もう失敗しない!格安SIMを選ぶ3つのポイントとおすすめの契約先

格安SIMの選び方

「格安SIMに乗り換えたいけど、なにがいいの?」

「格安SIMってどこを使うのがおすすめ?」

と格安SIM選びでお困りではないですか??

この記事では、ややこしい説明は抜きに、簡単にわかりやすく、格安SIM選びのポイントをまとめています。

「他のサイト見たけど、色んな説明が書かれていて、ややこしい!!」

と思われている人でも、2分ほどでサラッとわかるようにまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

自分に合った格安SIMを使って、今よりもお得に、快適にスマホが使えるようにしましょう。

1.格安SIMってそもそもなにがいいの?

格安SIMの良い点は何と言っても安く使えることです。

au、docomo、Softbankなどの大手携帯キャリアでスマホを使うよりも、格安SIMを利用するだけで、2,000円〜3,000円ほどお得に利用することができます。

格安SIMに変えると料金が安くなる

端末をそのまま利用することもできますし、電話番号やデータなどもそのまま利用することができます。

2.格安SIMの選び方のポイント

格安SIMの選び方のポイントは以下の3つです。

  1. 通信速度がどれだけ出るか?
    格安SIMを利用する上で一番気をつけて欲しいポイント。
    まずは通信速度がしっかり出るか?を確認すること。
  2. 契約期間はどれくらいか?
    契約期間に縛りのないところを選ぶこと。実際に使ってみて、自分に合わなければ乗り換えよう。
  3. サービスやオプションは充実しているか?
    格安SIMにはそれぞれ独特のサービスやオプションが存在する。自分にとって必要なものを選ぶようにすること。

格安SIMの利用を考えている人は、料金がどれくらい安くなるか?にばかり気をとられがちですが、通信速度のことも気にするようにしてください。

料金が安くなる分、どうしても通信の品質は悪くなる点には注意しておきましょう。

契約期間に縛りのない格安SIMを選んでおけば、万が一、「速度が遅い!!」となってもすぐに解約できるので安心です。

また格安SIMの会社それぞれで独自のサービスやオプションを展開していることも多いので、そちらもチェックするといいですよ。

3.はじめての格安SIMを検討中ならサブブランドがおすすめ

はじめて格安SIMの利用を考えている人には、サブブランドがおすすめです。

サブブランドは、格安SIMのように大手携帯キャリアから回線を借りている会社ではなく、大手携帯キャリアの子会社が運営しています。

格安SIMの仕組み

サブブランドの主な特徴は以下の3つです。

  1. 回線速度が格安SIMより安定している
    大手通信キャリアよりも通信品質が悪い分、安く提供しているのが格安SIM。サブブランドであれば、品質もそれほど悪くない、安定した通信を行うことが可能。
  2. 大手携帯キャリアよりも値段が安い
    サブブランドは格安SIMよりは料金は少し高い。しかし、大手携帯キャリアよりも圧倒的に値段は安い。
  3. 実店舗もありサポートしてもらえる
    サブブランドは実店舗もあり。契約後に困ったことがあっても実店舗で対応してもらえる。

東京、名古屋、大阪の主要駅で計測した速度結果を見ても、他の格安SIMより速度が安定して速いことがわかります。

大きな画像で見る格安SIMの速度比較

今のところ、提供されているサブブランドは以下の2社です。

  1. UQモバイル
  2. Y!モバイル

それぞれ見ていきましょう。

※ちなみに、docomoは法律の関係上サブブランドを持つことができません。

auのサブブランド「UQモバイル」

UQモバイルのホームページ

auのサブブランドである「UQモバイル」。

UQモバイルの特徴は以下の通りです。

  1. 10分間のかけ放題をつけて、月額2,680円で利用できる
    UQモバイルは通話オプションをつけないことも可能。かけ放題以外のプランもあるので、あまり電話をしない人にはおすすめ。
  2. 余ったデータ量の翌月繰越しができる
    UQモバイルは、余ったデータ量の繰越しが可能。
  3. 節約モードだとSNSや音楽ストリーミング利用時のデータ消費量ゼロ
    回線速度を最大300Kbpsにおさえる節約モードを使うと、SNSや音楽などのデータ消費量がゼロに。スイッチひとつでモードの切り替えも可能。
  4. 契約期間・解約金なし
    契約期間・解約金などが基本的にはないので、いつ解約してもOK。
  5. 速度制限下の速度は最大300Kbps
    速度制限下128Kbpsというところ比べると、約2倍の速度が出る。

au以外で使っていた場合は、SIMロック解除が必要になりますので、注意してください。

auでスマホを利用していた人であれば、SIMロックを解除しなくても利用することができます。

2.Softbankのサブブランド「Y!モバイル」

Y!モバイルのホームページ

Softbankのサブブランドである「Y!モバイル」。

Y!モバイルの特徴は以下の通りです。

  1. 10分間のかけ放題をつけて、月額2,680円で利用できる
    Y!モバイルは通話オプションは強制加入。電話は必要ないという人は、UQモバイルがおすすめ。
  2. ソフトバンクで光回線を使っていると月々500円の割引が受けれる
    光回線やSoftbank Airなどを契約している人は、よりお得に使える。
  3. 最初の6ヶ月間新規割りで月々500円割引が受けれる
    最初の6ヶ月間は無条件で500円毎月割り引いてもらえる。
  4. 契約期間や解約金など一切ない
    契約期間・解約金などが基本的にはないので、いつ解約してもOK。
  5. オフィシャルショップが全国1,000店舗以上あり、安心感がある
    全国に約100店鋪ほどしかないUQモバイルと比べても圧倒的に多い。家電量販店にある場合もある。

Softbank以外で使っていた場合は、SIMロック解除が必要になりますので、注意してください。

Softbankでスマホを利用していた人であれば、SIMロックを解除しなくても利用することができます。

まとめ

格安SIMの選び方を説明しました。

「格安SIMでどこを選べばいいかわからない」とお悩みなら、サブブランドがおすすめです。

他の格安SIMよりも通信品質がいいですし、契約期間の縛りもないため、自分に合わなければすぐに乗り換えることもできますよ。

ぜひ一度使ってみて、快適に使えるか試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です