超便利!eSIM(イーシム)のメリットやデメリットを徹底解説!

eSIM

「eSIMって聞いたことあるけど何?」

「iPhoneにもeSIMって入ってるらしいけどよくわからない」

と疑問に思われていませんか?

eSIMとは、通常のSIMカードとは少し異なるSIMのことです。

eSIMカードを利用すれば、海外旅行などの際に非常に手軽にスマートフォンを利用することが出来るんですね。

この記事では、eSIMカードについての具体的な解説や、eSIMカードのメリットやデメリットについて紹介しています。

是非この記事を参考にしてeSIMカードを利用してみてくださいね。

1.eSIMとは?

eSIMとは

eSIMとは、「Embedded SIM(エンベッディド・シム)」の略で組み込み型SIMを指します。

ます、SIMカードが何なのかと言うと、携帯会社が発行するチップのことです。

SIMカードがないと電話ができなかったりスマホの利用すらできなかったりします。

下の画像は実際のSIMカードです。

eSIM

eSIMはSIMカードの役割をするチップがスマホ内部に組み込まれ、必要な追加情報はネット上からダウンロードします。

eSIMは必要なSIM情報を書き換えるだけで、SIM情報が更新されるので便利です。

これまでのSIMカードのように交換する必要がありません。

カードタイプよりも簡単にSIM情報を更新できます。

eSIMはドコモ/au/ソフトバンクの3キャリアが採用していないため日本ではあまり普及していません。

しかし、海外ではすでに広く利用されているんですね。

対応している主な機種

eSIMに対応しているメジャーな機種は以下の機種たちです。

  1. iPhone
  2. Pixel
  3. iPad
  4. Surface
  5. その他の機種

簡単に紹介していきます。

iPhone

iPhone

日本でもっとも使われているiPhoneも、最近の機種はeSIMに対応しています。

すべてのiPhoneが対応しているわけではなく、以下の6機種がeSIMに対応しています。

  1. iPhoneXs
  2. iPhoneXs Max
  3. iPhoneXR
  4. iPhone11
  5. iPhone11Pro
  6. iPhone11Pro Max

古いiPhoneはeSIMには対応していないので注意しましょう。

Pixel

pixel

GoogleのPixelも以下の2機種でeSIM対応です。

  1. Pixel 4
  2. Pixel 4Pro

海外モデルのPixel3はeSIMに対応していますが、日本向けモデルのPixel3はeSIMに対応していません。

iPhoneやPixelなどでeSIMが採用され、2018年秋以降のモデルでeSIM対応の機種が増えてきました。

iPad

ipad

iPhoneだけでなく、iPadもeSIMに対応しています。

対応しているのは以下の5機種です。

  1. 11インチ iPad Pro Wi-Fi+Cellular 第3世代
  2. 12.9インチ iPad Pro Wi-Fi+Cellular 第3世代
  3. iPad Air Wi-Fi+Cellular 第3世代
  4. iPad Wi-Fi+Cellular 第7世代
  5. iPad mini Wi-Fi+Cellular 第5世代

こちらもiPhone同様古い機種はeSIMに対応していません。

Surface Pro

surface

パソコンでは、Surface Pro LTE Advancedも対応しています。

その他の機種

以下2機種のパソコンeSIMに対応していますが、eSIM用データをインストールした不具合も確認されています。

  1. ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE
  2. ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE

