきましょう。

手続き1.引き継げる情報を確認する

まずは、LINEの引き継ぎによってどんなデータを移せるのかを確認しましょう。

引き継げる情報は、OSによって違うので気をつけなければなりません。

同じOSでの引き継ぎのときに移せるデータ

iPhoneからiPhone、AndroidスマートフォンからAndroidスマートフォンというように、同じOSでの引き継ぎなら、以下のデータが移せます。

  • 友だち・グループ
  • 自分のプロフィール情報
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの投稿内容
  • スタンプ・着せかえ・絵文字
  • Keepに保存したデータ
  • LINEと連動したアプリ・サービスの情報
  • LINE Payの残高
  • LINEポイントの残高
  • トーク履歴

同じOSなら、ほとんどのデータを移せます。

異なるOSでの引き継ぎのときに移せるデータ

iPhoneからAndroidスマートフォンのように、異なるOSでの引き継ぎなら、以下のデータが移せます。

  • 友だち・グループ
  • 自分のプロフィール情報
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの投稿内容
  • スタンプ・着せかえ・絵文字
  • Keepに保存したデータ
  • LINE Payの残高
  • LINEポイントの残高

このように、OSによって引き継げるデータが異なります。

異なるOSでの引き継ぎの際は、引き継げるデータが少ないので気をつけておきましょう。

手続き2.今までのスマホでアカウント情報を設定する

LINE引き継ぎの事前設定

(引用:LINEのアカウントを引き継ぐ方法 : LINE公式ブログ

LINEを引き継ぐとき、今までのスマートフォンでアカウント情報を事前に設定しておかなければなりません

以下の3つを登録できているか確認しておきましょう。

  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード

LINEアプリの歯車マークの「設定」から、「アカウント」を開けば確認できます。

手続き3.電話番号が変わるなら「引き継ぎの許可」をONにする

LINEの引き継ぎ設定をON

(引用:LINEのアカウントを引き継ぐ方法 : LINE公式ブログ

スマートフォンの電話番号が変わる際には、今までのスマートフォンで「引き継ぎの許可」をONに設定しましょう

LINEアプリの歯車マークの「設定」から、「アカウント引き継ぎ設定」を開けばONにできます。

手続き4.新しいスマホで引き継ぐ

新しいスマートフォンに引き継ぐとき、電話番号が変わる場合と電話番号がそのままの場合で手続きが異なります

それぞれの手続きについて、順番に確認していきましょう。

電話番号が変わる場合の引き継ぎ手順

36時間以内に新しいスマートフォンで引き継ぎを行ってください。

もしも36時間を経過したら、また「引き継ぎの許可」をONにすれば大丈夫です。

まず、新しく使う端末の電話番号を入力すれば、SMSで認証番号が届きます

認証番号をLINEで入力して、「アカウントを引き継ぐ」を選んでください。

もしも認証番号を入力したときに、自分ではない名前が表示されたら、「あなたのアカウントですか?」という質問に「いいえ、ちがいます」と答えればOKです。

そして、前の端末の電話番号か登録したメールアドレスでLINEにログインしましょう。

パスワードは登録していたものを入力します。

ログインできたら、LINEの引き継ぎは完了です。

電話番号がそのままの場合の引き継ぎ手順

電話番号がそのままの場合、新しく使う端末で電話番号を入力すれば、SMSで認証番号が届きます

認証番号をLINEで入力して、自分の情報であることを確認したらLINEにパスワードを入力してログインしましょう。

ログインできたら、LINEの引き継ぎは完了です。

手続き5.OSが同じならトーク履歴も引き継ぐ

LINEの引き継ぎの際、前のスマートフォンとOSが同じなら、トーク履歴も引き継ぐことができます

トーク履歴の引き継ぎには、事前のバックアップが必要です。

LINEアプリの設定画面に進んで「トーク」を選び、「トーク履歴のバックアップ・復元」からバックアップしておいてください

そして、引き継ぎ時にLINEへログインしたときに、「トーク履歴を復元」を選びましょう。

iPhoneとAndroidという異なるOSでスマートフォンを引き継ぐときは、トーク履歴は引き継げないので注意してください。

ただし、特定のトークルームの履歴は、LINEアプリの「トークルーム」から「トーク設定」を選び、「トーク履歴を送信」すれば、残すことができます。

必要なトーク履歴は事前に残しておけば、異なるOSでの引き継ぎの際も安心です。

5.LINEモバイル以外の格安SIMがID検索できない対処法

LINEモバイル以外の格安SIMがID検索できない対処法

LINEモバイル以外の格安SIMでID検索をしたいなら、以下の方法があります。

  • パソコンからID検索をする
  • QRコードを利用する
  • ふるふるを行う
  • 友だち登録用メールを利用する

パソコン以外の方法は、LINEアプリの「友だち追加」からできます。

ここでは、パソコンからID検索を行う方法を見ていきましょう。

LINEでパソコンからID検索を行う方法

LINEでパソコンからID検索を行うには、以下の手順で検索してください。

  1. 「友だち追加」から「友だち検索」を選ぶ
  2. 「ID」を選ぶ
  3. 検索窓に調べたいLINE IDを入力してenterキーを押す
  4. 出てきた友だちが正しければ「追加」を選ぶ

LINE IDの打ち間違いに注意すれば、あとは難しくありません。

どうしてもID検索をしたいときは、パソコンから行いましょう。

6.LINEモバイル以外でID検索がしたいなら乗り換え前が重要

乗り換え前が重要

LINEモバイル以外でスマートフォンでID検索がしたいなら、7以下の2つの方法しかありません。

  • ワイモバイルにする
  • 格安SIMへの乗り換え前に年齢確認をしておく

もしもあなたがLINEモバイル・ワイモバイル以外の格安SIMで、LINEのID検索をしたいなら、乗り換え前に年齢確認を済ませましょう

そして、同じ端末で電話番号もそのままで利用すれば、ID検索が引き続き使えます。

一方で、格安SIMでID検索をするのは、端末や電話番号の制約があることに注意が必要です。

気兼ねなくLINEのID検索を格安SIMで行いたいなら、LINEモバイルやワイモバイルにすることをおすすめします。

特に、LINEを使うことが多いなら、データ使用量を気にしなくて良いLINEモバイルが最適です。

まとめ

LINEモバイルは、格安SIMの中でもLINEのID検索ができます

ただし、年齢認証とID検索を有効にするための手続きが必要です。

もしもLINEモバイル以外でLINEのID検索がしたいなら、パソコンから行うことになります。

便利にLINEを活用していきたいなら、LINEモバイルの利用がおすすめです。