実際どうなの?UQモバイル500Kbps無制限プランでできること

UQmobileロゴ

「500Kbpsという速度で動画って見れるの?」「ネットサーフィンは問題なくできるの?」と疑問に思いますよね。

UQモバイルの無制限プランで使える通信速度が500Kbpsですが、他のプランの225Mb㎰に比べるとかなり低速です。

「500Kbpsという速度しか出なくて、本当に大丈夫かな?」と不安に思う人もいるかもしれません。

結論を言うと、「動画は低画質」「ページを読み込むのに時間がかかる」など様々な制限がかかり、おすすめできません。

無制限で動画を見たいという人には、「BIGLOBEモバイル」か「格安SIM+WiMAX」の併用がおすすめです。

筆者も格安SIMとWiMAXを併用していますが、データ容量を気にせず使えていて、家でも外でも動画視聴を快適に楽しむことができています。

この記事では、「500Kbpsとは大体どれくらいのことができる速度なのか?」をお伝えし、実際に500Kbpsという通信速度を利用している人たちの口コミや評判を紹介!

そのうえで、UQモバイルの無制限プランではなく、「BIGLOBEモバイル」や「格安SIM+WiMAX」をおすすめする理由をお伝えします。

当記事を読んで、UQモバイル無制限プランが自分にとって最適なプランなのかどうか判断し、よりインターネット環境が快適に使えるようにしていきましょう。

※「BIGLOBEモバイル」「格安SIM+WiMAX」のことが知りたい!!という人は、「3.UQモバイルの無制限プランよりおすすめできる格安SIM」をご覧ください。

1.500Kbpsはどれだけ使える?できること・できないことまとめ

そもそもスマホのプランはどのようなもの?

まずは500Kbpsという通信速度でできること、できないことを大まかに確認していきましょう。

あくまで基本的にいえることであって、端末、地域、時間帯、使用用途などによって必要な速度は変わってきます。

参考程度にご覧ください。

1-1.500Kbpsで利用できること

500Kbpsという通信速度でできることは以下の通りです。

  • メールやLINEなどテキスト情報のやり取り
  • テキスト中心のWebページ閲覧
  • 動画アプリ(低画質)
  • 動作の軽いゲーム
  • SNS(画像や動画は表示されにくい)
  • Googleマップ
  • 音楽やラジオ

基本的にはテキスト中心のものであれば利用することができます。

ただしテザリングをしてパソコンで上記のいずれかを利用すると、思うように利用できないものも出てきます。

スマホで利用をする分には問題なく使えるでしょう。

1-2.500Kbpsで利用できないこと

500Kbpsという通信速度でできないことは以下の通りです。

  • メールやLINEでデータ容量の大きいファイル、画像などを送信する
  • ネットショップなど画像の多いWebサイト閲覧
  • 動画アプリ(高画質)
  • アプリや画像のダウンロード
  • 動作の重いゲーム
  • SNS(画像の多いもの)

