初心者向けノートパソコンの選び方と注意点を徹底解説!

初心者向けノートパソコンの選び方と注意点を徹底解説!

ノートパソコンを買いたいけれど、「何を基準に選んだらいいのか分からない」と悩んでいませんか?

今回はパソコン初心者が自分に合ったノートパソコンを選べるように、購入前にチェックしておくべきポイントや注意点を解説します。

初めてノートパソコンを購入する人が後悔のない買い物ができるように、用途別におすすめのノートパソコンも紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

1.ノートパソコンは初心者におすすめ

ノートパソコンは初心者におすすめ

ノートパソコンは、パソコン初心者におすすめの端末だと言えます。

なぜなら、ノートパソコンは用途に合わせて選べる豊富なラインアップが展開されているからです。

初心者でも自分のライフスタイルに合うパソコンを見つけやすいでしょう。

ここからは、ノートパソコンを買う前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

1−1.高性能なノートパソコンは必要ない

ノートパソコンの価格は性能と比例している傾向があります。

一般的に、性能が低いパソコンは価格が安く、性能が高いパソコンは価格も高いのです。

多くの初心者は「折角なら高性能のノートパソコンを買っておこう」と、必要以上に高いノートパソコンを買ってしまいます。

しかし、ノートパソコンを選ぶ際は高価なモデルを選べば良いというわけではありません。

ノートパソコンを選ぶ際は、使いたい必要な性能か備わっているかどうかが肝心になります。

必要以上の性能を持つパソコンを持っていても、宝の持ち腐れになってしまうことが大半です。

「インターネットがしたい」「画像を編集したい」などそれぞれの目的に合わせて、必要な性能が備わっているかを見極めましょう。

1−2.ノートパソコンの性能の意味を確認

ここからは、ノートパソコンの性能の意味について解説します。

パソコンを選ぶにあたって、初心者がまず抱える問題の一つは「パソコンの用語や性能の意味が分からない」というものでしょう。

それぞれの性能と意味をキチンと理解しておけば、自分に適したノートパソコンを選択できます。

CPU

CPU(シーピーユー)とは、パソコンの性能を左右する重要なデバイスです。

Central Processing Unitの略称で、別名プロセッサーとも呼ばれています。

CPUは全てのパソコンに搭載されているものです。

現在CPUの主流は、Core i5とCore i7といった種類になります。

Core i3やCeleronという種類もありますが、性能が低いため画像編集ソフトなどを使う予定がある人には不向きです。

インターネットを使ったり、簡易的な書類を作るなど、単純な作業のみを行なう場合はCeleronやCore i3でも十分でしょう。

動画の編集やイラスト作成など、重いデータを扱う場合はCore i5以上を推奨します。

このCPUの性能次第で、パソコンの速さと価格が大きく異なることを覚えておきましょう。

メモリー

メモリーとは、パソコン内のデータ記憶する部品です。

メインメモリーは主に、データの読み込みや書き出しをする際に必要になります。

また、プログラムを開くときにも利用されている部分です。

そのため、メモリーの容量はパソコンの動作速度に影響する重要な部分です。

メモリーには、4GB、8GB、16GBといった容量の種類があり、数値が大きい方が高性能となります。

インターネットの利用や動画の視聴など単純な作業のみであれば、4GBでも問題なく使用可能です。

オフィスソフトで文書を保存するなど事務作業を行なう場合は8GB以上を選びましょう。

容量

容量とは、パソコンの中でデータを保存する場所です

別名では、ストレージと呼ばれています。

パソコンは必要なデータを保存する際に、HDD(ハードディスク)やSSD(エスエスディー)といった保管場所を使用しているのです。

容量が大きいパソコンであればあるほど、パソコンの応答時間が短縮されます。

パソコンに内蔵されているストレージはHDD、標準タイプのSSD、高速タイプのSSDなどです。

速度はHDDよりもSSDが速いことを覚えてくと良いでしょう。

応答時間が速さを重視する人は、容量の大きいHDDを選ぶようにしてください。

画面(大きさや解像度)