そのため現状パソコンで安心して使えるのはSurface Proのみです。

2.eSIMのメリット

eSIMのメリット

iPhoneやiPadでも使えるようになってきたeSIMには、どんなメリットがあるのでしょうか。

eSIMのおもなメリットは5つです。

  1. SIMカードの差し替えなく乗り換えできる
  2. SIMカードの到着を待つ必要がない
  3. SIMカードの紛失・破損がない
  4. SIMカードの注文ミスが減る
  5. 海外で現地のキャリア通信をすぐに利用できる

1つずつ見ていきましょう。

メリット1.SIMカードの差し替えなく乗り換えできる

eSIMの大きなメリットが、SIMの差し替えなく乗り換えられることです。

通常、通信キャリアを乗り換えるときにはSIMカードを差し替えなければなりません。

たとえば、ドコモを利用していた人がauに乗り換えるときはSIMカードの差し替えが必要です。

しかし、eSIMならSIM情報はネットでダウンロードすればよいので差し替えることなく乗り換えられます。

手間なくスムーズに通信キャリアを乗り換えられるのがメリットです。

メリット2.SIMカードの到着を待つ必要がない

eSIMは、SIMカードの到着を待つ必要がありません。

通信キャリアを乗り換えるときには、SIMカードが手もとに届くまでに2、3日~1週間ほどの待ち時間が発生します。

しかし、eSIMはQRコードなどを読み込んでしまえばすぐに使用可能です。

新しい通信キャリアのSIMカードの到着を待つことなくスピーディーに乗り換えられます。

メリット3.SIMカードの紛失・破損がない

eSIMはSIMカードの差し替えがないため、紛失・破損のリスクがありません。

SIMカードを紛失・破損すると、ドコモ/au/ソフトバンク/格安SIMのどこであっても再発行が必要です。

再発行には手数料として2,000円~3,000円の費用が発生します。

eSIMであれば、紛失や破損のリスクがなく費用が発生することはありません。

ただし、プロファイルというeSIMの情報が含まれたデータを削除すると再発行手数料が発生するため注意しましょう。

SIMカードの紛失・破損がないのはeSIMのメリットです。

メリット4.SIMカードの注文ミスが減る

eSIMは、SIMカードの注文ミスが減るというメリットがあります。

通常のSIMカードのサイズは3つです。

  1. 標準SIM
  2. microSIM
  3. nanoSIM

通信キャリアを乗り換える際は、スマホで採用されたサイズのSIMカードを正しく注文しなければなりません。

たとえば、nanoSIMが採用されているスマホに標準SIMを指すことは不可能です。

SIMカードのサイズを誤って注文した場合は、再発行しなければなりません。

紛失・破損と同じように2,000円~3,000円の費用が発生します。

eSIMは、カードサイズという概念そのものがなくサイズを間違えて注文することはありません。

SIMカードの注文ミスが減るというのも、eSIMのメリットです。

メリット5.海外で現地の通信キャリアをすぐに利用できる

eSIMは、海外で現地の通信キャリアをすぐに利用できます。

現地の通信キャリアを使うために、事前に国内でSIMカードを注文したり現地で探し回ったりする必要はありません。

海外に到着後、現地でWiFi経由にeSIMを契約することすら可能です。

急な海外出張でSIMカードを注文できないとしても、eSIMなら問題ありません。

海外で現地の通信キャリアをすぐに利用できるのは、eSIMの大きなメリットです。

3.eSIMのデメリット

eSIMのデメリット

5つのeSIMのメリットを紹介しましたが、デメリットもあります。

  1. eSIMの料金が通常SIMと比べてやや高い
  2. eSIMに対応した機種が少ない
  3. ドコモ/au/ソフトバンクはeSIMに対応していない

1つずつ見ていきましょう。

デメリット1.eSIMの料金が通常SIMと比べやや高い

eSIMがあれば、すぐに海外で通信できるものの通常SIMと比べて料金が割高です。

eSIMが利用できるIIJmioのeSIMと、通常SIMの料金を比べてみましょう。

6GBプラン・ドコモ回線・データ通信専用の条件下で比較をしてみました。

キャリア名 月額料金
IIJmio 1,520円
mineo 1,580円
BIGLOBEモバイル 1,450円
OCNモバイルONE 1,380円
イオンモバイル 1,480円
LIMBO 2,180円


最安値のOCNモバイルONEと比べると140円高いです。最安の格安SIMと比べると少し料金が高いかなといった印象でしょうか。

料金を考えるとIIJmioのeSIMはお得ではありません。

デメリット2.eSIMに対応したスマホが少ない

eSIMのデメリットは、対応機種の少なさです。

スマホはiPhoneとPixelの一部機種しか対応していません。

どちらもハイスペックで高価なスマホで、手ごろな価格のスマホでeSIM対応しているものはないです。

タブレットやパソコンでもeSIMに対応している機種はわずかしかありません。

スマホを含めeSIMに対応している機種が少ないのは、大きなデメリットです。

デメリット3.ドコモ・au・ソフトバンクは国内でのeSIMに対応していない

ドコモ・au・ソフトバンクは国内でのeSIMに対応していません。

格安SIMの登場により、以前よりはユーザーが減ったとは言えど、大手3キャリアの利用者はまだまだ多いです。

大手3キャリア以外のSIMは不安だという人にとっては、eSIMはまだまだ不安要素が多いSIMと言えるでしょう。

4.日本唯一のeSIM対応キャリアのIIJmioを紹介!

IIJmio

IIJmio(アイ・アイ・ジェイ・ミオ)は、株式会社インターネットイニシアティブが運営する格安SIMです。

日本国内で唯一eSIMに対応しています。

月額料金 1,520円
月額通信容量 6GB
注意点 電話・SMSは利用不可

注意点として、インターネット回線とは別である、電話やSMSは利用できないので注意しましょう。

 

まとめ

eSIMは組み込み型のSIMで、iPhoneやPixelなどで採用されています。

eSIMには5つのメリットがありました。

  1. SIMカードの差し替えなく乗り換えできる
  2. SIMカードの到着を待つ必要がない
  3. SIMカードの紛失・破損がない
  4. SIMカードの注文ミスが減る
  5. 海外で現地のキャリア通信をすぐに利用できる

日本ではIIJmioがサービス提供中です。料金は他の通信キャリアの通常SIMと比べてやや割高ですが、管理は通常SIMより簡単でした。

また、eSIMは海外でも現地キャリアの通信をネット上から気軽に契約できます。

国内でも海外でも、通常SIMより管理が楽なeSIMをぜひ使ってみてください。