画像や動画(高画質)のものになってくると利用は厳しいようです。

画質にこだわらないという場合には、500Kbpsの通信速度でも問題なく利用することができるでしょう。

2.UQモバイルの無制限プランで500Kbpsを使っている人の口コミ・評判

500kbps口コミ

500Kbpsという速度でできること、できないことをお伝えしました。

とはいえ、「実際に利用している人はどう思っているの?」という点も気になりますよね。

そこでここではUQモバイルの無制限プランを実際に利用している人の口コミや評判を、Twitter上で調査し、ジャンルごとに分けてまとめてみました。

それぞれ見ていきましょう。

口コミ1.総合的な使用感

問題なく使える

「全体的には、問題なく使える」という口コミです。

ただし速度が遅く感じたり、画質を落として利用しなければいけないなど、色々と制限は出てくるようですね。

制限がかかるのを理解したうえで利用していくのにストレスを感じなければ、問題なく使えそうです。

遅すぎて使えない

「500Kbpsの速度では遅すぎる」という口コミです。

使い方によっては、500Kbpsではどうしても遅く感じてしまうことも出てきます。

まったく使えないということはないと思いますが、人によっては速度が遅くストレスを感じることも出てくるでしょう。

口コミ2.メールやLINE

メールやLINEは問題なく使える

「メールやLINEは使える」という口コミです。

500Kbpsという速度でも、テキスト中心のメッセージのやり取りは問題なくできるようですね。

Skypeも安定して使える

「スカイプも安定して使える」という口コミです。

チャットであればSkypeも安定して使えるようですが、ビデオ通話は画質を落とした通話が必要にはなってきます。

口コミ3.ネットサーフィン

ネットを見るにはちょっと遅い

「ネットサーフィンをするには少し遅く感じる」という口コミです。

見るサイトによっても表示スピードは変わってきますが、「500Kbpsだと表示されるのが遅い」と感じることが増えるようです。

画像の多いサイトはかなり遅い

「特に画像の多いサイトを見るときは遅く感じる」という口コミです。

ネットショップのような画像が多いサイトを頻繁に閲覧する人には、500Kbpsは不十分な速度と言えるでしょう。

口コミ4.SNS

SNSは問題なく使える

「SNSは十分に見れる」という口コミです。

Facebook, Twitterなど文字が多いコンテンツの表示であれば比較的サクサクと閲覧できるようです。

画像や動画の多いSNSは厳しい

「InstagramやSnapchatは見れない」という口コミです。

Instagramなどの画像や動画がメインのSNSでは、表示に時間がかかり、カクカクとした動きになってしまいます。

口コミ5.動画鑑賞

360pであればYoutubeも見れる

「Youtubeの画質が360pまでなら途切れず再生できた」という口コミです。

他の動画アプリも低画質であれば十分に動画コンテンツを視聴することができるようです。

動画や画像を見るのは厳しい

「動画どころか画像も見れない」という口コミです。

PCで動画や画像を見るのは厳しいようです。

スマホで低画質に限定すれば、動画や画像も無理なく見ることができると言えるでしょう。

口コミ6.アプリ

アプリのアップデートはできない

「アプリのアップデートは厳しい」という口コミです。

これはUQモバイルの無制限プラン以外でも言えることですが、アプリのアップデートはWiFi環境下で行う必要があるようですね。

ゲームの利用は厳しい

「ゲームの利用などは厳しい」という口コミです。

動作の軽いゲームは利用できますが、3Dのものなど動作の重いゲームの利用は厳しいと言えるでしょう。

3.UQモバイルの無制限プランよりおすすめできる格安SIM

UQモバイルの無制限プランよりおすすめの格安SIM

UQモバイルの無制限プランでできること、実際に利用している人の口コミや評判をお伝えしてきました。

UQモバイルの無制限プランでも快適に使える部分もありますが、動画視聴などのデータ容量をたくさん使うものに関しては、快適に使えるとは言えません。

格安SIMで音楽や動画を楽しみたいなら、BIGLOBEモバイルがおすすめです。

BIGLOBEモバイルには、月額480円から利用できるエンタメフリーオプションというものがあって、動画や音楽サービスを使ってもデータ容量が減らないものがあります。

BIGLOBEモバイルエンタメフリーオプション

YouTubeyやU-NEXTをはじめとする動画配信サービスやSpotifyやAWAなどの音楽サービスもデータ量の消費を気にする必要がありません。

BIGLOBEモバイルエンタメフリーオプションで使えるサービス

音声通話とエンタメフリーオプションをつけても、6GBで月々約3,000円ぐらいで利用できますよ。

動画や音楽の視聴を格安SIMで主にしたいという人には、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを利用することをおすすめします。

3-1.ただし、エンタメフリーオプションの速度はそれほどよくない

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションは、YouTube動画やSpotifyの音楽が聴き放題ではありますが、速度がそれほど速くないという声も一部あります。