パソコンの画面は、ディスプレイの大きさと解像度により見やすさが変わります。

解像度は高いほど画面がきめ細やかで高画質で表示されるため、画像や動画編集を行なう人は解像度の高いパソコンがおすすめです。

持ち運びをメインに使うノートパソコンの場合は、画面が13インチ以下のコンパクトなモデルを選ぶと良いでしょう。

家庭や職場で使用するなど、持ち運びをしない場合は15インチ以上の画面にした方が作業がしやすいです。

大きさ・軽さ

ノートパソコンはモデルによって大きさと重量が異なります。

持ち運びをしたいと考えているなら、手持ちのカバンに入れることを考慮し、A4サイズ以下の大きさのモデルを選ぶと良いでしょう。

ノートパソコンの大きさの規格で、A4サイズ以下を選ぶ場合は約12~13インチのモデルを基準に選んでみてください。

また、ノートパソコンの重さは軽いモデルで800g程度、重いモデルで1.7kg程度です。

持ち運びをする場合は、1.0kgから1.3kg以下のモデルをおすすめします。

持ち運びに適してたタイプで、画面の大きさと見やすさ、タイピングのしやすさといった機能性を考慮すると、13.3インチで1.2kg程度のモデルがベストと言えるでしょう。

キーボード

キーボードは、パソコンに文字を入力するために必要なデバイスです。

キーボードは、ノートパソコンの大きさに比例してサイズが変わります。

ノートパソコンの場合は大きさに比例してキーボードも小さくなるため、慣れるまでは打ちにくさを感じる人もいるでしょう。

一般的に使用されているデスクトップ用のキーボードは、フルサイズ・キーボードと呼ばれています。

フルサイズ・キーボードの場合、キ―の中央から隣のキーの中央までの距離を指すキーピッチは18.5mm~19mmです。

しかし、ノートパソコンのキーピッチは17.5mmなど一般的なキーボードに比べてキー同士の距離が狭くなっています。

ノートパソコンを選ぶ際は、キー同士の距離やキーを押したときのキー・ストロークなどを確認して使い心地を確認しておくようにしてください。

光学ドライブ

光学ドライブは、DVD用を入れるドライブです。

DVDやCDなどを再生するときに必要になります。

ノートパソコンの場合は、搭載されていないモデルも多いです。

15インチより小さいサイズのモデルには搭載されていない事が多いので、必要な人は購入する際によく確認しておきましょう。

付属ソフト

付属ソフトは、パソコンにあらかじめインストールされているソフトのことです。

付属ソフトの内容は、メーカーごとに異なります。

はがきを作成するソフトや画像を編集するソフトなどさまざまです。

付属ソフトは、入っている数が多い方が使い方の幅が広がるというメリットがあります。

しかし、使用する用途やソフトが決まっている人は付属ソフトの数を気にしなくても良いでしょう。

2.初心者向けノートパソコンを選ぶ4つのポイント

初心者向けノートパソコンを選ぶ4つのポイント

初心者がノートパソコンを選ぶときのポイントは下記の4つです。

  1. 性能
  2. サポート
  3. メーカー
  4. 購入場所

この4つに気をつけてノートパソコンを選ぶことで、購入後の失敗はしなくなります。

ここからはそれぞれのポイントの要点についてお伝えしますので、ご覧ください。

ポイント1.一般的に必要な性能

まず第一に、ノートパソコンに必要とされる一般的な性能についてです。

前述で紹介した各性能について、実際に購入する際の目安となる基準を紹介します。

CPU…Core i5プロセッサー
メモリ…8GB以上
ストレージ…SSD搭載のモデル

以上の性能を備えているモデルであれば、快適な動作でパソコンを使用できます。

メール、インターネット、オフィスソフト、簡易的な画像編集といった用途でノートパソコンを使う人には十分です。

Photoshopやillustratorなどを用いて、本格的な画像編集などクリエイティブな作業を行なう人はより高性能なモデルを選ぶ必要があります。

画面の大きさやキーボードについては、持ち運びの有無やデザイン性など個人の好みで選ぶのがベストです。

光学ドライブと付属ソフトなど、後から購入できる部分に関しては、必要になったら検討するほうが無駄がないでしょう。

ポイント2.サポートが充実しているか

初心者がノートパソコンを選ぶ際は、サポートが充実しているかどうかが重要です。

ノートパソコンはメーカーごとにサポートの内容や充実度が異なります。

なかにはサポートに対応していないメーカーもあるのです。

ノートパソコンの使い方が分からないときや不具合がでたときなど、万が一のトラブルが起きた場合に相談できる窓口がないと困ります。

パソコンの知識を十分に備えていて、問題を個人で解決できる人ならばサポートのないメーカーでも良いのですが初心者には少々リスキーです。

初心者がノートパソコンを選ぶ場合は、トラブルが起きた時に対処してくれる手厚いサポートがあるメーカーを選択しておくのがベストだと言えます。

ポイント3.メーカー選び

初心者には国産メーカーのノートパソコンを強くおすすめします。

なぜなら国産メーカーには、初心者に優しいサポート体制があるからです。

実際に、国産メーカーと海外メーカーの違いを見ていきましょう。

▼国産メーカー|東芝・富士通・NEC・VAIO…etc.

国産メーカーの最大のメリットは、サポートが充実していることです。

メーカーによっては、初心者用にパソコンの操作をサポートするアプリケーションがついています。

使い方が分からない場合は、サポートセンターに問い合わせをするとパソコンの電源のつけ方から、初期設定の方法までイチからレクチャーしてくれるなど手厚いバックアップが受けられるため安心です。

また、付属ソフトがたくさん入っているメーカーが多いため、初心者でもパソコンのさまざまな機能を使うことができます。

国産メーカーはノートパソコンの扱いに不安がある初心者におすすめです。

▼海外メーカー|Dell・ASUS・hp・レノボ…etc.

