自宅WiFiは光回線が最強!選び方からおすすめプロバイダまで紹介

自宅 WiFi

「自宅にWiFiを引きたいけど、何がおすすめなのか全然わからない!」

「自宅のWiFi料金って、もっと安くならないのかな?」

とお悩みではありませんか?

自宅で利用できるWiFi(インターネット回線)にはいくつか種類があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。

自宅での利用用途にあわせてWiFiを選べば、料金の節約やインターネット速度の改善にもつながりますよ。

この記事では、自宅で利用できる主なWiFi環境の種類・用途・メリットデメリット、更にはおすすめの回線業者までわかりやすく解説していきます。

是非この記事を参考にして、快適な自宅WiFi環境をつくりあげてみてください。

1.自宅で利用できる主なWiFi(ネット回線)は3種類!それぞれの用途・メリット・デメリットを解説

主な自宅WiFiは3種類

導入でも紹介したように、自宅で利用できる主なWiFiには以下のように3つの種類があります。

ここでは、それぞれの回線の特徴やメリットデメリットについて紹介していきます。

種類1.光回線

特徴 自宅WiFiで最もオススメ
月額費用
  • 一軒家:4,000円~7,000円
  • マンション:3,000円~5,500円
メリット
  • 速度が最も速い
  • 速度が最も安定している
  • どれだけネットにつないでも速度制限などが一切ない
デメリット
  • 工事が必要
  • 料金が少し高い
  • 導入に少し時間がかかる
サービス例
  • NURO光
  • フレッツ光
  • BIGLOBE光

光回線は、自宅WiFiの中で最もオススメなインターネット回線です。

理由としては、他のネット回線にはない速度・安定感にあります。

例えば、後に紹介するホームルーターやポケットWiFiの場合、利用者の多い昼夜の時間帯は回線が混雑し、速度が少し低下して動画鑑賞などがままならないことがあります。

しかし、光回線の場合速度が低下したとしても、元々の速度が非常に高速であるため、低下したことにすら気づかないほど安定した速度でネットに接続することが可能です。

そのため、自宅でのWiFi環境・インターネット環境をストレスなく自由に実現したいという場合は、光回線一択と言っても過言ではないでしょう。

気になるのは導入面

メリットばかりに思える光回線ですが、導入面で少し懸念点があります。

というのも光回線を利用するためには、開通工事をする必要があるからです。

あまり多くはありませんが、借家のため家主から工事の許可が下りないなどの都合により、開通工事が行えないことがあります。

基本的に開通工事の際などに、業者の人が開通可能か教えてくれるので安心してください。

工事内容は、近くの電柱から自宅内まで光ケーブルをひくという内容です。

基本的には電話線やエアコン用の配管を使って外から自宅内に光ケーブルをひくのですが、壁に小さな穴をあけてケーブルを通す場合もあります。

最近では光回線が利用できないという家はあまり耳にしませんが、マンションや借家の場合工事が不可能な可能性もあるため、事前に建物のオーナーや家主の人に相談するようにしましょう。

また、工事などを含め光回線は導入に数週間から1か月程度の時間を要する場合が多いです。

春などの新生活の季節には特に申込が殺到しやすいため、少し導入に時間がかかることも忘れないようにしましょう。

光回線の選び方は、この記事内の「2.自宅WiFiで最もおすすめな『光回線』の選び方を紹介!」で紹介していますので是非参考にしてみてください。

種類2.ホームルーター

ホームルーターのイメージ図
特徴 自宅で回線工事ができない人におすすめ
月額費用
  • 3,000円~5,000円
メリット
  • 工事が不要で導入可能
  • 光回線と比べると月額料金が安い
デメリット
  • 光回線と比べると速度が遅い
  • 光回線と比べると速度が安定しづらい
  • ネットを利用しすぎると速度制限になることがある
サービス例
  • WiMAX
  • SoftBank Air