Twitter上でエンタメフリーオプションの口コミを調査をすると、「快適に使えている」という声もあれば、「速度が遅い」という声も見受けられました。

1Mbpsあれば、YouTubeの標準画質は問題なく見れるので、エンタメフリーオプションでも問題なく見れるはずです。

ただし、YouTubeの高画質動画を見るときやゲームをするなどは1Mbpsだと不便に感じることも出てきます。

また通信環境によっては1Mbpsを下回ることもあるようですので、速度が気になる人にはあまりおすすめできません。

3-2.動画もゲームもサクサク使いたい人は、「LINEモバイル×WiMAX」がおすすめ!

LINEモバイルとUQWiMAX

動画もゲームも、もっとサクサク使いたいという人には、格安SIM+WiMAXを併用するのがおすすめです。

格安SIMはデータ容量の小さいプランを選んでなるべく安くし、スマホを利用するときには、基本的にWiMAXに繋いで利用するといいでしょう。

WiMAXと併用するのにおすすめの格安SIMは、LINEモバイルです。

LINEモバイルであれば、音声通話付きの一番データ容量の小さい3GBのプランで月額1,690円で利用できます。

WiMAXと併用しても大体約5,000円ほどでおさまるので、大手キャリアの携帯を使っているよりも安く利用できますよね。

またLINEモバイルでは、LINEやTwitter、Instagramなどの利用はデータ量が消費されない、データフリーという機能があります。

LINEモバイルのデータフリー

LINEモバイルのデータフリーであれば、LINEをはじめとするSNSが使い放題なので、ポケットWiFiを持ってくるのを忘れてしまったという場合でも安心です。

「ポケットWiFiは絶対忘れずに持ち歩く」という自信のある人は、データ容量がさらに小さいプランを用意していて、料金ももっと安い格安SIMを選んでもいいでしょう。

※月額利用料5カ月間半額キャンペーンも実施中!!

そもそもWiMAXとは?

UQWiMAXロゴ

WiMAXとは、モバイルWiFi(ポケットWiFi)と言われるサービスのひとつです。

大手携帯キャリアでもポケットWiFiのサービスは提供していますが、WiMAXが圧倒的にお得に利用できます。

WiMAXをおすすめする理由は以下の3つです。

  1. 速度が速く、月間のデータ使用量に上限がない
  2. 料金が安い
  3. 持ち運びしやすい

速度が速く、月間のデータ使用量に上限がないため、動画やアプリ、ゲームなどをする時でも、速度や容量を気にせず快適に利用することができます。

3日間の通信制限はありますが、通信制限下でもYoutubeの標準画質の動画が見れるほどの速度になるだけなので、それほど気にする必要もありません。

また家でも外でも利用できるので、場所を問わず動画やアプリ、ゲームなど利用したいという人にもおすすめです。

WIMAXについてより詳しく知りたい人は、【2019年最新版】『UQ WiMAX』ポケットWiFiを徹底解説!をご覧ください。

【番外編】それでもUQモバイルの無制限プランが気になる人へ

UQモバイルの無制限プランがおすすめな人

UQモバイルの無制限プランはおすすめできないとお伝えしました。

とはいえ、速度はそんなに早くなくていいから、UQモバイルの無制限プランでもいい気がするという人もいるかもしれません。

そこで、以下にUQモバイルの無制限プランでも特に不満もなく使えるだろう人をまとめてみました。

  1. データ利用容量を気にせず利用したい人
  2. インターネットをスマホ中心で利用する人
  3. インターネットの利用がテキスト情報中心のものに限られる人

UQモバイルの無制限プランは、データ容量の上限がないため無制限で利用することが可能です。

ただし、速度は500Kbpsという決して早いとは言えない速度になるため、パソコンでインターネット通信を行ったり、動画や画像などのデータ容量が大きいものの利用には向いていません。