海外メーカーのメリットは、国産メーカーよりも安い価格で購入できることです。

しかしその反面、海外メーカーは、国産メーカーに比べてサポートが不十分です。

日本語のマニュアルが用意されていないこともあるため、初心者向けではありません。

また付属ソフトは一切入っていないことが一般的なので、パソコンの扱いに長けている人や、自分用にパソコンをカスタマイズしたい人に向いています。

ポイント4.購入場所選び

ノートパソコンを購入する際は、購入する場所の選択も肝心になります。

主な購入場所となるのは、家電量販店、インターネット購入、メーカー直販の3つです。

初心者におすすめの購入場所は、メーカー直販になります。

ここからは、なぜメーカー直販で購入するのがおすすめなのか、それぞれの購入場所ごとにどのような違いがあるのかを詳しく見ていきましょう。

▼家電量販店

家電量販店でノートパソコンを購入するメリットは、さまざまなメーカーのパソコンを見て比べることができる点です。

販売スタッフとの交渉次第で値段を安くしてもらえる場合もあるため、お得に感じる人も多いでしょう。

しかし、家電量販店の販売価格は店舗の維持費やスタッフの人件費などが含まれているためインターネット購入より高めの設定になっていることがほとんどです。

また、家電量販店の販売スタッフはあくまで、営業スタッフです。

パソコンの専門家ではないため、的確なアドバイスが受けられるとも限りません。

顧客のニーズよりも、店舗側が売りたいモデルや在庫の多いモデルを積極的に勧めてくることもあります。

ノートパソコン初心者の人や押し売りに弱い人は、無駄に高いパソコンを購入させられてしまうことも少なくないのです。

家電量販店は、必要としているノートパソコンの性能が明確に分かっている人や、自分が欲しいモデルが決まっている人向けと言えます。

▼インターネット購入

インターネットでノートパソコンを購入するメリットは、家電量販店やメーカー直販よりも安い価格で購入できる点です。

しかし、インターネットでノートパソコンを選ぶとなると、実際の重さやサイズ感を手に取って確かめることができません。

さらにインターネットの購入ページでは性能やモデルの詳細を確認できないことがあります。

ノートパソコンには類似している名称や見た目のモデルが多いため、誤って意図しないモデルを購入してしまうケースも少なくありません。

届いてみてから「イメージと違った」となることも大いにあり得るため、実際に欲しいモデルを売り場で手に取って購入するほうが確実です。

また、Amazonや楽天などといったインターネットで購入するノートパソコンには長期保証がついていないことがあります。

初心者のようにパソコンの扱いに不慣れで、トラブルや故障に弱い人には長期的な保証が必要不可欠です。

同じモデルであっても、メーカーで購入すれば長期保証が受けられるものがあります。

長期保証がつかないインターネットでの購入は、初心者にとってリスクが大きいため避けてください。

ノートパソコンのインターネット購入は、パソコンに詳しい人向けとなります。

▼メーカー直販

メーカー直販は、初心者におすすめの購入場所です。

メーカー直販でノートパソコンを購入するメリットは、長期保証が充実している点になります。

無料の長期保証はもちろん、有料の保証サービスなど初心者が安心してパソコンを使用できるようなバックアップが万全なのです。