ホームルーターとは、ルーターをコンセントに差すだけで利用ができる自宅用WiFiです。

工事が不要で、申込み後ルーターが届けばすぐにでも利用が出来るというのが特徴

一見万能に見えるが・・・

工事不要ですぐに利用ができ、非常に万能に見えるホームルーターですが、デメリットがあります。

それは、光回線より速度の速さや安定感が弱い点です。

ホームルーターは、光回線のようにケーブルを通じてネットに繋いでいるのではなく、ホームルーター基地局からの電波を無線で受信しています。

そのため、どうしても電波が不安定だったり、速度が光回線より遅いというデメリットがあるんですね。

さらにもう一つ、ネットを利用しすぎると速度制限にかかるという大きな欠点があります。

そのためたくさんネットを利用しすぎると、「まともに動画視聴ができない」「仕事でネットが必要なのに遅すぎてできない」ということもあるため注意が必要です。

「工事が出来ない」「少しでも料金を抑えたい」「速度制限も気にならない」という人はホームルーターで最もおすすめなWiMAXを検討してみてください。

種類3.ポケットWiFi

ポケットWiFiのイメージ図
特徴 自宅だけでなく外出先でも利用したい人におすすめ
月額費用
  • 3,000円~4,500円
メリット
  • 工事が不要
  • 最短即日で導入可能
  • 光回線と比べると月額料金が安い
  • 外に持ち運んで利用することが出来る
デメリット
  • 光回線と比べると速度が遅い
  • 複数台の端末での利用は難しい
  • 光回線と比べると比べると速度が安定しづらい
  • ネットを利用しすぎると速度制限になることがある
サービス例
  • どんなときもWiFi
  • FUJI WiFi
  • THE WiFi

ポケットWiFiは、自宅ではもちろん利用可能ですが外出先でも利用可能なネット回線です。

ホームルーターと同じで工事が不要、申込さえすれば最短即日で導入可能というメリットがあります。

速度や仕組みはホームルーターとほぼ同じ

速度に関しては、ホームルーターとポケットWiFiはほぼ一緒です。

というのも基地局から無線で電波を受信しているという仕組みが一緒のため、速度もそこまで大きな違いはありません。

速度制限も、ホームルーターと同じで利用しすぎるとかかることがあります。

「無制限」と言われるポケットWiFiサービスも多数存在しますが、実は月に100GB以上の利用で速度制限にかかったりすることがあるので、速度制限はあるものだと思っていたほうがいいでしょう。

速度も一緒で外でも利用可能なら、ホームルーターより優れてるんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、ホームルーターには可能でポケットWiFiではできないこともあります。

それは、同時に接続できる台数の違いです。

ポケットWiFiの場合、外に持ち運ぶようのWiFiルーターとして設計されているため、複数台の機器で接続することはあまり考えられていません。

平均としては5台程度の接続台数のルーターが多いです。

例えると、スマートフォン3台・パソコン2台・ゲーム機1台の合計6台をポケットWiFiで接続することは難しいということです。

ホームルーターの場合、家での利用を想定して作られているので、ある程度の端末数で接続することが可能なんですね。

これが、ホームルーターには可能でポケットWiFiではできないことです。

「自宅だけではなく外でも利用したい」という人は、こちらの記事でおすすめのポケットWiFiランキングを紹介していますので是非参考にしてみてください。

ポケットWiFiランキング-アイキャッチ

【48プラン比較】本気で厳選!安いポケットWiFiランキング|2020年11月最新

2020.11.13

2.自宅WiFiで最もおすすめな『光回線』の選び方を紹介!

光回線の選び方

ここでは、自宅WiFiで最もおすすめな光回線の選び方について紹介していきます。

ホームルーターやポケットWiFiは、ある程度おすすめサービスが決まっているのですが、光回線は利用者によっておすすめとなるサービスが異なるため、ここで覚えておきましょう。

光回線は以下の図のように選んでおけば、後悔せず契約することができるでしょう。

光回線の選び方

それぞれの光回線ごとに申し込み窓口がたくさんあり、特典の内容も変わってきます

単純に比較することが難しいですし、全部を比較しているとややこしくなってくるので、当サイトでおすすめしている窓口を以下にまとめておきますね。

それぞれのページに飛んだら、自分の住んでいる地域が対応エリア内かどうかは必ず確認するようにしましょう。

自宅WiFiについてのまとめ

ここまで自宅でのWiFi環境について紹介してきました。

最後にもう一度、どのようにして自宅WiFi環境を選べばいいのかについて紹介します。

  • 自宅でストレスなくネットを利用したい場合には「光回線
  • 光回線の工事が厳しい・料金を少しでも安くしたいなら「ホームルーター
  • 自宅だけではなく外でもWiFiを利用したいなら「ポケットWiFi

是非この記事を参考にして、快適な自宅WiFi環境をつくりあげてみてください。

NURO光のキャッシュバックキャンペーン