スマホで、テキスト情報中心の利用をする人にはおすすめです。

UQモバイルの無制限プランを申し込むための5STEP

UQモバイルの無制限プランが自分には合うと思った人」は申し込みの手順もここで確認していきましょう。

UQモバイルの無制限プランへ申し込む手順は以下の5STEPです。

  1. 自分の持っているスマホがUQモバイルに対応しているか確認する
  2. SIMロックの解除
  3. MNP予約番号を取得する
  4. プランを選ぶ
  5. 公式ページから申し込む

ひとつずつ見ていきましょう。

STEP1.自分の持っているスマホがUQモバイルに対応しているか確認する

まずは自分の持っているスマホがUQモバイルに対応しているか確認しましょう。

UQモバイルの「動作確認端末一覧」から確認することができます。

同じ端末でも、どの携帯キャリアで契約しているかによって見る欄が変わりますので、注意してください。

STEP2.SIMロックの解除

「動作確認端末一覧」で「SIMロック解除:要」と表示された場合は、SIMロックの解除が必要になります。

(「SIMロック解除:不要)と表示された場合は、「STEP3.MNP予約番号を取得する」へ)

それぞれの携帯キャリアによって解除方法が異なりますので、以下のリンクから確認するようにしてください。

SIMロックの解除は契約期間中に行うことができて、解除したからといって既存のサービスが受けられなくなるということはありません。

店頭だと3,000円の手数料がとられる場合がありますので、インターネットから自分で解除することをおすすめします。

STEP3.MNP予約番号を取得する

MNPとは、他社から乗り換えるときに今まで利用していた電話番号をそのまま引き継ぐことができるシステムのことです。

MNP手続きを今利用している携帯会社にすることでMNP予約番号というものを取得することができます。

MNP予約番号は、申し込みの時に必要になりますので、忘れないようにしてくださいね。

各キャリアごとの電話番号と切り替えをした段階でかかる料金を、以下にまとめておきました。

3大キャリアMNP

更新月以外で解約した場合は、解約金が9,500円かかります。

また端末代を分割支払いにしていた人で、まだ支払いが終わっていない場合は、その残高分の支払いが必要です。

STEP4.プランを選ぶ

UQモバイルの無制限プランには音声通話を入れるか入れないかで、2種類のプランがあります。

UQモバイル無制限プラン

データ無制限プランだけであれば、電話はできませんが、最低利用期間などはなくいつでも解約することが可能です。

音声通話プランはかけ放題ではなく、30秒利用するごとに20円かかります。

また最低利用期間も12カ月あり、途中で解約すると解約金が9,500円かかりますので、注意してください。

※データ無制限のみのプランを選択できるのは、新規申込者だけで、他社からのMNP(乗り換え)の場合は音声通話付きのプランのみ選択可能です。

速度制限について

UQモバイルの無制限プランは、月間の通信量に上限はありませんが、3日間で6GB以上使うと速度制限にかかってしまいます。

速度制限下の速度に関しては、回線の混雑状況によって変化するようで、どれくらいの速度かは明記されていません。

UQモバイル無制限プランの速度制限

500Kbpsという速度で6GBを使い切るには、約27時間の利用が必要になります。

3日間で27時間使おうと思うと、1日に平均9時間の利用が必要になる計算です。

ほとんど超えることはないと予測できますし、それほど気にする必要はありません。

速度制限は直近3日間の通信量が「6GB」を下回った翌日に解除されます。

STEP5.公式ページから申し込む

UQモバイル公式ページ」から申し込みをしていきましょう。

自分の端末に合わせて、SIMカードを選択するようにしてください。

ここでは「iPhone」を選んだとします。

▼iPhone用
UQモバイルiPhoneのSIMカード

▼その他機種用
UQモバイルandroidSIMカード

次に、自分の機種に該当するものを選択しましょう。

ここでは「docomo SoftBank版」を選んだとします。

UQモバイル機種別申し込み窓口

申し込み画面になりますので、自分が希望するものを選んでいってください。

UQモバイル無制限プラン申し込み