家電量販店で購入する場合も同等の長期保証がついているケースがありますが、メーカーが取り扱っている延長保証や特別保証に加入することはできません。

また、メーカーで販売しているモデルは主に最新機種であり、旧モデルとの違いも分かりやすく表記されています。

誤って旧型を購入してしまうリスクもほぼありません。

メーカーの直販サイトでは割引クーポンの配布やキャンペーンを行なっていることも多いため比較的お得にノートパソコンを手にすることができます。

ノートパソコンを購入する場合は、家電量販店やインターネット購入よりも、メーカーならではの手厚いサポートが用意されているメーカー直販がベストです。

3.初心者向けノートパソコンを用途別で紹介

初心者向けノートパソコンを用途別で紹介

次に、初心者向けのノートパソコンを用途別に紹介します。

紹介するノートパソコンは下記の4つです。

  1. 高性能を求めたい人向けのモデル
  2. スマホの写真・ビデオ取り込みがしたい人向けのモデル
  3. デザイン性を求めたい人向けのモデル
  4. 安さを求めたい人向けのモデル

ぜひご自身のニーズに合うノートパソコンを選ぶ際の参考にしてみてください。

3−1.高性能を求めたい

高性能なノートパソコンを求めている人には、「Surface Laptop 2」がおすすめです。

Surface Laptop 2は海外メーカー、マイクロソフト社の製品になります。

海外メーカーは初心者向けではないとお伝えしましたが、マイクロソフト社は日本国内でのサポートも充実しているため心配はいりません。

そして何と言ってもこのモデルは性能面が優秀です。

CPUに第8世代を使用しており、Core i5-8250U クアッドコアまたは、Core i7-8650U クアッドコアを選択できます。

「作業がサクサク進む」といったレビューも多く、グラフィックスも美しいと評判です。

▼Surface Laptop 2の基本スペック
CPU… 第8世代 Core i5-8250U クアッドコア|第8世代 Core i7-8650U クアッドコア
ストレージ容量…SSD 128 GB|256 GB|512 GB|1 TB
メモリ…8 GB |16 GB
画面… 13.5 インチ PixelSenseディスプレイ
重量…約 1,2kg

3−2.スマホの写真・ビデオ取り込みがしたい

スマホの写真・ビデオ取り込みがしたい人には、「LAVIE Direct NS」がおすすめです。

NECのLAVIE Direct NS は、映像や音楽に特化したノートパソコンになります。

視野角の広いIPS液晶を採用しており、どの角度から見ても画面が美しく見える高画質なディスプレイが特徴です。

また、ヤマハのサウンドシステムを取り入れ、ステレオ使用のスピーカー搭載しているため音質も非常に良いものになっています。

付属ソフトとして、音楽の再生や曲の管理、スマホの写真やビデオの取り込みが簡単にできるソフトが付いてくるのも嬉しいポイントです。

ノートパソコンで写真や動画を取り込んで楽しみたいと考えている人に適しているモデルと言えるでしょう。

ネット上の動画や画像も綺麗に再現されると評判です。

▼LAVIE Direct NSの基本スペック
CPU… E2-9000|AMD A6-9220|A9-9420
ストレージ容量…500GB|TB HDD
メモリ…4GB|8GB
画面… 15.6インチ
重量…約2.1kg