あとは指示に従って必要な情報を入力していくだけです。

先ほど取得したMNP番号を入力する欄もありますので、メモしたものを間違いのないように入力してくださいね。

UQモバイル無制限プラン申し込み入力画面

全て入力が終われば申し込み完了です。

キャッシュバックをもらうには?
UQモバイルのキャッシュバック

データ無制限+音声通話プランを申し込むと、3,000円のキャッシュバックを受けれます。

手続き方法は以下の通りです。

  1. 契約した月を1カ月目として、4カ月目に申し込み時に登録したメールアドレスにメールが届く。
  2. メールに記載されているURLから口座情報を入力。
  3. 翌営業日に振込

簡単な手続きでもらうことができるので忘れないようにしましょう。

【補足】快適にインターネットを使うために必要な速度は?

500kbpsってなんのこと?

最後に「実際どれくらいの速度があればインターネットを快適に利用できるのか?」を確認しておきましょう。

結論から言うと、5Mbps以上あれば、ほとんどの利用目的に適した速度が期待できるようです。

WiMAXは実測値でも10Mbps以上の速度が出ると言われているので、快適に利用できると言えます。

ここでは、使用用途別に大体どれくらいの通信速度があれば、快適に利用できるのか?をお伝えしたいと思います。

以下に利用目的別において必要とされる通信速度の目安をまとめてみました。

通信速度の目安まとめ

  1. Webページ閲覧:100Kbps~3Mbps

  2. 音声通話:10~100Kbps

  3. ビデオ通話:300Kbps~2Mbps

  4. 動画視聴:500Kbps~25Mbps (値が大きいほど途切れずに高画質で視聴可能)

  5. アプリケーションダウンロード:1~5Mbps

  6. オンラインゲーム:128Kbps~4Mbps

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.Webページの閲覧

テキストのみ 100~200Kbps

画像つき 1~3Mbps

テキストのみであれば低速の通信回線でも安定して閲覧できますが、画像つきのページとなると、最低でも1~3Mbpsの回線速度が必要となります。

2.音声通話

10~100Kbps

色々な種類のアプリケーションやソフトがあるのですが、それぞれを見てまとめた場合、音声通話では10~100Kbpsは必要になります。

音声通話ではあまり高速な通信回線は必要ありません。

3.ビデオ通話

300Kbps~1Mbps

ビデオ通話は比較的速い回線速度のほうが安定しているようです。

ビデオ通話では画質によって必要な通信速度が異なります。

通信を安定させたい場合には、低画質に切り替えた方がいいでしょう。

4.動画視聴

500Kbps~20Mbps

どの動画サイトも最低500Kbps~20Mbpsの通信速度が必要となります。

最近は各動画サイトによって画質を選択可能です。

低画質で視聴する際には低速でもよいのですが、高画質でストレスなく動画を視聴するには、5Mbps以上の速度が必要になります。

5.アプリケーションのダウンロード

1Mbps~5Mbps

スマートフォンでのアプリのダウンロードには、最低でも1Mbpsの通信速度が必要となります。

それ以下だとダウンロードにかなりの時間がかかるのでストレスがかかることになります。

安定してアプリのダウンロードをするには、5Mbps以上の回線速度が必要です。

6.オンラインゲーム

5Mbps以上

オンラインゲームをプレイする場合は、各ゲームの解像度やアクション性によって必要な回線速度が変わることが多いですが、最低でも5Mbpsの回線速度が必要と言えるでしょう。

まとめ

UQモバイルの500Kbpsの通信速度でどれだけのことができるかをお伝えしました。

500Kbpsの回線速度だと、軽いインターネット利用であれば、不自由なく快適に利用できます。

一方で、動画やアプリ、ゲームなどを「速く」「高画質」に視聴したい人にはおすすめできません。

無制限でなおかつ速度を求めるなら、WiMAXがおすすめです。

当記事を参考にUQモバイルの無制限プランが自分に合うかどうか判断できれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です