3−3.デザイン性を求めたい

デザイン性を求めたい人には、「LIFEBOOK WA3/D1、WA2/D1」がおすすめです。

富士通のLIFEBOOK WA3/D1、WA2/D1は、上質なデザインが特徴のノートパソコンです。

カラー展開は、ブライトブラック、プレミアムホワイト、ガーネットレッド、メタリックブルーの4色。

人気のプレミアムホワイトは、底側がブラウンになっており上品な印象です。

スタイリッシュなデザインであるだけでなく、ディスプレイの見やすさやキーボードの打ちやすさも評判になっています。

CPUの性能やスピーカーの音質など、総合的なスペックでも満足できるモデルです。

▼LIFEBOOK WA3/D1、WA2/D1の基本スペック
CPU… インテル Core i7-8565U|i5-8250U| i3-7100U
ストレージ容量…SSD 128~512GB+ 1TB HDD
メモリ…4GB | 8GB | 16GB| 32GB
画面… 15.6インチ
重量…約 2.3kg

3−4.安さを求めたい

安さを求めたい人には、「AZ25/GG 2018夏Webモデル」がおすすめです。

東芝(ダイナブック)のAZ25/GG 2018夏Webモデルは、低価格なノートパソコンでありながら性能の良さにも定評があります。

画面が15.6インチと大きめなので、動画編集や写真編集を行なうにも十分です。

大きめのモデルなので持ち運びには不向きですがスマホとの連携や生体認証など便利な機能も多数搭載されています。

低価格帯で安心して使えるノートパソコンを探している人には最適のモデルでしょう。

▼AZ25/GG 2018夏Webモデルの基本スペック
CPU… インテル Celeron プロセッサー 3867U
ストレージ容量…500GB HDD
メモリ…4GB(最大16GB)
画面… 15.6インチ
重量…約 2.4kg

4.初心者がノートパソコンを選ぶときの注意点

初心者がノートパソコンを選ぶときの注意点

最後に、初心者がノートパソコンを選ぶときに注意すべき点をお伝えします。

注意点は下記の2つです。

  1. 海外メーカーはサポートが厳しい
  2. インターネットを使う場合は回線の契約も必要

この2つを知らないままノートパソコンを購入すると、快適にパソコンが使えないといった事態に陥る可能性があるので気をつけましょう。

注意点1.海外メーカーはサポートが厳しい

初心者には海外メーカーのノートパソコンは不向きになります。

理由は、国内でのサポートに対応していないメーカーが多いことです。

長期保証や延長保証といった制度もないことがほとんどなので、トラブルや故障の際にメーカーに相談することができません。

万が一のときのサポートがないというのは、初心者にとって大変リスキーです。

サポートを対応している場合も、海外に支部があるなどやりとりをするのが厳しいことが多いでしょう。

やはり、初心者はサポートが万全な国産メーカーから選ぶことをおすすめします。

注意点2.インターネットを使う場合は回線の契約も必要

ノートパソコンでインターネットを使いたい場合は、別途インターネット回線の契約が必要です。

ノートパソコンを買えば、スグにネットに繋がるというわけではありませんので注意しましょう。

自宅でインターネットを使う場合は固定回線を引く手続きを行ないます。

外出先でもノートパソコンを使用する予定がある人は、ポケットWiFiを契約するのがおすすめです。

ノートパソコンと合わせてインターネットの契約を検討している人は、即日から使えるポケットWiFiをチェックしてみてください。

まとめ

初心者向けのノートパソコンの選び方を紹介しました。

ノートパソコン初心者は、分からないことが多い分なによりも「サポート面」を重視して選ぶことが先決です。

そのうえで、用途に合わせた性能や好みのデザインを探していけば自ずと自分に適したモデルが見つかるでしょう。

あなたらしいノートパソコンを選んで、快適で楽しいノートパソコンライフを過ごしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です